SF生活日記。


by yukinkoro_sf
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ワイン購入備忘録

暑い日が続いていたサンフランシスコ。
近所のワインショップ、PlumpJackに行くとワンちゃんがノビてました・・・。
f0181488_21584948.jpg


飼い主さんいわく、こんだけファーがあると暑いのが苦手らしいです。

さて、ワインショップに来たので再びワイン購入の備忘録。

■2007 Newton Red Label Chardonnay
f0181488_220914.jpg


$15程度ですが、スタッフのオススメシールがあったので購入。
その後、ディズニーワールドのレストランで見かけたので、グラスで飲んでみましたが、飲みやすいフルーティーなワインでした。

■2008 J Pinot Gris, Russian River Valley
f0181488_2210678.jpg


スパークリングが有名なワイナリーですが、スパークリングでないものの味はどうなんだろう?と目に入ったので購入してみました。ワイナリーのサイトでの説明を読む限り、私好みでなく夫くん好みなのですが。まぁ、たまにはそういうワインも購入しておかなきゃね!あはは。お値段$20程度。

■2007 Frank Family Napa Chardonnay
f0181488_22125751.jpg


姉夫婦と訪れたことのあるFrank Family。その時には、何も購入しなかったのですが、このラベルは大好き☆ここのワイナリーの建物は歴史的建造物なのです。
ということで、懐かしさもあり、つい手にとってしまいました。$30程度。
(はい・・・「程度」というのは、全てレシートを破棄してしまった模様・・・。正確なお値段がわからなくなったので、ネットで調べたりでの、ABOUTプライスです。)
ラベル、素敵でしょ?だけど、ラベルコレクターとしては、うまくラベルが取れない、悲しいラベルなんですが。涙

■2007 Santa barbara Winery Santa Ynez Valley Sauvignon Blanc
f0181488_22184552.jpg


夫くんの同僚MさんがLAから車でSFに来る途中でワイナリーに寄り、お土産にいただきました☆
飲むのが楽しみー!!
映画「サイドウェイ」のワイナリーです♪
(映画見たことないけど・・・。見なきゃ。)

■2006 Bennett Lane Los Carneros Reserve Chardonnay
f0181488_22224871.jpg


ワインスペクター誌で高得点を獲得していたワイン。どうしても欲しくて買ってしまいました。
$55とワイナリー価格よりも若干割高で売られていましたが、仕方がない。600ケースのリリースと少なめだし。。。(と言い聞かせ。)

■2007 Darioush Napa Chardonnay
f0181488_22393574.jpg


$40程度です。カベルネが有名らしいのですが、スタッフおすすめのシャルドネワインを購入。
ワイナリーには一度も行ったことがないのですが、オーナーはイラン出身の方なので、ワイナリーもペルシャを想像させるものらしいです。確かにHPを見るとそうかも~。

■2007 Lewis Cellars Napa Reserve Chardonnay
f0181488_2250427.jpg


こちらのワインも一度飲んでみたくて、奮発してしまいました。$60程度。とってもシンプルなラベルですよね。
少量生産のワイナリーのようですが、なんとオーナーはレーサー出身なんですって。
さてさて、どんなお味がするのでしょう?

ワイナリーに行くと、どうしてもカベルネやシラーが美味しくて購入してしまうので、今回もシャルドネを中心にセレクト。暑い夏は、キンキンに冷えた白ワインが好きです☆

最後にお店をパチリ。
f0181488_2343932.jpg


[PR]
by yukinkoro_sf | 2009-09-10 22:33 | WINE

ワイン購入備忘録

ここ数ヶ月で購入していたワインの備忘録。
まだ飲んでないので味はわかりませんが、将来、何かで飲む時の参考になるかも。笑

Calera
Onlineで、2005 Jensen Mt. Harlan Pinot Noirを購入。
f0181488_218458.jpg

1本$60×2でTax、Shippingが入り合計$149.40。
一人2本しか購入できない貴重品。飲むのが楽しみ~~!!

Kistler
ワインショップで、2006 Vine Hill Vineyard Chardonnayを購入。
f0181488_235710.jpg

夫くんの日本のBossがサンフランシスコに来られた時に、夫くんはAmeでおもてなし。
Bossがセレクトしたのがこのワインだったそう。
「妻が、ワインラベルとコルクを集めているんですよ。」と言ったら、
Bossさん「じゃあ、これ奥さんに持って帰りなよ!」と。
・・・その晩に「いやぁ~、Bossセレクトワイン、おいしかったー♪」と言いながら、空のワイン瓶とコルクを持って帰ってきました。涙

近所のPlumpjackをフラフラしていたら、私の目の前にKistlerがっ☆
その晩の私の相当な悔しようを知っていた夫くんも了解済みで購入♪1本$74.99なり。

後日、もう1本購入してしまいました。

Rochioli
上記Plumpjackで、何となく「Rochioliってありますか?」と聞いたら、「他店舗にPinot Noirがあるから取り寄せてあげるよ。」と。
以前、RochioliのワイナリーでPinot Noirを購入し、あまりの美味しさにPACさんとあっという間に1本空けてしまったワイン。せっかくなので取り寄せてもらいました。
「翌日おいで!」とのこと。取り寄せって、そんな短時間か。笑
f0181488_2434034.jpg

2003 Estate Pinot Noir $64.99

ワイナリーでは2007年を購入し$48.00でした。2003、美味しいといいな。

K&Lでは、Chardonnayがあったので購入してしまいました。
f0181488_3213447.jpg

2007 Estate Chardonnay $54.99

ロキオリのシャルドネはまだ一度も飲んだことありません。どんなお味なんだろっ♪

Peter Michael
PACさんに「Chardonnayが美味しいワインなら!」と教えてもらい、Kistlerを購入した日に一緒に購入。
f0181488_30690.jpg

2006 LA CARRIERE $99.99

大奮発ワインです。思わず毎日手が伸びてしまいます。・・・何か特別な日まで取って置けるかしら?

PRIDE
赤が有名なPRIDEですが、サンマテオのワイン充実スーパーに寄った時に、Viognierをつい購入。
2006 Viognier SONOMA COUNTY $42.00
f0181488_6341240.jpg


ま、美味しくなかったらそれはそれでいいんだ。笑

CAYMUS
これは美味しくあって欲しい!!ケイマスワイン!!!
K&Lで、$160→$110のSALEで購入した
2006 "Special Selection" Napa Cabernet Sauvignon
f0181488_316272.jpgf0181488_3163867.jpg

これだけ厳重包装でした。さすがです。

RAMEY
夫くんがフレンチランドリーでグラスワインでいただいたワインを記念にボトル購入。
f0181488_3192161.jpg

2006 Ramey "Hyde Vineyard" Carneros Chardonnay $49.99
K&Lで購入。


お家ご飯でクピクピ飲むワインは頻繁に買っているのだけど、取っておきたいワインはこんなもんかな。
みなさんのお好きなワインはどこですか?(* ̄▽ ̄*)ノ"
[PR]
by yukinkoro_sf | 2009-08-18 03:25 | WINE
PACさんと近所にあるワインバー「nectar」へ行って来ました。
f0181488_1564883.jpg


何を隠そう、ワインバーなるもの初めてですっ!!あぁ、興奮。
でも、バーでもジーンズにスニーカーといういでたちで。アメリカだもん。笑
f0181488_1582384.jpgf0181488_1584387.jpg

何を飲もうか?とメニューとにらめっこ。
行った時間は、夕方で、ハッピーアワーの時間帯。グラスワインは半額ということだったので(なんてお得な!)「赤白2種ずつ飲み比べっこをしよう!」と言うことになりました。
まずは最初に白を、次に赤をいただきました☆
f0181488_22038.jpg


いただいたのは、白は
2006 Jordan , Chardonnay , Russian River Valley
2007 Gainey Vineyard , Sauvignon Blanc , Santa Ynez Valley
赤は、
2006 ZD Wines , Cabernet Sauvignon
2007 Calera , Pinot Noir , Central Coast
どれもカリフォルニアで揃えましたよ。
白は、シャルドネが飲みたくてJordanを自分たちの中で既に決めていたものの、お店の人にオススメを聞いてみたら、Gaineyを薦めてくれました。
他にもススメてくれたけど、ひとつは初志貫徹で・・・何の根拠もなく決めていたJordanを。
結果は、やはりプロがススめてくれたGaineyが圧倒的に美味しかった。
やっぱりお店の人の言うことは聞くものですね~( ̄∇ ̄;)
赤は、最近Calera Jensenをオンラインで買ってしまったので妙に気になりCaleraと、美味しいと聞いていたZDをセレクト。
香りは数倍もCaleraが良かったです。思わず眠ってしまいたくなる香りでした←酔っ払い??
味は、ZDも全然悪くない、飲みやすい素敵なワインでした。赤セレクトは成功だったかな。

おつまみはゴートチーズを巻いてあげたもの。美味です。
f0181488_223671.jpg



PACさんの旦那様もお酒はあまり飲まれず、うちの夫くんもコーラ派なので(安上がり・・・)女2人楽しい時間を過ごさせていただきましたー☆平日のこんな夕方から幸せこの上ありません。
店内は早い時間だというのに結構人が入っていました。みんな楽しそう!(そりゃそうだ。)
バーを後にして向かいましたは、徒歩30歩、斜め前にあるデリバリーで有名なピザ屋さん「Amici's」。
f0181488_2233238.jpgf0181488_2234730.jpg

大きなオーブンでじゃんじゃん焼いて、デリバリーに行くそうです。わぉ!でも、私たちは店内で。
ここからはPACさん旦那様も合流して、Largeサイズでピザをいただきました。
f0181488_2245370.jpg


デリバリーでこの味はなかなかナイのでは!!
気がついてくれた方、ありがとうございます。はい、うちの夫くんは仕事が終わらず合流もできなかったので、
TO GOしました。ここは、「半分焼き」なるものがあって、ラストは家のオーブンで焼き上げるものがあるので、それでお願いしました。
「半分焼き」状態のピザ。
f0181488_2272557.jpg


「完成」状態のピザ(お家のオーブンで10分)。
f0181488_228227.jpg


ピザ大好き夫くんは、仕事後にこんなホールで熱々のピザを食べれてご機嫌でした。

そうそう、帰りがけにはPACさんに教えてもらった近所にあるシュークリーム屋さん「Pacific Puffs」で食後のデザートを購入。あれぇ、いつ出来たんだろう?
f0181488_233403.jpg


とても小さい店内に、シュークリームが並べられていました。種類を聞いて、普通のカスタードにチョコがかかったものと、チョコクリームのシューをお願いしました。すると「どの形がいい?」と。・・・あぁ、形が不恰好なので好きなシューを自分で選べるのね。笑
f0181488_2335436.jpg


ホームメイドな感じのシュークリームが微笑ましいです。

でも、家に帰って食べたら、両方ともチョコクリームでした。最後に自分で選んだシューが全てチョコクリームだったのか・・・。
f0181488_2362913.jpg


でもチョコ好きな私にはノープロブレム。コクがあって、かなり甘いです。幸せな味でした☆

本日のワンコ。ボケちゃった・・・。涙
f0181488_2392620.jpg


[PR]
by yukinkoro_sf | 2009-08-13 02:51 | WINE
ナパに行くのですもの。もちろんワイナリー巡りしましたよ。。。
とっても波乱な1日になりました。

その1:車が動かない。
出発当日の朝、午前10時過ぎには家を出、駐車場に。
「どこのワイナリーに行こうか~♪」と話しつつ、エンジンをかける。が・・・かからない。はて??

はい。バッテリーがあがってしまっていました(T▽T;) えー!!!
(ライトの消し忘れです。みなさん気をつけましょう。)

その後、夫くんが対応の電話をし、直してもらい($70くらいでやってもらいました。保険に入ってて良かったね。)、改めて出発。12時前だったかな。
いやいや、今日はどこも予約してなくて不幸中の幸い。ま、これはたいした問題でありません。

まぁ、まずはワイナリー巡りをしましょう。
この日は、ナパの128号線(SILVERADO TRAIL)沿いに焦点を絞りワイナリー巡り。
まずは
Stag's Leap Wine Cellars(スタッグスリープ ワインセラーズ)
1972年にワイナリー創立。その4年後の1976年、カリフォルニアとフランスワインのブラインドコンテストでここのカベルネが1位に選ばれ、カリフォルニアワインの素晴らしさを世界に知らせる契機を作ったワイナリーです。創立者のウォーレン・ウィニアスキーさんは「ワイン造りの哲学者」として敬愛されているそうです。
(前職がシカゴ大学で教えていたからかなぁ~?趣味のワインが高じて、ワイナリーまで造っちゃうんだからすごいですよね。)
f0181488_933724.jpgf0181488_9332165.jpg

ワイナリー巡りにつき合わされているワンコ。ヒマそうです。

テイスティングは$30と$15がありました。悩みましたが、今回は$15で。
(飲みたかった2006 ARCADIA VINEYARD CHARDONNAYは$30テイスティングの中にありましたが、サービスでそれだけいただいちゃったし。エヘヘ。)
$15テイスティングはこんな感じ。
 2007 RANCHO CHIMILES SAUVIGNON BLANC
 2007 KARIA CHARDONNAY
 2006 MERLOT
 2006 ARTEMIS CABERNET SAUVIGNON
購入したのはこちら。
f0181488_9382819.jpg


2007 RANCHO CHIMILES SAUVIGNON BLANC $29
夫くんが気に入りました。

お次は、この通りの名前の
Silverado Vineyards (シルバラード・ヴィンヤーズ)
丘の上にあって、葡萄畑を一望できる素敵なワイナリー。ここは、ウォルト・ディズニー氏の娘夫婦であるロンとダイアン・ミラー夫妻が所有しているワイナリーなのですって。ご存知でした?
詳細はこちら
f0181488_948482.jpgf0181488_9481589.jpg
f0181488_948323.jpg


こちらではテイスティングは$10と20がありましたが、奮発で$20を。で購入しましたのはこちら。
f0181488_948421.jpgf0181488_9485370.jpg

2006 Zinfandel $30

確かに"Fantasia”っていう名前のワインもあったので、ディズニー所有もうなづけます。なんだ、知ってたらFantasia購入したのに・・・。

Del Dotto Vineyards
泊まるホテルから数分のところにあったワイナリー。寄ってみたはいいのですが、本当に本当に・・・記憶がないんです。でも写真を見る限り、楽しんで飲んでいたらしい。。。
f0181488_1095738.jpgf0181488_10101729.jpg
f0181488_10103185.jpgf0181488_10104480.jpg

購入していたのはこちら(←数日後に知る。)。夫くんセレクトですね。
テイスティングしてないのに、どうやって選んだんだろう?
Chardotto Port Wine Cabernet Sauvignon $75(た、高いからっ!!)
2007 Sonoma Coast Cinghiale Vineyard Pinot Noir  $75(おおっ。太っ腹!)

確か洞窟も入ったものね。Port Wineは20年以上も経っている貴重なもの。
ですが、Port Wine、不幸な諸事情が重なり、飲む前に半分を失いました。うううっ、泣くに泣けないし、これは書くに書けない。。そして、残ったその半分も既に飲みきってしまいましたし。あ~ぁ。

さて、そんな感じで・・・大方の方は気がつかれたかと思いますが、大波乱その2は、

その2:相当重度の二日酔い

ひぇー、ごめんなさーい・・・。

ホテルは、夫くん、こちらを予約してくれていました。SILVERADO
コテージタイプの広い敷地には、SPA棟なんかもあったみたいです。夫くん、ワイナリー前までは「SPAでもしたらいいよ」と言ってくれていましたが、それどころじゃありませんでした。。。
f0181488_1034251.jpgf0181488_10341851.jpg
f0181488_10343211.jpg



最後のワイナリーを出て数分でホテル到着。その間に、助手席で妻は爆睡。
夫くん「じゃあ、チェックインしてくるから待っててね。」(そこは寝てても覚えている。)

・・・・。

数時間後、起きるとベットの上でした。はてはて?
夫くんいわく、何度も起こしても全く起きなくて、仕方なく駐車場から私をおぶって部屋まで連れてきたらしい。

「重かった・・・」と夫くんポツリ。   ( ̄▽ ̄;)!!ガーン・・・。

すまない、夫くん。

それからが大変!!
ワインだけ飲んで、そのまま寝てしまったため、体内はアルコール濃度が相当高くなってしまい、
ウプッ・・・の吐き気が続くこと・・・
続くこと・・・
続くこと・・・

翌日のお昼まで。

ありえません。涙
ずっとベットで寝てました。くすん。(自業自得だから。突っ込まれる前に、自分でつっこんどきます。)

夕ご飯は、結局ホテルのロビーに簡単に食べに行くことに。夫くん、一人で行って来る、と言いましたが、それはとてつもなく申し訳なく感じたので、足を引きづりつつ一緒について行きました。(そっちの方が迷惑という話もあります。)
5分の距離も、一気に行けず休憩中。。。
f0181488_10455987.jpg


夫くんのご飯。もちろん私は何も食べてません。そういえば、お昼も食べてなかったな・・・。
f0181488_10473331.jpgf0181488_10474652.jpg

枝豆を2~3粒もらいましたが、それさえも部屋に戻ってから吐きました。

あまりにも吐き続ける私を見て、夫くんはお風呂を沸かしてくれました。
「熱いお風呂に入って、アルコールを汗で出して!!」と。
ここまで来たら、言われるがまま。。。あ、でもこれ熱すぎて入れない。汗腺、開くどころか閉まります。
「・・・熱い・・・。」
夫くん、冷蔵庫から、氷を出して、入れてくれました。

ありがとう・・・(T▽T)こんな嫁ですまん。

その後、夜中も吐き気はおさまることを知らず。
ダブルベットなものだから、吐きにトイレに行くたびに、振動で夫くんも起きます。
あれですねー、やっぱり、こういうときベットはツインがいいですねー、なんて思いつつ、
夫くんは頻繁に冷たいタオルを交換してくれたり、お水を飲ませてくれたり。←既に危篤状態。

翌朝は気球で、午前4時の段階で夫くんは
「残念だけど、気球は僕一人で行って来るよ」と。

えっ・・・それは、ずるい!←でも半分諦め中。

夫くんが持ってきていた「大正漢方胃腸薬」2包のうち1包をすがる思いで飲む。
(でも、これ飲むと必ず吐くから嫌いなんです。まぁ、既に吐いてるけど・・・。)
やはり30分後吐く。

最後の1包は吐かないようにと思いつつ、再度飲む。1時間ばかし我慢が出来たけど、やはり吐く。
でも、1時間経ってれば、半分くらいは体に吸収されたかな。

そんなこんなの夜があけ、気球タイム。
もちろん、気球前後、吐きました。でも、気球中は大人しくしていたので、誰にも迷惑もかけず、目標達成。

フレンチランドリー。こんな体調でフレンチランドリーを迎える自分を悔やみました。
夫くんからも
「トイレの位置確認ね。もし気持ち悪くなったら、勿体無いけど、途中で帰ろう。」と言われてのぞんだフレンチランドリー。

これが・・・

不思議なことに。

フレンチランドリーに入った途端、吐き気がおさまり、なんと、美味しく完食!

美味しいものの効果ってすごいっ!!と私は、フレンチランドリーに異様なるオーラを感じました。

ちなみに、私がこんなだったので、カメラ係は夫くん。フレンチランドリーではトイレまでちゃんとカメラにおさめていて驚きました。さすが私よりマメだ。

こんな感じの番外編。

とても記憶に残るお誕生日イベントでした。
夫くん、お疲れさま。飽きない妻を持って良かったと思って・・・。

ちなみに、さすがにその後3週間はワインを飲みたいと思いませんでした。大記録です。
購入したワインも袋から出せませんでしたもの。ワインを見ると、嫌な思い出がよみがえってくるのです。ははは。

あ、でも、今は既にワイン胃袋、バッチリ修復(?)OKでーす☆☆
[PR]
by yukinkoro_sf | 2009-07-18 10:05 | EVENT
【6日目】
朝起きて、両親のコテージに向かうと既にがこちゃんはおらず。早朝散歩に出かけたらしい。
庭をウロウロしていたら、がこちゃん発見。
せっかくだからと、INDIAN SPRINGSの源泉を見せてあげようと一緒にプール向かいました。
春に来た時には奥まで行けたのですが、今回は柵があって行けず。残念。
でも遠くからパチリ。
f0181488_8284690.jpg


その後、サービスのホットコーヒーを調達し、両親のコテージ横テラスで仲良く朝食。
ブレッドはもちろん昨日BOUCHONのベーカリーで購入したクロワッサン等々。
ちょっと寒かったけど、外での朝食もたまにはいいでしょう♪
f0181488_261033.jpgf0181488_262275.jpg

朝食後は、朝一で予約をしていた泥スパ(マッドスパ)へ!
ここINDIAN SPRINGの泥は毎朝取り替えるので、朝9時が一番風呂(泥)です。
どんな感じかというとこんな感じ。
f0181488_285062.jpgf0181488_29389.jpg

ミネラルを豊富に含んでいるらしく、確かに終わった後はお肌もツルツル。
泥の中は、ゼラチンの中にいるような感覚で、プカプカしています。腰痛持ちの私には、じんわりくるこの暖かさがなんとも心地よし。
一番客が私だったのか、マッドスパ中に係のおばあさんになにやら呪文のようなものを唱えられましたが・・・。
何かご利益があったかしら??
ちなみに父は、泥の中にロッカーキーを落とし、困惑していたそうです。笑

泥スパの後は、温泉水のバスタブに15分ほどつかり、その後にスチームサウナ(がこちゃんはサウナ嫌いなのでパス)、ベットでキュウリパックをしてもらいつつ休憩で、トータル1時間。
ナパに来たら、このカリストーガ名物マッドスパも体験してもらいたかったので、私的に大満足でした☆

さてスパ終了後はホテルを後にしまして、本日のワイナリー1軒目に。
■Beringer Vineyard(ベリンジャー ヴィンヤーズ)
ドイツ系移民のヤコブ氏とフレデリック・ベリンジャー氏により創立されたワイナリー。1900年代にはカリフォルニアを代表するワイナリーになっていたそうです。禁酒法(酒類販売禁酒法・1920~1933年)の間も、他ワイナリーはワインの製造を禁止されていましたが、ここは医療用としてワイン造りを許されていた数少ないワイナリーとのこと。私の記憶が確かならば、春に訪れたSchramsbergに次いで古いワイナリー。つまり、ナパで3番目に古いワイナリーということになります。
さて、ウンチクは置いておきまして、このワイナリー、さすがの老舗でとってもかわいい建物&お庭でした。
f0181488_2244896.jpgf0181488_225066.jpg
f0181488_2251418.jpg

f0181488_2252877.jpgf0181488_2254237.jpg

なのですが、テイスティングでは特に気に入ったワインは見つからず。夫くんが気に入ったワインを購入。
f0181488_2273371.jpg


2007 Chardonnay Carneros Napa Valley  $20

庭も花がいっぱい咲いていて、ただボーっとするだけでも良い感じのワイナリーでした。

さて、朝にスパをしているので、既にランチタイム。
向かいましたは、GO FISH
評判の高いレストランだけに期待大。
f0181488_2305577.jpg


夫くんだけお味噌汁、私たちはクラムチャウダーを。
f0181488_2311989.jpgf0181488_2313187.jpg

クラムチャウダーは問題なく美味でしたが、お味噌汁は酸味があり、日本のお味噌汁と思っていただくと、
ちゃぶ台をひっくり返しかねません。笑
夫くんは不満足そうでしたが、多分、こちらの人の味覚に合わせて、”スープ”としていただくものなのかなと思いました。そう思っていただけば、それほどまずくないですよ!ちなみに、お味噌汁だけで$6.おぉ~、高ぃ・・・。
f0181488_2315573.jpgf0181488_232721.jpg
f0181488_2321987.jpgf0181488_2323027.jpg

その他、お寿司の盛り合わせ等。美味しかったのですが、何せ出てくるまでに数十分。
イライラが募りました・・・。
f0181488_2324132.jpg


次回はよろしくお願いしますね、GO FISHさん。(次回は、さすがにもうないか・・・。)

最後のワイナリーは、ツアーも予約の
Spring Mountain Vineyard(スプリング マウンテン ヴィンヤーズ)
f0181488_2545054.jpg


f0181488_2534227.jpgf0181488_2535980.jpg
f0181488_2541996.jpgf0181488_2543320.jpg

f0181488_2551735.jpgf0181488_2553145.jpg

f0181488_2563950.jpg


こちら、ツアーの評判も良さそうだったのでセレクトしてみました。
ワイナリーは、とても豪華。ステンドグラスも素敵でした~☆広いお庭も案内してくれて、庭になっている枇杷を取って食べつつ見学。
ここは、ナパでも5本の指に入る、かなり広い面積の葡萄畑を持っているそうですが、
収穫量は、ナパでも5本の指に入る、少ない収穫しかできないそうです。葡萄には困難な土壌とのこと。そんな土壌で造られるワイン、美味しいのかしら?とちょっと疑問を持ちつつ・・・ツアーは進んでいきました。笑

葡萄のブレンド比率は、毎年毎年異なります。担当の人が(日本で言う杜氏か?)一番美味しい比率を見極めるんですって。ちょうど私たちが行った時は、今年完成されたブレンド比率で瓶詰めをすると言っていました!
ツアー終了後、テイスティング開始(あ、ツアーしながらも飲んでましたけどね。グラス2杯いただきました。)
f0181488_345799.jpgf0181488_351142.jpg

私達が購入したのはこちら。
2006 Syrah CO-FERMENT  $55
2006 Syrah  $55
気がつけば、Syrahのみの購入。いや、こちらのワイン、どれをとっても美味しかったんです♪
葡萄に困難な土壌は、美味しいワインが造られる。いやいや、ひとつ勉強になりました。
でも、一番美味しかったのは、実はこちら!
f0181488_391742.jpg


ラベルもワイナリーの建物が描かれていて素敵。
1987 Cabernet Sauvignon
お高くて手が出ず。テイスティングでもサービスで飲ませていただいた1本でした。
こちら、ツアーが一人$25だったんですが、ワインを購入すれば無料です。
なので、夫くんと2人でツアー代金$50でしたが、その費用はかからず。

両親、最後のワイナリーで初めてのツアー。ワイナリーってこんな感じなのか~というのだけでもわかってもらえれば、ナパに来た甲斐もあるよね!

さて、その後は、お約束のナパのアウトレットに♪
パパさんは、がこちゃん、私、姉の女3人用にCOACHのカバンを買わされました。
その他の皆さんにもお土産を調達しつつ、ナパを後にして、SFに戻りました。
途中、ゴールデンゲートブリッジの太平洋側からサンフランシスコの絶景を見ようかと思ったのですが・・・
f0181488_3154782.jpg


あいにくの霧・・・。でも、これもサンフランシスコ名物ということで。ははは・・・。

家に戻る前に、ジャパンタウンを散策。日本食スーパーのNIJIYAをのぞいたり本屋をのぞいたり。
日本のものを見てもつまらないかな?と思っていましたが、それはそれで興味深かったみたい!
「何でも揃うのね~」と感心していました。

今宵のディナーは、お家ご飯。
簡単なものでいいよ、と言ったのに、がこちゃん、がんばって餃子を作ってくれました。
助かりますー☆
翌日は、いよいよ観光最終日!

※ちなみに後日談になりますが、がこちゃんが作ってくれたお味噌汁が相当気に入ったらしく、
その後、私は毎回、かつおぶしでちゃんとお出汁をとって、お味噌汁を作るように夫くんから指示されました。。。
昨日に至っては、ちゃんとかつおぶしから取ったのに、時間がなくて、お出汁を取る時間をちょっと少なくしただけなのに「あれ?カツオブシの味と香りがしない・・・今日のお味噌汁、カツオブシ使った?」と夫くん。
・・・その舌、ワインのテイスティングに使えればいいのにね・・・。
[PR]
by yukinkoro_sf | 2009-07-08 03:37 | FAMILY
【5日目】
ヨセミテの翌日、サンフランシスコから車で1時間位のNAPA・ワインカントリーに。
パパさん、会社の同僚さんからも「サンフランシスコに行くならナパに行った方がいいよー」とススめられていたとのこと。はい、もちろん( ̄∇ ̄ I know!
ゴールデンゲートブリッジを渡り、まず最初に向かいましたは

Reynolds Family Winery(レイノルズ ファミリー ワイナリー)
この日のために、私、一生懸命調べました。
行きたいところは山ほど(本当に)あったのですが、このワイナリーが非常に気になり(女のカン?いや、動物的カンか。。。)10時半からテイスティングの予約。
最終的には、全体を通してこのワイナリーが私的には一番好きでした♪
f0181488_2292813.jpgf0181488_2304011.jpg
f0181488_2314721.jpgf0181488_232129.jpg

f0181488_2563782.jpg


家庭的な雰囲気と丁寧な対応に大満足。
テイスティングは、5種類で$10。私たちは2人分をお願いしました。(一人ずつでは多いのでね・・・)
 2006 Chardonnay,Napa Valley $33
 2006 Pinot Noir,Los Carneros $45
 2006 Pinot Noir,Russian River $50
 2005 Estate Cabernet Sauvignon $45
 2005 Persistence,Napa Valley $50
で、私がお買い上げしましたのは最後のPersistence。マスタードの花のラベルもかわゆい。
f0181488_2425751.jpg

これが・・・たまらなく美味しかったんです。
パパさんいわく「このワインは今まで飲んだことのない、不思議な味だ」と。
今、私も再び同じものを購入したい気持ちがフツフツ沸いているくらい!!
このワインは私の中でBESTに近い味だったのです☆☆

ちなみに、がこちゃんは苦手な味でした。人によるのね。。。
両親はChardonnayを購入していました。

さて、ここのワインが苦手だったがこちゃんは、レイノルドのネコちゃんと仲良く遊んでました。
f0181488_2535789.jpg


と思いきや、ネコちゃんは最後にはイヤがっていたみたい。あらら。
f0181488_2543993.jpg


食事中~~。遊んでくれてありがとう。
f0181488_2571428.jpg



大満足のレイノルドを後にし、向かいましたは
MUMM NAPA(マム ナパ)
f0181488_32338.jpgf0181488_325191.jpg

スパークリングワインのワイナリーです。
無料のツアーもありますが、テイスティングだけでいいよーとの多数意見によりテラスでのんびりスパークリングワインを楽しみました。
f0181488_375751.jpg


確か・・・
 Cuvee M Red $30
 Demi Sec $30
 Brut Prestige Extended Tirage $30
をテイスティングしたような。せっかくだからワイナリーでしか購入できないものを選んだ気がします。
そして、両親はCuvee M Redを、私たちはDemi Secをお買い上げ。
f0181488_3152612.jpg

天気も良いし、本当にいい日だわぁ~(=´▽`=)←酔っ払い。

まだまだ行きましたよ。お次は
Grigich Hills Cellar(ガーギッチ ヒルズ セラー)
1976年に「パリティスティング」で世界で最も偉大なワインメーカーとして評価を得、それが土台となって翌1977年にワイナリーを設立。ぶどうは全て有機栽培。ふむふむ、素晴らしい。
f0181488_324184.jpgf0181488_3241221.jpg

だけど、我が家には、ちょっと苦手な味のワインでした。残念!
でも両親も私たちも1本は購入~。
f0181488_3254360.jpg

2007 Fume Blanc,Napa Valley,Dry Sauvignon Blanc $30

不思議なものでテイスティングの時に気に入らなくても、お家で飲むと、あれ?こんなに美味しかったっけ?と思う時が度々あるのです。期待☆

さて、そろそろランチですが、本日もがこちゃんがお弁当を作ってくれていました。
V.Sattuiの広場をお借りしまして、ランチタイムです。
f0181488_3332741.jpg

気分はピクニック♪
アスパラのベーコン巻きに、北海道産ホタテのバター焼き、シャケ&梅干しのおにぎりと、
我が家の冷蔵庫にあるものでさくさくっと作ってくれました。
私だったら、おにぎりしか作らないところ・・・。へへへ、助かりまする。

V.Sattui(V・サットウィ)
一般の小売店には流通していないこのワイナリーは、特別感があるので、日本人御用達。
ランチを食べさせてもらったこともあり、私たちもテイスティング。
f0181488_3423250.jpg

相変わらず混雑していて、テイスティングの場所を確保するのも大変。
でもせっかくだし・・・と一応いただき、一応それぞれ1本購入。
f0181488_3441812.jpg


 2007 Gamay Rouge $17.75
とても甘口の、非常に飲みやすいワインです。キンキンに冷やしてピクニックとかで飲みたい感じ。
私もここのワインは、甘口は好きです。
でも、パパさん
「ここは、観光化されていて、良くないなー」とポツリ。
おおっ、すみません・・・お約束的なワイナリーだったので・・・。

本日ラストは、私も一度来てみたかったここ!
Duckhorn Wine Company(ダックホーン ワイン カンパニー)
f0181488_3522454.jpg

f0181488_352442.jpgf0181488_3525458.jpg

ワインのための葡萄の品種にメルロというものがあるのですが、当初ブレンド用としか考えられていなかったそうです。ですが、ワイナリー設立当初からこのメルロに力を注いで、現在のメルロ隆盛に大きな貢献をしたワイナリーとのこと。ふぅむ。
昨年、オバマ大統領の就任式昼食会でもここのワインがサーヴされたらしいですよ。

さて、テイスティングは$15と25がありましたが、せっかくなので限定モノのEnhanced Tastingを4人で仲良く。3種いただけますが、サービスでもう1種いただきました。
 2005 Napa Valley Cabernet Sauvignon $95
 2005 Patzimaro Vineyard Cabernet Sauvignon $95
 2006 Napa Valley Merlot $??
 2006 Three Palms Vineyard Napa Valley Merlot $85
どれも美味しかったです。Merlotがやはり美味しかったかな~★
なのですが、残念なことに、なんとここではワインを購入しなかったんです。えー、もったいなーい!なんで??
答えは、高かったから。それだけです。
えーん(T△T)悔やまれます。。。
だけど、夫くんに「レイノルドがあるじゃん」といわれ、その時は納得したんです。
はい、レイノルド、美味しかったから我慢。

これで本日のワイナリー巡りは終了!あとは、ホテルでのんびりしましょうねっ。
(実は、ホテルに行ってから「カメラがなーい!」と騒いで、また我が夫婦、Duckhornに戻ってきたんですけど。で、実は部屋にあったというしょうもない結果でした。)

さて、今宵のホテルはこちら。
以前も泊まらせていただいたカリストーガにあるINDIAN SPRINGSです。
f0181488_12513385.jpg

f0181488_12514511.jpg


今回は、キッチンや居間がついていて、長期滞在をしたくなるコテージタイプ。
お部屋には、ワインのサービスもありました。
f0181488_12531174.jpg

早速、温泉プールで一休み。
プールサイドでお昼寝したり、プールでプカプカしたり、思い思いの時間をしばし堪能。
f0181488_12572176.jpgf0181488_12573612.jpg

f0181488_1258988.jpg



さぁて!ディナーの時間です。
本日のディナーは、NAPAの名店BOUCHON (ブション)です。わーい!夫くん、大好きっ♪
f0181488_13111482.jpg


ちょっと時間があったので、DEAN&DELUCAをのぞいたり(どれも超高かった。パパさん、値段を間違えて$10以上するナッツを購入してたけど。)、BOUCHON BAKERYをのぞいたり。
f0181488_139221.jpg

がこちゃん、パン屋さんは大好きです。ここで翌朝のブレッドを購入。また青空の下、テラスで食べましょう。

そして、いよいよBOUCHONに入店。
f0181488_13114683.jpgf0181488_1312254.jpg

入り口の大きな花にやられる。派手だけど、嫌味を感じないなぁ。
まずは、Petit Plateauというシーフード盛り合わせ。ここの生カキ、小さいけどとても美味しい。
パパさん、このSFで一等お気に入りの一皿。
f0181488_13225277.jpg


ブレッド&バターも美味しくて食べ過ぎそうでした。
私とがこちゃんはシェアでニョッキを。ベジタリアンメニューです。(がこちゃん、物足りなかったらゴメン。)
f0181488_13234583.jpgf0181488_132432.jpg

パパさんは、マグロのタルタル、夫くんはチキンを。
f0181488_13242294.jpgf0181488_13243647.jpg

このチキン、激(超を超えます)美味しかったそうですよ~!!その後もしばらく「あのチキンは美味しかったなぁ」を繰り返していました。マグロもパパさんの想像を超えた味だったそうです。舌の肥えた日本人を感心させるなんて、さすがBOUCHON。

サイドメニューにポテトと、デザートにアイスをオーダー。
ポテトは結構な量でしたが、アイスは日本人サイズでした。もっと欲しかった・・・。
f0181488_1324509.jpgf0181488_13251019.jpg

店内はとても狭く、席と席の間もだいぶ詰まってますが、天井が高いからか、それほど私は気にならず。
f0181488_13372873.jpg


こういうビストロみたいな雰囲気だから、隣の会話が聞こえるのも醍醐味かも。
それにしても、平日だというのにオシャレをした人で満員の店内。人気店なんだなぁ。

最後に、美味しかったシーフードをパチリ。
f0181488_13404398.jpg

ごちそうさまでした~。

今日は、あまり動かないかわりに、よく飲みました(* ̄∀ ̄)ノ■☆■ヾ( ̄∀ ̄*) ニャハハ
明日は、カリストーガ名物、マッドスパ(泥スパ)体験ですよ。
[PR]
by yukinkoro_sf | 2009-07-07 01:12 | FAMILY
Cちゃんファミリーとナパのワイナリー巡り。
まずは、お約束の
■Robert Mondavi Winery
f0181488_1264898.jpg



私たちも昨年の1月に初めてSFに来た時にここのワイナリーにやって来ました。
それ以来初再訪。
ティスティングルームは、かなり混んでいて、相変わらずの人気ぶり。
そんな中、何とか場所を確保しテイスティング。一人$20なり。やっぱり高いなぁ。
でも、気に入ったものをひとつ購入♪
f0181488_1285578.jpg


2007 Robert Mondavi Winery Unoaked Chardonnay $30.00

Cちゃんファミリーもこちらが気に入ったようで、ご購入していました。

さて、ワイナリーなんですが、SFを出たのがお昼頃だったのでこの日は2つのみです。
でも、お次がスペシャルなワイナリーなのです~♪

■Schramsberg
f0181488_1218391.jpgf0181488_12181953.jpg
f0181488_12183395.jpgf0181488_12185627.jpg


Cちゃんホストマザーの弟さんのワイナリーなんです。
ツアーを予約しておいてくれ、特別に私たちだけでツアーをしてくれました。
ワイナリーツアー、実は初めてなんです。
いつもテイスティングだけだったから、とーってもワクワク(≧∇≦)

このワイナリーの歴史を学びつつ、
(ナパで2番目に古いワイナリーらしいです。私のヒアリングが正しければ・・・。)

オーナーさんが直々にサーヴしてくました。
スパークリングワインで乾杯♪
f0181488_12214736.jpg


ここはスパークリングワイン専門なんです。
そして、ここはカリフォルニアで初めてBlanc de Blancs(ブランドブラン)、Blanc de Noirs(ブランドノワール)を造ったワイナリーなんですって!

そして、ワイナリーの中へ。
f0181488_1224481.jpg


真っ暗ひんやり。

ほ・・・埃?こんな中にスパークリングワインが眠っているの・・・!?
f0181488_1225179.jpgf0181488_12252962.jpg

と、失礼なことを想像してしまいましたが、これは埃でなく植物。
この植物を壁一面に貼り、余計な湿気を吸い取らせているとのこと。

これを手に取ったCちゃん弟。何をするかと思えば、そしてそれをお母さんの顔にベタッ!!
おおっ∑(゚ω゚ノ)ノ
美しいママさんに何てことをっ・・・。

でも、そこがまたCちゃんママ。ケラケラ笑っていました。ママ強し。

そして、大きな樽。クマが彫られていました。
f0181488_12305483.jpgf0181488_1231996.jpg

かわいいですよね。
今は3つ保存されていますが、元は5つあったそうです。
昔、ベリンジャーさん(ここも有名なワイナリーです。ナパで3番目に古いワイナリーとのこと。私のヒアリングが正しければ・・・。)にトランプゲームで負けて、ベリンジャーさんに2つあげてしまったのですって。
なので、ベリンジャーにも、このクマ樽があるはず!!

そして、祭壇のような場所。
f0181488_12345479.jpg


ここで、ろうそくをいっぱいともして、みんなで乾杯していただいたのは・・・

リザーブスパークリングワイン。
わざわざ冷えたのを取りに戻ってくれたオーナー。
そして、その間、夫くんはキャンドルボーイとしてろうそくに丁寧に火をともしていました。
ぶぶっ、小学生みたいで、かわいい( ̄▽ ̄)
f0181488_12344566.jpg


スパークリングワインの味の判別が苦手なんですが、それでもやはり若干異なる喉越し。
まぁ、両方美味しかったんですけどね♪
(そして、皆飲みきれなかったものを私に渡してくる。夫くん、ママさん、Cちゃん・・・。
のん兵衛、お役に立てて幸せです。)

あぁ、この上なく幸せな時間でした。生きてきて良かった(TωT)

アルコール発酵は樽で行って、その後、瓶内で2次発酵が行われ、イースト菌との接触をさせるそうです。
細かな泡を作り出すため、少しずつ瓶を回転させているそうです。確か3年間位瓶の中で熟成?させるのだと思います・・・。←自信なし。
(あぁ、私のヒアリング・・・そろそろしっかりして欲しいー・・・)
f0181488_12361559.jpg


何千本ものボトルを一人でまわしていくんですって。腱鞘炎になっちゃう。
高いお金を出しても惜しくない!と心底思いました。笑

初めてのツアーでしたが、私よりも夫くんが興味津々。
いっぱい質問もしてて、かなり楽しげでした。
・・・いつもは、私のテイスティングを横で見ているだけだったので、まぁ、当たり前か。
これからは、ツアーにも時々参加したいなと思いました。

f0181488_1239692.jpgf0181488_12392223.jpg

で、こちらで購入したのは、
f0181488_1244870.jpgf0181488_12442218.jpg


ツアー最初の乾杯でいただいた
Blanc de Blancs $36.00

を私たちは、購入したのですが、
なんと・・・Cちゃんママから・・・ワイナリーの最後で乾杯したスパークリングワイン
Reserve

をいただいてしまいました。
さすがの私たちでも、それはもらえませんっ!!!!!!!
と遠慮したのですが、またここでもCちゃんママがイキな人で
「若い人が遠慮なんかしないのっ!!」
(夫くん「いや、実は、それが、それほど、もう若くないんです・・・。」と小声でボソッ。)

あぁ、再び生きてて良かった・・・。

片手にワインボトル、片手にグラスのカエル。
f0181488_12503480.jpg



君も幸せそうだな。

で、1日目のワイナリーツアーは終了。
翌日は・・・。
翌日も午前中にスパをしたりしていたので、ワイナリーは1軒だけ。

Chateau Montelena Winery
f0181488_1333670.jpgf0181488_1334757.jpg

カリストーガの北にあるシャトーモンテリーナワイナリー。
シャルドネが有名なんです。
1976年にパリでシャルドネの比較ティスティングが行われた時に
(9種のブルゴーニュを代表するワインとカリフォルニアシャルドネの比較)、
1973年のシャトーモンテリーナシャルドネが1位に輝いたそうです。
今は、カヴェルネソーヴィニョンも最上級の評価を得ているとのこと。期待♪

実は、私は「お城のような」というガイドブックの掲載文が気になってセレクトしたのですが、お城のようでは別にありませんでした。笑
それよりも、中国ちっくなお庭とかがあってそっちが気になってしまった。笑
f0181488_134156.jpgf0181488_1342997.jpg
f0181488_1345755.jpgf0181488_1351167.jpg

カメとかカモとか白鳥とか。
この白鳥は、女性が近づくと逃げるのですが、男性には寄ってきました。不思議。
カモは、一目散に逃げる直前の写真。驚かせてごめんねぇ~!
動物がいっぱいのワイナリーです。

f0181488_1374318.jpgf0181488_138222.jpg


こちらで購入いたしましたのは、
2007 Potter Valley Riesling $22.00

Chardonnayが欲しかったのですが、テイスティングになくて断念。
2005 Montelena Estate Cabernet Sauvignonも美味しかったのだけど、高すぎて断念。

こんな感じのワイナリー巡り。
今回はワインよりも、Cちゃんファミリーとの旅行が何よりの思い出☆

そして、ママさんから
いくらの醤油漬けと鮭の味噌漬けまでいただいてしまった。
f0181488_13153499.jpgf0181488_1315461.jpg
f0181488_13162100.jpg


いくら、美味しかった!!!!
鮭もお茶漬けにして、絶妙っ!!!

最後に。
f0181488_13181346.jpg


Cちゃんホストファミリー宅屋上から。
Cちゃんたちをお家まで送ったついでにお邪魔させていただき、そこでもSchramsbergスパークリングで乾杯♪
ホストファミリーも素敵な人たちで、私たちにもとても優しくしてくれました。

そして、何よりCちゃんファミリー♪♪
日本でまたいつか会えるのが楽しみになりました。

最初はLAにいて、LAが辛くてSFに来たCちゃん。
LAにいた時には早く日本に帰りたかったけど、SFに来たら、まだここに居たい!と強く思ったと言っていました。SFで出会った人たちが、みんな素敵な人ばかりだったのと。
私もそれは同感。
(でも、こう話すと英語学校の先生は「あなたたち日本人はイノセントなのよ、そんなに簡単に人を信じちゃダメよ。」と言われる・・・。)

今頃はCちゃん、何をしているのかなぁ~?(*^-^*)
[PR]
by yukinkoro_sf | 2009-04-06 13:24 | TRAVEL
翌日は、ソノマのルシアンリバーのワイナリー巡りをしました。

最初に向かったのは

MARTINELLI WINERY

マルティネッリは真っ赤な建物がとても印象的でした。
1887年創業というから、かなりの老舗です。
f0181488_12204975.jpg


f0181488_12215332.jpg


こちらは、果実の供給も行っていて、そのひとつにPATZ&HALLもあるよとテイスティングの方が言われていました。わーぃ、大好きなワイナリーのひとつ!葡萄の質がよいのでしょうね。期待大!!
テイスティングは丁寧に6種類位いただきました。

ピン!と来たものが、とても値段が高く、うーん・・・と購入を悩んでいると、
「テイスティングをした中にはないけど、これはお手ごろ価格で味が気に入ったものに似ているよ。」と教えてもらい、今回はそちらを購入。

こちら。
f0181488_12221456.jpg


■Woolsey Road Chardonnay 2006 $36.00

です。
ここのワイナリーのワインは、どれも高かったなぁ・・・。


GARY FARRELL WINERY

ここはルシアンリバーで有名なロキオリ、リムリック・レーン、ディヴィス・ヴァイナムのワイナリーで活躍していたゲアリー・ファレル氏が創設したワイナリー。そういう関係もあり、上記ワイナリーから上質な葡萄を入手できているそうです。
f0181488_12525840.jpgf0181488_12531635.jpg

f0181488_12534980.jpgf0181488_1254947.jpg

f0181488_12564356.jpg


テイスティングルームは高台にあり、雨さえ降っていなければ、とても美しい景色がみれただろうに・・・残念。
$15程度かかりましたが、テイスティングはRESERVEワインをいただくことに。
どれも美味しかった~。
赤は比較ができるようにと3種一緒に出してくれました。
f0181488_12594429.jpg


味、香りがそれぞれ違うのがわかって、いや~悩んでしまう。私はPinot Noirを一番に決定。
香り的には2番手だったのだけど、テイスティングを担当してくれたおばあちゃんが
「一番はやっぱり味だからね!」と。

こちらを購入。
f0181488_134122.jpg


■2006 Chardonnay - Russian River Valley - Rochioli-Allen Vineyards $45.00
■2006 Pinot Noir - Russian River Valley / Hallberg Vineyard $50.00

っと、ちょっと高ついてしまいました。
これは、我が家では特別なときにいただくことにします!

さて、本日のこの2件、実はバークレーにMBAで留学に来ている中国人のグループの方とほぼ一緒になってまわっていました。
その中の一人が「今MBAで来ている日本人がワインに対してすっごいクレイジーでさぁ!」と。
ここSFに来た日本人はワインにはまる人が多いのかも。笑

そして、その人いわく「次はROCHIOLIだね。あそこはとてもとても有名だよ。」と。
ふぅむ、次を決めかねていたけど、そんな風に言うなら一度くらい行ってみようかな。
GARY FARRELLで購入したワインの葡萄もロキオリの畑だったしな(-∀-。)←すぐ流される人・・・。


ということで、

ROCHIOLI VINEYARD&WINERY

f0181488_13202749.jpgf0181488_13204374.jpg

f0181488_13211581.jpg



何だか殺風景なテイスティングルーム?と思ってはいけません。
ここのワインはメーリングリスト登録者しか手にできないようなワインを作っているのです。すごーい!
私達が行ったときも、既にChardonnayは売り切れ。「来年まで待ってね。」と言われました。
昨年の秋には、日本人もたくさんChardonnayを購入して行ったそうですよーー。
なので、テイスティングは、ピノとソーヴィニオンブランの2種のみ。

なお、ロキオリでは自社畑のおよそ1/3をレンタルとして貸し出しているんですって。
葡萄が美味しい証拠だね。

ワインとは全然関係ありませんが、テイスティングルームに飾ってあったソノマのアーティストの作品。
f0181488_13263195.jpg


定期的に作品は入れ替えるそうですが、ソノマのアーティストのもの、と決めているんですって。
そして今回はガラスアート。その中で一番気に入ったものをパチリ☆
するとテイスティングのおじさん
「僕もそれが一番好きなんだ~!」だって。

素敵でしょ?我が家にひとつぐらいハイセンスなものがあってもいいかも。
なおお値段$400なり。
・・・芸術ですもの・・・値段を気にしてちゃいけないか・・・。でも断念。

そんなふうに過ごしていると、一人のおじいさんがテイスティングルームの廊下を歩いていった。
「あの人がロキオリオーナーだよ!」と。
へぇぇ!!ちゃんとオーナーとなった今も作業着でテイスティングルームとかに出入りしているんだー、と
葡萄、ワインへの愛着心?を勝手に感じてしまいました。
ここのChardonnay、来年は是非飲んでみたいっ!!

ということで、今回購入したものはこちら。
f0181488_13295889.jpg


■2007 Estate Pinot Noir $48.00

これも特別な時にいただきたいと思います!
あぁ、SFに住んでて良かった。(TωT)嬉し涙。


そして、ラストに向かいましたのは、
Mill Creek Vineyard

夫くんに「次で今日は最後だからね!」と言われ、えぇぇっ!?もう??とアセアセで入ったワイナリーでしたが、結果的には本日2番目に気に入ったワイナリーでした。
(1番はGARY FARRELLでした。)
かわいいコテージ風のテイスティングルーム。
f0181488_13453416.jpg


f0181488_1346469.jpgf0181488_13461824.jpg


と、感じたことを書こうと思ったのだけど、既にほぼ記憶がなくなっている・・・。
けど、購入したのは自分好みで間違いないはず。その時は相当悩んだことは覚えているから。
そして、テイスティングのおじさんとも仲良く話した記憶はある。あれれれれ??
何も覚えていないぃ・・・・。

ま、仕方ない。涙
購入したのはこちら。
f0181488_1351268.jpg


■2006 Chardonnay, Estate Reserve $28.00
■1999 Sonoma County Cabernet Sauvignon $33.00

改めていただくのが楽しみです( ̄∀ ̄)

以上、ルシアンリバー巡りも終わり、メンドシーノ旅行記も終了☆
ふぅ。
ブログにお付き合いくださった方、どうもありがとうございました!!
[PR]
by yukinkoro_sf | 2009-02-28 14:01 | TRAVEL
さて、メンドシーノワイナリー記です。
今回は、1日目にメンドシーノ(アンダーソンヴァレー)、2日目にソノマ(ルシアンリバー)をまわりました。
メンドシーノでは5つ。
朝9時ごろに出発して、5つのワイナリーをまわり、メンドシーノの町を見て、と大忙し。
ホテルに入ったのは夜10時だったから、SFから行くにはやっぱり宿泊が必要かなぁ。
もっとのんびりまわれたら、メンドシーノの人たちや自然とも触れ合えて、もっと印象に残るところだと思います。

ではひとつ目のワイナリーを。
MAPLE CREEK WINERY
f0181488_511187.jpgf0181488_512281.jpg
f0181488_513819.jpg


素敵な風景いっぱいの山道に面してあるのがこのMAPLE CREEK。
山小屋コテージみたいでかわいいところでした。ここのオーナーはTomさんとLindaさんという方なのですが、このワイナリーを設立する前は、Tomさんはワインラベルの絵を描いたりするアーティスト、Lindaさんはインテリアデザイナーだったのですって。なので、ワインラベルはどれも温かみのある、素敵なものばかり。
テイスティングは$5ですが、どれだけでもいただけます。10種程度あったのではないでしょうか。
そして購入すればテイスティング料はナシになりますよ。

また、現在、不景気のアメリカ。
MAPLE CREEKでは、3本購入すると4本目は無料になる景気刺激策実施中!!!
購入いたしましたのはこちら。
f0181488_515355.jpgf0181488_5232.jpg

■2005 Artevino Reserve Chardonnay $36.00
■2007 Estate Symphony $22.00←これが無料に。
■2005 Artevino Pinot Noir $36.00
■2006 Artevino Late Harvest Zinfandel $35.00

を。
Chardonnay好きの私は、4本目が無料になるならこちらを2本購入したいところでしたが、
フルーティーなワインが好きな夫くんはEstate Symphonyの軽めな味がおきに召したようなので、4本目はこちらを。
無料になるなら高いものを!と思ってしまう私・・・。

お次は、
Zina Hyde Cunningham Winery

MAPLE CREEKでテイスティングのお兄さんがススめてくれたワイナリーです。
だけどあまりワインは印象に残っていないのですが、夫くんはこちらがお気に召したようです。
(でも、夫くんはワインはほぼ飲んでいないし・・・、テイスティングのお姉さんがかわいかったからだろうか?)
f0181488_526192.jpgf0181488_5263323.jpg

外に飾られていた車。
f0181488_527210.jpg



と言いつつも購入。
家でじっくり味わうとまた味も変わってくるというものだからね!
↑購入のためのこじつけじゃあないですよ。ホントだってヾ(・_・;)

f0181488_5282247.jpg


■2006 Mendocino County Chardonnay $24.00
■2004 Redwood Valley ‘Old Vine’ Zinfandel $30.00

Chardonnayは2007年もいただきましたが、2006年が断然美味しかった。
さっぱり、すっきりなChardonnay。でもフルーティーでなく夫くんと私の好みのちょうど中間位。
そして、ChardonnayよりもこのZinfandelが美味しく感じた、私にしては珍しい傾向。


NAVARRO

ここは「アンダーソンヴァレーのパイオニア」と呼ばれるワイナリー。
メンドシーノは冷涼な気候で「寒すぎてもぶどうは育たない」と思われていたアンダーソンヴァレーに1973年に初めて「ヴェツルトラミネール種」というぶどうを栽培したのが、ここNAVARROのオーナー夫妻なのですって。

f0181488_5473593.jpgf0181488_547464.jpg

f0181488_5482810.jpgf0181488_5483870.jpg


キレイに整備された畑・庭園なんだけど、嫌味な派手さはなく、ほっとする感じ。
f0181488_549618.jpg



こちらでも無料で15~20種程度のワインの中から好きなだけテイスティングさせてくれるので、
自分に合ったワインを選ぶことができますよ。
で、その中で私達が購入したのはこちら。
f0181488_554983.jpg


■2005 Chardonnay Première Reserve Anderson Valley, Mendocino $25.00
■2007 Gewüztraminer Estate Bottled, Dry Anderson Valley, Mendocino $19.00
■2006 Gewürztraminer Late Harvest Anderson Valley, Mendocino $29.00

です。最後のアイスワインは、夫くんのご両親へのお土産に。気に入ってくれるといいな。

さて、ここで偶然知り合った日本人の方。
ワインの輸入・販売をしている方で、ワイナリーをまわって、今後輸入するワインの吟味をされていました。
なーんと羨ましいお仕事♪←あ、ワイン好きの私には羨ましいのです・・・。

そして、偶然にもその方の出身が私の父親の故郷と一緒と言うから、驚き!
アメリカのこんな小さな町の、いちワイナリーで、なじみのある日本の超小さな町名を聞くなんて!
ということで、名刺をいただきまして、
将来の私の再就職先となることができるでしょうか!!  ̄∇ ̄)ノ 世の中そんな甘くない!?

でも、昔々、私、赤のスパークリングワインを購入しようと思って、検索している時にこちらの会社のサイトをのぞいたことあるんだよね。
銀座にも展示ルームがあるようだし、是非とも父に教えてあげなければ。


Greenwoods Ridge Vineyard

NAVARROのお隣にあるワイナリー。ここもMAPLE CREEKのお兄さんがススめてくれたので行ってきました。
f0181488_61599.jpgf0181488_615186.jpg

f0181488_6154892.jpg



購入したのはこちら。
f0181488_619162.jpg


■2007 Sauvignon Blanc Meyer Vineyard, Boonville, Anderson Valley $18.00
■2006 Late Harvest White Riesling Mendocino Ridge, Estate Bottled $30.00
ここのデザートワインはとても美味しかったです!!
デザートワインの記憶しかない・・・。

ここも確かテイスティングは無料だったかな。
テイスティングのお兄さんはここもフレンドリー。夫くんと話が弾んでいました。
私は飲み係ですので、舌でワインとお話してきました。

そして最後は
Roederer Estate

f0181488_6303325.jpgf0181488_6305043.jpg

f0181488_6313517.jpgf0181488_6314648.jpg


ロレデールエステイトは、スパークリングワイン専門のワイナリーです。
本家本元はフランスのシャンパーニュ地方とのこと。
ホワイトハウスの晩餐会でも出されているスパークリングワインなんですって。でもそういうものは、製造工程が完全なる手作業で行われているらしく・・・、全くの別物と考えた方が良さそうですね~。
f0181488_636034.jpg


でも美味しいものは美味しい(≧∇≦)

こちらではテイスティング料($6。でも購入すると$3になる。)を払います。
で購入したものはこちら。
f0181488_64044100.jpg


■Anderson Valley Extra Dry $24.00
■2007  Chardonnay  $19.00
■2006  Pinot Noir  $24.00

3本以上購入すると5%引きになるから、テイスティング料はあってないようなものでした。
スパークリング専門と聞いていたのですが、スパークリング以外もあるので、ご興味のある方はいかがでしょう?

ってな感じのメンドシーノの(に行く途中にあった)ワイナリー。

ナパやソノマと比較したら、ワイナリーの数は少ないと言えど、それでも1日、2日、1週間では全然まわりきれない数があり、あぁ、興味はつきない・・・。
今回は、特にアンダーソンヴァレーをまわったので、今度はもっと内陸部のメンドシーノ、レッドウッドヴァレーに行ってみたいな♪

次回はソノマのルシアンリバー巡りです。
雨男の夫くん。案の定、雨を降らせてくれました・・・。
[PR]
by yukinkoro_sf | 2009-02-28 07:05 | TRAVEL
日本のガイドブックには載っていない町「MENDOCINO」(メンドシーノ)。
サンフランシスコから約3~4時間北上したところにある、とーっても小さな町です。
f0181488_2322959.jpg



夫くんが職場の方にススめられ、この間ちょっと小旅行に行ってきました。
以前のSONOMA日記のように2ヶ月も経過してしまわない前にっ!!

上記の赤い線が今回の道です。
行きは海岸線でなく、ワイナリーに寄りながら山道を。
f0181488_236213.jpgf0181488_2361861.jpg

途中、野生のシカを2回、5匹見ることができました。
最初は川で水を飲む2匹、2回目は道路にヒョコッと顔を出したシカちゃん。
車から降りてみると、親子3匹で華麗に川を渡って去っていきました。
(「道路に近寄っちゃダメだよー!」と一応声をかけておきました・・・。 ヾ(・_・;))

その他、牛、羊と動物たちがたくさん。
山道ぐるぐるでしたが、のどかでとっても素敵な景色がたくさんありましたよ。
(あ、ワイナリー巡りは次回にっ♪)

そして、メンドシーノの町は、これまた今まで訪れた町の中で一番小さいのではないかと思うほどこじんまり。
f0181488_2451138.jpgf0181488_2452659.jpg

ビジターセンターにあったメンドシーノの町の模型。小さい町でしょ?
でも、ホテルもあり(それも良い値段。笑)、ハイセンスな雑貨のお店が並びます。
(ワイナリーのおばちゃんいわく「かわいいけど、あそこはモノが高いのよね~。」)

そして、街中でよく目にした井戸のようなもの。
f0181488_2475693.jpgf0181488_248750.jpg

ランチでいただいたお水がとても美味しかったので、ここのお水は井戸水なのかもしれません。

と思ったら、こちらのサイト
eX-WINE」さんのメンドシーノ紹介欄に「井戸水を使用している」とありました!やっぱりー♪

そうそう。ランチは、「MENDOCINO HOTEL」(メンドシーノ・ホテル)でいただきました。
外観はパステルカラーでかわいい感じなのですが、一歩中に入ってみると重厚感ある雰囲気。
f0181488_2545541.jpgf0181488_255513.jpg

f0181488_2553956.jpgf0181488_2555196.jpg

ハンバーガーも美味しいです。
私はランチセットのようなスープ付サンドイッチをいただきましたが、クラムチャウダーも良い塩加減で上品なお味でしたよ!
ワインは、Ferrari-Carano Chardonnay 2006年を。
大きなグラスにたっぷり目に。気前が良いなぁ☆
f0181488_2571237.jpgf0181488_2572398.jpg

※ワインに花が浮かんでいるわけではありません。念のため。笑

私がカメラを持っていたら写真を撮ってくれたりと、温かいサービスを感じました。
f0181488_345289.jpg



さて、帰りは海岸線を!
晴れていたらキレイなのでしょうが・・・太平洋岸を。ちょっとおどろおどろしい?
f0181488_372285.jpgf0181488_373646.jpg

でもカモメにパンくずをやっている人もいたり。
f0181488_392624.jpg



日が沈む頃には、ピンク色の空も見れたので、まぁ良しとしましょう☆
f0181488_3123460.jpg

f0181488_3124543.jpg



そして、真っ暗になってから到着したのは、Healdsburgにある「HOTEL Healdsburg」。
こちらにある「Dry Creeck Kitchen」を夫くんが予約してくれていました。
とてもモダンなホテルにあるこのレストラン。Charlie Palmer氏というアメリカのスターシェフ!(日本でいう鉄人か?)がカリフォルニアで出したレストラン第1号店がここなんですって!
f0181488_3275116.jpg


f0181488_3281743.jpgf0181488_3283131.jpg


お魚の一口前菜と、
地元産サラダを2人でシェア。これは一人分です。
f0181488_3355125.jpgf0181488_336239.jpg

サラダと言えど、とってもオシャレに出てきてびっくり。

夫くんはお肉ではなく、珍しくお魚。私はバタースクワッシュのラビオリを。
f0181488_337466.jpgf0181488_3375980.jpg

とっても美味しく完食。
夫くんはお腹いっぱいと言っていましたが、私はまだ物足りなさを感じるくらい。
私の胃袋の拡大化、結構危険かも・・・。

さて、デザートは、6種のアイスで。
f0181488_3462530.jpg


さすがに私もこれでお腹が満たされました。

おおっと!ディナーでいただいたワインはこちら。
f0181488_3471950.jpg


さすがにメンドシーノと違って、お上品な量で出てきました( ̄∇ ̄;)
(グラスが大きいので、日本と比較したら1.5倍の量だとは思いますが。「慣れ」ってこわいわぁ~。)
ちなみにお料金もグラス1杯で$17。(ワインリストを見ないでおまかせにしてしまったのです。)
夫くんと「次からは、面倒くさがらずにちゃんと自分たちで選ぼう・・・」と反省いたしました。
がっ!!
これがまた美味しかったのです。
Robert Young」のChardonnayをいただいたのですが、次回のワイナリー巡りには是非訪れたいところ★
ということで、1日目はこれにて終了。

この日はSanta Rosaの「HYATT VINEYARD CREEK」で宿泊。
日帰りもできないこともないのですが、それでは、あまりにドライバー(夫くん)が辛いというもの。ぷぷぷ。
f0181488_322582.jpgf0181488_3221479.jpg

翌日のRUSSIAN RIVER巡りに備えて、早々に就寝。
「もし仕事が入ったら、翌朝早々にSFに戻らねばならない」と言われ、
仕事が滞ることを祈って寝ました。←どうしようもないパートナー。笑
そして祈りは通じ、無事RUSSIAN RIVERもまわれ、2日間ワインづくしとなりました。エヘヘ。

次回は、ワイナリー巡りを。
たくさん購入してしまった・・・。
[PR]
by yukinkoro_sf | 2009-02-28 03:59 | TRAVEL