SF生活日記。


by yukinkoro_sf
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
さぁさぁ♪本番です。
前日の飛行機疲れも何のその!
私、朝6時には目が覚め、夫くんにわざと聞こえるように行く準備を。
そのおかげで、夫くんも6時半過ぎには目覚め(「眠いー・・・」とふてくされておりましたが)、
さくさくと出発!

車を走らせること3時間。
到着です!セブンマイルブリッジ!!
f0181488_655755.jpg



左が大西洋、右がメキシコ湾になります。
隣に平行して走っているのは、昔の鉄橋。ジョギングしたり、歩いたりしている人もいました。
1935年のハリケーンで寸断されてしまい、それがそのまま今も残っているのですって。

超感動っ!

と、言いたいところですが、海の中を走る道路は沖縄にもあり、そこをドライブしたことのある私としては、
沖縄の方が海に近い気がする・・・。
(沖縄大好き人間。ひいき目が入ってしまうのよね・・・。)

ということで、「まぁ、こんなもんか」という感じでした。
残念。

ですが、このセブンマイルブリッジを渡り終えた、ホントにすぐ左側に降りたところ。
名もない(たぶん)小さなビーチが美しすぎました。
f0181488_74659.jpg


それでいて、すごーい遠浅の海。
はるか先で、海水浴をしている人がいます(「ここ。」のとこです)。わかったかな?


セブンマイルブリッジも見えますよん♪
f0181488_754295.jpg




そして、少しだけ走ると「Bahia Honda Key(バヒーア・ホンダ・キー)」という全米でトップ10に入るといわれるビーチがあります。州立公園にもなっているのですが、ここも、とっても素敵。
1人$3.5(2人で$6)取られますが、キーウエストに行く前にちょっと寄り道。
f0181488_7105017.jpgf0181488_711293.jpg
カヤックをやっている人もいたり。ほのぼの~。


右が現在使われているセブンマイルブリッジから続く道路。
f0181488_7184467.jpg


左側の古い寸断されている橋も気になるので行ってみました。

緑の山道を抜けると(時間にして5分程度で行けます)、橋に出ます。f0181488_719714.jpgf0181488_7192262.jpg


見事に寸断されていました。
f0181488_7209100.jpgf0181488_720337.jpg

ダイビングボートも。
こんなキレイな海でダイビングしたーいっ!!!

f0181488_7211440.jpg

f0181488_7212545.jpg



と寄り道も終え、いよいよフロリダキーズの最終島、キーウエストへGO☆
アメリカ本土最南端です。


キーウエストの街中は、のどかな空気が漂っていました。
f0181488_7292959.jpgf0181488_7293933.jpg

f0181488_7301410.jpgf0181488_7302747.jpg


ね?のどかでしょ??
ニワトリだって自由すぎて、空を飛びます。上の看板に野生のニワトリがいたの気がつきました??
f0181488_7313283.jpg



なお、キーウエストでは鳥類ハンティングは禁止されていて、見つかると罰金です。
気をつけましょう!
この子達は、チキンになることはないのね。良かったねぇ~。

さて、ランチは「地球の歩き方」に載っていた「ハーフ・シェル・ロー・バー」へ。

キーウエストはコンク貝が名物です。
ということで、コンクチャウダーのスープと、そしてフロリダ名物ストーンクラブ、
お店のお兄ちゃんオススメのビールを使ったエビ料理を。
f0181488_7404127.jpgf0181488_741116.jpg
f0181488_7411452.jpgf0181488_7413040.jpg


まずはスープ。

一口飲んで「・・・んー。」
味が濃くて、コンク貝の味がわからなかった。

夫くん、納豆は好きなくせして、豆自体はあまり好きでないようで、
これはお豆のスープちっくだったので、お気に召さなかったようです。

お次は、ビールを使ったエビ料理。
エビは、大体が美味しい料理になるので、大丈夫と思いきや。
夫くん一口。
「これ、絶対に、ユキ食べれない。」と。

え?何々??そういわれると気になる。
で、一口。

うーん・・・うーん・・・。微妙。


じゃあ、しめのストーンクラブ!!
これはどうだっ。
カニ好き夫よ、身がプリプリしてるじゃない~。

夫くん一口。
「苦労して殻を割って、食べるほどでもないな。」

以上。

f0181488_811212.jpg



がんばれ、キーウエスト!!
どこのレストランが美味しかったんだろう・・・(pωq)

で、お口直しにアイスでもと、キーウエストのメイン通りのデュバル通りでアイスを♪
フロリダなので、フロリダオレンジ味をセレクト。にゅふふ。
f0181488_756493.jpg



なんとも人工的な味でした。
ぐすん。


さて、気を取り直します。
アメリカ本土最南端ということは、ここでUS-1が始まるのでした。
f0181488_81031.jpgf0181488_811277.jpg

道路を挟んで向かい側にENDも。終点、起点両方の標識があります。


男性諸君、車好きの方は、こういうの好きかしら??

そして、この道沿いに、ヘミングウェイの家があります。
「老人と海」「日はまた昇る」等々で知られるピューリッツァー賞&ノーベル賞作家のヘミングウェイです。
昔、「世界ふしぎ発見!」で見たことがあって、行ってみたかったのだよねー。
(しかし、小説を読んだことがあるだろうか・・・?覚えがない・・・。)

f0181488_8115429.jpgf0181488_812836.jpg

1851年に建てられた邸宅で、1931年にキーウエストに来たヘミングウェイが買い取ったもの。
莫大なお金をかけて庭を造ったり、真水のプールを作ったりしたそうです。
プールが完成したときに、ヘミングウェイはコインを取り出し、
乾いていないプールサイドのコンクリートの中に押し付けて
「最後の1セントまで使い果たしてしまった」と冗談を言ったそう。
そのコインがこれ。
f0181488_8154689.jpgf0181488_8155875.jpg

ちゃんと残っていました。
なお、ヘミングウェイがここキーウエストで書いた小説は
「武器よさらば」「キリマンジャロの雪」「誰がために鐘は鳴る」など、全作品の7割にものぼるんですって。


と、本をあまり読まない私。
何故に、ここに来たかというと・・・

6本指のネコが見たかったのです!(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

なんでもヘミングウェイはネコが好きだったようで、今でも50匹の子孫がこの敷地内で飼われています。
そのうち約半数が6本指を持つネコなんですって!
(6本あると、ネズミを取るのに便利らしい。そして、幸運を呼ぶネコと言われていたらしい。)

お前の足を見せておくれ~
f0181488_8263427.jpg


寝室で寝るネコ。贅沢です。


ネコは、本当にいたるところで寝ているんだけど、なかなか指って見えないものなんだよねぇ。


ねぇねぇ、見せてよ~
f0181488_8314216.jpg

「にゃぁ~~、くすぐったい~~!!やめてくれぇ~~!!!」


で、見つけました!!

f0181488_8342441.jpg


親指があるの、わかります??


たぶんこの子も・・・。
f0181488_835741.jpg



ネコの水飲み場と、コンクリートにいっぱいあるネコの足跡。
f0181488_8362311.jpgf0181488_8372358.jpg


ネコ屋敷ですな。笑
ここで見つけたネコちゃんは、次回にまとめて掲載しときます。
(すでに、だいぶ長文だし・・・。)



さてさて、キーウエスト最後は、海に沈む夕日です。
みんな集まってきました。
f0181488_8404325.jpg


f0181488_8411967.jpgf0181488_8413221.jpg

f0181488_842598.jpg


いやぁ、文句なしに美しかった!

出来たら、キーウエストに1泊位したいかもです♪


・・・で(まだ、続くのか!?)、
最後に、この日のディナーはというと、キーラーゴにある「Fish House
夕日を見ていたら、キーウエストを出たのが、既に6時。
マイアミに戻っていたら遅くなってしまうので、フロリダキーズの中で、もっとも本土よりにある島でいただきました。

f0181488_8463959.jpgf0181488_8465430.jpg
f0181488_8471216.jpgf0181488_8472631.jpg
f0181488_8473955.jpg


ここでも、懲りずにエビを。
ここは普通に美味しかったです。
「やっぱり、普通の味付けが一番だね~♪」と。笑

なお、お腹も満たされ、私、助手席で熟睡してしまったことは言うまでもありません。
がんばって起きようとしたんだけどねぇ・・・。

長い1日でした☆

あ、なお、この旅行でのBEST1の食べ物は、
途中、休憩で入った「Pire House」のバーで飲んだピナコラーダでした( ̄∇ ̄)
f0181488_852132.jpg



[PR]
by yukinkoro_sf | 2008-12-04 08:55 | TRAVEL
サンクスギビング中に、マイアミに行ってきました~☆
きれいな海と空を求めて!


SFを正午頃出発の飛行機で、マイアミ国際空港に着いたのは夜の午後8時過ぎ。
飛行機に実際に乗っているのは、約5時間くらい。
時差も入るので、若干時間が狂いますが、アメリカって広いのね。

国内旅行で初めて飛行機に乗りました。使ったのは、行きはAmerica Airlines。
なお、日本と違い、機内食は、お金がかかりまする。
ということで、我慢。
お金がかかるのならば、どうせなら、美味しいモノを地上で食べたい。


そして、私のこの行きの飛行機の席がクセモノでした。
もちろんエコノミー席。アメリカの飛行機といえど、席は狭め。
(↑帰りに乗ったUS Airwaysは、エコノミーでも非常に広かったです。
航空会社によって色々なのかな?)

さて、何故クセモノだったかというと、席がリクライニングできない。
飛行機のせいじゃありません・・・。

なんと、

後ろのおじさんが、私の席を押さえてるっ!!

Σ(|||▽||| )
ぬゎにぃぃ~!!

その事実を知った私。夫くんに、
「ねえねえ、後ろのおじさんが、リクライニングさせないように、私の背もたれを後ろから押しているんだけど。」と。

すると、夫くん。
「エコノミーだからね。」

と意味不明な回答。


違うからっ!!


不幸中の幸いで、真ん中3人席で私たち夫婦2名で座れたので横になりつつ座れましたが、
何だか腹立たしい。がるるるっ・・・

と思いつつ、しばらくすると、おじさんがトイレに立った。


お、いまだ!!(o ̄∇ ̄o)ヘヘッ♪

とすかさず、席を思いっきりリクライニング。
(悔しかったので、最大リクライニングしました。)
「リクライニングしてもよろしいでしょうか?」の一言も、絶対にかけないんだからっ!!

そして、おじさんが戻って来ても、知らんぷり。
ふん、おじさんがいけないんだ。


と、勝ち誇ったのもつかの間。


おじさん、再び、じわじわとしたゴリ押し。
そして、私のリクライニングは数十分後には元の位置に戻された・・・。


この戦い、おじさんの勝ち。

きぃぃぃε-(=`ω´=)
悔しい。


と、子供のような戦いをしつつ、マイアミに到着。笑


まずは、Hertzにてレンタカーを。
サンクスギビング中だったからか、受付の人が少なく、待たされること30分近く。
トヨタのカローラと同等レベルを希望していたのだけど、
既に時間が遅かったせいか、そのレベルの車はなく、代わりに追加料金なしで、UPGRADEの車を貸してくれるらしい。

ラッキー♪
と、喜んだのもつかの間。

手配された車は、7人乗りのワゴン車。
f0181488_351953.jpg



これ、どうなの?
いまだかつて、普通に希望通りの車を借りれたことのない私たち。
UPGRADEなら、どうせならオープンカーでセブンマイルブリッジを渡りたかった・・・。


と、色々あり、既にこの時点で午後10時。
私は、とにかく早くホテルに行きたい一心。
夫くんは、とにかく早くご飯を食べたい一心。笑


今回、泊まりましたホテルは、リッツカールトン・サウスビーチ。
f0181488_422327.jpg

f0181488_423597.jpgf0181488_431050.jpg

とても素敵な、快適なホテルでしたよ~。
特に、飛行機で、ひと戦い終わらせた後の私にとっては、ホテルが良かったことは本当に救い。


ホテルのレストランは既に閉店間際だったので、コンシェルジュの人が教えてくれた近くの北イタリア料理のレストランに行くことに。

お店の名前をメモしてくるのを忘れてしまったのですが、Collins Ave.と19St.のあたりにある変わったホテル内のレストラン。
何が変わっているかというと、真っ白な感じ。
これがロビー。
f0181488_49471.jpg



ね。白いでしょ。

さて、ディナーはテラス席でいただきました。
昼間だとプールに面しているから、結構素敵そうな感じ。

f0181488_4113418.jpg

f0181488_4114511.jpgf0181488_4115699.jpg


夫くんは、チキンを。私は、ポルチーニのラビオリをいただきました。
味は、美味しい方。

そう、この旅行は、美味しいものになかなか出会えなかったのです。涙
このお料理は、今回の旅行の中でBEST3だな。


味よりも、隣の席の男性4人組が、その隣の席の女性2人組を一生懸命誘っているのが面白くて、そっちにばかり気をとられてしまった。


マイアミ旅行記、次回はキーウエスト♪
ようやく真っ青なキレイな海だぁ~!!
[PR]
by yukinkoro_sf | 2008-12-04 04:41 | TRAVEL

日本一時帰国 その3

サンフランシスコに帰ってきました。
飛行機の中で一睡もせず、またもやワインを飲みながら映画三昧。
案の定、夫くんの迎えの車の中では気持ちが悪くなり、家に帰ってそのまま爆睡。

そして本日。ちょっと時差ボケ気味。
1週間、掃除機かけてないから、かけなきゃな~・・・
でも、面倒くさいな・・・明日元気になったらでいいかな~・・・

と、机の上にあった、夫くん食べかけのドリトスの袋を片付けようと持ち上げたとたん、

ボヮサ~!!

見事、じゅうたんの上にバラまかれました。

・・・・・・。
(怒りの矛先相手がいない。涙)

それでも、掃除機をかけるのが面倒くさかったので、ちまちまと拾った私。
でも、ドリトスって堅いし、変に三角形だし、細かいのを踏むと痛いの。
最終的には、掃除機のお世話になることに。

あぁ、疲れた。


とそんな1日目ですが(最低な1日目です)、日本滞在、後編を。

■金曜日。
祖父母へのお土産がアメリカにはなかったので(そして機内販売にもなかった)、例年通りお歳暮として何か贈るため、お買い物に。
例のごとく、留守番をこよなく嫌うたくぞをお供に。

そして、たくぞにも何か買ってあげようと、ガールフレンドを購入。
f0181488_7145547.jpg

みどりちゃんと名づけました。物覚えの悪いたくぞーですが、2日で覚えました。
「みどりちゃんは?」と聞くと、一目散にくわえて持ってきます。

f0181488_7172147.jpgf0181488_7173226.jpg

たくぞーは、このパンダをこよなく愛しています。ちなみに我が家には同じパンダが2ついます。
1代目と2代目では、匂いが違うようですが、でもまだ同じ形だったので、ほぼ受け入れました。
しかし、このパンダを作っている会社が倒産し、2度と同じものが手に入らなくなり、
その後、何を与えてもいまいち反応が薄い。
だけど、今回のみどりちゃんは、結構良い反応☆
そろそろパンダの内臓も出てきそうなので、みどりちゃんに移行してくれればいいのだけど。


みんなの足の上にパンダを落としたりして、かなりしつこくパンダで遊ぶことを要求してきますが、誰も相手にしないと、こうやってパンダで遊んでくれる人を待ちます。
その時間が長いと、ついうとうと寝ちゃったり。笑
f0181488_722352.jpgf0181488_7221574.jpg
で、目が合うと、またしつこく寄り添ってきます。しまったっ!!目を合わせてしまった!!!


みどりちゃんも、パンダと同じようにハムハム。この縄の噛み応えがいいみたい。
f0181488_7255543.jpg



たくち、大事にしてね。


■土曜日。
マッサージを予約。腰ONLYでやってもらいました。あぁ、幸せ~~。
そして、この日は、両親、姉夫婦とともに、大船駅前にある「きじま」へ。
ここは、美味しいイカが食べられるお店。
f0181488_7303784.jpg

f0181488_730495.jpgf0181488_731139.jpg

イカ、生きてます。透明です!!
足、口の中でくっつきます。気をつけましょう。
頭は、このお刺身の後に、天ぷらにもしてくれます~♪

その他、もろもろをオーダーし、すっかり満腹。
日本でもデブ一直線!
母&姉からも「よく食べるようになった」と太鼓判いただきましたっ。涙

イカよ、君はスリムだねぇ~・・・
f0181488_734143.jpg




以上、日本滞在記録。みなさま、お付き合い、ありがとうございました。笑

お土産を買いすぎて、帰りのトランクの重さはなんと37㎏超え。
サンフランシスコは32㎏以上だと荷物を分けなければならないそうで、成田のチェックインカウンターで、JALさんからもらったダンボールに荷物を分配。
適当に取り出しただけだったけど、再度はかったら、見事、31.4㎏!
つい、受付のお姉さんと「おおっ♪」と喜んでしまいました。


たくち、ばいばーい!!ヾ(。・v・。)
f0181488_7462549.jpg

(ベロを出して、生意気だ・・・。)
[PR]
by yukinkoro_sf | 2008-11-25 07:42 | TRAVEL

日本一時帰国 その2

日本滞在、中編。
(後編にしたかったのだけど、なんとなく収まらない気がしてきた。)

■水曜日:美容院と買出しへ。
銀座&有楽町に行ってきました~!
そうそう。ウワサには聞いていたけど、H&Mの前には行列が。ついでに、ちょうど観光バスからも人がわんさかおりてきた。
f0181488_2240419.jpg


私には並べないわ~!無理~!!

なんて思いつつ、午前10時半。
銀座松坂屋の屋上のペットショップでたくぞーの乳酸菌を買ってくるよう頼まれていたので、
松坂屋に行くと行列が。
東京の大丸にもあった「ねんりん家」が松坂屋にもOPENしていたんですね~♪
いつも東京駅の行列を横目で見つつ、いつかいつか・・・と思っていたバームクーヘン。

・・・これは・・・
はい!私、並びますっ066.gif
おほほ。いつも食い気にはかなわないのでした( ̄ー ̄;お恥ずかしい。
f0181488_22493498.jpgf0181488_22494985.jpg

銀座松坂屋限定、ショコラ味もGET!
プレーンより美味だと思う。
こちらのバームクーヘン、外側がカリッ、内側はしっとり。
初めて食べたけど、やっぱり美味しかったんだなぁ~。

そして、美容院。
前日に、カットのコンテストがあったらしく、準優勝をした!といって喜んで写真まで見せてくれた担当のお兄さん。
まだ興奮は冷めていないようで、私のカットを終えるたびに、「よしっ!」「うんっ!」と。
気合を入れてカットしていただけるのはありがたい。笑

その後、有楽町の交通会館で、北海道、富山の物産店などなど、サンフランシスコに持って帰るお土産を大量に買い込みました~☆
夫よ、楽しみにしていておくれ。


■木曜日:鎌倉デート
f0181488_2303792.jpgf0181488_2304831.jpg


ある男の子とデートをしました。
江ノ電に乗って、目指すは七里ガ浜。

これで、もう皆様、ピーン!ときますよね。
はい♪「WEEKEND HOUSE ALLEY」にある「bills」です。
こちらは、シドニーで3店を展開し、ハリウッドセレブ御用達の店として知られる「bills」の海外初支店。「世界でもっともおいしい朝食」を作る男と賞されているビル・グレンジャー氏のお店です。
(→Joyeさん、ご存知ですか?もしや本店行かれました!?)
f0181488_2324360.jpgf0181488_2325790.jpg

ずっと行きたい行きたい!と思いつつ、話に聞くと、いつも長蛇の列。それで、くじけていたのですが、今日は平日。よしっ!と行ってしまいました~☆

いただいたのは、パンケーキ。
ここはスクランブルエッグも美味しいらしいのですが、バターミルクを使ったパンケーキ作りの研究も兼ねておりますので。(←本当か!?笑)

これは、まさしく、最高のパンケーキでしたっっ!!
f0181488_23132338.jpgf0181488_23133982.jpg



私の人生の中で一番美味しいパンケーキだった053.gif
リコッタパンケーキというだけあって、中にある白いのはたぶんリコッタチーズ。
何よりも生地が軽くて、ほわほわで、何枚でも食べれるというのはこういう食感の事を言うのだろうなぁ。しっとりしてて、半生ちっく。あ、でもちゃんと焼けてますよ。
(→sacoちん、是非、ここに食べに行って♪したら、バターミルクを使ったパンケーキの味がわかるわっ!!それでいて、かーなり美味しい!!!)

さて、私のデートのお相手はというと・・・
f0181488_23224341.jpg


大人しくお膝の上でお座り。
途中、寒波の日でしたが直射日光が暑くて、かばんに入っていきましたが。

犬もテラス席ならOKです。目の前には湘南の海がキラキラ。
デートには最適だね、たくち。笑

そして、その後腹ごなしに鎌倉駅から鶴ヶ丘八幡宮までお散歩。
f0181488_23265022.jpgf0181488_2327075.jpg

鎌倉駅周辺は相変わらず平日でも人がいっぱい。
たくちも、かなり小型の小型なので、チマチマチマチマチマチマ・・・歩いていると余計目立つらしく、10人以上の外人観光客に囲まれ、撮影会もしてきました。笑
私よりワールドワイドなのね・・・。
でも、みんなに「かわいいかわいい」言ってもらえて、この子は幸せだなぁと思いました。

と、小町通りで佐伯チズさんにも会いました。
TVのロケのようでしたが、やはり見てしまうのはお肌。
透き通るような肌だったー。すごいーーー。あの肌はあり得ないっ!!
私もホワイトニングしよぉ・・・。

【続】
[PR]
by yukinkoro_sf | 2008-11-20 23:33 | TRAVEL

日本一時帰国 その1

日本に帰ってきております~☆
夫くんは通常通り、SFでお仕事中。旦那さま、ありがとう。涙

今回の帰国は、メインは、大事なお友達と後輩ちゃんの結婚式出席のため。
この帰国のために、夫くん、帰国のための書類を整えてくれたり、
英語がいまだに上手でない私のために、再入国もしも!?の、
万が一のときのために、1枚手紙を書いてくれたり。
良い旦那さまだわぁ~(←これでもかっ!の持ち上げ作戦☆笑)

では、日本滞在前編を・・・。

■SF時間:金曜日の正午、SFを発つ。
今回は、JALのプレミアエコノミーという席。
こちら、食事はエコノミーと同じ。席幅は若干広い程度。
しかーし!
前の人の席が倒れてこない設計になっております。ビジネスと違って、横になっては寝れませんが、
不快感はそれほどない。これって重要。
だって、何も言わずに席を思いっきり倒す人っているじゃないですか。
一言ぐらいあったら気持ちも違うのにさっ。ブツブツ・・・。
ということで、横になっては寝れないけど、映画も3本完見したし、満足。
ついでに、お隣になったおじさまが最初に
「今回隣の席になりました。よろしくお願いします。」と私に一言。
こういう一言が言える方って、素晴らしいなと思いました。
私もあわてて「あ、私の方こそよろしくお願いします・・・」とぺこり。
これで11時間の長旅も、ちょっと気持ちが違うってモノですよ~♪


■日本時間:金曜日の夕方、日本着。夜実家着。
明日の結婚式の準備、お土産の整理をして、23時頃就寝。


■土曜日:午前中、大学時代のお友達の結婚式に!
f0181488_19371630.jpg


f0181488_19374548.jpgf0181488_1938365.jpgf0181488_19382462.jpg


大学サークルの大切なお友達T。
帰国子女で英語も堪能、スタイルも抜群で美人で・・・
大学時代は、本当に羨ましかった。笑
でも、そんなに素敵なのに、全然そんなことを鼻にもかけず、おとぼけキャラで。
細かなことにも心配りが出来る、私よりも大和撫子な気持ちを持った子でした。
だから、こんなに仲良くなれたんだろうなぁと本当に思う。

そんなTの素敵な花嫁姿は、絶対に生でお祝いしたかったの。涙
あぁ、出席できて良かった(* ̄∇ ̄*)
そして、やっぱりかわいかったぁ~。ホレボレ~~。

なお、日本に帰ってきたのに、家族以外と初めて会話したのは、外国の方でした・・・。
TとTの選んだ旦那さまの結婚式ですので、出席者はやはりインターナショナル~~
「ご祝儀袋をいつ渡すべきか?」と普通に話しかけられ、
がんばって「式と披露宴の間に渡すんですよ」と。
英語って、どこにいても大切なんだと実感。

そして、式に感動してしまい、2次会は欠席の連絡をしていたのだけど、
1時間程度なら出れたので、勝手に出席。ほほほ。


■土曜日:夕方、元職場の後輩ちゃんの結婚パーティーに!
f0181488_19554639.jpg



こちらも、超美人な子なのに、お顔が見せられないのがちょっと悲しい。
私が初めて担当したOJTの子。
最初は美人過ぎて、ツンケンされたらどうしよう・・・と思った覚えが。笑
ところが、こんな私に懐いてくれて、私が教えるだけでなく、私が仕事を教えられることもしばしば。
一緒にプログラミングをしながら、
「○○さん、出来ました!こうやるんですよー!!」
私:「えっ!マジで出来たの?えー、コピーさせてぇ~」という会話も何度となく。
※注:私、最初の就職先はIT系でした。

久しぶりのに同僚の皆さんとも会えて、楽しかった♪

いやぁ、本当にこの日は幸せをいっぱい分けてもらえた日でした。
(* ̄▽ ̄*)ノ"満足じゃ♪


■日~月曜日:家族(両親・姉・私。弟は福島のため欠席。)で熱海に温泉に。
我が家のこだわり、源泉かけ流し&たくぞー(犬)と一緒に泊まれる宿。私と母は2度目の来訪です♪
ここは、お部屋にも源泉かけ流し露天風呂がついているのです。お気に入り。

日本な、繊細な盛り付け。そして美味しいお刺身、いただいてまいりました。
f0181488_2085148.jpgf0181488_209465.jpg


いつもはご飯後にも温泉に2回は入るのに、食べ過ぎて、1度しか入れず。
せっかくなのにな、と思っていたけど・・・
時差ボケで明朝4時に目覚め、することがなく、結局いつも通り、たっぷりと温泉につかれました。笑

f0181488_2091613.jpg


床の間にたくぞー。
いつもは、ほぼ母と2人な生活のたくぞー。大勢の人間に囲まれ、一番嬉しそうでした。


■火曜日:お友達のBABYを見に♪
もうひとつのメインイベントは、高校時代からのお友達sacoちゃんのBABYを見に行くこと。
私がSFに行ってから、産まれたので、まだ会ってなかったのでした。
もう楽しみで楽しみで、Macy’sでプレゼントを選ぶのも、楽しかったわぁ♪

さて、この日。ルンルン♪で準備をしていると、不安そうに見つめる人が一人・・・。
あ、一匹。たくぞーです。

たくちは、この世の何よりも留守番が嫌い。
「たっち、ごめんね。今日は一緒に行けないの。我慢して。すぐママ帰ってくるからさ。」
と言っても、私の膝の上に乗って、ブルブル震える。
そして、「くぅーくぅー。」と本当に虐待を受けているかのような目で私を見る。

うっ・・・(x_x;)ダメだ、置いていけない・・・。

そして、sacoちゃんに「たくぞ、一緒に行っても良い?」とダメもとで聞いてみたところ
「いいよー♪」と快い返事が返ってきた!
もぉ、超超超ありがとうっ!!!本当にごめんっ!!!
f0181488_20322680.jpg


お留守番できなくてごめんなさい・・・。

赤ちゃんは、産まれてからまだ2ヶ月。ムギュってしたい位にかわいかったです。
そして、3歳のしょんちゃんも、相変わらず可愛くて、おばちゃんは幸せな気分になりました。
一緒に行ったYちんのSHOGOくんは、あまりの成長ぶりにびっくり。
お土産のお洋服が着れるかちょっと不安になってしまった。
・・・着れますように(祈)

私はまだ一人も子供がいないのだけど、既に2人のママをしているsacoちん。
本当に尊敬しました。
そして、Yちんの、子育てという感じでなく、一緒に赤ちゃんと楽しんで生きているという感じの姿勢にもすごいっ!と惚れ惚れ。

その2人の当日のブログは、こちらです♪
sacoちんの読んでいるとほんわか幸せな気分になるブログ
Yちんのお料理も真似したくなる元気ママなブログ


たくぞーも、子供は大の苦手なんだけど、しょんちゃんの可愛さにはまいったようで、
頬っぺたをペロリしてました。笑


日本滞在、忙しいけど、満喫中☆
【続】
[PR]
by yukinkoro_sf | 2008-11-20 20:42 | TRAVEL

YOSEMITE NATIONAL PARK その2

ヨセミテバレーから車で1~2時間のところにあるMariposa Grove(マリポサグローブ)。
ジャイアントセコイアの森です。

セコイアと言われても、色んな木の中で見分けがつくかしら?と思っていましたが、
セコイアの樹皮は、シナモンのような色をしていて簡単に見分けがつきます。
「レッドウッド」とも呼ばれるセコイアですが、なんと樹齢は3200年らしい(って、どんな年月だ!?)。

日本では見られない木々を是非ご覧になってください!

f0181488_2125535.jpgf0181488_213715.jpg
f0181488_2142929.jpgf0181488_2144941.jpg
f0181488_217058.jpgf0181488_2171381.jpg
f0181488_2181321.jpg



このマリポサグローブ。かなり奥行きがあります。
ハイキングで、自分の足でがんばれば、色々な木々に触れることが出来ますが、
この日の私、若干の風邪気味(家に戻って、38度の熱があったことが判明する・・・。)。
みんなが暑い暑いとTシャツになっている中、一人パーカーをはおり「寒い・・・。」と。
なので、トラムツアーに参加。75分で森を一周してくれます。
ついでに、日本語のオーディオガイド付き。
f0181488_2235448.jpg

こんな感じ。快適です。

でも、帰りは途中で降りて、30分ほど森の中を自分の足で(&夫くんに寄りかかりながら。笑)歩いてきました。

同じ森でも、ミュアウッズとはまた違った空気を持ったマリポサグローブ。
優しくて、強い空気をもった森で、元気になれた気がします。
(体は最悪でしたが。あぁ、風邪が悔やまれる・・・。)

f0181488_2303149.jpg




以上、ヨセミテ報告でした。
アメリカ、さすがの大自然っ!!
「だけど、今回だけじゃカナディアンロッキーには敵わなかったかな~」というのが私たち夫婦の感想。今後の私たちの知らないヨセミテに期待です。

あと、残念だったのが・・・、
この1泊2日だけで10匹以上のリスが車にはねられて死んでしまっているのを見ました。カナディアンロッキーは、1週間の滞在でもそんなに見なかった気がします。
ヨセミテを走る車のスピードが速すぎるのか、動物飛び出し注意の看板が少なすぎるのか。
心が本当に痛んだ、というか、帰りの車の中はそれを思い出し、暗くなってしまった・・・。

と、いう私たちも、実は、突然リスが飛び出してきて、危うくひいてしまうところでした。
左から飛び出してきて、私たちが「あぁっ!!」と気がついたときには私の目の前を走っていた。
夫くん、ハンドルを左に切り、急ブレーキ。(←前後、対向車、ともにいなくて良かった・・・。)
私、慌てて後ろを振り返り確認。
・・・道路にリスはいない。
夫くん、その後タイヤを確認するも、血痕はなし・・・。
「右に見切ってたから、はねてないと思う。」と夫くん。
うん。助手席の私が右手に走りぬけるのを見たので、私もたぶんはねてはいないと思う。
とちょっと気がひきしまった出来事もあり、
ヨセミテに来て、リスでもはねてしまったら、もうヨセミテに行こうなんて気にはならなくなってしまうよ~・・・。
皆さんも、本当に本当に気をつけてくださいね。


最後に、ヨセミテはガソリンが非常に高いので、ちゃんと事前に満タンにしていきましょう。
私たちもSF市内で入れていきましたが、それでも途中で給油。
最初に入ったところは、あまりの高さに、そのまま出てきてしまいましたが、
このマセードのガソリンスタンドは比較的良心的でした。
f0181488_2341259.jpgf0181488_2342554.jpg

[PR]
by yukinkoro_sf | 2008-11-06 02:36 | TRAVEL

YOSEMITE NATIONAL PARK その1

YOSEMITE NATIONAL PARK(ヨセミテ国立公園)に行って来ました。
サンフランシスコから車で4~5時間。
想像を絶する大きな岩壁、そして美しい滝、大自然を身近に感じられると聞いていたヨセミテは、一度は訪れてみたいと思っていたところ。

といっても、滝は、雪が溶ける春先~6,7月頃までしか見られないのでおあずけ。
世界の滝の高さベスト10内に2つランクインしているヨセミテ。(←ヨセミテ滝とセンチネル滝)
是非とも次回は見てみたい。

まぁ、今回は下見ということで、宿泊先も前日に予約のいつも通り行き当たりばったり旅行です。笑

免許実技試験の前だったので、私もちょこちょこ運転しながら・・・、何とかヨセミテに到着。
(今回は、さすがに「あっ」という間ではありませんでした。CDを何回変えただろうか。)

まず、私たちを出迎えたヨセミテに入る前の、えっ!?な信号。
f0181488_021147.jpg



15分待ちですか・・・?
そう。実は、2006年6月にこの先で大規模な土砂崩れがあり道路が片道は閉鎖中。
マセードという町からヨセミテに入るときにはご注意ください。
まぁ、運転手にはよい休憩、犬にとってもよい散策&おトイレタイムになっているようですが。


さて、ヨセミテです!

■Tunnel View(トンネルビュー)からの眺め。
f0181488_08647.jpg


真ん中の岩がHalf Dome(ハーフドーム)と呼ばれるヨセミテのシンボルとも言われる岩壁です。麓からは1443Mあるそう。
ここからもブライダルベール滝が見られるそうですが、このシーズンは既に「Completely dry!」(←小さい子が水がないのを、こう叫んでいた。子供から学ぶ大人・・・。)


■Glacier Point(グレイシャーポイント)からの眺め。

(1枚目の写真は、グレイシャーポイントに着く前の、ビューポイント。ハーフドームを横から見たものです。)
f0181488_014509.jpg

f0181488_0151186.jpg



日本と違い、柵もあまりありません。自己責任ってことなのでしょうか。
f0181488_0181023.jpgf0181488_0182563.jpg



そして・・・

登頂!!!!
f0181488_0214936.jpg




・・・登頂終了。
f0181488_0222672.jpg




■ヨセミテバレー内からの風景
f0181488_02640100.jpgf0181488_027519.jpg

f0181488_0272853.jpg

f0181488_0274984.jpgf0181488_028276.jpg



リスや鹿にも出会えます。残念ながらクマには出会えませんでした。
運がよければ、クマ、キツネ、マウンテンライオンに出会えるかもしれませんね!

初夏には、ヨセミテ滝が見られるはず。


■Ahwahnee Hotel(アワニーホテル)からの風景

f0181488_0312053.jpgf0181488_0313495.jpg


アメリカ人も憧れる、アワニーホテル。
ハーフドームやヨセミテ滝がホテルから見れてしまうヨセミテバレー内にあるホテルです。
泊まってないけど、写真だけ撮ってみた。



なお、今回、私たちが泊まったのは、ヨセミテバレー外(車で1時間位)のTENAYA LODGE(テナヤロッジ)
キレイで、快適なホテルでした。
通常は1室$390のところ、前日直前予約で$260。シーズンオフでよかったです。
(なお、ヨセミテバレー内ホテルはどこも満室でした。)
f0181488_125284.jpgf0181488_13847.jpg


「暖炉の火が好きなんだ。」とつぶやいた夫くん。暖炉前のテーブルを希望してました。
f0181488_14770.jpg



ディナーでいただいた、普通に美味しかったパエリアと最高にまずかったサーモン。
f0181488_143598.jpgf0181488_145131.jpg


朝食はどれも美味♪
f0181488_15232.jpgf0181488_154030.jpg


ドッグフレンドリーなホテルでした。
f0181488_161310.jpg



ホテルですが、ヨセミテ内のホテルはYosemite Reservationsというところで管理運営されていて、予約は366日前から受け付けています。サイトはコチラ
もしも、ヨセミテバレー内で泊まりたいという方は早めに予約することをおススメいたします。
というのは・・・
既に、来年の冬1月、6月は空いている日がごくわずかでした!(特に週末は)

かくいう私たちも、夫くんの上司から「ヨセミテは、本当は冬が一番素晴らしいんだ!!」と言われたので、真冬に予約。そして、来年の6月頃に両親が来るかもしれないので、ベストシーズンにアワニーホテルを予約♪

さてさて、今回は、1泊2日の短い旅行だったので、ハイキングはせず車でのドライブ。車でも十分ヨセミテの美しさは堪能できましたが、でも、1~12時間の様々なハイキングコースがヨセミテでは用意されているので、本当にヨセミテを味わうのなら実際に歩いてみたほうが良いと思います。
歩いてでしか出会えない素晴らしい景色がいっぱいあるようですよ~!!
私たちも、来年の6月はもちろんハイキングするつもりです。どこのコースにしようか、今から楽しみ。

お次はヨセミテバレーから車で1~2時間のところにあるマリポサグローブ報告です。
[PR]
by yukinkoro_sf | 2008-11-06 00:40 | TRAVEL
MUIR WOODS NATIONAL MONUMENT(ミュアウッズ国定公園)に行って来ました!
サンフランシスコから車で30分~1時間もあれば十分行けてしまうこの公園。
「スターウォーズ・ジェダイの帰還」の惑星エンドアの舞台にもなった森なのです。
(といっても、私はこの映画見たことないのでわかりませんが、夫くんは、「あぁ!あぁ!!」と言ってました。本当に知っているの~?・・・(-ω-)・・・)

ここはRedwood(別名、セコイアスギ、センペルセコイア)と呼ばれる森で、湿気やシロアリに強いため大量伐採され、今では北カリフォルニア沿岸部にしか残されていない貴重な樹木なのです。
ちなみに、花粉症の夫くん。
「なんだかムズムズする」と言っていました。
おー、春には来れないね・・・。

f0181488_324723.jpgf0181488_331678.jpg

f0181488_34510.jpgf0181488_341996.jpgf0181488_345771.jpg
f0181488_4522883.jpg

f0181488_354878.jpgf0181488_36392.jpg

唯一発見、ネズミちゃん。超小さくて、指にのせられそうな大きさ。
カンガルーのように、ぴょんぴょんと跳ねていました。かわいい♪

なんていうネズミなのだろうと、家に帰ってからネットで検索してみたものの、
ネズミで検索すると、ネズミ駆除ばかりが・・・。あぁぁ・・・。涙
カヤネズミでもなさそうだし、うぅむ。
最初に見つけたおばさん「Oh!baby~!!」ととっても嬉しそう。
私が近づくと、にっこりーと「見て見て!」と指差していましたが、しばらくすると後ろから子供たちが駆け寄ってきた。そうすると、
「Don't touch!!」とまずは子供たちをけん制。(←子供たち、若干ビビる。)
うむ、他人の子供にもきちんと指導をする大人の対応。
最近の日本では見かけなくなったけど、とても大切なことだね。

f0181488_381298.jpg


緑の匂いをかいで、最近多忙な夫くんも「やっぱり自然はいいなぁ~」と癒されてご満悦の様子。
良いリフレッシュになりました。

そして、この自然に囲まれたリフレッシュが、次回に「ヨセミテに行こう!」というきっかけになったのでした~☆

そうそう。この日は、初めてゴールデンゲートブリッジを私の運転で渡りました!!
ちょっと感動~。もちろん景色なんて楽しめませんが。笑
隣に座ってくれる夫くんには、いつも感謝です。
(←私なら、怖くて絶対に座れない。)
[PR]
by yukinkoro_sf | 2008-10-29 03:21 | TRAVEL

MONTEREY&CARMEL旅行 番外編

番外編は、やはり食べたモノ記録072.gif
食べ物ブログと化してますものね。笑

モントレー最初の夜は、皆様ご存知、「Bubba Gump shrimp Co.」(ババ・ガンプ・シュリンプ)へ。
このモントレーが記念すべき第1号店らしいです。

f0181488_6455310.jpg


昔、姉夫婦とホノルル店に行ったときに、美味しかった記憶があったので、迷わずここへ。
でも、ホノルル店の方が美味しかったなあ・・・。
海老の揚げ物ばかり頼んでしまったので、途中から気持ちが悪くなってしまいました・・・。
まぁ、ラッコを見つけられたのもここのお店からだったから、まぁ良しとしよう!

2日目のランチは(1日目のランチは、ポチたまのだいすけ君にフィッシャーマンズワーフで出会ってしまったので、後をつけて同じレストランに。お味は・・・?なので特に写真もありません。ほほほ。)
「The Fish Hopper」に。
f0181488_6501423.jpgf0181488_6514024.jpg

ここは、海にせり出したレストランで、岩場で休憩中のSealsが見えます。
クラムチャウダーが絶品でした!!
なお、ここでも、Crab好き夫くんは、カニを。そして、本日のオススメの鮑をチョイスっ!
ジャガイモの上に、かすかに鮑が乗っています。(←見えない・・・。)

そして、ディナーは、忙しく勉強していた夫くんに代わり、暇人の私がホテルに置いてあった雑誌で見つけた、スペイン料理のお店「fandango」へ。
f0181488_732568.jpg


f0181488_712384.jpgf0181488_714928.jpg
f0181488_7222.jpg


かわいいでしょー?
いやぁ、本当にここの地域の建物はかわいいものが多くて、見ていて飽きませんでした。
パシフィックグローブ(モントレーの住宅地のようなところ)のダウンタウンにあるこのお店。予約しなくても大丈夫だろうと思いつつも、一応予約。

・・・しておいて、良かったです。行ってみると満席。アメリカのレストランは、予約が必須ですね~。

ここのレストランのオススメは、パエリアとのこと。
無性にお米が食べたかったので、私たちにはちょうど良かったのですが、でも、パエリアより、お互いに前菜で頼んだ、オニオングラタンスープ、イカ焼きが日本人好みの味付けで気に入ってしまいました。
・・・パエリアって、こんなにスープっぽくて良いものなのかな?笑

モントレーは海側だと観光客がいっぱいですが、こういう住宅街に入ってみると素敵なレストランがありますよん♪

さて、最後はカーメルでのランチですが~・・・
「Porta Bella」(ポータベラ)へ。
こちらのレストラン、上記の「fandango」が掲載されていた雑誌に載っていたのでセレクトしてみましたが、「地球の歩き方」にもありました。
中庭を持っているこのレストラン、中庭は犬OKで、中庭に行くまでにワンちゃんがレストランの中を移動。色んなワンコが通っていきました。
いいな~、ワンちゃんとこんな素敵なレストランに入れて・・・。
カーメルは動物に優しい街ですよ。
f0181488_7111690.jpg


f0181488_7114953.jpg


f0181488_7121992.jpgf0181488_7123530.jpg

野菜スープも優しい味でしたが、やはり、クリームのCrabスープが美味しかった~。
私たちには珍しくチキンをオーダーしてみましたが、これまた繊細な味付け。
とても美味しかったです。

どの店のウエイター、ウエイトレスさんもとても気さくで、フレンドリーでした。
気持ちの良い場所で、気持ちの良い対応をしてもらい、気持ちの良いお食事をいただけて、
モントレー&カーメル、素晴らしいっ♪♪
[PR]
by yukinkoro_sf | 2008-10-24 07:21 | TRAVEL

MONTEREY&CARMEL旅行 その2

モントレーベイ水族館(Monterey Bay Aquarium)
モントレー湾特有の動植物にスポットを当てた水族館で、私たちは「クラゲが有名だよ」と聞いてきましたが、さてさてどんなもんでしょうか?

くらげやマンボウなどなど。
f0181488_5445255.jpg

f0181488_5452142.jpgf0181488_5454069.jpg
f0181488_5505324.jpgf0181488_551547.jpg


そして、ここにもかわいいラッコちゃん。
f0181488_5514667.jpg



そして、絵ではありません。本物です。カエル。
f0181488_55214.jpg



普通な感じです。
(カエルは普通じゃないけど。笑)

多分、最近の日本の水族館が素晴らしいのだと思います。
美ら海水族館(沖縄)、海遊館(大阪)、江ノ島水族館(神奈川県)、八景島(神奈川県)どれをとっても誇れる水族館だと思いました!

あ、そうそう。他にもペンギンもいました。
ほら。
f0181488_602281.jpg

f0181488_604938.jpgf0181488_621470.jpg


・・・すみません。水族館で、夫くんに買ってもらいました。

ちなみに名前はモン。名付け親は夫くんで「モントレーで買ったから」とのこと。
相変わらずネーミング能力のない夫婦だわ。
以前、NYのブルーミングデールズで犬のぬいぐるみを購入した際は、ブルと名付けました。

・・・もし、私たちに子供が出来たときには、産んだ場所が非常に重要になりそうです。


そして、最終日は、隣町カーメルに寄ってから帰りました。
夫くんは午前中まで会議・研修だったため、午後になってから行ったのであまりまわれませんでしたが、とてもかわいい街で、日本でいうと自由が丘、軽井沢といった感じでしょうか。
f0181488_611867.jpgf0181488_6111970.jpg

童話に出てきそうなかわいらしさ。

そして、こちらはカーメルビーチ。
真っ白な砂のビーチで、犬が本当にいっぱい。
f0181488_612537.jpg

f0181488_613342.jpgf0181488_613533.jpg
私たちが行ったときは残念ながら曇り空。
でも晴れていたら、きっと素敵な景色だと思いました☆

んで、忘れてならない、モントレー&カーメルに行ったら・・・の
17マイルドライブっ!!!
f0181488_6174934.jpgf0181488_618727.jpg
f0181488_6185698.jpg


幸せの青い鳥!?
(っていうか、緑と重なって見えない??)

両町にはさまれてある、このドライブルート。確か通行料$9だったと思います。
車の中でモンちゃんを膝に乗せていたら、
料金所のおじさんに「ペンギンは入っちゃダメなんだよー」と言われました。
細かいところに気がつくおじちゃんでした。

簡単なMAPをもらい、出発。普通に走れば30分程度の短いドライブでしたが、全部で19個の見所スポットがあるようです。
どちらかというと、癒し系の景色が好きなので、荒荒しい景色のように思えた私たちは結構素通りが多く、1時間程度で終わってしまったかも。
でも、ここは、世界中のゴルファーが憧れているゴルフコースが点在しているそうで(すみません、ゴルフをしない夫婦。いつかはチャレンジしようと心に決めているんですが・・・)、
中でも、ペブルビーチ(Pebble Beach)は1919年に設立された由緒ある名門コースとのこと。
ここも名所の19個の中に入っています。上の写真に見覚えのある人もいるのでは?

といった感じのモントレー&カーメル旅行でした。
私は結構満喫でしたが、ほぼ勉強だった夫くんは楽しめたのかどうなのか。笑
f0181488_6304637.jpg

(ホテルの会議室で勉強中のところを隠し撮り。)
[PR]
by yukinkoro_sf | 2008-10-22 06:31 | TRAVEL