SF生活日記。


by yukinkoro_sf
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
これはロスカボスの空港で購入したお土産。
刺繍のランチョンマット。ちょっと高かったので、1枚だけ購入。
額縁に入れて飾ろうかな。
f0181488_1238239.jpg

鮮やかなので元気が出そうでしょ?

これは、大皿。夫くんが気に入りました。
え?マジで欲しいの??と思いましたが、「欲しい!」というので購入。ランチョンマットより高いけど・・・。
f0181488_12383787.jpg

1週間後・・・
「なんか小学生が工作で作ったみたいだ。」と夫くん。

今頃気がついたか( ̄∇ ̄;)
お土産は街中で安く購入することをおススメします。

ロスカボスはメキシコ。
メキシコといえば、「食事・水に気をつけろ!」と言われますが、私たちは結構普通に入ってしまいました。
外国人もコーラを頼んで、氷をいれないようにお願いしていたりしたので、日本人だけでなく世界共通で水には気をつけているようです。

さて、ホエールウォッチングとダイビングの間は2時間程度時間があったので、ランチをいただきました。行ったお店は、パンチョス。
(地球の歩き方に載ってました)
f0181488_12463595.jpgf0181488_12464860.jpg
f0181488_124717.jpgf0181488_12471365.jpg
f0181488_12472376.jpg

この鮮やかなメキシカンカラーにやられました!
このテーブルクロスの布とか欲しかった~・・・。
(店内でも購入できますが、2軒隣の店でもう少し安く購入できるそうです。親切なウェイターのおじさんが教えてくれました。)
どこでも購入できると思っていたので、その時には購入しなかったのだけど、その後、目にすることはなく。残念!

スープは「ソパ・デ・トルティージャ」という揚げたトルティーヤを浮かべたメキシコ料理。
チーズがたっぷり入って、これはなかなかいけました!
タコスは、残念ながら具のエビが生臭かった。


夜は、マサトランというシーフードレストランでいただきました。
f0181488_125184.jpgf0181488_125120100.jpg
f0181488_12513325.jpgf0181488_1251441.jpg
こちらでは、ハズレのないフライ等も入ったスペシャルシーフードを。
かなりの量で、半分しか食べれませんでした。
スープは、おススメのシーフードスープ。辛いのかと思いきや、優しい味。旨し。

2泊3日の強行旅行。
あっ!という間に終わってしまいましたが、私の中でメキシコという国が遠い存在ではなくなったような気がします。
メキシコについてなんて何にも知りませんでしたが、もっとメキシコについて知りたい~★★

またいつか行けたらいいな、メキシコ。
今度はカリブ海!?うふふふ。

カニよ、さらば。
f0181488_1311060.jpg



ロスカボスよ、さらば。
f0181488_1321247.jpg

きっと10年後には、また全然違った街になっている気がします。
まだまだ開発途上です。
[PR]
by yukinkoro_sf | 2009-02-07 12:58 | TRAVEL
翌朝は、さすが我が夫くん。
曇りにしてしまいました。
(太陽がぁぁ・・・。まぁ、まだ雨を降らせなかっただけ感謝か・・・。)

ホテルで朝食を。簡単な朝食はフリーでした☆
f0181488_10461332.jpgf0181488_10462799.jpg
南国で食べるこんな雰囲気、大好きです♪

さて、本日は、ホエールウォッチングにダイビング。
ショップは街中(カボ・サンルーカス)なので、そこまではレンタカーでGO!

そうそう。ロスカボスは、タクシー会社と政治家が密接な関係にあるらしく、
普通、ダイビングショップはお客さんの送迎をしてくれるのですが、ロスカボスでは出来ないそうです。ショップのオーナーも「おかしな話なんですけど・・・」と。

タクシー料金も高い。日本並みかな。街中まで車で10~15分で片道$30位らしいです。
「うぅーん・・・。これで、往復使い、明日も空港まで$30程度かかることを考えると、
レンタカーにした方が、色々と便利か。」とホテルでレンタカーすることに。
1日$55。
なお、メキシコ人、良い加減(今回に限ってはいいかげんではありません。ぷぷ)で、翌日もレンタカーしたので2日分の料金のはずだったのですが1日分で済みました!
これで、行きの消えたシャトルバス代がチャラに。わーい。
(しかし、夫くん。SFに戻ってから、ちゃんとお金を返金するようにシャトルバス会社に再度連絡していました。おぉ、頼もしいっ!!)

レンタカーした車。
f0181488_1121120.jpg


懐かしい感じでしょ。窓は手動、鍵もオートロックではありません。

では、ホエールウォッチングにレッツゴー!
お願いしたショップは、Deep Blueさん。

オーナーは日本に1年間留学していたこともあり、日本語堪能。
そして、奥様は大阪出身の9年間ロスカボス在住。とっても親切なショップです。
ダイビングショップにいる女性は通常とてもたくましいのですが、奥様はほのぼの。笑
我が夫婦、癒されてきました。

ホエールウォッチングは私たち2人だけだったのですが、この日は娘さんのSちゃんも初めてホエールウォッチングに出ることになりました。私たちにとってもなついてくれたのです。ぷぷぷ。
子供大好き夫くんはとっても嬉しそうでした。
f0181488_1195993.jpgf0181488_11101158.jpg
f0181488_11102530.jpgf0181488_11104079.jpg
f0181488_11104368.jpgf0181488_11105797.jpg
f0181488_11111473.jpg

鯨を見るだけでなく、アシカを見たり、「ランズエンド」と呼ばれる半島最南端を横切ったりと飽きることナシです。

崖の上の別荘。こわっ。
f0181488_11144018.jpg


f0181488_11151344.jpg

ブラッドピットとか、名だたる有名人&お金持ちの別荘なんですって。

さぁて!鯨の登場です!!
f0181488_11205528.jpg

f0181488_11211659.jpg

f0181488_11213126.jpg

みんな鯨を見に来ていましたよー。
f0181488_1121538.jpg

まだシーズン始めにも関わらず、95%の確率で今年は見えているそう。
この日は、3頭で、父母子だったそうです♪
小型のボートでかなり間近まで近寄ってくれるので、「シュパッー」という鯨の息使いまで聞こえてきて、大興奮。2時間位、鯨を追っていました。
大海原を優雅に泳ぐ鯨を眺める時間、貴重でした。

そうそう。アシカにはこんな近くまで近寄れます。
f0181488_126899.jpg



午後は、ダイビング2本!行きのボートはペリカンと一緒に。
f0181488_12135644.jpgf0181488_12143456.jpg

残念ながら、ここ1ヶ月で最悪の海の透明度。
最悪の状況でしたが、上記のアシカのコロニーの下では、アシカとご挨拶も出来ました。
か、かわい過ぎる・・・。
夫くんが迷子になるというアクシデントもありましたが、海での迷子は、私も小笠原諸島で迷子になったことがあるので、ひとつの経験でしょう。
でも、今度からは、ちゃんと目を離さないようにしなければ。
(中世浮力がまだうまく取れなくて、プカプカと浮いていってしまったようです。もう数本潜って練習させてあげたいなぁ。)

酔い止め効果もあり、船酔いもせず、私は絶好調の1日でした☆
港に戻るとペリカン、サギが先導してくれます。なんとのどかな街!
f0181488_12211870.jpgf0181488_12213983.jpg

f0181488_12222018.jpg


お世話になったDeep Blueさんをパチリ。
f0181488_1223115.jpg



さて、次回は、残りの写真をUPいたしますネ。
(食記録となりそうですが。)
f0181488_1226672.jpg

アシカもちゃんと生きてました。
地球は人間だけのものではないことを実感。
(ダイビングではこの真下を潜りました。アシカも海の中に人間がいるものだから、興味津々で近寄ってきます。)

追記:
ロスカボスの海の中の写真は、是非ともDeep BlueさんのHPをご参照くださいませ。
とーっても素敵です★
[PR]
by yukinkoro_sf | 2009-02-07 11:25 | TRAVEL
雲の上。平和な場所だぁ~。
(ちなみに、昔、神様は雲の上に住んでいると思っていました。←大学生まで飛行機に乗ったことがなかったのです・・・。)
f0181488_2105476.jpg



おっ、見えてきた見えてきた!
f0181488_2111373.jpgf0181488_2112560.jpg

ロッスカボス~っヽ(´▽`)ノ

ちなみにここまで来る上空は、緑、ではなく、赤茶色。川も干上がった感じで、いわゆる「メキシコ」という感じで、一人興奮。
ロスカボスってどこにあるかご存知ですか?
メキシコのバハ・カリフォルニア半島の最南端に位置する、超小さな町です。

さて、到着して、乗り込んだのはシャトルバス。
・・・毎度のことながら、空港についてからスムーズに事が運んだことはありません。
今回もそうでした。

夫くん、事前に「他の」シャトルバスを申し込んでいたのに、「予約リストに名前がない」と断られました。
「なぬっ!既にカードで$60往復で2名分支払っているんだ!!」とガーガー言ってみたものの(夫くんが。例により私は荷物番。)無念にも断念。
空港から出ている別のバス会社のバスを新たに申し込むはめに。
そんなことをしてたら、空港に1時間以上も滞在してしまった。

そして行きのバスの中では、妙に親切なバスガイド。
夫くん「怪しい・・・」。
予感的中。ホテルのタイムシェアが盛んなロスカボス。
「ウェスティンホテルに説明だけ聞きに来てくれたら、朝食サービスするよ!」とか「2泊3日タダのホテル宿泊券をあげる」とかの勧誘。
「どうせ何いっているかわからないんだから、OKして朝食食べに行こうよ~♪」と思う私と
「絶対にイヤだ」の夫くん。←対応するのは夫くんだもんね。納得。ぷぷぷ。

そして、30分ほど走ってホテルに到着。
泊まりましたホテルは、「Fiesta Americana Grand Los Cabos
夫くんが、例によりネットで安いチケットを発見。
これも経済不況の影響でしょうか・・・。だって、実はこの旅行、3連休の2日前に決めたんです。

でも、素敵なホテル~☆
広々ロビーにロビーからの眺めも素敵。石垣島を思い出す♪
f0181488_234142.jpgf0181488_2353251.jpg

廊下も乙女心をくすぐります。えぇ、乙女ですとも。( ̄▽ ̄)ノ フォフォフォ。
f0181488_2355952.jpg


お庭もプールも素敵。f0181488_2363050.jpgf0181488_2364510.jpg


でもでも、ここでも部屋に通されるまで待たされること1時間!
ロスカボスー、しっかりしてくれーーー!!
部屋の掃除が終わってないとか何とかで、チェックインできたのは午後4時過ぎ。
1時頃に空港についていたはずですが!?
f0181488_358466.jpg

相当待たされたため、サービスで、バーラウンジで飲み物が出されました。
夫くんはコーラ、私はピナコラーダ。
あ、氷が入ってる・・・。メキシコだけど大丈夫かな、と不安を抱きつつもいただきました。
おいし♪
あ、ナッツが雑・・・。ま、メキシコだしいいか。←日本だと許せないけど、ここなら許せる。

そして、待っている間にも、タイムシェアの説明が始まる。
最初は私が若く見えるというお世辞から始まり、徐々にタイムシェアの素晴らしさについて。
ここでも、説明を聞けば朝食をタダにすると言われる。しかし、断固断る夫くん。

そしてようやくお部屋に。
f0181488_454767.jpgf0181488_46531.jpg

夫くん、自分のお誕生日だったので、少しお部屋をグレードアップしました。
「自分のときばっかりぃぃ~、いいなぁ~~☆」と言ったら、
「よ、よくも、そんなことが言えるね!!!」と。

いやぁね、冗談ですよ・・・。

そして、案内をしてくれたのは新人さんだったらしい。
お部屋の場所がわからず、一緒に探しながら行き、
部屋に入って、一緒になって「わぉ!素敵な部屋だね!!」と驚いてくれました。
メキシコ人、面白い。

この時点でもう外には出るには遅かったので、ホテル内で過ごすことに。
プールでパチャパチャ、海でのーんびり。
f0181488_416792.jpgf0181488_4163917.jpg
f0181488_4165677.jpg

あぁ、一生こうしていたい・・・。


そうそう。まだまだホテル増築中のようです。崖の上に・・・。
f0181488_4181326.jpg



さて、ディナーもホテル内で。プールサイドのレストランでいただきました。
メロン?の前菜スープに(メロン嫌いの夫くん、残念。)、
夫くん大好きなカラマリフライ。
f0181488_4201125.jpgf0181488_4202614.jpg
SFでは小さなイカばかりだけど、ここまで来たら日本みたいなイカが手に入るのかな?大きいイカでした。

メインには、私はシーフードカレー。夫くんは何かのお魚。
f0181488_4223843.jpgf0181488_4225879.jpg
あれ?シーフードカレーをお願いしたのだけど、お魚のカレイ??と思ってしまった。
カレーソースということだったみたい。一応カレー味でした。美味しかったですよ。

なお、この日、砂浜では、世界的な不況時でも景気の良い会社はあるらしく、
このホテルの自慢のワインスパでフットマッサージを受けている人が多数。
その後、みんなでバッフェでディナーをいただくよう。
(ちなみに「一人$300なんだよ」とホテルの人が教えてくれた。高っ!)
ワインスパってなあに?と聞いてみると、最初に葡萄ジュース(ワイン?)で足を洗って、フットマッサージを受けられるらしい。贅沢だわー。

さぁて、こんな感じで、何もせずに1日目は終了。
翌日は、ホエールウォッチングにダイビングと1日海で過ごしました☆
その模様は次回に~♪♪

では、最後に、ホテルにおいてあった雑誌に載っていたこの人物。
f0181488_4305239.jpg


誰かに似ていると思いませんか?( ̄∀ ̄)
[PR]
by yukinkoro_sf | 2009-02-02 02:39 | TRAVEL
冬のヨセミテ国立公園に行ってきました。
(前日の熱も下がり、夫くん無事運転できました。)
到着日は曇り空&雨でしたが、翌日は快晴。天候的には、まぁまぁだったのではないでしょうか。

さて、今回は、贅沢に「The Ahwahnee」(アワニー)に泊まらせてもらいます。姉夫婦もSFに来て、初めてのホテルです。
このアワニーホテル、1927年の開業というから、もう80年以上も経っています。
すごい古いホテルで、歴代の大統領や各国の王族、著名人が滞在してきたそうです。
確かに、ケネディ大統領やエリザベス女王が滞在したときの写真が本として部屋に置いてありました。国の文化財にも指定されているというから、心して泊まらねば。

じゃあ、ホテル編とヨセミテ編に分けようかな。
ヨセミテ編は長くなる気がするので、ホテル編から。アワニーホテルがどんな感じかご紹介です♪

【ホテル編】
このアワニーホテル、ヨセミテバレーと言われるヨセミテ国立公園内にあり、見所であるハーフドームやヨセミテ滝が眺められるところに立地。
f0181488_7491377.jpg

周りは断崖絶壁の岩が。夏には、この岩を登るロッククライマーも見れますよ。

ホテルの中はというと、こちらがロビー。
f0181488_7514925.jpgf0181488_752327.jpg
天井がとても高いです。出入りが自由なので、夕方頃までは人がいっぱいいますが、夜や早朝ともなれば静かになります。
また、各自ワインボトルを持ち込んで乾杯している人も多数。
こうるさくないホテルで、アメリカ人には過ごしやすそうです♪(´∀`)

大きな暖炉も。
f0181488_884811.jpg

松ぼっくりも、ヨセミテ産だろうなー。
そうそう、このホテル、花崗岩、マツ、モミなど、全部ヨセミテで調達できる材料で造られているんですって。
MADE IN YOSEMITE。
こだわりのホテル・・・アメリカ人が泊まりたがるのもうなずけます。

これはエレベーター。古いけど良い感じでしょ。
f0181488_7544138.jpg



そして、お待ちかねお部屋です。
f0181488_7561687.jpgf0181488_7585699.jpg
す・・・すみません、写真を撮る前に、早速夫くんが寝てしまいました・・・。
こういうベットが2つあります。夫くんいわく「ベットが柔らかすぎず、寝やすい!」とのこと。
古いホテルだからか、ベットは小さめかしら?f0181488_7593668.jpg
お風呂場は、今のホテルにはない感じのかわいらしさ。

ちなみに、部屋代$400です。これは2人の値段で、私たち4人で泊まったら$500になりました。(←$100は、タオル代ですか!?)
でも、ベットが小さいから、やっぱり2人で泊まったほうがいいかもです。
だけど、夕ご飯後に部屋に戻ると、ソファーをエキストラベットにしてくれていました。
f0181488_861162.jpg

気が利く~☆ちなみにこのベットで私が寝ました。私、エライっ!

そうそう、エレベータ前にはこんなかわいい氷箱が。
f0181488_87407.jpgf0181488_875937.jpg


レストランですが、男性:ジャケット、女性:ワインピース等着用の高級レストランがあります。
・・・が、BARもあるので、ここで簡単に食べることも可能です。
当然、私たちもこちらのBARでいただきました。笑
f0181488_812450.jpgf0181488_8121786.jpg
f0181488_8124738.jpg

ピアノマンもいるよ~!ディズニーの名曲やオペラ座の怪人を弾いてくれて、親近感UP☆
あ、でもこのBAR、スープ以外は冷たいものですので・・・あしからず。

夜はBARでいただきましたが、朝は、その高級レストランでブッフェをやっているというので、そちらでいただくことに。
f0181488_8162484.jpg

天井、高っ!
お値段も夜と比べれば、お手頃ですよー!

以上、アワニーホテルでした。
f0181488_8173376.jpg

f0181488_8174374.jpg



部屋からのハーフドーム。窓がちょっと曇ってしまっているけれど。
f0181488_8175924.jpg

朝起きて一番最初に見る景色。素敵♪

※部屋によって、景色は異なります。私たちは今回とてもラッキーで、ハーフドームが一番良く見える側に泊まれました。午後12時頃にホテルについてチェックインできるかどうか聞いたときに「割り当てられている部屋がまだ掃除が済んでいないから、他の部屋に変更すればチェックイン可能だけど、景色がとても良い部屋だから、午後4時まで待つことをススめるけど、どうする?」と聞かれたそうです。もちろん4時まで待ちました☆
「きっと、この景色が眺めれる部屋には2度と泊まれない気がする・・・」と夫くん。
うむ・・・、今回は、きっと姉夫婦がはるばる日本から来てくれたから、神様がラッキーくじを引かせてくれたんだろうね。


【ヨセミテ編】
トンネルビューからの眺め。
f0181488_8324336.jpg


ちなみに前日は雲がかかってこんな感じ。
f0181488_8335663.jpg



ヨセミテ滝。
f0181488_836172.jpgf0181488_8363792.jpg
10月末に来たときにはまったく水がなかったのに!!
前日の雨も手伝って、水量も増えたかな?
春のベストシーズンの滝は一体どんななのだろう?と期待がふくらんでしまうっ☆
滝の真下まで行くことが出来ますが、真下からだと下側の滝しか見えず。
ちょっと離れると、上の滝もあわせ、2段で滝が見えます。

ブライダルベール滝。
f0181488_8401026.jpg

みんなが雪山スニーカーで来ているというのに、Cityスニーカーの私たち。
ツルツル滑る雪道をがんばって行きました。誰も転んだりしなくて良かった・・・。
ヨセミテ滝を男性的なダイナミックさと表現し、このブライダルベール滝は一条の滝が女性的な美しさを持っていると表現するそう。名前も、花嫁のベールを想像させることから、この名前がつけられたらしいです。

エルキャピタン。
f0181488_8435939.jpg

世界最大の一枚岩。
これを登ろうとするロッククライマーたち・・・尊敬。


キツネにも出会いました。
f0181488_845667.jpg



リスにも。
f0181488_8452934.jpg



あ、行ってしまった・・・。
f0181488_8455015.jpg




今回、せっかくなので、SNOW SHOEというウォーキングツアーに参加しました。
場所はヨセミテスキー場!
f0181488_8525685.jpg



こんなカンジキのようなものを履いて、ひたすら歩く2時間コース。
f0181488_8532582.jpgf0181488_8534168.jpg
周りと比較して、心細い私たちのスニーカー。足先、感覚ないし。

でも、こんな素敵な景色の中を歩くので、それほど苦痛は感じませんでした。
(人それぞれでしょうけど・・・。夫くんは、日頃の運動不足でゼイゼイ、ハアハア、一人後方を必死に歩いてました・・・。)
f0181488_8545228.jpgf0181488_855720.jpg
f0181488_8553012.jpg



最後には、山々を眺められる高台に。
f0181488_858119.jpg

ハーフドームが見えるらしいのだけど、どれだぁ??

途中途中でガイドのおじさんが、「何故冬になるのか」「冬の間、動物たちは何をしているのか」といったお話をしてくれます。これがちょうど良い感じに休憩になって良い☆
f0181488_8591324.jpg



坂道では、ガイドのおじさんの一言で、かけっこ競争。
f0181488_904674.jpg

みんな大人なのに、真面目に取り組んで、ダッシュ!
(←意外にも、夫くん早かった。笑)
転ぶと危険ですから!かんじき履いているしぃ!!

そして、このおじさん、ただ者ではなかった( ̄⊥ ̄ノ)ノ
「冬眠しない動物」の話を始めると、胸ポケットからネズミを取り出した!
(←本物の剥製です。)
f0181488_943474.jpg

尻尾つかんでる・・・。

みんなが若干ひいていると、さらに、一回り大きい動物を取り出してきた!!
f0181488_96193.jpg

リスのようなモルモットのような・・・。名前を忘れてしまったけど、既に名前なんてみんなどうでもよくなっている。

その後も、モグラと白い動物が登場。


f0181488_915749.jpg

おじさん、動物たちを置くための幅広つば付ハットだったのか・・・。


気がついたら、幼い子供とともに最前列で話を聞いていた私。
おじさんのラブリーさに、我を忘れてしまいました。


なかなか楽しいツアーでした。
ちなみにこのツアー、カンジキ代、一人$5だけかかりますが、無料です。


とこんな感じで終わった(おじさんで終わり!?)ヨセミテ旅行。
冬のヨセミテは、雪化粧が素敵で、雪で消音効果もあって比較的静かで、
アメリカ人やSFの人たちが「ヨセミテは冬が良い!」というのも納得でした。


そして、SFに帰り、最後の晩餐は「B44」というスペイン料理のお店。
f0181488_9221731.jpgf0181488_9223272.jpg
f0181488_9224848.jpgf0181488_923371.jpg
既に時間は午後9時をまわり、ローカルなお店で終了しました。

翌朝、帰国。日本に着いたら、早速翌日からお仕事が待っている2人。
お疲れ様でした♪♪
今度はNYかシドニーだね。その時も是非ともご一緒させてくださいなっ!


こうして私のお正月休みも終了。
来週からは、英語学校も再開。がんばらねば。
[PR]
by yukinkoro_sf | 2009-01-11 08:26 | FAMILY
翌日。
早起きして朝8時からディズニーランド・パークに出動。
1955年にオープンした夢の王国、本場のディズニーランド。
ウォルト・ディズニーが自ら制作を担当した初めてのテーマパークがここなんだって。
あぁ・・・ウォルト、あなたには感謝しても感謝しきれません。
夢と楽しさを与えてくれて、本当にありがとう(´;ω;`)ウッ 嬉し涙。
ということで、ウォルトとミッキーとパチリ。
f0181488_835743.jpgf0181488_8352694.jpg
お城は「眠れる森の美女」のお城なんですって。東京はシンデレラ城だけどね。
大きさは、東京の3分の1位。東京の方が良いかな~。

クリスマスツリーもありました。アドベンチャーパークより大きい。さすが本場だねっ!
f0181488_8393363.jpg


朝からミッキーは働いていました。
指揮をしてましたよ。さすがはミッキー。カッコ良い~♪
f0181488_84209.jpg

f0181488_8421888.jpg

踊りもスマートっ!

さて、このホリディシーズン、ディズニーランドではいくつかのアトラクションがこの時期ならでは!に衣替え。
例えば、ホーンテッドマンションは、
f0181488_8475615.jpgf0181488_8481077.jpg
f0181488_8483254.jpgf0181488_8484784.jpg
怖いというよりかわいくなってました。

フロンティアランドではビッグサンダー牧場でサンタさんに会えます。
f0181488_8515372.jpgf0181488_8521025.jpg
f0181488_853262.jpgf0181488_8531784.jpg
本物のトナカイでした。

プードルも楽しそう!
f0181488_8535660.jpg



イッツ・ア・スモールワールドも衣替えしていたのですが、残念ながらこちらには行けず。
というのは、午前中はまだ空いていたのですが、午後から人がいっぱいに。
FP(ファストパス)がないスモールワールドは並ばねばならず断念。
昨日のカリフォルニアアドベンチャーの空きようがウソのようです。

でも、大体のアトラクションには乗れたかな。
インディ・ジョーンス・アドベンチャー。
f0181488_8595874.jpg

これは1時間待ちでしたが、FPを使って10分程度で乗れました。
さすがな人気ぶり。
夫くんは、東京ディズニーシーでも乗れていないので初でしたが、とても喜んでいました。
ディスニーランド・パークではBEST1のようです。
(でも、昨日のをあわせると、やっぱりカリフォルニア・スクリーミンがBEST1だったみたい。)

スプラッシュマウンテン。
f0181488_954370.jpgf0181488_96715.jpg
f0181488_9654100.jpgf0181488_97107.jpg
最後の出口で飾ってあった写真をパチリ。
濡れるのがイヤで、マフラーを巻く夫くん。私は見事に夫くんを壁にして防御しています。ぷぷぷ。

ジャングルクルーズ。
f0181488_9115510.jpgf0181488_9125711.jpg
精巧な作りに、久々のディズニーランドの夫くんは感心しきり。
東京ディズニーランドと変わらないよ、と私。

オートピア。
f0181488_9144111.jpg

私が運転しましたが、それよりも隣を走る金髪の美女に見惚れてしまった私たち・・・。

等々、いっぱい乗りましたが、私のメインは「プーさんの冒険」。
プーさんは、午後も空いていたから午後に乗ればよかったのに、午前中の空いている時間にダッシュで行ってしまった・・・。だって、日本じゃあ一番人気なんだもの~。
f0181488_9185100.jpgf0181488_9182561.jpg
ただ動くものに乗って、プーさんの夢の中を見るだけ。
日本は予想外の動きをしたりするんだけどね。でも、プーだからこれでも許せる。
このプーさんだけは夫くんが「カメラ撮ってあげるから楽しみな」と言ってくれた。
なんだかんだと、わかっているじゃないか!夫!!

プーコーナーもかわいい。
f0181488_9194324.jpgf0181488_9262461.jpg
・・・プーさんの耳を買ってしまった。ここでは楽しんだもの勝ちだもんね。


で、で、で☆☆☆
そんなプー耳をつけて向かった先は・・・
f0181488_9291547.jpgf0181488_9295069.jpg
プラザインというキャラクターと一緒にご飯が食べれるというキャラクターダイニング!
夫くんが前日に予約をしてくれました。
やだー、プーさんが一丁前にサインしてる・・・。
f0181488_9322814.jpg

でも、欲しい・・・。( ̄▼ ̄*)(←しかし、サイン帳なるものがなく結局お願いできず。)


しかし、写真はこれでもかと撮ってもらいました。
ミニーちゃんと。
f0181488_9381659.jpg

ミニーちゃん、私のプー耳を落としてしまい、一生懸命つけようと努力してくれましたが、大きい手では小さなクリップは留められず。何度も謝りながら去っていきました。

ティガーと。
f0181488_9405366.jpg
f0181488_9411592.jpg
キスをしてくれているのだろうけど、食べられているようにしか見えない・・・。
そして、お客さんが飛ばしてしまった風船を取るように命じられるティガー。がんばってましたが、結局ムリでした。

そして、愛くるしいプー♪♪
f0181488_943257.jpgf0181488_9434485.jpg
プーさんにもホッペにチュ。
そして、ハートを作るようにいわれて、一緒にパチリ。

他にもチップ&デールとも写真を撮ったり、もぉもぉもぉ大興奮ヾ(≧∪≦*)ノ〃
f0181488_10351247.jpgf0181488_10353373.jpg

料理もオムレツとかその場で作ってくれますが、ご飯どころではなく味も覚えていません。
唯一撮っていたお料理写真。つぶれたミッキー顔のワッフル。
f0181488_9472348.jpg

美味しかった気がする。

・・・ここで興奮しすぎて、午後はグッタリしてしまいました。

あぁ、ディズニー、プライスレス!!

しかーし。お金を払っても(あ、ブッフェ代、一人$30らしいです。プライスレスじゃあありませんね・・・。)、ミッキーにはそんな簡単に会わせてくれないらしい。
でも・・・、どうせなら会いたい。
ということで、TOONTOWNに。
f0181488_10383056.jpgf0181488_10391023.jpg
この行列なんだと思いますか?
これ、ミッキーのお家に入るのに並んでいます(ちゃっかり並んでいる私を撮っていた夫くん。)。
夫くん「えっ!?並ぶの?大人で並んでいるのユキだけじゃんっ!」
私「何言っているのよ、みんな大人じゃん。」
夫くん「みんな子供のために並んでいるんだよーー。」
私「何言っているのよ、みんな子供をダシに並んでいるに決まっているじゃん。」
という会話をすること約1時間。

ミッキーにも無事会えました♪
f0181488_10435248.jpg

ミッキーに敬意を払い、プー耳は外しときました。
この2日間で一番並んだアトラクションでした。

ミッキーとミニーちゃんのお家。かわゆい。
f0181488_10445669.jpgf0181488_10451875.jpg



そして、お待ちかねパレードは、「A Christmas Fantasy Parade」が午後3時半と6時半にありました。
もちろん両時間とも見ましたよん。3時半のはパレード道に行くのが遅かったので垣根の上から見ましたが結構穴場でよく見えました。
6時半のは始まる40分前から道に座り込み場所取り。(←単に疲れただけという話もある。)

ミッキー&ミニー、スケートしてる。スケートも出来ちゃうのね~。
サンタさんも登場。
f0181488_10515575.jpgf0181488_10521187.jpg
f0181488_10532778.jpgf0181488_10534353.jpgf0181488_1054120.jpg
f0181488_10544717.jpg


電飾キラキラじゃあなかったけど、キャラクターがいっぱいで十分楽しめました。
この大きなクマさんも結構アクティブに手足を動かしていました。
あ、プーさんはやっぱりいなかったけど・・・。

そして、9時25分からの花火。
f0181488_10575590.jpgf0181488_10581475.jpg
あ、おじさん、横向いちゃダメ・・・。

ここから良く見えるよ、といわれたメイン通りは人がいっぱい過ぎて、見るのが大変でした。涙
ついでに、風が強くて花火が横にそれていき、途中で終了。
えっ、マジですか?Σ( ̄ロ ̄lll)

最後に泡で作った雪を降らせていましたが、みんなブーブー言っていました。

と、普通ならここで終わるところですが、夫くん、サプライズでFantasmicという水のショーの特等席を予約してくれていた。
始まり時間、午後10時半。日本では考えられない時間ですが、こちらのディズニーランド・パーク、夜中の0時まで開いているのです!
これがまた、すんばらしいショーでした。

この船上では、ピーターパンが戦い、
f0181488_115188.jpg



美女と野獣、シンデレラと王子様、白雪姫と王子様といったプリンセスたちが踊る船が来たかと思いきや、
f0181488_1173456.jpgf0181488_1175162.jpg


あたり一面火の海になり、
f0181488_11141830.jpg



ミッキーが魔法を使って悪者を退治っ!
f0181488_11151273.jpg


「すごーい!ミッキー、魔法まで使えちゃうのねぇ!!!」と感動している私の横で
「人形だから。」と冷めた一言の夫くん。
さては、ミッキーにヤキモチを焼いたね!?

最後にはキャラクター勢揃いでマーク・トウェイン号が。
きゃぁっ!船まで操縦できるのか、ミッキー!!
f0181488_11182644.jpg

f0181488_111947.jpgf0181488_11192392.jpg
この船、今、乗りたいっ!!
あ、やっぱりプーちゃんはいない・・・。

プーちゃんはいなかったけど、大感動。
霧を使って映像を映し出しつつ、実際のショーもあり、2人とも「すごーい☆☆」の一言でした。

あ、ちなみにこのお席ではこんなお菓子と温かい飲み物をいただきましたが、ショー中は食べている暇はなく、後日食べてみました。
f0181488_11244215.jpg


ミッキーのチョコが上に乗ったチーズケーキ以外はどれも微妙なお味。
葡萄好きの夫くんは葡萄を食べましたが洗っていなかったらしく、土がついていた模様。笑

ま、それはさておき、

ディスニーの思い出、プライスレス♪♪
f0181488_11254490.jpg



夫くん、最高のクリスマスプレゼントでした!ありがとうっ!!


そして深夜まで楽しみ、就寝は夜中の午前1時。
その後、午前5時半に起き、早々にアナハイム空港からSF空港に戻り午前9時半。
しばし空港内の駐車場の車の中で仮眠すること1時間。

午前10時半には、私の姉夫婦の飛行機が到着なのでした☆ちゃんちゃん。
まだまだ2008年追い込みで動きましたよ~!!
[PR]
by yukinkoro_sf | 2009-01-06 09:24 | TRAVEL
早起きして、SF空港へ。向かう先はディズニーランド・リゾート072.gif
わーいっ!!
空港内は思ったよりも空いていました。不況だからかしら。

空港で働く警察犬?麻薬犬かな。えらいね。お疲れ様ですっ!
f0181488_3435666.jpg



私の心配は雨男の夫くん。
案の定(?)、飛行機に乗り込んだとたん豪雨に。そして出発が1時間遅れました。くすん。
ディズニーランドまで雨を持っていかないようにと祈るばかり・・・。

そしてお昼頃にアナハイムの空港に到着。
日本からだとLA国際空港になりますが、国内便だとアナハイム空港の方が車にして30分程度ディズニーランドに近いのです。
早足でシャトルバスに乗り込むと、なんと私たち夫婦の専用バス!
f0181488_3503063.jpg

時間がお昼で遅いからか、それともアメリカ経済不況の影響か・・・。
お客が私たちしかいないので、夫くんはドライバーさんとおしゃべりを楽しみながら、あっという間にホテルに到着。
荷物だけ置いて、早々にディズニーランドへ。

そうそう。ホテルは、Sheraton Park Hotel at the Ahaheim Resortに泊まりました。
ディズニーランドにも徒歩でいけて便利でしたよ。シェラトンはベットが良いらしく、夫くんごひいきなのです。
ディズニー系列のホテルは相当高く、今回は断念(永遠に断念かもしれないけど。)。
でも、ドライバーのおじさんいわく、Disneyland Hotel(ディズニーランドホテル)はもうかなり古く、泊まった人たちはほとんどが残念がって帰るそうです。確かに外観だけ見ましたが、ビジネスホテルのようでした。
もし、ディズニー系列のホテルに泊まりたいなら、Disney Grand California Hotel(ディズニー・グランド・カリフォルニアン・ホテル)が良いみたい。東京ディズニーシーのように、ディズニー・カリフォリニア・アドベンチャー内にそのままホテルから入れます。確かにとっても素敵な感じでした!

では、ディズニーランドにLet's Go053.gif
ここアナハイムには、「ディズニーランド・パーク」と「ディズニー・カリフォリニア・アドベンチャー」の2つのパークがあります。
ディズニーランド・パークを丸1日楽しみたいので、到着日はディズニー・カリフォリニア・アドベンチャーに!
f0181488_4134261.jpgf0181488_414296.jpg
あ、青空の写真は翌日のものです。
そぉなのです。やはり到着日は雨が降ったりやんだりのイマイチな天候。夫くんの勝利。
でも、翌日のディズニーランド・パークは、私の思いが神様に通じ、晴天にっ!
夫くんより、私のディズニーへの強い思いが勝った!!
f0181488_553775.jpg



タワー・オブ・テラー、0分待ち。
f0181488_4245522.jpg



唯一待った1日4回のアラジンショー、30分待ち。
f0181488_4265960.jpgf0181488_4271751.jpgf0181488_427375.jpg
劇団四季の「ライオンキング」のようでした。面白いっ!要英語力ですが・・・。

「High School Musical3」も余裕の最前列見学。
f0181488_4313512.jpg



普通の遊園地のようなパラダイスピア・ゾーンも大満喫。
ミッキーの頭をくるりと回転するカリフォリニア・スクリーミンも5分待ち。
私達が乗ったとたんにどしゃぶりの雨に当たった(・・・夫よ・・・)オレンジ・スティンガーも5分待ち。
f0181488_4352092.jpg


f0181488_4341793.jpgf0181488_4343481.jpg

トイ・ストーリー・マニアだけは2008年最新アトラクションということもあり10分程度待ち。
f0181488_4391593.jpgf0181488_4393532.jpg
ゲームセンターのような感じです。
自分の点数がわかります。途中まで私が勝ってたのに、最後は夫くんの点数が高かった。
f0181488_4403235.jpgf0181488_4405039.jpg

これが、今日、今月の最高得点。低レベルな争いをしていたことに気がつかされます。
f0181488_4423447.jpg



夫くんがカメとお話をしたいというので、ファインディングニモのクラッシュとお話が出来るというタートル・トーク・クラッシュにも行きました。
f0181488_4475655.jpg

本当に観客に話しかけてきます。リアルタイムにクラッシュ役がいるのだと思うけど、機転がきかなければ観客を笑わせられないし、観客のノリが良くなければ無理だし、日本では成り立たないものだと思いました。
途中、何故か水着のブラをクラッシュが持ってきて、3歳くらいの子供に「コレはなんだい?」と質問。
子供にそんなこと聞いちゃうのね・・・と思っていると、でも子供の方が一枚上手で

「・・・君は知らない方がいいよ。」

と。思わず観客からもどよめきが。
どんな育て方をするとそんな空気の読める子供に育つんだ!?


そして、私の希望でディズニー・アカデミーにも。
f0181488_4532157.jpgf0181488_4534288.jpg

ミニーちゃんの描き方を教えてくれました。
f0181488_4544115.jpg


あ、プーちゃん発見。
f0181488_4552176.jpg



左が私で、右が夫くん。大きな画用紙にデカデカと描く私と、小さく描く夫くん。
性格が出ますねσ( ̄∇ ̄;)
f0181488_4561715.jpg



粘土のお人形が、くるくる回されると、動いて見えるという展示物。
f0181488_524196.jpgf0181488_53696.jpg
1回ペンギンが飛ぶのに、何個もの動作中のペンギンが必要。大変な作業だなぁ。

最後のエレクトリカルパレードで、今回初めてミッキーを見ました・・・
このパークでは、キャラクターを求めてはいけないらしい。
f0181488_565151.jpgf0181488_573962.jpg
f0181488_583274.jpgf0181488_591497.jpg
f0181488_595971.jpg

ラストはアメリカらしいものでした。


ディズニー・カリフォリニア・アドベンチャー総評。
私達が面白かったアトラクションは、
BEST1は、写真はないのですが「ソアリン・オーバー・カリフォルニア」というハングライダーに乗ってカリフォルニアを旅する疑似体験アトラクション。
(でも、アメリカ人に面白いかはよくわからない。)
BEST2は、アラジンのミュージカルショー。
BEST3は、タワーオブテラー。

って感じでしょうか。パンやタコスの工場見学もあったり、ディズニーのアニメーションが学べたり、どちらかというと大人向けかなぁ。

どこまでが絵で、どこまでが実際の道でしょう?
f0181488_5184088.jpg

っていうような細かな細工があるようなパークなので、思いっきり楽しみたい場合にはちょっと不向きかしら。

最後のパレードは、東京の方が規模が大きくて絶対に良いです。

今回は、何故だかとーっても空いていてお昼からの出動にもかかわらず、希望するアトラクションには全部乗れてしまいました。
体力が持たずに午後10時頃にパークを出ましたが、多分学生であれば、全部網羅できたでしょうね。


ゴールデンゲートブリッジ(だと思う。)。
f0181488_5214887.jpg


クリスマスツリー点灯。キレイです☆
f0181488_5221336.jpg



ディズニー・カリフォリニア・アドベンチャーでしたっ。
次回は、いよいよディズニーランド・パークです。ぐふふ。


あ、食記録!
お昼にはバーガーひとつを2人でシェア。
夕ご飯は、レストランで食べようと思いきや!?レストランだけは予約でいっぱい。
レストランで食べようと思ったら、予約必須です。
なので、ジャンキーにピザを。
f0181488_5241947.jpg

(食いしん坊夫婦にはこれだけでは足りずに、結局帰りにセブンイレブンでホットドッグを購入。)

ディズニーランドお約束のチュロスはおやつに。
f0181488_5245775.jpg


野菜摂取ゼロの1日でしたが、ディズニーランドなので良いのです。
[PR]
by yukinkoro_sf | 2009-01-06 04:03 | TRAVEL

FairmontSonoma Mission Inn&Spa

先日、Fairmont Sonoma Mission Inn&Spaに行ってきました☆
このホテル、敷地内から天然水をくみ上げて、それをスパで利用しているという、
温泉、マッサージ好きな我が夫婦にとっては、行っとかないと!のホテル。

当日は、午後にSPA&マッサージも予約していたので、、既にお昼12時半にはホテル入り。
(←既にこの時点で私は2つのワイナリーでティスティング済み。それでSPAに入ろうとする貪欲さ・・・(//∇//)エヘ。)
f0181488_7361127.jpgf0181488_7363292.jpgf0181488_7365161.jpg
ホテルは意外にも、メキシカンというか、ピンクを基調にしたかわいい感じ。

ロビーもアンティークな感じ。
あっ、夫くんが愛する暖炉だ・・・。
f0181488_7423372.jpgf0181488_7441958.jpg

なお、夕方午後4時半~5時半には、こちらのロビーでは無料のワインテイスティングと
有料のチーズテイスティングが行われます。
f0181488_747146.jpgf0181488_7472796.jpg
もちろんここでも赤と白ワイン、いただいておきました。
なお、チーズは3種で$15(本当か?夫っ!!)で高いからダメだといわれ、無料のクッキーをポリポリ。
f0181488_7493861.jpg

無料でも美味しいクマさんクッキー。
でも、ちょっとチョコのデコレーションが雑。タダだから?
あ、マニキュアもはげてて、爪が汚い・・・。恥
この写真、もしや必要ない?( ̄▼ ̄|||)

そして、おもむろに歌い始める4人のコーラス隊と、夜まで静かに素敵な音色を聞かせてくれたピアノマン。
f0181488_7523415.jpgf0181488_7525479.jpg
さすがアメリカで、コーラス隊にあわせておば様たちは一緒に歌っておりました。
一緒に楽しもうという姿勢、見習わなければ。(って、英語の歌だからどうせ歌えないのだけど。)

ロビー情報でこんなに長々と書いてしまいましたが、お部屋に向かいましょう。笑
実は、お部屋なのですが、当初、夫くんがスタンダードよりも2つほど良いランクのお部屋をネットで安く予約。
(通常、普通ランクで予約する夫君が、なぜランクを上げたかというと「暖炉の部屋」というのがあったらしい・・・。)
その後、不況もあってか、再度ネットを確認すると、予約した部屋よりも良い「暖炉の部屋」が安く出ていたので、そちらに変更。
その時点で、どのお部屋だったのかはわかりませんが、当日、ロビーで、
今、予約されている部屋よりも2ランクUPの部屋が空いているので、そちらに泊まっていいと言われ、
(どれだけのランク分けをしているのだろう・・・)
めでたく身分不相応なSuiteRoomに泊まることが出来ました。

お部屋はリビングと寝室の2つに分かれていました。
新婚旅行でもこんなにかわいいベットではなかったわ。
f0181488_871211.jpgf0181488_873355.jpg

お風呂はジャグジー。f0181488_882545.jpgf0181488_884564.jpg

SPAでも使っているアメニティに、バスソルト付き。そしてさすがワインカントリーだけに赤ワインご自由に・・・。
f0181488_8103455.jpgf0181488_8105110.jpg

で、一番重要な(夫くんにとって)暖炉。朝晩2回の薪付き。
f0181488_8123391.jpg



贅沢なお部屋です。暖炉情報は、別途記載することにしまして、SPAに早速行っちゃいましょう!わーい!!

このSPAは、ぬるめのお風呂、熱いお風呂、スチームサウナ、ドライサウナと色々ありまして、間に冷たいシャワーを入れたりして、60分かけてまわると、自然治癒力が高まるのですって。
さらに、外にはWatsu(ワツ)というウォーター指圧が受けられるプールがあり、
水の中では音楽が聴けるという優れもの。
夫くんは、このWatsuプールがお気に召したようで、ずーっとプカプカ浮いてました。
こんな風に耳だけは水の中。ぷぷぷ。
f0181488_8223139.jpg

f0181488_8255646.jpgf0181488_8261892.jpgf0181488_826449.jpg
f0181488_8273049.jpgf0181488_8275445.jpgf0181488_8281576.jpg
ウェイティングルームには、体に良さそうなハーブを凝縮したエリクシールや、健康そうなフルーツ、
野菜チップ、温かなアップルサイダーなどが。1日いても飽きなそう。
f0181488_8314051.jpg

私は、スチームサウナが一番気に入りました。スチームのところにもハーブが置いてあって、ミストがほんのり鼻がスースーする感じで、落ち着きます。

さて、SPAは夫くんは指圧、私はアロママッサージを。
同じマッサージだったら同じお部屋で出来たのだけど、うぅーん。残念!
(カップルルームのお部屋をちょっと見てみたかったのでした☆)
日本のような細かなところまでやってくれたマッサージで、満足でした。

マッサージ終了後も私たちはプカプカとプールを楽しみ、おそらく3時間近くいたような気がする。元はとったでしょう。

以上、SPAでした。
ここフェアモントソノマに宿泊したら、SPAはやらなきゃもったいないですよ!
あ、でもやっぱりSPAはお高めです。出費第1弾。


あっという間に、ディナーのお時間になりました。
そう、ディナーはどこで食べるか相当悩んだのですが、せっかくだから、ホテル内のSante(サンテ)でいただくことに。
このレストランは、ソノマバレーでは唯一AAA(全米自動車協会)から4ダイヤモンドの評価を獲得したグルメレストランなのです。

何でレストランなのに自動車協会なの?って思うのですが、ミシュランもタイヤ会社だしね。笑
きっと何かあるのでしょう。
また、ワインスペクター誌から優秀店に認定されただけあって、ワインも7500本所蔵。ナパ&ソノマ産だけで500種あるんですって。ほーーー。
ってウンチクはさておき。どんなところかな?で超楽しみにしていました。
f0181488_8474371.jpg


前菜には「マグロのタルタルとアスパラガス」と「トリュフとロブスターと海老のグラタン」
f0181488_8482032.jpgf0181488_8483735.jpg

マグロはさすがに脂ののった美味しいものを食べなれてしまった日本人・・・ちょっと淡白に感じてしまいましたが、
このトリュフの香りがたまらないグラタンは美味しかった!トリュフの香り大好きの私としては大満足。

メインは、夫くんがビーフを、私はいつもはお魚なのですが今回はポークを。
f0181488_8521298.jpgf0181488_8523558.jpg

ポークは、焼き加減を聞かれてウェルダンといってしまったのだけど、ミディアムにした方が良かったかも。
ビーフは、赤味が多かったようで思ったよりもジューシーではなかったらしい。残念!

でも、何でこんなに残念だったかと言うと、最初に出てきたこれが美味しすぎたのですっ!!
f0181488_8562670.jpg

ロブスターのスープがほんのり温かくて、甘くて、優しくて、こってりしてて。
はぁぁぁ・・・。レシピを教えてぇぇ!(と知ったところで、ロブスター高いか・・・。)
こんなの出されたら、この後のお料理期待大過ぎです。
ということで、ハードルが高くなってしまったのかも。十分美味しかったし、サービスも良かったですよー!
デザートには、既にお腹がいっぱいだったのでソルベを。
f0181488_904964.jpgf0181488_911031.jpg


お土産にチョコレートももらって、満足満足。
なお、お値段も良かったです。宿泊代を安く抑えたのに、ここで高額なる出費第2弾。

で、足早に部屋へ戻りました。
そして部屋に入るなり、夫くんがしたこととは・・・

暖炉に点火。
(よっぽど心待ちにしていたらしい・・・。)
f0181488_95210.jpg


息を吹きかけている。「ふっー、ふっー、ふっー・・・」
f0181488_955025.jpg


そして、いじる。
f0181488_963066.jpg


ずっと・・・いじくりまわす。
f0181488_965994.jpg



私は飽きたので、お風呂に入ってしまいました。
その後、夫くんもお風呂に入りましたが、夫くんが入っている間に、暖炉は消えました。
夫くん、悲しむだろうなー。
f0181488_9125926.jpg


そして、お風呂から上がって暖炉を見た夫くん。
「OH~!NO!!」
(2人でいるときには絶対に英語を話さない夫くん。相当ショックだったらしい。)

そして再びいじくる・・・。
f0181488_915366.jpg



そんなこんなで夜は更けていったのでした。

翌日。

雨男の夫くん、再び降らせてくれました。
そして、今後の予定を話し合う(?)ことロビーで30分。
昨日、ディナーをいただいたサンテがやっているブランチに行ってしまうことにっ!
夫くん、太っ腹~ヾ( ̄∇ ̄=ノ バンザーイ♪
お一人様$40なり。決断の理由は、
①サンフランシスコ市内のホテルだったらもっと高い。
②雨が降ってて、どこにも行けない。(←ワイナリーだったら行けるけど??)
③DOMEINE CARNEROSのシャンパンが飲み放題。
④これからランチを食べるところを探すのが面倒くさい。(←おそらく一番の理由)
とのこと。
f0181488_9243346.jpgf0181488_9245483.jpg

私はシャンパン。
夫くんは最初「運転するから」とオレンジジュースをお願いしていましたが、他のテーブルの皆さんがミモザをお願いしているのを見てマネっこ。
おそらく朝からシャンパンは・・・という人や、やはり運転する人なんかはこういうオーダーをしていると思われました。
「みんな、こういうブランチに行き慣れているんだなぁ・・・」と学習。
その後、私は4杯くらい飲んでしまい(だって、飲み終わるとすぐ入れてくれるから・・・)、夫くんに「もう十分元取ったからっ!!」と言われてしまった・・・。涙
f0181488_9293337.jpgf0181488_9295587.jpg

ブランチメニューも超豊富でした。フルーツ、デニッシュ、卵料理は言うまでもなく、
バターもフランス産、地元産、チーズだって何種類も用意。
f0181488_9313790.jpgf0181488_932839.jpg

オムレツも作ってもらいました。
f0181488_9333318.jpg

上に乗っているのはキャビア。
中には、海老、カニ、ホタテ等々、シーフードをセレクト。
セレクト具材も高級でした。

あ、キャビアは一度食べてみたかっただけです。
ちょっと生臭いんだねぇ。

といった感じで、フェアモントソノマの宿泊は終了。
夫くんが意外にも楽しんでいたようなので、私も嬉しく。

f0181488_9393778.jpg



次はザ・カーネロス・インを狙って、日々節約生活に入りたいと思います。
[PR]
by yukinkoro_sf | 2008-12-24 08:22 | TRAVEL
さてさて。
とうとう(やっと?)マイアミ旅行記も最終回です。

最初に書いてしまいますが、帰りの飛行機も相当大変でした。
まず、出発が50分も遅れ、乗った飛行機は、サンフランシスコ直通が既になかったため、
Charlot(シャーロット)という何だかかわいい名前の空港を経由、
そこで乗り換えての長旅となりました。
ちなみに、シャーロットの天気は雪。南国から雪国です。
まぁ、空港にしかいないんだけど~

と思ったのが大間違い。何故だか小型の飛行機で、天候は最悪。
席が一番後ろで、それも満席の真ん中の席で、リクライニングが出来ない・・・
なんて、その程度の心配は無用でした。

揺れに揺れ、吐き気を我慢すること2時間。
気持ち悪さとの戦いで、無の境地を心がける。無・無・無・無・無ぅ( ̄人 ̄)

で、ようやく着いたら、既にサンフランシスコ行き飛行機は私たち待ち。
慌てて飛び乗って、ようやく帰路に着いたのでした。
ちなみに、サンフランシスコ行きのの飛行機はUS Airwaysでも小型機と違って広々~♪
エコノミーでも日本人の私たちには十分快適でした。


そう。天候が悪くなったんです。
強力な雨男・夫くんのせいだと私は思う。
(そして、夫くんも決して否定しない。笑)
f0181488_1255776.jpg

どよよ~~ん。

f0181488_12553786.jpgf0181488_12555223.jpg
天気が悪くても、さすがアメリカ。朝のジョギングをかかさない皆さんがいっぱい。

ちなみに、朝私が一人で海辺を散歩していたときには雨は降っていませんでしたが、
夫くんが
「海でも散歩するか」と、海に出たとたん、大雨にやられました。
さすが我が夫。

f0181488_12574753.jpgf0181488_12575966.jpg
建物のかげで風をよけるカモメと、
カモメさえも風を避けて非難しているのに、海で水上スキーを楽しむ人。
楽しいような楽しくなさそうなような・・・。


さて、天気が悪いことだし、のんびりと食事でも♪と、
ホテル内プールサイドのレストランで朝食です。
なんてたって、この2日間、朝が早かったので、ドリトスとかポテトチップスで朝食としてごまかしていたものね!

夫くんはハムチーズサンド、私は懲りずにパンケーキをチョイス。
f0181488_1323980.jpgf0181488_1325713.jpg
ハムチーズサンド、大正解。チーズもたっぷり入っていてボリューム満点!美味でした。
パンケーキは、やはりBillsに勝らず。普通に美味しい感じ。

のーんびりと朝食を食べた後、少し天気も回復したので、ホテル近辺を散歩することに。
私たちのホテルはサウスビーチにあり、そしてアールデコ地区といわれるかわいい建物が連なるところでした。
※アールデコ(Art Deco)・・・フランス語のArt Decooratifs(装飾美術)の略。1910~1930年に建築・工芸・デザイン等、フランス・パリで流行した装飾様式。直線を重視した実用的なデザイン。


専門的な美術とかには詳しくないけど、カラフルでかわいい♪
f0181488_131103.jpgf0181488_13111521.jpg


かの有名なヴェルサーチのかつての別荘。今はホテルとして泊まれるそうです。
見るからにゴージャスっ!!
f0181488_13121028.jpg


いっぱい外国の方が写真を撮っていました。


そして、遊びのビーチバレーではないと思われる、腹筋がきれいに割れた女性たちの本格的ビーチバレー。
f0181488_13133787.jpgf0181488_13135559.jpg
あたっーく!!


そんなこんなで小1時間程度、てくてくと散策して、ホテルをチェックアウト。
朝、満腹に食べましたが、もう2度と来れないかも知れないフロリダ。
美味しいと書かれているお店には行かなければ!と行ったのは「Big Pink
f0181488_1318105.jpgf0181488_13182377.jpg


店内は満員。外にも人が並び始めている。
超・期待☆
で、オーダーしたのは、店名のついたバーガー。
そして、夫くんがオリジナルカクテルでももらえば?と優しい一言をくれたので、昼間からカクテルを。
f0181488_13203486.jpgf0181488_13204613.jpg

えー、味は超普通です。
お腹が空いていないからと、2人でひとつをシェアにして正解。
それでも残してしまった・・・。
カクテルも氷の粒が大きくて飲みにくいの・・・。涙

救いだった、テラス席のワンコ。
f0181488_13224367.jpg

かわいい~♪

以上、フロリダ旅行でした☆
短かったけど、まぁ、出来ることはやった!という感じです。

最後に、夫くんからの小さなお土産。
f0181488_13254577.jpg


ヘミングウェイの家の6本指のネコちゃんの足をかたどった1セントコイン。

猫に小判 (= ̄ω ̄=)ノ〇
[PR]
by yukinkoro_sf | 2008-12-10 13:24 | TRAVEL
フロリダ半島の最南端に位置する大湿原、エバーグレーズ
ここは、水深15㎝ほどの、そして幅はなんと150㎞もの川なのです。
1日に30mしか進まないゆるやかなこの川は、バクテリアや藻類を育て、そこに虫や魚、カメやヘビ、鳥、ワニがのんびりと生活しています。

でも、アメリカ第4の大都市マイアミのすぐそばにあるこの湿原は、水不足に陥っています。
まだまだ成長しているマイアミも大量の水を必要としており、大都市圏に引いている運河は結果的にエバーグレーズへの水の供給を減らしてしまっています。
そして大量の化学肥料を使う農場から流れてくる水もまた大きな影響を与えています。

結果的にエバーグレーズの水は質も量もかつてないほどの危機的状況に陥っているそうです。
1993年に世界遺産の危機遺産にも登録されました。
2000年にクリントン大統領がエバーグレーズの湿原復元のため、14億ドルを投じ、生活排水のろ過や道路の下に水路を設けたりしているそうですが、
現在、コウノトリは6000羽から250羽に、
サギも1930年代には26万5000羽いたのに、現在では9000羽まで減少しているそうです。
他にも、フロリダピューマアメリカマナティなど15種類の動物が絶滅の危機にいます。
フロリダピューマにいたっては、エバーグレーズ内に10頭以下、フロリダ全体でも50頭以下しか生息していないとされていて、絶滅は確定的・・・。

2007年に上記の湿原復元工事の結果、危機遺産リストから外されたそうですが、
実はまだまだ危機的状況には変わらないとのこと。
そんなエバーグレーズを一度自分の目で見ておきたいと思って行って来ました。

マイアミから約3時間・・・。
(夫くん、ありがとう。笑)

さてさて、真面目な書き出しで始まりましたが、
このエバーグレーズ国立公園、関東平野よりも大きいらしい。
ということで、私たちも2ヶ所をセレクト。
Flamingo(フラミンゴ)とRoyalPalm(ロイヤルパーム)に行ってきました。

■Flamingo(フラミンゴ)
午前10時のボートツアーを予約。
いざ出発!
f0181488_10344945.jpgf0181488_1035210.jpg

このボートは、スピードを出すものではなく、のんびりと進みます。
この川沿いには、ワニ、水鳥、マナティなどがいるそうです。
残念(当然か)なことにマナティはお目にかかれませんでしたが、マナティは人懐っこいのでボートとかによってきてしまう可能性があり、
マナティ生息エリアではよりゆっくり、そして時々警笛のようなものを鳴らしながら進みます。

マングローブの中を進んでいくと、
f0181488_10383145.jpg



見渡す限りの湖に出ます。
f0181488_10384531.jpg


エバーグレーズはこういう湖がいくつもあるんですって。


鳥もいっぱい。
アオサギと、ワシっぽいのはミサゴというらしい(多分・・・)。f0181488_10401586.jpgf0181488_10402630.jpg
f0181488_10424060.jpg

f0181488_10483718.jpg


このマングローブがキレイな水に保ってくれているのですって。
f0181488_10494921.jpg



川に入ろうか、道に戻ろうか悩んでいるワニ。
(結局川に静かに入っていきました。)
f0181488_10504031.jpg



ワニとサギ。
f0181488_1051203.jpg


ちなみにワニがうようよいますが、ここフラミンゴにいるワニはアリゲーター(ミシシッピワニ)と呼ばれるとっても大人しいワニで、人を襲うこともほぼないそうです。
なので、普通にカヌーの貸し出しもされていて、頻繁に転覆事故もあるそうですが、今までワニに噛まれた人はいないらしい。

でも・・・出来れば落ちたくない(^▽^;)

さて、ワニはどこにいるでしょう?
f0181488_10561859.jpg




正解は・・・



f0181488_10565530.jpg

です。同化してます。


船着場にはペリカンも。
f0181488_10573658.jpg



ボートで1時間半。英語のガイド付き。
親切に質問にも答えてくれます。
私たちみたいに、あまり時間がない人には良いツアーだと思います。

なお、エアボートに乗りたい人は、フラミンゴはダメです。
公園規則では
「エアボートは禁止です。あんなモノは植物の生態を妨げ、爆音は野生動物を脅かします!!」とあるらしいので、乗りたい人はシャークバレーではそういうアトラクションとしてあるそうです。


■RoyalPalm(ロイヤルパーム)
フラミンゴを後にし、向かった先は、ロイヤルパームのAnhinga Trail(アンヒンガトレイル)。
ボートツアーのガイドさんが薦めてくれました。
1周、たった800Mのトレイルなので、夫くんも大丈夫。

そして、ここが意外にも、良かった!!
f0181488_1173286.jpgf0181488_1174247.jpg
水が澄んでおります。

道にワニが普通にいる。
f0181488_119689.jpg


何だか笑っている?
(ちなみに、この子が私のBESTワニでした。微笑みが素敵☆)

柵もなく、1mもない距離にワニが。
子供は喜んで近づき、大人は遠くで「NO!」と止めていました。子供ってすごい。


ワニのオンパレード。
f0181488_11112745.jpgf0181488_11114079.jpg
いっぱいい過ぎて、珍しさもなくなってしまう。
その中から、変な前足の格好で寝ているワニと、おじさんみたいなワニをセレクト。


カメにスッポン。
f0181488_11124493.jpgf0181488_11125884.jpg


羽を乾かすアメリカへビウ(ANHINGA)と目の周りが青いアイシャドウのかわいい鳥。
f0181488_1114759.jpgf0181488_11142210.jpg

Anhinga Trailはこの鳥の名前からきたんだね。


小魚を取ることに成功したアメリカへビウ。
f0181488_11182725.jpg

周りの人間から拍手が。ぷぷぷ。

上手に川を泳ぐアメリカへビウを見て、夫くんも感心。
「泳ぐ鳥、初めて見た~」というから、
そう?カモだってアヒルだって泳ぐじゃん。と言うと、カモやアヒルは夫くんの言う「鳥」ではないらしい。ふーーん。



以上、エバーグレーズ国立公園記でした。
迫力のある公園ではないけど、人間と生き物との関係を自分に関係のあることとして考えられた貴重な時間だったと思う。

さて、その後はマイアミに戻って、ビーチだ!!
と途中で、美味しいフルーツシェイクを「Robert is here」(ロバート イズ ヒア)で。
かなり繁盛店のようで、たしかにうましっ(* ̄∇ ̄*)
f0181488_11263280.jpgf0181488_11264596.jpg
エバーグレーズのそれもフラミンゴに行かなければ行くことはないと思いますが、
でも本当に行く道すがらにあるので、行かれる方は是非ともっ♪おススメです。

裏には動物園さながらの動物たちが。
f0181488_11291849.jpgf0181488_11293082.jpg
カメの背筋。「ふんっ!」という声が聞こえてきそう。

と、マイアミに戻ってきたのは、既に午後3時半。
それでも、ビーチは楽しまなければと海に出ました。
f0181488_11304721.jpgf0181488_1130582.jpg
それでも人はまだまだいっぱい。
トップレスの女性も発見!!さすがに見せるだけあって、キレイな胸でした。笑
(注:探しても写真にはありませんよ。)


私も負けじと海に入りましたが、
f0181488_11322519.jpg


寒くて、1分もしないで陸地に・・・。


ということで、温かいホテルのプールへ~♪
f0181488_11333867.jpgf0181488_11334987.jpg
プールでパチャパチャ。
しかし、夫くんから

「入っているの、子供とユキしかいないね・・・」
と。

ええ、出来れば子供と一緒に混じって遊びたかったくらいです。ふん。


そして、マイアミ最後の晩餐は、大人しく優雅にホテルでいただくことに。
いやぁ~、美味しかったですの。
この旅行、BEST2です。
(BEST1はピナコラーダなので。←しつこい?食べ物になかなか当たらなかった悔しさです。)

前菜は、アボガドの中にかじきが。そして上にはキャビア。横にはトリュフソース。
f0181488_11373782.jpgf0181488_11375129.jpg
間違いなく美味しかったです。2人でシェア。

そしてメインは、私はお魚を、夫くんはポークを。
f0181488_11382461.jpgf0181488_11383676.jpg
既に魚の名前を忘れました。が、いい焼き加減でほっくりしっとり。
ソースも良い塩味加減で美味しかった記憶があります。
夫くんのお肉はちょっと塩味薄め。
そして、下の山のようなニンジンに、ニンジン嫌いの夫くんは微妙な感じでした。ぷぷ。

他にほうれん草のグラタンをサイドにオーダーしましたが、それはまぁ普通。

ここでもワインを2杯いただきました。
昔、日本にいたときにはボトルで頼んでいたのに、最近夫くんは普通にお水かコーラを飲むのでグラスオーダーばかりです。
まぁ、日本でも私がほぼ飲んで、夫くんは1杯程度しか飲んでいなかった気もするから、
ボトルで頼めるように私がボトル1本空けられるようになればいいのか!と
日々精進、訓練しようと思った夜でした☆

なお、この日のウエイターさんがとてもフレンドリーで色んなことを話してくれました。
この経済不況で、ここマイアミのリッツカールトンも既に100億円の赤字らしく、
お給料も半分に減らされてしまったと嘆いていました。
(確かに割高なホテルレストラン、お客さんはかなりまばらで少なめでした。)
「大きなアパートに引っ越したばかりなのに、どうしようかと思っているんだ・・・」と深刻な悩み。

うーん・・・。
経済不況が何故起きるのか、経済学部の方はおわかりでしょうか?
いつになったら景気が回復したと言える日が来るのでしょう・・・。
[PR]
by yukinkoro_sf | 2008-12-10 11:50 | TRAVEL
その2の番外編とでもいいましょうか。
ヘミングウェイの家のネコたちです。

本当に、みんな幸せそうなネコたちでした。


この子なんか特に。
f0181488_9145836.jpg

・・・無防備過ぎです。



f0181488_9165076.jpgf0181488_917714.jpg

f0181488_9175651.jpgf0181488_9181264.jpg


手もね☆
f0181488_9191040.jpgf0181488_9192740.jpg


f0181488_9211251.jpg

f0181488_9213611.jpg





現在は、この子達は、去勢・避妊されているので、「ヘミングウェイのネコ」の赤ちゃんを譲ってもらうことはできないそうですよ。

いやいや、ネコ好きにはたまらない家ですね☆
[PR]
by yukinkoro_sf | 2008-12-04 09:25 | TRAVEL