SF生活日記。


by yukinkoro_sf
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
さて、第2日目も始まりは、やっぱりここから。。。
ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアター前。
f0181488_7388100.jpg


この日はスーパーマンガールとバッドマンガール?がいました。なかなかかわいい。
そして、ウォーク・オブ・フェイムは、ディズニーランドとトム・クルーズをパチリ。
マイケルジャクソンは撮ってなかったか・・・。
f0181488_7412677.jpgf0181488_7413987.jpg

そして、まずは、朝10時半からのコダックシアターの第一陣ツアーに参加しました。
f0181488_7433317.jpgf0181488_7434780.jpg

残念ながら、館内撮影は禁止だったのですが、館内には、アカデミー賞のディナーパーティを再現したものや、著名人の写真、もちろんオスカー像も見れました。
そして、この日は日曜日だったためステージ上にも上れてしまいました♪
ステージから見える客席、あぁ、ここがハリウッド俳優でいっぱいになるのかぁ~とミーハー気分も上々!
まぁ、私よりも、夫くんが喜んで参加していましたね。ぶぶぶ。
そうそう。今はアカデミー賞でしか使われていないこの会場、今後は、このシルクドソレイユでも使われることになるそうですよ!
f0181488_7482710.jpg

このための工事中なのです。なので、現在、ステージ上に上がれるのは、工事が休みの日曜日のみということになります!

さて、続きましては、ビバリーヒルズ豪邸ツアー。
f0181488_7542868.jpg

・・・後日、英語学校の先生に「そんなツアーに参加して何が楽しいのぉ!?有名人に会えるわけじゃないのよー」と言われちゃいましたが。
いいんです、田舎モノですので。大きい家が見たいのです。

ツアーのお兄ちゃん、全部で40軒位紹介してくれたけど、英語だし、私の知らない有名人も多かったし・・・。
というので、私の記憶が正しければ、のお家ですので、ご了承くださいませ。
こちら、ディカプリオ邸。
f0181488_7551419.jpg

ちょっと意外だった豪邸。そうかー、こういうセンスなのか。

こちらマイケル・ジャクソン邸。
f0181488_7562085.jpg

まさか、一ヶ月後に亡くなってしまうなんて思いもよらず。。。
いつもクリスマスな感じだそうです。この時も家の前にはファンの子が待っていました。

こちら、スペリング邸。ビバリーヒルズで一番大きいのですって。
「ビバリーヒルズ青春白書」のドナちゃん実家と言った方がわかりやすいかな?
f0181488_759095.jpg


こちらプレイボーイ誌邸。ここでよく撮影をするそうです・・・。
f0181488_80271.jpg
中をのぞけないようにしているのね。

こちら、元ジェニファーアニストン&ブラピ邸。
f0181488_804329.jpg
ちなみに、私は、アンジェリーナジョリーとジェニファーなら、ジェニファー派です。←どーでもいい情報でした。

とフレンズが来たので・・・。
こちら、チャンドラーのペイントハウス。
f0181488_81364.jpg

チャンチャンもこんなところに住んでいるのかー。フレンズの中では、一番大好きなチャンドラーでした。

さすがの、元アメリカ大統領レーガン邸。
f0181488_823898.jpg
きのこの山がどこまでも・・・。

といった感じで、グルグルとツアーは回ってくれます。
f0181488_862421.jpg


↑私も彼ら同様にシャッターはパシャパシャ。夫くん、半分呆れ顔でした。笑

f0181488_871526.jpgf0181488_873014.jpg

ビバリーヒルズ豪邸、無駄に広い気がするのだけど、でもセレブの皆様だから無駄でないのかしら??
この後で、”有名人邸MAP”なるものも購入してしまいました( ̄∇ ̄;)

そろそろランチタイム。
ということで、向かいましたは、豪邸ツアーでも少し回ってくれたロデオドライブという高級ブランドストリート。
f0181488_1215535.jpgf0181488_122136.jpg

f0181488_1224773.jpg

あ、プリティウーマンの舞台になったホテルも目の前に。
f0181488_1233941.jpg

ビバリー・ウィルシャー・フォーシーズンズです。

ランチは、Il Fornaio(イル・ファイナイオ)というイタリアンレストランで。SF近郊にもあるみたいです。
f0181488_1263634.jpg

f0181488_1264924.jpgf0181488_12728.jpg

なかなか美味しかったです。

ロデオストリートでは何も購入せずに。←当然か・・・。
f0181488_128414.jpg


高級店ばかりだけどかわいらしいストリートでした。

ということで、お次に向かいましたは、メルローズアベニューへ。
かわいいShopが多いと聞いていたので、ワクワクで行きましたが。
f0181488_1210420.jpg


”かわいい”の定義がちょっとズレはじめたかも・・・。

あ、ブリトニーサインだ・・・。
f0181488_12102026.jpg


基本、財布のヒモが堅い人間なので、ここでも何も買わずに散策only。
で、アッという間に帰宅時間も近くなり・・・。

帰りにファーマーズマーケットと呼ばれるところでアイスだけ食べまして、
f0181488_1213696.jpgf0181488_1213208.jpg

f0181488_1213533.jpgf0181488_1214688.jpg

SFのように、ケーブルカーのようなバスがマーケット内を走っていたり、
f0181488_1215526.jpgf0181488_12151828.jpg

思ったよりも全然広くて楽しめました♪

と、慌しく過ぎ去った1泊2日のLA旅行。
もう少しあれば、映画のスタジオツアーとかもしたかったけど、それはまたいつか将来のためのお楽しみにね!

でも、SF市内に住んでいるとあまり実感がわかなかったけど、アメリカは車が必要なんだな~ということがわかりました。いやいや、SF住みやすし。。。
[PR]
by yukinkoro_sf | 2009-06-28 07:38 | TRAVEL
先月、ロサンゼルスに遊びに行ってきました~!私は初LA。
夫くんも仕事以外では初の観光LAです。
1泊2日と、とても短かったので、メインどころしか回れませんでしたが。ははは。
当日空港到着後、レンタカーを借ります。今回はこの子と一緒に。
f0181488_3363348.jpg


LAだからオープンカーとか、そんな贅沢はいけません。エコノミーで十分です!!
でも、ちょっとおかしかったこの車。きっと次回は修理に出されるか・・・。

まず最初に向かいましたのは、ランチです。夫くん、お腹が空くと大変不機嫌になるので・・・( ̄∇ ̄;)
ただ、この旅行、前日の夜中に決定したため、何の下調べもなしです。
車の中で必死にガイドブックをめくり、向かいましたのは
The Counterというハンバーガー屋さん。
f0181488_3435365.jpgf0181488_34457.jpg

f0181488_3444870.jpg
f0181488_345233.jpg
f0181488_3451581.jpg

ここのハンバーガーは、素材にもこだわっているそうです。
そして、自分でパンの種類、挟む具、お肉パテの種類・量、ソースを決める方式のお店。
もちろん焼き加減も注文できます。かなり悩むこと必死なお店ですよー。
私たちは、結構定番なセレクトにしました。ちなみにガイドブックによると31万2000種のパターンが出来上がるそうです。すごいっ!
ポテトは、普通のにした方が、カリッとポテトが味わえる気がしました。

もちろん夫くん、大満足。私は・・・お肉がやはり苦手になってしまい、夫くんにパテはほぼ食べてもらいました。ベジタリアン向けもあったので、それにすれば良かったなぁ・・・と悔やむが既に時遅し。
お店はほぼ満席。人気のある理由がわかるお店でした☆

さて、お腹が満たされたところで向かいましたのは、サンタモニカ!
世界一有名であろう桟橋は、大混雑。
f0181488_355771.jpg

f0181488_3552243.jpgf0181488_3553326.jpg

微妙な大道芸人?なおじさんも、自己流ダンスで観光客をある意味、楽しませていました( ̄w ̄)
f0181488_3561576.jpgf0181488_3562858.jpg

ビーチも人がいっぱい。さすが南カリフォルニアですね。
f0181488_358631.jpg


わんちゃんのこの幸せそうな寝顔っ!
f0181488_3581763.jpg



桟橋を後にして、近くにあるサード・ストリート・プロムナードという観光客の集まる歩行者天国に。
そこをブラブラしつつ、100種類以上のジェラートがあるというAngelato Cafeでデザートタイム♪
f0181488_482133.jpg


f0181488_483975.jpgf0181488_485035.jpg

一番小さなサイズにしたと思うのだけど、4スクープ。笑
なかなか美味しかったです♪でも、バークレーのSketchには負けるかな。ふふふ。

サンタモニカ散策のお次は、向かいますはハリウッド。
夫くん「一度行ってみたい」とずっと言っていたので、念願のハリウッドです。
ハリウッドのランドマーク的存在のGrauman's Chainese Theatre(グローマンズ・チャイニーズ・シアター)は世界で一番有名な映画館。
f0181488_4343130.jpg


映画館前には、皆様ご存知、前庭にはスターの手&足形が。
ハリポタの3人に、スターウォーズ。
f0181488_437193.jpgf0181488_4371769.jpg

ドナルドダックも一丁前に。ミッキーはいないけど??
f0181488_4373462.jpg


マリリンモンローとジョニーディップは足を重ねてみました。
f0181488_438521.jpgf0181488_4382287.jpg

マリリンモンロー、足小さっ!と思いましたが、ハイヒールだもんね。納得。笑

観光客がいっぱいです。
f0181488_4423144.jpg


ここら一帯には、映画のスターの格好をしたパフォーマーたちも。
f0181488_4472726.jpg


夫くんが”たくぞ”だと言い張ったモノ。
f0181488_4495326.jpg

断固、違いますから。

そして、もうひとつの名物。
ウォーク・オブ・フェイム
f0181488_852582.jpg

映画や音楽、TV、ラジオとそれぞれの分野で活躍した人の名前が刻まれた星型の敷石。
ゴジラにミッキーマウスにブリちゃん。
f0181488_8555378.jpgf0181488_856887.jpg

f0181488_8562814.jpg


ゴジラとミッキーマウスは映画分野なのでカメラ、ブリちゃんはCDだね。

そしてKodak Theatre(コダッシアター)。こちらは翌日にツアーで館内見学をしました。
f0181488_965799.jpg


毎年アカデミー賞が開かれますよね。
ここも夫くんが一度来てみたかったところでした。その模様は次回♪

その後、ハリウッド壁画を見てみたり。
f0181488_984582.jpgf0181488_99638.jpg

f0181488_993831.jpg


キャピトルレコードのビルを見たり。
f0181488_9105796.jpg

とハリウッド周辺をウロウロ。

で、ディナーのお時間です♪
レストランはAmmoというところでいただきました。
ファーマーズマーケットや地元の契約農家から仕入れた新鮮なオーガニックを使用してヘルシー&シンプルをモットーにしたレストランだそうです。
なんだかシェ・パニーズのようですねー。ぷぷぷ。
f0181488_9151114.jpgf0181488_9152650.jpg

しかし、灯りが少なすぎて、ほぼ見えませんけど・・・。
お料理写真もフラッシュは失礼なのでたけないし、人物なんてもってのほか。
ハリウッドという土地柄??
写真がないので、お料理の記憶はほぼなし。笑
でも、美味しくいただいた気がしますーー。

そして、ここでもやはり駐車場難民。運よく、レストラン横の細い路地に車一台分スペース発見したのですが、
横には血痕が( ̄Д ̄;;
f0181488_9195796.jpg

LAだけに、ドキドキ。

といった具合で1日目は終了です。
ホテルは、Sofitel Los Angelesに滞在。
お部屋は十分でした。
f0181488_9244373.jpg


が、夜中にここのホテルのバーでパーティがあったらしく、隣の部屋から甲高い女の子たちの興奮した叫び声が夜中の2時頃から1時間あまり続き・・・。
思わず壁を叩いてしまいました。涙
(が、興奮した女子たち。そんなことには気がついてもくれず。。。いいんだ、別に。。。涙)

といった具合の1日目。”都会”の観光って久しぶりでしたー。
翌日は2日目でーす。豪邸ツアー、楽しみましたよ♪
[PR]
by yukinkoro_sf | 2009-06-23 03:42 | TRAVEL
前回記事の英語学習がまだできていないけど、行ってしまえε= (ノ ̄▽ ̄)ノえぃーっ
シアトルから2時間位で行けるOlmpic National Park(オリンピック国立公園)にも足を延ばしてきました。

f0181488_925092.jpg



でも、やっぱりアメリカの国立公園。とーっても広くて、全然回り切れなかったけど、
それでも、大自然を大満喫できました。

 I want to write this blog but I haven't written previous blog in English yet.
 We went to "Olmpic National Park" which was located in Seattle in 2hours by car.
 America's National Park was too big to go every place, but we were enjoyed a nature.

さて、オリンピック国立公園ってとっても不思議なところで、
氷河の高山の麓に、ジャングルが広がり(温帯雨林というらしいです。シアトルは熱帯ではないものね。)、そして、その側には手つかずの海岸線がずーっと続くという、
1度で何度でも美味しい!公園。
大量の雨が降るから、ジャングルも苔っぽかったです。

 This park is very rare.
 There were the temperate rain forest in foot of some glacier mountains.
 And there was a natural coast on the sides.
 We could see many scene for one visiting.
 This area has a lot rain, so the forest was covered with moss.


f0181488_9322488.jpg

f0181488_9323799.jpg

f0181488_9324722.jpg

f0181488_9333421.jpg


OFFシーズンなのか人が少なく、大自然一人独り占めな感覚でした。

今思うと、もーっとまわりたかったぁぁ(TωT)
・・・という気もするのだけど、これだけでも全然十分だったんだなぁ。

 I felt to keep the nature to oneself because no one came here.
 I wondered that time was OFF season.
 I wanted to see another places, but I was satisfied with seeing there that time.

そうそう。この国立公園ですが、行き方としては2通り。
シアトル空港からずっと車でも行けますが、
こんな風に
f0181488_9385675.jpgf0181488_93994.jpg

シアトルのダウンタウンからフェリーでも行けちゃいますよ。

あ、この曇りな感じは私たち夫婦だからです。ううっ・・・。
きっと皆さんが行かれる時には晴れることでしょう。

 The way to this park is 2ways.
 One is driving only car, the other is using a ferry from downtown in Seattle.
 When we went to there, it was cloudy.
 But when you will go there, maybe it will be sunny!!

お土産には、ワシントン州のワインとチーズを♪
f0181488_9423717.jpg


お店のオーナーが、バタリーで、カリフォルニアで売っていないような(?)小さなワイナリーのワインをセレクトしてくれました。笑
美味しいと嬉しいな~。開けるのが楽しみっっ!!

そんな感じでイースター旅行は終了。

今回は世界遺産よりも、Jパパ&ママファミリーの温かさに心打たれた旅行でした☆☆
はぁ~(〃∇〃)

 We bought a bottle of wine and some cheese which was made from the Washington State for our souvenir.
 A wine shop's owner selected my taste wine for me.
 I wish it is good!!

 That's all of my Easter travel.
 I was impressed with J's family's kind heart☆
[PR]
by yukinkoro_sf | 2009-04-25 09:38 | TRAVEL
さて、ここはどこでしょう?
f0181488_756784.jpg



飛行機に乗って向かった先は、なーんとっ!!
PACさんの旦那さまJさんのご両親のお家に遊びに行かせていただいたのです~(≧∇≦)
f0181488_7422644.jpg


お花がいっぱいのかわいいお庭。

実は、2月頃にPACさん、
「ユキさん、せっかくアメリカに来ているのに”本当のアメリカの家族”を体験できていないから、体験してみませんか?」と素敵な提案をしてくれたのです。
うううっ・・・、優しすぎます。嬉しすぎる提案に、その実現を首を長~くして待つこと約2ヶ月。
イースターの休日に行かせていただきました。

最初に言ってしまうと、私にはもったいない体験でした。
Jさん家族は、もぉもぉ最高に素晴らしかったです。
さてさて、何から書こうかな♪

まず、JママのMは、前日に大きなサーモンをさばいてくれていて、美味しいお料理を作ってくれていました。
f0181488_7401092.jpg


f0181488_7403722.jpgf0181488_741373.jpg

この大きなサーモンが3皿はありましたよ。
私のイチオシは、このご飯。やさしーいMの性格そのものって感じの味でした。
夫くんイチオシは、やはりサーモン。
聞くところによると、とってもシンプルな味付けだったのだけど、とても美味しい。
このあたりのサーモンは美味しいんだなぁ。
そして、つけあわせのピクルスにもやられた我が夫婦。
アメリカママの味って、レストランの料理より好きかも(=´▽`=)

JパパのBは、私に一生懸命話しかけてくれました。
でも、私が理解していないと思うと、困惑した顔になり、
「おーい!通訳者~、ちょっとこっちにおいで」←PACさんのこと。ぷぷぷ。

そんなBが何だか、かわいくて面白かったです。
面白がってないで、私がちゃんと理解しろ!ですよね、すみませんでした、B・・・。
そんなBのお友達。毎日何度もお家のお庭に遊びにやって来ます。
ジョージ。
f0181488_7564752.jpg


どっちがジョージ??Bにしかわからない気がする( ̄∇ ̄;)

時にはいっぱいやって来ますが、
f0181488_7513812.jpg


毎日やってくるのは、ジョージなんだって。

奥にいる黒いのはまだ1年目の子供。
f0181488_824619.jpg


Bが鳥図鑑片手に説明してくれました。なるほど~、大きくなると白くなるんだね。
ジョージの子供かなぁ?


お家の目の前では牛を飼っています。
PACさんから「牛が見るの。」と、事前に聞いていたのだけど全くもってその通りでした。

あ、人間だわ。
f0181488_863079.jpg



パパ、ママ、本当だ、人間だね・・・。
f0181488_87255.jpg




人間は僕らを食べるから危険だ。あっちに行こう。
f0181488_884726.jpg




僕らは草を食べているのに、人間は何で僕らを食べるんだろうね。
f0181488_894749.jpg



(と、私には聞こえました・・・。ぐぐぐ。)
一挙一動の私の行動を牛さんたちに観察されました。

食べないでね・・・。
f0181488_8103620.jpg



いるのは牛だけではありません。
f0181488_8133687.jpg


馬も!!
f0181488_814413.jpg


馬は2匹。かっこいー!!

エサをあげる夫くん。
f0181488_817443.jpg


結構楽しんでました。

友情を感じたのか、なでなでまでしちゃいました。←うちのたくぞーはなでないくせに・・・。
f0181488_8175174.jpg



と思いきや、振られてしまった夫くん。
f0181488_825326.jpg


可哀相に・・・。

ちなみに私がなでている時は・・・。
f0181488_8274993.jpg


見てください!!
目をつぶって気持ち良さそうじゃないですか!?見たか、動物愛護パワー!!

Jさんのお姉さんDのお家にもお邪魔させてもらいました。
大きなお庭に、野菜や花、様々な樹木を植えています。
f0181488_8461469.jpgf0181488_8464145.jpg

夏になると様々な花が咲き乱れるんですって。キレイだろうなぁ~★

これはなーんだ?
f0181488_8471220.jpgf0181488_8473624.jpg

お外シャワー。
周りに家がないからできることだね。
大自然の中でシャワーするの気持ちがいいんだってー。ぷぷぷ。

どの位大自然の中かというとこの位。
f0181488_851260.jpg


レンタカー以外は、山ですねー。


私がジョージ(例のカモメのことです)を気に入ったと知ったら、ジョージのお家も見に連れて行ってくれました。笑
f0181488_8571647.jpg


海も本当にキレイです。ジョージ、良いとこに住んでいるじゃない!!

面白いアート?も発見。
f0181488_8582720.jpg


f0181488_8585626.jpg



人間って変なことするのねー(と言っているかどうかは定かでなし。)
f0181488_8594339.jpg



こんな自然いっぱいの中で過ごすからか、朝からご飯だっていっぱい食べれちゃいます。
Mがお料理上手な上に、みんなへの配慮もすごくて、
一人ひとりのためにフレンチトーストを焼いてくれたり、
私がお肉がちょっと苦手と聞くと、お肉の入っていないお料理とお肉の入っているお料理の2種作ってくれたり。
f0181488_972120.jpgf0181488_974145.jpg

f0181488_98421.jpgf0181488_982394.jpg

美味しくて食べ過ぎます。
ジャムも手作りばかりです。ジャムの果物だって、Dのお家で取れたイチゴを使ったものだったり。

後片付けが、またまたBが黙々とお皿を洗ったりしているの。
本当に優しい旦那様。日本だったら、さっさとTVに向かう男性が多いのではなくて??
アメリカでは「家事は協力してやるものだよ。」と小さい頃から男の子に教えるそうです。
そういうさりげない優しさに心打たれてしまいました。はぁ。

そして、みんなが集まるからと地元で評判のカニの美味しいレストランにも連れて行ってくれました。
カニ、サンフランシスコよりおいしーです♪♪
f0181488_923418.jpg

f0181488_9234160.jpg


カニ好き夫くん、この上ない幸せを感じたことでしょう。


そして、イースターだからと大人なみんなはイベントを企画!イースターエッグ探しです。
子供3人(D、S、M)に混じって本気モードでやってしまった大人でないダメ夫婦・・・。( ̄∇ ̄*)ゞ
卵型カプセルの中には、お菓子とお金が入っているものだから、必死で探します。
f0181488_9273447.jpg


PACさんからいただいた写真をパチリ。
(何せ、カメラを預けていた夫くんも夢中で探してしまったので写真がないのですよ。)

末っ子Mと一生懸命タマゴを数える私・・・。あぁ、やはりダメ夫婦。
f0181488_9291338.jpg



ちなみに。入っていたお菓子は、我が家のオヤツでちゃんといただいてます♪
お金は、子供たちにあげてきましたよ。エヘン。
f0181488_9345983.jpg


でも、子供たちがまたかわゆくて、お金をタマゴに入れて渡したら、
子供たちはタマゴにお菓子を入れて、私たちに返してくれた。
やさしい・・・。胸キュンです。


本当に本当に心に残る時間を過ごさせてもらったのです。
Mの作ったピクルス、美味しいな~と思っていたら、Mは帰り際にビンに詰めてくれました。
f0181488_9395137.jpg

f0181488_9404066.jpg


ピクルスなんて、ちょっとつまむものなのに、美味しいので・・・既に尽きました。
でも英語だけどレシピを教えてもらっているので、是非チャレンジしようと思います★
うまくできたら、訳してご紹介しますねーーー!!

そして、一緒にイースターエッグ探しをしたDから帰りがけにこれをもらいました。
f0181488_9465966.jpg

f0181488_9472147.jpgf0181488_9474450.jpg

1本のリボンからできているのですが(2本かな?)
切ったりせずに、細かな折り目をつけて作っていく気の遠くなるような作業。
黙々と作業しているDを「何をしているんだろう??」と興味津々で私がずっと見ていたので、
プレゼントしてくれました。
またまた胸キュンです。
あ、ねだってませんよ。欲しいとは思っていたけど。笑

本当にこの箱はすごい!!これを本も見ずに作ってるD君は素晴らしい~☆

と、こんな感じの私の短かったけど、思い出いっぱいのウルルン・Jパパママ家・滞在記。
仲の良いファミリーで、みーんな優しくて、誰の話も興味深くて。
みんなみんなに大感謝でした。

f0181488_1033437.jpg


私たちが帰った日に見られた素敵な夕日。
PACさんからお写真を頂戴いたしました。見たかったぁぁぁ・・・。

さて、次回は、今回書ききれなかった世界遺産にもなっている公園も訪れたので、そちらを☆

英語学習文は、追って・・・。ははは。
[PR]
by yukinkoro_sf | 2009-04-23 08:31 | TRAVEL
Cちゃんファミリーとナパのワイナリー巡り。
まずは、お約束の
■Robert Mondavi Winery
f0181488_1264898.jpg



私たちも昨年の1月に初めてSFに来た時にここのワイナリーにやって来ました。
それ以来初再訪。
ティスティングルームは、かなり混んでいて、相変わらずの人気ぶり。
そんな中、何とか場所を確保しテイスティング。一人$20なり。やっぱり高いなぁ。
でも、気に入ったものをひとつ購入♪
f0181488_1285578.jpg


2007 Robert Mondavi Winery Unoaked Chardonnay $30.00

Cちゃんファミリーもこちらが気に入ったようで、ご購入していました。

さて、ワイナリーなんですが、SFを出たのがお昼頃だったのでこの日は2つのみです。
でも、お次がスペシャルなワイナリーなのです~♪

■Schramsberg
f0181488_1218391.jpgf0181488_12181953.jpg
f0181488_12183395.jpgf0181488_12185627.jpg


Cちゃんホストマザーの弟さんのワイナリーなんです。
ツアーを予約しておいてくれ、特別に私たちだけでツアーをしてくれました。
ワイナリーツアー、実は初めてなんです。
いつもテイスティングだけだったから、とーってもワクワク(≧∇≦)

このワイナリーの歴史を学びつつ、
(ナパで2番目に古いワイナリーらしいです。私のヒアリングが正しければ・・・。)

オーナーさんが直々にサーヴしてくました。
スパークリングワインで乾杯♪
f0181488_12214736.jpg


ここはスパークリングワイン専門なんです。
そして、ここはカリフォルニアで初めてBlanc de Blancs(ブランドブラン)、Blanc de Noirs(ブランドノワール)を造ったワイナリーなんですって!

そして、ワイナリーの中へ。
f0181488_1224481.jpg


真っ暗ひんやり。

ほ・・・埃?こんな中にスパークリングワインが眠っているの・・・!?
f0181488_1225179.jpgf0181488_12252962.jpg

と、失礼なことを想像してしまいましたが、これは埃でなく植物。
この植物を壁一面に貼り、余計な湿気を吸い取らせているとのこと。

これを手に取ったCちゃん弟。何をするかと思えば、そしてそれをお母さんの顔にベタッ!!
おおっ∑(゚ω゚ノ)ノ
美しいママさんに何てことをっ・・・。

でも、そこがまたCちゃんママ。ケラケラ笑っていました。ママ強し。

そして、大きな樽。クマが彫られていました。
f0181488_12305483.jpgf0181488_1231996.jpg

かわいいですよね。
今は3つ保存されていますが、元は5つあったそうです。
昔、ベリンジャーさん(ここも有名なワイナリーです。ナパで3番目に古いワイナリーとのこと。私のヒアリングが正しければ・・・。)にトランプゲームで負けて、ベリンジャーさんに2つあげてしまったのですって。
なので、ベリンジャーにも、このクマ樽があるはず!!

そして、祭壇のような場所。
f0181488_12345479.jpg


ここで、ろうそくをいっぱいともして、みんなで乾杯していただいたのは・・・

リザーブスパークリングワイン。
わざわざ冷えたのを取りに戻ってくれたオーナー。
そして、その間、夫くんはキャンドルボーイとしてろうそくに丁寧に火をともしていました。
ぶぶっ、小学生みたいで、かわいい( ̄▽ ̄)
f0181488_12344566.jpg


スパークリングワインの味の判別が苦手なんですが、それでもやはり若干異なる喉越し。
まぁ、両方美味しかったんですけどね♪
(そして、皆飲みきれなかったものを私に渡してくる。夫くん、ママさん、Cちゃん・・・。
のん兵衛、お役に立てて幸せです。)

あぁ、この上なく幸せな時間でした。生きてきて良かった(TωT)

アルコール発酵は樽で行って、その後、瓶内で2次発酵が行われ、イースト菌との接触をさせるそうです。
細かな泡を作り出すため、少しずつ瓶を回転させているそうです。確か3年間位瓶の中で熟成?させるのだと思います・・・。←自信なし。
(あぁ、私のヒアリング・・・そろそろしっかりして欲しいー・・・)
f0181488_12361559.jpg


何千本ものボトルを一人でまわしていくんですって。腱鞘炎になっちゃう。
高いお金を出しても惜しくない!と心底思いました。笑

初めてのツアーでしたが、私よりも夫くんが興味津々。
いっぱい質問もしてて、かなり楽しげでした。
・・・いつもは、私のテイスティングを横で見ているだけだったので、まぁ、当たり前か。
これからは、ツアーにも時々参加したいなと思いました。

f0181488_1239692.jpgf0181488_12392223.jpg

で、こちらで購入したのは、
f0181488_1244870.jpgf0181488_12442218.jpg


ツアー最初の乾杯でいただいた
Blanc de Blancs $36.00

を私たちは、購入したのですが、
なんと・・・Cちゃんママから・・・ワイナリーの最後で乾杯したスパークリングワイン
Reserve

をいただいてしまいました。
さすがの私たちでも、それはもらえませんっ!!!!!!!
と遠慮したのですが、またここでもCちゃんママがイキな人で
「若い人が遠慮なんかしないのっ!!」
(夫くん「いや、実は、それが、それほど、もう若くないんです・・・。」と小声でボソッ。)

あぁ、再び生きてて良かった・・・。

片手にワインボトル、片手にグラスのカエル。
f0181488_12503480.jpg



君も幸せそうだな。

で、1日目のワイナリーツアーは終了。
翌日は・・・。
翌日も午前中にスパをしたりしていたので、ワイナリーは1軒だけ。

Chateau Montelena Winery
f0181488_1333670.jpgf0181488_1334757.jpg

カリストーガの北にあるシャトーモンテリーナワイナリー。
シャルドネが有名なんです。
1976年にパリでシャルドネの比較ティスティングが行われた時に
(9種のブルゴーニュを代表するワインとカリフォルニアシャルドネの比較)、
1973年のシャトーモンテリーナシャルドネが1位に輝いたそうです。
今は、カヴェルネソーヴィニョンも最上級の評価を得ているとのこと。期待♪

実は、私は「お城のような」というガイドブックの掲載文が気になってセレクトしたのですが、お城のようでは別にありませんでした。笑
それよりも、中国ちっくなお庭とかがあってそっちが気になってしまった。笑
f0181488_134156.jpgf0181488_1342997.jpg
f0181488_1345755.jpgf0181488_1351167.jpg

カメとかカモとか白鳥とか。
この白鳥は、女性が近づくと逃げるのですが、男性には寄ってきました。不思議。
カモは、一目散に逃げる直前の写真。驚かせてごめんねぇ~!
動物がいっぱいのワイナリーです。

f0181488_1374318.jpgf0181488_138222.jpg


こちらで購入いたしましたのは、
2007 Potter Valley Riesling $22.00

Chardonnayが欲しかったのですが、テイスティングになくて断念。
2005 Montelena Estate Cabernet Sauvignonも美味しかったのだけど、高すぎて断念。

こんな感じのワイナリー巡り。
今回はワインよりも、Cちゃんファミリーとの旅行が何よりの思い出☆

そして、ママさんから
いくらの醤油漬けと鮭の味噌漬けまでいただいてしまった。
f0181488_13153499.jpgf0181488_1315461.jpg
f0181488_13162100.jpg


いくら、美味しかった!!!!
鮭もお茶漬けにして、絶妙っ!!!

最後に。
f0181488_13181346.jpg


Cちゃんホストファミリー宅屋上から。
Cちゃんたちをお家まで送ったついでにお邪魔させていただき、そこでもSchramsbergスパークリングで乾杯♪
ホストファミリーも素敵な人たちで、私たちにもとても優しくしてくれました。

そして、何よりCちゃんファミリー♪♪
日本でまたいつか会えるのが楽しみになりました。

最初はLAにいて、LAが辛くてSFに来たCちゃん。
LAにいた時には早く日本に帰りたかったけど、SFに来たら、まだここに居たい!と強く思ったと言っていました。SFで出会った人たちが、みんな素敵な人ばかりだったのと。
私もそれは同感。
(でも、こう話すと英語学校の先生は「あなたたち日本人はイノセントなのよ、そんなに簡単に人を信じちゃダメよ。」と言われる・・・。)

今頃はCちゃん、何をしているのかなぁ~?(*^-^*)
[PR]
by yukinkoro_sf | 2009-04-06 13:24 | TRAVEL
ナパを少し北上したところにあるCalistoga(カリストーガ)は温泉保養地なのですが、
この間、お友達ファミリーと一緒に1泊2日の旅行に行ってきました♪

仲良くしてくれていたCちゃんの日本帰国が決まり、最後にCちゃんママと弟さんがSFに遊びに来ることに。
「ママさんがナパに行ってみたいのだけど、車がないからな・・・」とCちゃん。
えー、そんな車ぐらい私が出すよ~!と。
(正確には、「夫くんが。」ですが。ほほほ。)
ということで、夫くんも交えて5人でワイナリー&スパ旅行に。

当初、日帰りの予定だったのですが、Cちゃんホストマザーが
「ナパに行くなら、私たちのスパに泊まればいいわよ!お友達も一緒に泊まりなさいな!」と素敵な提案をしてくれ、ただ車を出すだけの予定だった私たちですが・・・
お言葉に甘えさせていただき、カリストーガで1泊させていただくことに(≧∇≦)

泊まらせていただいたのは、「INDIAN SPRINGS
f0181488_5305524.jpg

f0181488_5311271.jpg


f0181488_5314029.jpgf0181488_5315252.jpg
f0181488_532462.jpg


f0181488_545798.jpg


大きなプールなんですが、温度は日本の温泉とほぼ変わらず。
なので、顔をつけて泳ぐことはできないと思います。
でも、温泉大好き私たち夫婦は、その温度がこの上なく幸せでした。
夫くんも、ビーバーのようにビート版をいっぱい集めて巣を作り、プカプカ浮いて、この上ない極楽気分を味わっていました。
(その写真が面白すぎるのだけど、掲載禁止命令が出たので断念。ちっ。)
源泉がかなり高温で、お水を混ぜているのですが、カリストーガはお水の産地でも有名。
サンフランシスコでもカリストーガのお水が売られています。
ということで、お水が混ざっても、お肌に良いこと間違いなし!
鉱物やカルシウム、塩化ナトリウムが豊富に含まれていて、お肌をなめらかにしてくれるそうですよ。

そして、ここで有名なのは、なんといってもマッドスパ(泥スパ)!!
もちろん体験してきました。

シャワーを浴びてから、この泥の中に数十分。
f0181488_5393588.jpg


ゼラチンのようなゼリーの中にいるみたい。希望でお顔にも泥を乗っけてくれます。
(もちろん希望。毛穴よ、小さくなぁれ!!!)
慢性冷え性の私。足先がじわゎゎーんと温かくなって、腰も温まり極楽気分でした♪
あ、プールは水着着用ですが、このスパは男女別で素っ裸で入ります。

その後、シャワーを浴びて、湯船に数十分。おそらくこれも源泉。
f0181488_5395360.jpg



しかし、待てども待てども「もういいよ!」の合図がなく。
のぼせそうになったので、自らあがり、その後スチームサウナに。

その後、10分ほどキュウリパックをしてもらいつつ、寝ながら休憩。
で、トータル1時間位かな?
私たちは朝イチの午前9時からスパをしたのですが、この泥は毎日交換をしているんですって。衛生的です。
で、朝イチの人が一番風呂?らしい。ヤッター!!

と。
Cちゃん弟くんは、マッドスパで貧血になり倒れたそうです。
湯船の下の方は結構な熱さらしい。私は全然沈まなかったのだけど、弟くんは沈んでいってしまい、相当熱くて我慢してたみたい。ふふふ。
裸の付き合いをしたからか(介抱したからか?)、夫くんとCちゃんの弟くんは一回り位年齢が離れているのだけど、結構仲良くなっていました。微笑ましい。

ホテルのお部屋写真も。
f0181488_5474829.jpg


アメニティはロクシタンでした。贅沢☆

そして、この敷地内で、野生のうさぎ、シカにも遭遇。
うさぎは小さすぎて写真が取れなかったのですが、シカ親子の写真を。
f0181488_549155.jpg

f0181488_5493353.jpg



カリストーガ、すごーいっ!!
サンフランシスコ、本当に良いとこです!!

さて、最後にご飯情報を。
ホストマザーにオススメいただいたレストランで、ディナー、そして翌日のランチをいただきました。
SOLAGE
f0181488_5554239.jpgf0181488_5555462.jpg

かなり素敵な雰囲気のレストランでした。
f0181488_5563760.jpgf0181488_5565775.jpg
f0181488_5571153.jpgf0181488_5572260.jpg

が、暗くてよくわからない・・・。すみませんー・・・。
Cちゃんファミリーはとても仲良しで羨ましくなるくらいでした。
ママさんはステージで歌を歌ってらっしゃっる本格的な歌手でとってもフレンドリー。
(そうそう!Cちゃんの声もかわいいな、と思っていたけど、ママさんの普通に話す声も、とっても透明感のある、居心地の良い声。あぁ、素敵な声を持っている人って羨ましい・・・。)
そして弟くんはお医者様のたまご。
と聞くと、ちょっとドキドキしちゃう感じですが、みんな本当にフレンドリーで、素敵なファミリーに囲まれて、私たちも本当に楽しい時間を過ごさせてもらいました☆

ランチは、リコッタパンケーキを。
f0181488_662836.jpg


ブルーベリーソースで。
リコッタパンケーキと言えばBill's。あれは美味しかったなぁ・・・。

と、のんびり過ごせるカリストーガ。
皆さんもナパを訪れて、もし時間が許せば・・・、是非とも1泊してみてください。
サンフランシスコの街中で過ごす時間とはまた全然違った時間を過ごせると思います。

次回は、ワイナリー巡りを~♪
[PR]
by yukinkoro_sf | 2009-04-05 06:08 | TRAVEL
「スキーに連れてって!」と長いこと言い続け、ようやく行ってきました。
Lake Tahoe(レイクタホ)にあるHeavenlyと呼ばれるスキーリゾート。

といっても、夫くんが連れて行ってくれたわけではなく、お友達と大勢で行ってきました☆
近くではサンノゼ、サンマテオ、サンフランシスコ市内、そしてはるばるシカゴからも集まりました。

現地集合で、金曜の夜に各自出発したのですが、我が夫くん、仕事で家に帰ってきたのは午後10時過ぎ。
それでも午後11時に出発し、到着は夜中の午前2時半・・・。
と、しょっぱなから波乱がありそうな雰囲気でしたが週末は快晴でコンディションはバッチリ♪
f0181488_6273529.jpg

f0181488_6275142.jpg


目の前に湖が。はぁぁ~素敵。

私は2日間、思いっきり楽しませていただきました。
いつもはスノボーをするのですが、ここ1~2年の腰痛が気になり、腰に負担の少ないスキーに。
長い板ではなく、ショートスキーをセレクト!

姉友のM兄さん、K兄さんに数年前まで毎年のようにスキーに連れて行ってもらったので、久しぶりのスキーはそれはそれは楽しかったですヾ( ̄∇ ̄=ノ
あー、また行きたいーーー!!!
雪質も北海道とまではいかなくても、かなり良かったと思います。
とても混んでいると聞いていたのですが、アメリカの混雑は日本のような混雑ではなく、
日本人には全~然、気にならないです。空いているじゃん?と思ってしまったくらいでした。

カリフォルニアは、ウインターシーズンも遊びがいっぱい。
一度はおいでよ、カリフォルニア~!!!

と、こんな元気な書き出しですが、実は一緒に行ったほとんどの人が風邪や転倒で体調を崩し、
2日目には4人しか滑りませんでした。
(なお、そのうちの2人は我が夫婦。ははは。)
仕事が忙しい中、強行で行っているので、仕方がないかな・・・。
・・・みんなもう治ったかしら??

夕ご飯も、このスキー旅行の隊長が体調最悪で(ってダジャレみたい。笑)隊長は解熱剤を飲んで部屋で休憩。
TO GOでブイヤベースを持って帰りました。可哀相な隊長。いつかリベンジですね・・・。
そんな隊長が予約してくれていたのは「Blue Water」というレイクタホ湖畔に浮かぶ素敵なレストラン。
f0181488_6421751.jpg

f0181488_6422997.jpg


スキーに来て、こんな素敵なレストランは贅沢この上なく。

お料理も素敵でした。
f0181488_6454296.jpg




日本のスキーシーズンもそろそろ終盤ですね。
皆さんは今シーズンは行かれましたか?


最後に。
電線にかかった雪を除去している人をパチリ。
f0181488_650536.jpg



こわい・・・。
[PR]
by yukinkoro_sf | 2009-03-12 06:49 | TRAVEL
翌日は、ソノマのルシアンリバーのワイナリー巡りをしました。

最初に向かったのは

MARTINELLI WINERY

マルティネッリは真っ赤な建物がとても印象的でした。
1887年創業というから、かなりの老舗です。
f0181488_12204975.jpg


f0181488_12215332.jpg


こちらは、果実の供給も行っていて、そのひとつにPATZ&HALLもあるよとテイスティングの方が言われていました。わーぃ、大好きなワイナリーのひとつ!葡萄の質がよいのでしょうね。期待大!!
テイスティングは丁寧に6種類位いただきました。

ピン!と来たものが、とても値段が高く、うーん・・・と購入を悩んでいると、
「テイスティングをした中にはないけど、これはお手ごろ価格で味が気に入ったものに似ているよ。」と教えてもらい、今回はそちらを購入。

こちら。
f0181488_12221456.jpg


■Woolsey Road Chardonnay 2006 $36.00

です。
ここのワイナリーのワインは、どれも高かったなぁ・・・。


GARY FARRELL WINERY

ここはルシアンリバーで有名なロキオリ、リムリック・レーン、ディヴィス・ヴァイナムのワイナリーで活躍していたゲアリー・ファレル氏が創設したワイナリー。そういう関係もあり、上記ワイナリーから上質な葡萄を入手できているそうです。
f0181488_12525840.jpgf0181488_12531635.jpg

f0181488_12534980.jpgf0181488_1254947.jpg

f0181488_12564356.jpg


テイスティングルームは高台にあり、雨さえ降っていなければ、とても美しい景色がみれただろうに・・・残念。
$15程度かかりましたが、テイスティングはRESERVEワインをいただくことに。
どれも美味しかった~。
赤は比較ができるようにと3種一緒に出してくれました。
f0181488_12594429.jpg


味、香りがそれぞれ違うのがわかって、いや~悩んでしまう。私はPinot Noirを一番に決定。
香り的には2番手だったのだけど、テイスティングを担当してくれたおばあちゃんが
「一番はやっぱり味だからね!」と。

こちらを購入。
f0181488_134122.jpg


■2006 Chardonnay - Russian River Valley - Rochioli-Allen Vineyards $45.00
■2006 Pinot Noir - Russian River Valley / Hallberg Vineyard $50.00

っと、ちょっと高ついてしまいました。
これは、我が家では特別なときにいただくことにします!

さて、本日のこの2件、実はバークレーにMBAで留学に来ている中国人のグループの方とほぼ一緒になってまわっていました。
その中の一人が「今MBAで来ている日本人がワインに対してすっごいクレイジーでさぁ!」と。
ここSFに来た日本人はワインにはまる人が多いのかも。笑

そして、その人いわく「次はROCHIOLIだね。あそこはとてもとても有名だよ。」と。
ふぅむ、次を決めかねていたけど、そんな風に言うなら一度くらい行ってみようかな。
GARY FARRELLで購入したワインの葡萄もロキオリの畑だったしな(-∀-。)←すぐ流される人・・・。


ということで、

ROCHIOLI VINEYARD&WINERY

f0181488_13202749.jpgf0181488_13204374.jpg

f0181488_13211581.jpg



何だか殺風景なテイスティングルーム?と思ってはいけません。
ここのワインはメーリングリスト登録者しか手にできないようなワインを作っているのです。すごーい!
私達が行ったときも、既にChardonnayは売り切れ。「来年まで待ってね。」と言われました。
昨年の秋には、日本人もたくさんChardonnayを購入して行ったそうですよーー。
なので、テイスティングは、ピノとソーヴィニオンブランの2種のみ。

なお、ロキオリでは自社畑のおよそ1/3をレンタルとして貸し出しているんですって。
葡萄が美味しい証拠だね。

ワインとは全然関係ありませんが、テイスティングルームに飾ってあったソノマのアーティストの作品。
f0181488_13263195.jpg


定期的に作品は入れ替えるそうですが、ソノマのアーティストのもの、と決めているんですって。
そして今回はガラスアート。その中で一番気に入ったものをパチリ☆
するとテイスティングのおじさん
「僕もそれが一番好きなんだ~!」だって。

素敵でしょ?我が家にひとつぐらいハイセンスなものがあってもいいかも。
なおお値段$400なり。
・・・芸術ですもの・・・値段を気にしてちゃいけないか・・・。でも断念。

そんなふうに過ごしていると、一人のおじいさんがテイスティングルームの廊下を歩いていった。
「あの人がロキオリオーナーだよ!」と。
へぇぇ!!ちゃんとオーナーとなった今も作業着でテイスティングルームとかに出入りしているんだー、と
葡萄、ワインへの愛着心?を勝手に感じてしまいました。
ここのChardonnay、来年は是非飲んでみたいっ!!

ということで、今回購入したものはこちら。
f0181488_13295889.jpg


■2007 Estate Pinot Noir $48.00

これも特別な時にいただきたいと思います!
あぁ、SFに住んでて良かった。(TωT)嬉し涙。


そして、ラストに向かいましたのは、
Mill Creek Vineyard

夫くんに「次で今日は最後だからね!」と言われ、えぇぇっ!?もう??とアセアセで入ったワイナリーでしたが、結果的には本日2番目に気に入ったワイナリーでした。
(1番はGARY FARRELLでした。)
かわいいコテージ風のテイスティングルーム。
f0181488_13453416.jpg


f0181488_1346469.jpgf0181488_13461824.jpg


と、感じたことを書こうと思ったのだけど、既にほぼ記憶がなくなっている・・・。
けど、購入したのは自分好みで間違いないはず。その時は相当悩んだことは覚えているから。
そして、テイスティングのおじさんとも仲良く話した記憶はある。あれれれれ??
何も覚えていないぃ・・・・。

ま、仕方ない。涙
購入したのはこちら。
f0181488_1351268.jpg


■2006 Chardonnay, Estate Reserve $28.00
■1999 Sonoma County Cabernet Sauvignon $33.00

改めていただくのが楽しみです( ̄∀ ̄)

以上、ルシアンリバー巡りも終わり、メンドシーノ旅行記も終了☆
ふぅ。
ブログにお付き合いくださった方、どうもありがとうございました!!
[PR]
by yukinkoro_sf | 2009-02-28 14:01 | TRAVEL
さて、メンドシーノワイナリー記です。
今回は、1日目にメンドシーノ(アンダーソンヴァレー)、2日目にソノマ(ルシアンリバー)をまわりました。
メンドシーノでは5つ。
朝9時ごろに出発して、5つのワイナリーをまわり、メンドシーノの町を見て、と大忙し。
ホテルに入ったのは夜10時だったから、SFから行くにはやっぱり宿泊が必要かなぁ。
もっとのんびりまわれたら、メンドシーノの人たちや自然とも触れ合えて、もっと印象に残るところだと思います。

ではひとつ目のワイナリーを。
MAPLE CREEK WINERY
f0181488_511187.jpgf0181488_512281.jpg
f0181488_513819.jpg


素敵な風景いっぱいの山道に面してあるのがこのMAPLE CREEK。
山小屋コテージみたいでかわいいところでした。ここのオーナーはTomさんとLindaさんという方なのですが、このワイナリーを設立する前は、Tomさんはワインラベルの絵を描いたりするアーティスト、Lindaさんはインテリアデザイナーだったのですって。なので、ワインラベルはどれも温かみのある、素敵なものばかり。
テイスティングは$5ですが、どれだけでもいただけます。10種程度あったのではないでしょうか。
そして購入すればテイスティング料はナシになりますよ。

また、現在、不景気のアメリカ。
MAPLE CREEKでは、3本購入すると4本目は無料になる景気刺激策実施中!!!
購入いたしましたのはこちら。
f0181488_515355.jpgf0181488_5232.jpg

■2005 Artevino Reserve Chardonnay $36.00
■2007 Estate Symphony $22.00←これが無料に。
■2005 Artevino Pinot Noir $36.00
■2006 Artevino Late Harvest Zinfandel $35.00

を。
Chardonnay好きの私は、4本目が無料になるならこちらを2本購入したいところでしたが、
フルーティーなワインが好きな夫くんはEstate Symphonyの軽めな味がおきに召したようなので、4本目はこちらを。
無料になるなら高いものを!と思ってしまう私・・・。

お次は、
Zina Hyde Cunningham Winery

MAPLE CREEKでテイスティングのお兄さんがススめてくれたワイナリーです。
だけどあまりワインは印象に残っていないのですが、夫くんはこちらがお気に召したようです。
(でも、夫くんはワインはほぼ飲んでいないし・・・、テイスティングのお姉さんがかわいかったからだろうか?)
f0181488_526192.jpgf0181488_5263323.jpg

外に飾られていた車。
f0181488_527210.jpg



と言いつつも購入。
家でじっくり味わうとまた味も変わってくるというものだからね!
↑購入のためのこじつけじゃあないですよ。ホントだってヾ(・_・;)

f0181488_5282247.jpg


■2006 Mendocino County Chardonnay $24.00
■2004 Redwood Valley ‘Old Vine’ Zinfandel $30.00

Chardonnayは2007年もいただきましたが、2006年が断然美味しかった。
さっぱり、すっきりなChardonnay。でもフルーティーでなく夫くんと私の好みのちょうど中間位。
そして、ChardonnayよりもこのZinfandelが美味しく感じた、私にしては珍しい傾向。


NAVARRO

ここは「アンダーソンヴァレーのパイオニア」と呼ばれるワイナリー。
メンドシーノは冷涼な気候で「寒すぎてもぶどうは育たない」と思われていたアンダーソンヴァレーに1973年に初めて「ヴェツルトラミネール種」というぶどうを栽培したのが、ここNAVARROのオーナー夫妻なのですって。

f0181488_5473593.jpgf0181488_547464.jpg

f0181488_5482810.jpgf0181488_5483870.jpg


キレイに整備された畑・庭園なんだけど、嫌味な派手さはなく、ほっとする感じ。
f0181488_549618.jpg



こちらでも無料で15~20種程度のワインの中から好きなだけテイスティングさせてくれるので、
自分に合ったワインを選ぶことができますよ。
で、その中で私達が購入したのはこちら。
f0181488_554983.jpg


■2005 Chardonnay Première Reserve Anderson Valley, Mendocino $25.00
■2007 Gewüztraminer Estate Bottled, Dry Anderson Valley, Mendocino $19.00
■2006 Gewürztraminer Late Harvest Anderson Valley, Mendocino $29.00

です。最後のアイスワインは、夫くんのご両親へのお土産に。気に入ってくれるといいな。

さて、ここで偶然知り合った日本人の方。
ワインの輸入・販売をしている方で、ワイナリーをまわって、今後輸入するワインの吟味をされていました。
なーんと羨ましいお仕事♪←あ、ワイン好きの私には羨ましいのです・・・。

そして、偶然にもその方の出身が私の父親の故郷と一緒と言うから、驚き!
アメリカのこんな小さな町の、いちワイナリーで、なじみのある日本の超小さな町名を聞くなんて!
ということで、名刺をいただきまして、
将来の私の再就職先となることができるでしょうか!!  ̄∇ ̄)ノ 世の中そんな甘くない!?

でも、昔々、私、赤のスパークリングワインを購入しようと思って、検索している時にこちらの会社のサイトをのぞいたことあるんだよね。
銀座にも展示ルームがあるようだし、是非とも父に教えてあげなければ。


Greenwoods Ridge Vineyard

NAVARROのお隣にあるワイナリー。ここもMAPLE CREEKのお兄さんがススめてくれたので行ってきました。
f0181488_61599.jpgf0181488_615186.jpg

f0181488_6154892.jpg



購入したのはこちら。
f0181488_619162.jpg


■2007 Sauvignon Blanc Meyer Vineyard, Boonville, Anderson Valley $18.00
■2006 Late Harvest White Riesling Mendocino Ridge, Estate Bottled $30.00
ここのデザートワインはとても美味しかったです!!
デザートワインの記憶しかない・・・。

ここも確かテイスティングは無料だったかな。
テイスティングのお兄さんはここもフレンドリー。夫くんと話が弾んでいました。
私は飲み係ですので、舌でワインとお話してきました。

そして最後は
Roederer Estate

f0181488_6303325.jpgf0181488_6305043.jpg

f0181488_6313517.jpgf0181488_6314648.jpg


ロレデールエステイトは、スパークリングワイン専門のワイナリーです。
本家本元はフランスのシャンパーニュ地方とのこと。
ホワイトハウスの晩餐会でも出されているスパークリングワインなんですって。でもそういうものは、製造工程が完全なる手作業で行われているらしく・・・、全くの別物と考えた方が良さそうですね~。
f0181488_636034.jpg


でも美味しいものは美味しい(≧∇≦)

こちらではテイスティング料($6。でも購入すると$3になる。)を払います。
で購入したものはこちら。
f0181488_64044100.jpg


■Anderson Valley Extra Dry $24.00
■2007  Chardonnay  $19.00
■2006  Pinot Noir  $24.00

3本以上購入すると5%引きになるから、テイスティング料はあってないようなものでした。
スパークリング専門と聞いていたのですが、スパークリング以外もあるので、ご興味のある方はいかがでしょう?

ってな感じのメンドシーノの(に行く途中にあった)ワイナリー。

ナパやソノマと比較したら、ワイナリーの数は少ないと言えど、それでも1日、2日、1週間では全然まわりきれない数があり、あぁ、興味はつきない・・・。
今回は、特にアンダーソンヴァレーをまわったので、今度はもっと内陸部のメンドシーノ、レッドウッドヴァレーに行ってみたいな♪

次回はソノマのルシアンリバー巡りです。
雨男の夫くん。案の定、雨を降らせてくれました・・・。
[PR]
by yukinkoro_sf | 2009-02-28 07:05 | TRAVEL
日本のガイドブックには載っていない町「MENDOCINO」(メンドシーノ)。
サンフランシスコから約3~4時間北上したところにある、とーっても小さな町です。
f0181488_2322959.jpg



夫くんが職場の方にススめられ、この間ちょっと小旅行に行ってきました。
以前のSONOMA日記のように2ヶ月も経過してしまわない前にっ!!

上記の赤い線が今回の道です。
行きは海岸線でなく、ワイナリーに寄りながら山道を。
f0181488_236213.jpgf0181488_2361861.jpg

途中、野生のシカを2回、5匹見ることができました。
最初は川で水を飲む2匹、2回目は道路にヒョコッと顔を出したシカちゃん。
車から降りてみると、親子3匹で華麗に川を渡って去っていきました。
(「道路に近寄っちゃダメだよー!」と一応声をかけておきました・・・。 ヾ(・_・;))

その他、牛、羊と動物たちがたくさん。
山道ぐるぐるでしたが、のどかでとっても素敵な景色がたくさんありましたよ。
(あ、ワイナリー巡りは次回にっ♪)

そして、メンドシーノの町は、これまた今まで訪れた町の中で一番小さいのではないかと思うほどこじんまり。
f0181488_2451138.jpgf0181488_2452659.jpg

ビジターセンターにあったメンドシーノの町の模型。小さい町でしょ?
でも、ホテルもあり(それも良い値段。笑)、ハイセンスな雑貨のお店が並びます。
(ワイナリーのおばちゃんいわく「かわいいけど、あそこはモノが高いのよね~。」)

そして、街中でよく目にした井戸のようなもの。
f0181488_2475693.jpgf0181488_248750.jpg

ランチでいただいたお水がとても美味しかったので、ここのお水は井戸水なのかもしれません。

と思ったら、こちらのサイト
eX-WINE」さんのメンドシーノ紹介欄に「井戸水を使用している」とありました!やっぱりー♪

そうそう。ランチは、「MENDOCINO HOTEL」(メンドシーノ・ホテル)でいただきました。
外観はパステルカラーでかわいい感じなのですが、一歩中に入ってみると重厚感ある雰囲気。
f0181488_2545541.jpgf0181488_255513.jpg

f0181488_2553956.jpgf0181488_2555196.jpg

ハンバーガーも美味しいです。
私はランチセットのようなスープ付サンドイッチをいただきましたが、クラムチャウダーも良い塩加減で上品なお味でしたよ!
ワインは、Ferrari-Carano Chardonnay 2006年を。
大きなグラスにたっぷり目に。気前が良いなぁ☆
f0181488_2571237.jpgf0181488_2572398.jpg

※ワインに花が浮かんでいるわけではありません。念のため。笑

私がカメラを持っていたら写真を撮ってくれたりと、温かいサービスを感じました。
f0181488_345289.jpg



さて、帰りは海岸線を!
晴れていたらキレイなのでしょうが・・・太平洋岸を。ちょっとおどろおどろしい?
f0181488_372285.jpgf0181488_373646.jpg

でもカモメにパンくずをやっている人もいたり。
f0181488_392624.jpg



日が沈む頃には、ピンク色の空も見れたので、まぁ良しとしましょう☆
f0181488_3123460.jpg

f0181488_3124543.jpg



そして、真っ暗になってから到着したのは、Healdsburgにある「HOTEL Healdsburg」。
こちらにある「Dry Creeck Kitchen」を夫くんが予約してくれていました。
とてもモダンなホテルにあるこのレストラン。Charlie Palmer氏というアメリカのスターシェフ!(日本でいう鉄人か?)がカリフォルニアで出したレストラン第1号店がここなんですって!
f0181488_3275116.jpg


f0181488_3281743.jpgf0181488_3283131.jpg


お魚の一口前菜と、
地元産サラダを2人でシェア。これは一人分です。
f0181488_3355125.jpgf0181488_336239.jpg

サラダと言えど、とってもオシャレに出てきてびっくり。

夫くんはお肉ではなく、珍しくお魚。私はバタースクワッシュのラビオリを。
f0181488_337466.jpgf0181488_3375980.jpg

とっても美味しく完食。
夫くんはお腹いっぱいと言っていましたが、私はまだ物足りなさを感じるくらい。
私の胃袋の拡大化、結構危険かも・・・。

さて、デザートは、6種のアイスで。
f0181488_3462530.jpg


さすがに私もこれでお腹が満たされました。

おおっと!ディナーでいただいたワインはこちら。
f0181488_3471950.jpg


さすがにメンドシーノと違って、お上品な量で出てきました( ̄∇ ̄;)
(グラスが大きいので、日本と比較したら1.5倍の量だとは思いますが。「慣れ」ってこわいわぁ~。)
ちなみにお料金もグラス1杯で$17。(ワインリストを見ないでおまかせにしてしまったのです。)
夫くんと「次からは、面倒くさがらずにちゃんと自分たちで選ぼう・・・」と反省いたしました。
がっ!!
これがまた美味しかったのです。
Robert Young」のChardonnayをいただいたのですが、次回のワイナリー巡りには是非訪れたいところ★
ということで、1日目はこれにて終了。

この日はSanta Rosaの「HYATT VINEYARD CREEK」で宿泊。
日帰りもできないこともないのですが、それでは、あまりにドライバー(夫くん)が辛いというもの。ぷぷぷ。
f0181488_322582.jpgf0181488_3221479.jpg

翌日のRUSSIAN RIVER巡りに備えて、早々に就寝。
「もし仕事が入ったら、翌朝早々にSFに戻らねばならない」と言われ、
仕事が滞ることを祈って寝ました。←どうしようもないパートナー。笑
そして祈りは通じ、無事RUSSIAN RIVERもまわれ、2日間ワインづくしとなりました。エヘヘ。

次回は、ワイナリー巡りを。
たくさん購入してしまった・・・。
[PR]
by yukinkoro_sf | 2009-02-28 03:59 | TRAVEL