SF生活日記。


by yukinkoro_sf
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

タグ:RESTAURANT ( 65 ) タグの人気記事

サンフランシスコのレストランの中で「行ってみたいBEST3」に入っていた「GREENS」。
先日のホワイトデーに夫くんに連れて行ってもらいました。
f0181488_6403360.jpg



事前にshinaさんブログを夫くんに見せて、「肉食の人も満足できるって!!」と説得。
見事、OKの返事をもらいました♪
わくわく。

当日は残念ながら雨でしたが、食事をし始めたら我が夫婦には奇跡的に!!雨が上がりました。
f0181488_6425417.jpgf0181488_643523.jpg

ゴールデンゲートブリッジが見える場所にあるのです。
夫くんの秘書さんからも
「景色がとてもいいので、是非行ってみてね!」とオススメいただいていたレストランでした。
さて、料理はというと、もちろん全てべジタリアン料理です。
お肉を使わない料理ですが、チーズ等の乳製品は使っています。

アメリカに来てから、動物保護団体の過激なCMや、オレンジページの表紙裏の日本ハムの広告のかわいい子豚さんを見てから、
(日本ハムは「大事に”おいしく”育てた豚を使ったハムですよ」ということを伝えたいのでしょうが、私には微妙に逆効果で、肉を見ると罪悪感を感じるようになり始めています・・・。涙)
ベジタリアン料理に興味を持ち始めていたので、私にはもってこいのレストランなのでした。

さて、前菜に、夫くんはスープ、私はおそらくポテトのケーキを。
f0181488_6493653.jpgf0181488_6494863.jpg

このポテトのケーキは問題なく美味しかったです。
ですが、肉食の夫くんは、肉を使用していないというだけで「美味しい」というのがなんだか悔しそう。

メインは、夫くんがカレー、私は大きなマッシュポテトにお肉ではなく何かを詰め込んだ(既に忘れてしまった・・・)お料理を。
f0181488_6524124.jpgf0181488_652537.jpg

やっぱりお野菜が美味しく感じました。
お腹に満足感を与えるポテト料理も、他のお店よりもかなり美味しく調理しているように思います。

が、やはり「お肉」という名のものを愛する夫くんは「美味しい」とは言わず。
(はい。だいぶ、ガンコ者なんです。)

デザートは、「バニラアイスクリームONLY」と「バニラアイスクリーム&アップルクランチ」。
f0181488_6565983.jpgf0181488_657149.jpg

「バニラアイスクリーム&アップルクランチを2人でシェアしよう!」と提案したら
「僕がアイスで、ユキがアップルクランチでいい?」とわけのわからないことを言い始めたので、
2つオーダー。ベジタリアン料理でとうとうキレたか!?

f0181488_6583965.jpg


店内は天井は倉庫のような感じですが、陽もいっぱい入り、人気なのがよくわかるお店でした。
私は安心して何でも食べれるので、かなりお気に入り。
ですが・・・。
ガンコな肉食の人とは行かない方が良いかも・・・ ( ノω-、) ううっ・・・。

今度はお友達と行きたいと思います。



「食育」という言葉がありますが、食がどういう経路を辿って食卓に上がるかということも学んで、
食材に対する感謝の心も学ぶ必要があるのだろうな、と思います。
私は、スーパーで切り身になったお肉を、いざ、まな板の上に置いて、自分の手で触ったりしているので余計に感じてしまうのかもしれませんが・・・、夫くんは「出来上がった料理」しか見ません(料理の過程は「見たくない」らしいです。たぶん触れないのだと思います・・・。)。
男子、厨房に入らず!はいかん!!
いつかの機会に、是非我が夫くんにも手にとって実感していただきたいと思いました。

ちなみに、この間、英語学校の授業の中で
サンクスギビングにターキーを多くのアメリカ人が購入するけれども、どうやってターキーを殺しているか知っているか?という新聞記事が教材で出ました。
ターキーの足をまとめて縛って、オートマティックのカッターで一気にカットしていくそうです・・・。
そんな残酷な方法なのに、まだ購入するつもりですか?という問いかけ文でした。

先生は
「みなさんは、お肉が食卓に上がったときに、お肉に対して何か特別な感情を持ちますか?」
と。
ある韓国人の女の子は(特にこの子は大学の専攻が「食」でした)
「ありがたくいただくという気持ちを忘れてはいけない。」と。
うん、納得。日本人もだから毎食「いただきます。」って言うもんね。

に、対し、多くのみんなは「別に何も。」と。
そして、逆に「牛はどうやって殺しているの?」と質問。
先生から
「アメリカでは、窒息させているんだよ。」と・・・。

その時点で、だんまりしていた私に、「ユキはどう思う?」と質問が。

・・・・・。

「肉を食べないでも生きていける動物は、みなベジタリアンになれればいいのにと思います。」と回答。

みんなに笑われてしまったけれど、いや、本当に毎日食べなくても、
時々、そう、必要最小限でいいと思うーー。

でも、この間、ベジタリアンの人が、
「牛を見たら「おいしそう」、本当はそう思うのが普通なのよ、私のように考える人は普通じゃない。」と言っていました。

うん。その意見も納得。
しばらくは毎食、葛藤が続きそうです。

レストラン入り口に飾られていたお花。
f0181488_733382.jpg


ちょっと日本風。
[PR]
by yukinkoro_sf | 2009-03-27 07:26 | RESTAURANT
先日、大学母校の野球部がアメリカ遠征にやってきており、サンフランシスコで歓迎会を行いました!
私もその歓迎会に誘っていただき(初めての大学同窓の会に参加。かなり緊張・・・。)、夫くんとともに参加。
場所は、リッチモンド地区にある「Panda Country Kitchen

f0181488_6172161.jpg



まず、食事は美味しかったのですが、本格的四川料理で、超辛かったです。
(ですが、本場四川料理を味わったことのある方からは「こんなもんじゃない!」とのこと。)
f0181488_6142394.jpgf0181488_6144016.jpg


学生のみなさんが平らげたお肉料理。これは辛くないです。
f0181488_6151772.jpg



これ以外にも、たーっぷりと中華料理をいただき、食べ盛り、なおかつ体育会という大食漢な若者が集まったのに、食べきれずに、お土産に持ち帰ったほどです。

さて☆
話を聞くと、彼らは、最初にアリゾナに入り、プロの練習を目の当たりにし、その後、アメリカの大学との練習試合をこなしながら、ロサンゼルス、サンフランシスコと北上してきたそうです。
ロサンゼルスでは、約40人の学生中、13人が食中毒&インフルエンザに感染し病院に搬送、
アメリカの大学との練習試合というよりも、「自分との戦いでした・・・」とのこと。

・・・大変だったようです・・・。

でも、みんな礼儀正しく、スーツをきちんと着こなし、応答も素晴らしく、
私が学生の時には、こんなに大人に振舞えていたかな??と思ってしまいました( ̄∇ ̄;)

そして、何よりもここサンフランシスコに住むOB、OGの皆さんが、
こうやって温かいもてなしを企画する心に、なんだか胸を打たれました。
素敵な皆さんです。

後日、練習試合の際のランチにも、ビーフカレーを大量に作って、学生の皆さんに差し上げたとのこと。
私もいつかこうやって後輩のお世話がちゃんとできるようなOGになりたい・・・。

と、何はともあれ、若いみんなの、野球に打ち込む情熱などを聞いたり、校歌を一緒に歌ったりして、
若いエネルギーを大吸収♪
だいぶ、堕落し始めていた私の生活でしたが、新たな息吹をいただきました。

もう春ですものね。
私も心機一転、精一杯毎日を暮らしていこうと思います☆
[PR]
by yukinkoro_sf | 2009-03-27 06:35 | RESTAURANT
「ココナッツ味のこっくり甘辛い、バターチキンソースのカレーが食べたいっ!!」
との欲求を満たすため、Fillmore St.にある「DOSA」に行って来ました。
f0181488_142515.jpgf0181488_142189.jpg


かなり前から気になりつつも、今回初来店。
やっぱり店内はインド人が多い。

そして、この洗練された空間。
ちなみに、トイレも日本並みに美しかったです。
f0181488_144228.jpg



上記カレーを、これまた美味しいナンで食べたいっ!!
という欲求もあったのですが、残念ながらかなえられませんでした。
というのは、ナンがなかったのです。エーン。

スープorサラダがついて、ちょっと小さめのカレーで$12というランチセットを発見。
これでいただきましたが、量も十分。
普通サイズで頼んでいたら、ちょっと多すぎたかも。

スープも好きなものを選べます。
夫くんは味噌汁好きなので、MISO SOUPという文字に騙され、味噌味スープを。
私は、ココナッツ味が好きなんだけど・・・とつぶやいたら、お店のお兄さんが「なら、これ!」とススメてくれたので、そのスープを。これがかなりヒット!!!
f0181488_148323.jpgf0181488_1481911.jpg

夫くんの味噌味スープ、味噌だけどかなり辛くて、それでいて酸っぱい。笑
正直、失敗でした( ̄∇ ̄;)
私のスープは、下手に大きなチキンとか入っていてもイヤだなぁと思っていたのですが、
そんなことはなく、カリフラワーとかの優しいお野菜、でも、きちんとコクのあるまろやかなココナッツカレースープ。
これがカレーで出てきても全然OKだわー♪と、次のカレーがとても気になる。ワクワク。


そしてお待ちかね。出てきたカレーはこちら。
これが夫くんのカレー。
f0181488_1411436.jpg



これが私のカレー。
f0181488_1412784.jpg



夫くんのは、ナンでなく薄いクレープのような感じ。中にはカレー味のマッシュポテトのようなものが入っていました。
私のは同じ原料らしいのですが、もっと厚く、多目の油で焼いた感じで、まさしくチヂミ味!!

これを辛いカレーソースでいただきました。
マイルドなココナッツバターチキンカレーを想像していた私には、ちょっと辛すぎ。くすん。
夫くんが注文したカレーは、私の上をいく、さらに辛いカレーソース。

初めての味・・・。
私の食べたいカレーはいずこに??
[PR]
by yukinkoro_sf | 2009-03-19 14:20 | RESTAURANT
この間、学校の先生やお友達と一緒にサンフランシスコのミッション地区16th通り沿いにあるスペイン料理レストラン「PICARO TAPAS」に行ってきました。

実はミッション地区に夫くん以外と行くのは初めて!
bartという地下鉄を使って、みんなでディナーに☆わくわく。

f0181488_121969.jpg


f0181488_1243147.jpg



スペイン料理レストランだけど、私達がいたのは午後7時~9時頃。
案の定、スペイン人は誰一人いませんでした。
というのは、スペイン人は夜行性(?)で、夜がとても強いんですって。
なのでディナータイムも午後10時をまわってから食べるのが普通との事。まぁ、ホントぉ!?

大勢で色々注文して食べましょう!ということで、タパスと呼ばれる前菜のような小皿をいっぱい注文。

パンは、ガーリックマヨのようなものでいただきました。スペインだけど、オリーブオイルじゃないのかぁ。
地方によって違うのかしら??
f0181488_1264076.jpgf0181488_126545.jpg

そして、一番のお気に入りは、このポテト。ガーリックマヨがなんとも言えない大好きなお味。

そして、スパニッシュオムレツ。
f0181488_1272611.jpg


卵というよりも、ポテトの味が勝ってホックリ。これもとてもとても私好み。

チキンのトマト煮にパエリア。
f0181488_1274392.jpgf0181488_127594.jpg

パエリア、おいしー(≧∇≦)

他にもいっぱい注文しましたが、何せこの日は、デンマーク、スイス、フランス、ドイツ、韓国、日本人が集まった席なので、写真を撮っていると、会話に置いていかれてしまいます。笑

どれも日本人好みの味で大満足。
何よりも、大勢でワイワイといただけたのが一番っ!!

最後にはデザートもちゃんといただきまして、ごちそうさまでしたっ♪
それで、tipも入れて、一人$18でした。安い!
(あ、ちなみにみんなお酒はナシです。先生もいるし、21歳未満の子もいたのでね。)

ミッション地区は夜は危険だよ、と言われていたのですが、このレストランのあたりはメインの通りなのかお店もつらなり、危険な感じは全くしませんでした。
・・・と、こういう気の緩みがいけないのかな?

でも、またお友達と食べに来ようっ!!
そして、この一緒に行った先生は、昔も、そして多分今も「ヒッピー」なんです。
とても明るく、面白い、ちょっと変な先生だけど、私はとても気になる、好きな先生の一人なのです。ふふふ。
学校も結構楽しんでます。
[PR]
by yukinkoro_sf | 2009-03-19 12:01 | RESTAURANT
「スキーに連れてって!」と長いこと言い続け、ようやく行ってきました。
Lake Tahoe(レイクタホ)にあるHeavenlyと呼ばれるスキーリゾート。

といっても、夫くんが連れて行ってくれたわけではなく、お友達と大勢で行ってきました☆
近くではサンノゼ、サンマテオ、サンフランシスコ市内、そしてはるばるシカゴからも集まりました。

現地集合で、金曜の夜に各自出発したのですが、我が夫くん、仕事で家に帰ってきたのは午後10時過ぎ。
それでも午後11時に出発し、到着は夜中の午前2時半・・・。
と、しょっぱなから波乱がありそうな雰囲気でしたが週末は快晴でコンディションはバッチリ♪
f0181488_6273529.jpg

f0181488_6275142.jpg


目の前に湖が。はぁぁ~素敵。

私は2日間、思いっきり楽しませていただきました。
いつもはスノボーをするのですが、ここ1~2年の腰痛が気になり、腰に負担の少ないスキーに。
長い板ではなく、ショートスキーをセレクト!

姉友のM兄さん、K兄さんに数年前まで毎年のようにスキーに連れて行ってもらったので、久しぶりのスキーはそれはそれは楽しかったですヾ( ̄∇ ̄=ノ
あー、また行きたいーーー!!!
雪質も北海道とまではいかなくても、かなり良かったと思います。
とても混んでいると聞いていたのですが、アメリカの混雑は日本のような混雑ではなく、
日本人には全~然、気にならないです。空いているじゃん?と思ってしまったくらいでした。

カリフォルニアは、ウインターシーズンも遊びがいっぱい。
一度はおいでよ、カリフォルニア~!!!

と、こんな元気な書き出しですが、実は一緒に行ったほとんどの人が風邪や転倒で体調を崩し、
2日目には4人しか滑りませんでした。
(なお、そのうちの2人は我が夫婦。ははは。)
仕事が忙しい中、強行で行っているので、仕方がないかな・・・。
・・・みんなもう治ったかしら??

夕ご飯も、このスキー旅行の隊長が体調最悪で(ってダジャレみたい。笑)隊長は解熱剤を飲んで部屋で休憩。
TO GOでブイヤベースを持って帰りました。可哀相な隊長。いつかリベンジですね・・・。
そんな隊長が予約してくれていたのは「Blue Water」というレイクタホ湖畔に浮かぶ素敵なレストラン。
f0181488_6421751.jpg

f0181488_6422997.jpg


スキーに来て、こんな素敵なレストランは贅沢この上なく。

お料理も素敵でした。
f0181488_6454296.jpg




日本のスキーシーズンもそろそろ終盤ですね。
皆さんは今シーズンは行かれましたか?


最後に。
電線にかかった雪を除去している人をパチリ。
f0181488_650536.jpg



こわい・・・。
[PR]
by yukinkoro_sf | 2009-03-12 06:49 | TRAVEL
英語学校の中国人・台湾人の友達に連れられてランチへ。
38番MUNIに乗って、GEARY&7th辺りで降りて、トコトコと5分。

この辺りは、ゴールデンゲートパークの北側にあたり、Richmondという地区で「第2のチャイナタウン」と呼ばれています。
サンフランシスコでよく言われる、ユニオンスクエア、ノブヒルあたりにあるチャイナタウンはいわゆる観光客向けで、こちらのRichmondのチャイナタウンはローカル向けなんだそう。
だからお値段もローカルな生活向けで安く感じます。
(あまりチャイナタウンに足を踏み入れないため、よくわかりません。( ̄ー ̄;) )

「金陵焼臘」(な、なんて読むんだ!?)
f0181488_2134385.jpgf0181488_2135594.jpg
ご飯か麺を選び、あと2品おかずを選べるというシステム。
私は、焼きそばとエビの野菜炒めと魚のフライ。
甘辛いたれに漬けこんだお肉とかいっぱいありましたが、無難なセレクト。

f0181488_2142876.jpg

これで、$5以下。ボリュームたっぷりです。

ちなみに、台湾料理と聞いていたのだけど・・・。
「これ台湾料理?」と台湾のお友達に聞いたら、
小さな声で「私は違うと思うの。多分これは香港あたりの料理になるのだと思うわ。」とのこと。

ブラジル、ドイツ人の子も一緒に行きましたが、こういう料理は自国でもポピュラーに食べられているらしい。

なお、平らげたのは男の子だけで、女の子はみな半分はTO GOしていました。
私も半分は夕ご飯に。
あ、ということはランチ&ディナーあわせて$5以下で済むということだ。
すっごい経済的!!

お腹いっぱいになると、どうしても眠くなってしまい昼寝をしてしまう(決して我慢しない)ダラけた性質の私。
この日も家に帰って、スヤスヤ夜までお昼寝。
お友達とのランチは週2回までにするか・・・。
[PR]
by yukinkoro_sf | 2009-02-09 02:35 | RESTAURANT
ここサンフランシスコに住んでいる人で、知らない人はいないと思われる、バークレーにある「Chez Panisse」。
そのシェ・パニーズで長年修行をしたジュディ・ロジャースさんとギルバード・ピルグラムさんがサンフランシスコ市内にOPENさせたお店「Zuni Cafe」。
1979年にOPENということなので、もうだいぶ老舗なレストラン。メニューは、ファーマーズマーケットでその日に仕入れた素材で決まるそう。
一度行ってみたいな~と思っていて、とうとうランチで行けることに☆

実は、昨年、夜の英会話学校で知り合った日本人の男性のMさん。
奥様と一緒に来られていて、「4人でご飯でも!」という話になり、12月に「Chez Panisse」でご一緒するはずだったのですが・・・急な出来事があり延期に。
(ちなみに、その日に私たちはガソリンを盗まれました・・・(TωT))

そして、今回、ようやくご一緒できることになり、選んだお店がこちら「Zuni Cafe」だったのです。
f0181488_15232364.jpg



私とMさんは、英会話学校で面識があったのですが、夫くんは2人とも初めて。
私も奥様とお会いするのは初めて。
「初めまして~!」で始まったランチでしたが、とっても明るい奥様と優しい物腰のご主人様で、
最初から、なんだか「ほっ」な感じ。

みんなでシェアして、色々いただくことに。
シーザーサラダに、お魚料理(既に名前を忘れた・・・)
f0181488_15234717.jpgf0181488_1524379.jpg


ピザに、ローストチキン。
f0181488_15242113.jpgf0181488_15243251.jpg


奥様、「ここに来てから、初めてこんなに美味しいお料理をいただきました!」ととっても喜んでくださいました。
(って、私が作ったわけではないのに、何だか嬉しい。笑)
確かに、シーザーサラダも、とってもシンプルなのに、お野菜が美味しいのかどれだけでもパリパリ食べれちゃいそうだし(野菜嫌いの夫くんが「シーザーサラダが一番美味しかった!」と最後感想を残したくらい!)
お魚もしっとり、そして付け合せの小麦なのかしら?こちらも美味しく、
ピザもシンプルピザだけど、生地も噛むと甘く、リコッタチーズがまた美味しいし、
チキンも柔らかジューシーで、一緒に入っているパンにチキンのジュースがしみ込んで、これまたパンまで美味。

デザートには、チョコレートケーキ。
f0181488_16145662.jpg

小麦粉を使っていないそう。ホロッとしたチョコレートケーキで、これまた甘さ控えめ。
日本人でも大好きな味でした。

夫くんに言わせれば
「シェ・パニーズより美味しかったんじゃない?」と。

えー、本当に!?
でも、確かにとっても美味しかったです。

きっと、ご一緒してくださったMさんご夫婦が、とても気さくに優しくしてくださったからに違いない。お食事を美味しいと感じるかどうかは、一緒に食べる人、仲間でも全然違ってくるものね!

・・・って、前回のシェ・パニーズは、私じゃ役不足だったってことだろうか・・・。

やっと結婚1周年を迎えた私たちですが、Mさんご夫婦「私たち、結婚17年目なんですよ!」と。
それなのに、奥さんは旦那様に対してとってもかわいいし(この、「旦那様に対して」というのがとても重要だと思う。)、旦那さまも奥さまに普段から優しくしているのがとても伝わってくる。
すごーい・すごーーい・すごーーーいっ!!!

そんな素敵なランチだったので、やっぱり美味しいワインが飲みたーい!
と、おススメされたワインを2杯いただいちゃいました。
そう!ひとつ残念だったのが、Mさんご夫婦、お酒があまり飲めないということでしょうか。
(って、残念なのは、私だけ・・・。ははは。)

でも、Mさん、私に付き合ってくださったのか、グラスでワインをオーダー。
そして、真っ赤になってました。(o^^o)
(お別れしてから、奥様から「主人は、その後、2時間、寝てましたよ。笑」とご連絡をいただきました・・・。えーん、すみません。涙)
f0181488_15245130.jpg


ガラス張りで開放感も抜群で、店内も素敵でした☆
また行きたいなぁ♪
[PR]
by yukinkoro_sf | 2009-01-25 16:07 | RESTAURANT
冬のヨセミテ国立公園に行ってきました。
(前日の熱も下がり、夫くん無事運転できました。)
到着日は曇り空&雨でしたが、翌日は快晴。天候的には、まぁまぁだったのではないでしょうか。

さて、今回は、贅沢に「The Ahwahnee」(アワニー)に泊まらせてもらいます。姉夫婦もSFに来て、初めてのホテルです。
このアワニーホテル、1927年の開業というから、もう80年以上も経っています。
すごい古いホテルで、歴代の大統領や各国の王族、著名人が滞在してきたそうです。
確かに、ケネディ大統領やエリザベス女王が滞在したときの写真が本として部屋に置いてありました。国の文化財にも指定されているというから、心して泊まらねば。

じゃあ、ホテル編とヨセミテ編に分けようかな。
ヨセミテ編は長くなる気がするので、ホテル編から。アワニーホテルがどんな感じかご紹介です♪

【ホテル編】
このアワニーホテル、ヨセミテバレーと言われるヨセミテ国立公園内にあり、見所であるハーフドームやヨセミテ滝が眺められるところに立地。
f0181488_7491377.jpg

周りは断崖絶壁の岩が。夏には、この岩を登るロッククライマーも見れますよ。

ホテルの中はというと、こちらがロビー。
f0181488_7514925.jpgf0181488_752327.jpg
天井がとても高いです。出入りが自由なので、夕方頃までは人がいっぱいいますが、夜や早朝ともなれば静かになります。
また、各自ワインボトルを持ち込んで乾杯している人も多数。
こうるさくないホテルで、アメリカ人には過ごしやすそうです♪(´∀`)

大きな暖炉も。
f0181488_884811.jpg

松ぼっくりも、ヨセミテ産だろうなー。
そうそう、このホテル、花崗岩、マツ、モミなど、全部ヨセミテで調達できる材料で造られているんですって。
MADE IN YOSEMITE。
こだわりのホテル・・・アメリカ人が泊まりたがるのもうなずけます。

これはエレベーター。古いけど良い感じでしょ。
f0181488_7544138.jpg



そして、お待ちかねお部屋です。
f0181488_7561687.jpgf0181488_7585699.jpg
す・・・すみません、写真を撮る前に、早速夫くんが寝てしまいました・・・。
こういうベットが2つあります。夫くんいわく「ベットが柔らかすぎず、寝やすい!」とのこと。
古いホテルだからか、ベットは小さめかしら?f0181488_7593668.jpg
お風呂場は、今のホテルにはない感じのかわいらしさ。

ちなみに、部屋代$400です。これは2人の値段で、私たち4人で泊まったら$500になりました。(←$100は、タオル代ですか!?)
でも、ベットが小さいから、やっぱり2人で泊まったほうがいいかもです。
だけど、夕ご飯後に部屋に戻ると、ソファーをエキストラベットにしてくれていました。
f0181488_861162.jpg

気が利く~☆ちなみにこのベットで私が寝ました。私、エライっ!

そうそう、エレベータ前にはこんなかわいい氷箱が。
f0181488_87407.jpgf0181488_875937.jpg


レストランですが、男性:ジャケット、女性:ワインピース等着用の高級レストランがあります。
・・・が、BARもあるので、ここで簡単に食べることも可能です。
当然、私たちもこちらのBARでいただきました。笑
f0181488_812450.jpgf0181488_8121786.jpg
f0181488_8124738.jpg

ピアノマンもいるよ~!ディズニーの名曲やオペラ座の怪人を弾いてくれて、親近感UP☆
あ、でもこのBAR、スープ以外は冷たいものですので・・・あしからず。

夜はBARでいただきましたが、朝は、その高級レストランでブッフェをやっているというので、そちらでいただくことに。
f0181488_8162484.jpg

天井、高っ!
お値段も夜と比べれば、お手頃ですよー!

以上、アワニーホテルでした。
f0181488_8173376.jpg

f0181488_8174374.jpg



部屋からのハーフドーム。窓がちょっと曇ってしまっているけれど。
f0181488_8175924.jpg

朝起きて一番最初に見る景色。素敵♪

※部屋によって、景色は異なります。私たちは今回とてもラッキーで、ハーフドームが一番良く見える側に泊まれました。午後12時頃にホテルについてチェックインできるかどうか聞いたときに「割り当てられている部屋がまだ掃除が済んでいないから、他の部屋に変更すればチェックイン可能だけど、景色がとても良い部屋だから、午後4時まで待つことをススめるけど、どうする?」と聞かれたそうです。もちろん4時まで待ちました☆
「きっと、この景色が眺めれる部屋には2度と泊まれない気がする・・・」と夫くん。
うむ・・・、今回は、きっと姉夫婦がはるばる日本から来てくれたから、神様がラッキーくじを引かせてくれたんだろうね。


【ヨセミテ編】
トンネルビューからの眺め。
f0181488_8324336.jpg


ちなみに前日は雲がかかってこんな感じ。
f0181488_8335663.jpg



ヨセミテ滝。
f0181488_836172.jpgf0181488_8363792.jpg
10月末に来たときにはまったく水がなかったのに!!
前日の雨も手伝って、水量も増えたかな?
春のベストシーズンの滝は一体どんななのだろう?と期待がふくらんでしまうっ☆
滝の真下まで行くことが出来ますが、真下からだと下側の滝しか見えず。
ちょっと離れると、上の滝もあわせ、2段で滝が見えます。

ブライダルベール滝。
f0181488_8401026.jpg

みんなが雪山スニーカーで来ているというのに、Cityスニーカーの私たち。
ツルツル滑る雪道をがんばって行きました。誰も転んだりしなくて良かった・・・。
ヨセミテ滝を男性的なダイナミックさと表現し、このブライダルベール滝は一条の滝が女性的な美しさを持っていると表現するそう。名前も、花嫁のベールを想像させることから、この名前がつけられたらしいです。

エルキャピタン。
f0181488_8435939.jpg

世界最大の一枚岩。
これを登ろうとするロッククライマーたち・・・尊敬。


キツネにも出会いました。
f0181488_845667.jpg



リスにも。
f0181488_8452934.jpg



あ、行ってしまった・・・。
f0181488_8455015.jpg




今回、せっかくなので、SNOW SHOEというウォーキングツアーに参加しました。
場所はヨセミテスキー場!
f0181488_8525685.jpg



こんなカンジキのようなものを履いて、ひたすら歩く2時間コース。
f0181488_8532582.jpgf0181488_8534168.jpg
周りと比較して、心細い私たちのスニーカー。足先、感覚ないし。

でも、こんな素敵な景色の中を歩くので、それほど苦痛は感じませんでした。
(人それぞれでしょうけど・・・。夫くんは、日頃の運動不足でゼイゼイ、ハアハア、一人後方を必死に歩いてました・・・。)
f0181488_8545228.jpgf0181488_855720.jpg
f0181488_8553012.jpg



最後には、山々を眺められる高台に。
f0181488_858119.jpg

ハーフドームが見えるらしいのだけど、どれだぁ??

途中途中でガイドのおじさんが、「何故冬になるのか」「冬の間、動物たちは何をしているのか」といったお話をしてくれます。これがちょうど良い感じに休憩になって良い☆
f0181488_8591324.jpg



坂道では、ガイドのおじさんの一言で、かけっこ競争。
f0181488_904674.jpg

みんな大人なのに、真面目に取り組んで、ダッシュ!
(←意外にも、夫くん早かった。笑)
転ぶと危険ですから!かんじき履いているしぃ!!

そして、このおじさん、ただ者ではなかった( ̄⊥ ̄ノ)ノ
「冬眠しない動物」の話を始めると、胸ポケットからネズミを取り出した!
(←本物の剥製です。)
f0181488_943474.jpg

尻尾つかんでる・・・。

みんなが若干ひいていると、さらに、一回り大きい動物を取り出してきた!!
f0181488_96193.jpg

リスのようなモルモットのような・・・。名前を忘れてしまったけど、既に名前なんてみんなどうでもよくなっている。

その後も、モグラと白い動物が登場。


f0181488_915749.jpg

おじさん、動物たちを置くための幅広つば付ハットだったのか・・・。


気がついたら、幼い子供とともに最前列で話を聞いていた私。
おじさんのラブリーさに、我を忘れてしまいました。


なかなか楽しいツアーでした。
ちなみにこのツアー、カンジキ代、一人$5だけかかりますが、無料です。


とこんな感じで終わった(おじさんで終わり!?)ヨセミテ旅行。
冬のヨセミテは、雪化粧が素敵で、雪で消音効果もあって比較的静かで、
アメリカ人やSFの人たちが「ヨセミテは冬が良い!」というのも納得でした。


そして、SFに帰り、最後の晩餐は「B44」というスペイン料理のお店。
f0181488_9221731.jpgf0181488_9223272.jpg
f0181488_9224848.jpgf0181488_923371.jpg
既に時間は午後9時をまわり、ローカルなお店で終了しました。

翌朝、帰国。日本に着いたら、早速翌日からお仕事が待っている2人。
お疲れ様でした♪♪
今度はNYかシドニーだね。その時も是非ともご一緒させてくださいなっ!


こうして私のお正月休みも終了。
来週からは、英語学校も再開。がんばらねば。
[PR]
by yukinkoro_sf | 2009-01-11 08:26 | FAMILY
カリフォルニアディズニーランドから帰ってきたと同時に(本当に同時に!)
姉夫婦がサンフランシスコ上陸っ!

我が夫婦、温かく出迎えさせていただきました。
ということで、姉夫婦のサンフランシスコ10日間の旅をまとめてみますね!

■第1日目
到着当日は土曜日だったので、早速フェリービルディングで行われているファーマーズマーケットに。
f0181488_6483752.jpgf0181488_6485076.jpg

約10時間の飛行後に歩かされる姉夫婦。そして、案内と言いつつ自分の買い物をする私。
BARIANIのGREENラベルのオリーブオイルと白トリュフのオリーブオイルを購入いたしました。
トリュフの香り大好きなんです♪

そして、ランチには、アメリカならではのハンバーガーで満たしてもらいました。
フェリービルディングに入っている「TAYLOR'S」に。
ガーリックオイルたっぷりの揚げたてポテトが美味しかったっ♪
(って、自分の感想・・・)

その後、ようやく我が家へ到着。
午後、元気だったら車で観光をしようと思っていましたが、姉夫婦、夫くん、ともに元気でなかったので、やはり昼寝タイムに。歳ねぇ~、皆さんっ!!

そして、わたくし、夕方5時にみんなを起こし、ディナーへ。
本日のディナーは、今が旬のダンジネスクラブ!!ダンジネスクラブといえば、「Crustacean」(クラステイシャン)です。
夫くんも大喜びのディナー☆
f0181488_7444.jpgf0181488_741819.jpg
f0181488_761225.jpg


ワインで乾杯っ!
お兄さんことSちんは、こちらのカニがサンフランシスコの食事の中で一番美味しくて印象に残ったらしい。
確かに、日本と違ったカニの味わい方、たっぷりのガーリックオイル味はパンチが効いているもんね~。

キレイに平らげまして、その後、向かいましたのは、ツインピークス。
f0181488_711726.jpg

サンフランシスコの夜景を見てもらいました。
実は、私たち夫婦も夜にツインピークスに行くのは初めて。
人がいなかったら寂しいなぁ・・・怖いなぁ・・・と思っていましたが、そんな心配は無用。
人で溢れていました。さすがホリディシーズン。

こんな第1日目。結構のんびりなスタートを切りました。
(ここが学生旅行とは異なるところか!?)


■第2日目
NAPAへと向かいました。
Pacさんに教えてもらったゴールデンゲートブリッジを渡ったSONOMA方面の道からNAPAへ突入。
最初に訪れたのは・・・、
<Domaine Carneros>
スパークリングワインと赤ワインのテイステイング、そしてチーズをオーダー。
f0181488_7252245.jpg


4人で飲み比べ。いつも一人で飲んでいるから、みんなでこーだあーだと言い合えてちょっと楽しい。大勢で来るとたのしーな♪

お家には、NYのプラザホテルで出されているロゼのスパークリングワインを購入。
Domaine Carneros TAITTINGER
f0181488_7444923.jpg


こんなに高級感のあるワイナリーは初めて。お城のようでした。
f0181488_726933.jpg

ディズニー帰りらしく、ミッキー顔。気がつきました?

その後、途中でPATZ&HALLによって、お願いしていたワインを引き取りに。
f0181488_7471316.jpg


以前、ブルバードで飲んだときに美味しかった
2005 PATZ&HALL HYDE VINEYARD
まずは3本だけ。2004年や違う年のも是非試してみたい!

次に訪れたのは、
<V.SATTUI>
「るるぶ」にも「地球の歩き方」にも掲載されている有名どころ。でも、ここに来なければ買えないワインなのです。
せっかくなら日本で買えるものよりも・・・と思ったのと、姉好みの甘いワインがあるのでセレクトしてみました。
f0181488_759490.jpgf0181488_8082.jpg
黒猫ちゃんがいました。
そうそう、この間ソノマに行ったときに「ワイナリーの犬」を特集した本が売られていて、ついつい購入。今そういうのが流行っているのか、こんなラベルのワインが売られていました。
f0181488_832482.jpg

とても心ひかれる・・・。

ここでもテイスティング($5)。リザーヴワインだと$10。
私的には、リザーヴでしょ!と思っていたところ、みんなから「普通のテイスティングでいいよ」との声。
えーーなんでーー?

で、ここで購入いたしましたのは
f0181488_861856.jpg

MUSCATの超甘口ワイン。
甘口購入、珍しいでしょ?デザートワインとして飲めそうな位甘いですが、美味しかったのですよ~!

で、次に向かいましたのは、
<FRANK FAMILY>
f0181488_8104348.jpgf0181488_8112316.jpg
このワイナリー、先日、ソノマのフェアモント内のレストラン「サンテ」で、ウエイターの人から「バタリーなワインだったら、フランクファミリーがおススメだね。」と教えてもらい、是非とも来てみたかったワイナリーでした。
なおかつ、建造物も歴史的な感じも漂っていそうだったので(本で見た限りは)セレクト。
実際は、テイスティングルームしか寄らなかったので、よくわかりませんでしたが。笑
テイスティングは、白ワインとシャンパンで、無料です。

ちなみに、購入したのはバタリーな白ワインでなくシャンパン。
テイスティングした白ワインはどれもさっぱりキリリだったので・・・。
f0181488_8173722.jpg



その後「お腹が空いたぁ!」という男性陣(主に、夫くん・・・)のお腹を満たすべくランチに。
「Hurley's」
f0181488_8253386.jpg

f0181488_8262355.jpgf0181488_827016.jpg
f0181488_8275971.jpgf0181488_8283899.jpg

案の上、ブションはいっぱいだったので、そのお隣(だったかなぁ?)のこちら。
とても美味しくいただけました。
(が、女子トイレが壊れていて、外のショップまでトイレに立たなければならないという超不便な目に合いましたが。)

そして、姉夫婦、ワイナリーはどんな感じか理解できたのでもう十分、ということで、お次はアウトレット!!
Vacaville Premium Outletsに行きました。
そこで、Sちん、バーバリーの安さに驚き!
旅行の最後に「何が印象に残った?」の質問に
「バーバリー」と答えました。ぷぷぷっ。

ちなみに、私もここで、ル・クルーゼの大皿と小さなふた付小皿を2つ、40%OFFで購入。
本当は大きなお鍋が欲しかったのだけど・・・。お鍋は40%OFFでなく、それほど安く感じなかったのですもの・・・。

1~2時間、お買い物を楽しんでもらって、NAPAに戻り、ディナータイム♪
NAPAにある「REDD」というレストランを予約していました。
実は、12月25日が姉の誕生日。ちょっと素敵なレストランを用意させていただきましたっ!
特別な日なので、TASTING MENUをセレクト。$75で5種いただきました。
(4人で行ったら、ペア同士で異なるメニューを出してくれました。)
f0181488_843542.jpgf0181488_8432887.jpg
写真が汚くて&少なくてごめんなさい。そして、店内が暗くて、フラッシュたいたらこんなんなりました・・・。
日本風な味付け、中華風な味付けと、創意工夫が見られるお店。かなり美味しかったです。
出される一皿の量は結構少なめなのですが、最後にはとてもお腹いっぱいになりました。
(そりゃあ、5皿も食べれば・・・。)
最後に、姉のお誕生日デザートプレートもありましたよ♪
(そして、このプレートも写真は暗かったので省略・・・。)
f0181488_844489.jpgf0181488_8443676.jpg
初めてNAPAでレストランに入ったこの日、私が大満足してしまったヾ( ̄∇ ̄=ノ
(今現在、正月明けの金欠・節制生活のため、余計に懐かしい。はぁぁ・・・。)
姉夫婦はどうだったのかなーーー?


■第3日目
日本と違い、年末年始のお休みがないアメリカ。
夫くんはお仕事へと出かけたため、私と姉夫婦の3人でお出かけ。
とーこーろーがー。
時差ぼけで早朝から目覚めていた姉Rちん。8時過ぎから睡魔に襲われたらしく二度寝。
可哀相だからと寝かせておいたものの、放っておくと午後まで寝そうな感じだったので、心を鬼にしてたたき起こし、お出かけ。
まずは、徒歩でてくてく、フィッシャーマンズワーフまでお散歩。
既にランチタイムだったので、お約束のBOUDINでサワーブレッドに入ったクラムチャウダーで腹ごしらえ。
しかしながら、サワーブレッドの味がお気に召さなかったらしい。
(まぁ、私も好きじゃないからσ( ̄∇ ̄;)・・・←じゃあ、最初から連れて行かなければいいという話もある。)

その後、ダウンタウンに出、BARTに乗って、バークレーまで。
これは姉Rちんのご希望で、カリフォルニア大学バークレー校の見学。
f0181488_93595.jpg

のどかで、北海道大学みたいな感じ。広いから自転車が欲しくなります。
アカデミックな空気を感じ、自分もこのままではいけないと思ったか思わなかったかは置いときまして、
我が家のたくぞーにカリフォルニア大学ロゴ入りのお洋服を購入。
バカちんなのに、大学ロゴ入り。ぷぷぷ。
着た写真を是非、送付お待ちしております>Rちん

その後、SFに戻りまして、ブルーミー等デパートをまわってお買い物。
はて?何か購入したっけな??
この日は、出発が遅かったので、あっという間に夕方に。
ディナーはFillmore St.にある「Delfina」の絶品ピザ屋に。
しかーし、さすが日本からの姉夫婦。美味しいピザは食べ慣れているらしい。ちえっ。
そうだよね、日本は美味しい国だということを忘れていたよ。
そうそう、ちなみにこの日、このDelfinaで仕事帰りの夫くんと待ち合わせをしていましたが、
デモ隊に巻き込まれた可哀相な夫くん。残念ながら時間内にたどり着くことが出来ず。
一人でディナーとなりました。笑

そして、ディナー後、私と姉夫婦の3人は、今宵のメインイベント「Yoshi's」にJAZZを聞きに。
年末のシーズンだからか、ラテンなJAZZ。
午後8時の早い時間にもかかわらず、踊りまくる人々に圧倒されて帰ってきた日本人3名・・・。

長い1日でした。


■第4日目
この日は、姉夫婦2人での自由行動。
お買い物やケーブルカーを楽しんだようです。

私はと言うと、今晩、Pacさん夫婦をディナー(というべきものか、ただの焼肉です。笑)にご招待していたので、掃除をしたり、買い物に行ったり。
でも、ランチは夫くん含め4人で「Boulevard」(ブルバード)で食べました。
実は、アルカトラズ島がこの年末年始、激混みで予約が取れず・・・残念ながら行くことが出来なかったのです。
予約をお願いされていたにもかかわらず、取れなかったので、ちょっと申し訳なさが夫くんにあったのでしょう。ブルバードを代わりに予約してくれました。
f0181488_9225148.jpgf0181488_9231457.jpg
前菜は2皿を4人でシェア。

f0181488_9241139.jpgf0181488_9244294.jpg
f0181488_9254326.jpgf0181488_92663.jpg
前回とは違って、ベイブリッジ、路面電車が見える素敵な席でした☆

そして、その後、姉夫婦は再び観光に。
私はせこせこと家で働き、夜は6人で楽しく焼肉パーティとなりました~~♪♪
(この日に初めて「お家ご飯」だったのねー。)


■第5日目
この日は、なーんとなんとの大晦日!
だけど、そんな感じは全然なく、午前中はユニオン、チェスナッツストリートを散策。
ランチには、前日、Pacさんたちに教えてもらったフェリービルディング内の「Hog Island Oyster Company」にクラムチャウダーを♪
f0181488_933219.jpg

見てください!このクラムぎっしり。
Sちんは、オイスターも満喫していました。
(←写真がコレしかなかったのだよねー。テラス席で寒かったから取り忘れたのかしら?)

そして、その後、大晦日らしく、1年の締めくくりは我が姉妹らしく(?)高尚に・・・
f0181488_935404.jpg



ミュージカル!それも「オペラ座の怪人」☆☆
実は、私、「オペラ座の怪人」見るの初めてだったのですが、面白かったです~。
ファントムがさすがに上手かったなーーー。

・・・劇団四季でまた改めて見てみたいなぁ・・・。
(英語では、やはり理解できなかったらしい。もったいないっ!!(×ω×) )


市庁舎なんかも見ちゃったりして・・・
f0181488_9401452.jpg



家に帰って、4人で夕ご飯。
(おぉ・・・また写真がないぜよ・・・)
ちなみに、この日は、ポークステーキに、ダンジネスクラブ、そして年越しそばを食べました。
年越しそばだけでも良かったんだけど、一杯のかけそばみたいで、ちょっと寂しげ?と思い、
頑張って作りました。

その後・・・
男性陣、仮眠。
Rちん、お風呂。
私は、明日のお雑煮の下ごしらえ等々をし、午後11時。
Pacさんたちとワシントンスクエアで待ち合わせ、COITタワーから、

どどどーーーーん☆

f0181488_9443289.jpg


HAPPY NEW YEAR!!

いたしました。
しかーし・・・仮眠をした男性陣に比べ、ずっと起きていた私。
ほぼ空を歩く状態の体で年明けをしてしまった。無念・・・。
でも、寒かったけど、こうやって年明け花火を見れて幸せでした☆
日本では、ごぉーーーん・・・という除夜の鐘が響くところですね。

今年もみんなが幸せな年になりますように。
もしみんなに辛いことがあったとしても、最後には乗り越えられますように。

ちゃんと花火にお祈りしておきましたヨ。


なお、サンフランシスコ市内の街中は奇声は聞こえるは、警察はうろうろしてるは、のお祭り状態でした。
f0181488_9514060.jpg

ノースビーチの裏手通り。

私がダウンにマフラー、手袋という重装備の中、街中ではノースリーブにミニスカートの女の子がいっぱい。
風邪ひかないのかな?

ま、何はともあれ、今年2009年の幕開けは素敵に過ごすことが出来ました。
では、2009年からは後編に~。
(どれもこれも1回のブログとして成り立ちそうな内容だったのに超省略・・・。)
[PR]
by yukinkoro_sf | 2009-01-09 07:31 | FAMILY

刀屋ラーメン

サンフランシスコ市内ユニオンスクエアすぐ近くにある刀屋ラーメン。
アメリカだけど、看板も日本語です。
f0181488_429538.jpg



夫くんが「ラーメンが食べたい!」と言い出し、行って来ました。
同僚と時々食べに行っているようです。
日本人同僚I君は、「まぁまぁじゃない?」と。
アメリカ人同僚W君は、「んー・・・」とご不満のあるお店らしい。
このW君、日本語上手で私のことも「ユキサーン♪」と親しげにしてくれるのですが、
日本に1年間留学をしていて、日本料理にはちょっとこだわりがあるようで。
ラーメン自体が嫌いなわけでなく、「日本のラーメンはもっと美味しい!」とのこと。
日本の食をご存知なんて、心強いアメリカ人です( ̄▽ ̄)ノ

さぁて、店内はというと、ピンクのネオンと鶴の金屏風。若干怪しげ?笑
f0181488_430291.jpg


ラーメンと言いましても、丼もの、お寿司と何でもございます。

さて、私たちが頼んだのは、
夫くんは、から揚げラーメン、私は味噌コーンバター。
ラーメンスープは、塩、醤油、味噌と選べるようになっています。
f0181488_4315940.jpgf0181488_432107.jpg
味噌汁の中にラーメンが出てきたらどうしよう?と不安を抱きながら出てきたのは、普通の味噌ラーメンでした。
ふつーに普通のラーメンです。まずくないです。
醤油は、ちょっと私的には不思議な味がしましたが、夫くんにはOKのよう。
私は、醤油より味噌味の方が美味しいと思いましたが、みんなどうなんでしょ?
なお、お値段は$8~9です。

と、サイドオーダーでは餃子($6)も。
f0181488_435466.jpg

餃子はちょっと不思議な味。
夫くんも「Pacさんのお家で食べた餃子の方が全然美味しいな」とのこと。

でも、サンフランシスコも夜は凍えるほど寒くなってきた今日この頃。
ふぅーふぅーと言いながら食べるラーメン店があるのは嬉しいことだわ~☆
[PR]
by yukinkoro_sf | 2008-12-24 04:38 | RESTAURANT