SF生活日記。


by yukinkoro_sf
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Suiteな野球観戦!

先日、たなぼたな出来事が。
夫くんの職場先輩が用意していた、お客様と一緒に行くはずの野球観戦。
お客様先のご都合により直前キャンセルに。
そして、私たち夫婦が代わりに行くことになりました~!パフパフ♪
えー、向かいましたはOakland。
Athletics vs. White Sox のゲームです。

VIPルームと聞いていたのですが、まさしくVIPルームでした!!
f0181488_11395266.jpg

f0181488_1140544.jpg


私は以前、日本で姉友のM兄さま企画で、こういうお部屋に連れて行ってもらったことがあったのですが、夫くんは初めて。大感激中です。
f0181488_11412789.jpgf0181488_11414079.jpg

f0181488_11431357.jpg



お食事も注文するとお部屋まで持ってきてくれます。
f0181488_11435094.jpgf0181488_1144234.jpg

f0181488_11444458.jpg


カクテルも飲んじゃいました☆

ゲームはと言うと、初めから6-0で負けてて、このゲーム、すぐ終わりそうだな・・・と思っていたら、
最後に巻き返し、同点に追いつき、そして延長戦へ!!がんばったAthletics!!!

そして負けました。。。

子供は世界どこでも同じ。自分のゲームに夢中( ̄∇ ̄;)
f0181488_1147401.jpg


[PR]
by yukinkoro_sf | 2009-08-18 23:38 | EVENT
オークランドのアラメダ(Alameda)のアンティーク市に行って来ました。このアンティーク市、毎月第1日曜日に開催されているそうなのですが、相当大規模で、北カリフォルニア最大なのですって。

我が夫婦、全くアンティークには興味がなかったのですが、お友達Yちゃんのはまりようを見て、
そして「かわいいんだよ!(≧▽≦)」とYちゃんが紹介してくれた食器を見て(確かにかわいい)、

ふむ。これは視野・興味を広げるためにも、一度行っとくべきでしょ!と思い、
重たい腰の夫くんを2週間前から言い聞かせて行ってきました。

これがアンティーク市です☆
f0181488_85342.jpg


f0181488_8533088.jpgf0181488_8534197.jpg

f0181488_854412.jpg

f0181488_8541659.jpg


f0181488_8544311.jpg


f0181488_855044.jpg


時計専門のお店やポスター専門のお店があったり、業務用大型トラックで家具を運んできているアンティーク屋さんがいたり、一般のガラクタ(あ、失礼。笑)に混じって、かなり貴重なものもありそうでした。
その道こだわりの人には、宝物探しの場所ですね♪
時計屋さんでは明らかに業者さんと思われる人が、内部のしかけをじっくり調査していたり、保証書(説明書)のようなものを依頼していたり。こういう場所なので、日本人もたくさんいました。
私も、みんなにつられて、ちょっと興奮!!
そんな中、我が夫くんは
「食べ物屋探してくる~~」と食べ物の方に行ったかと思いきや、その後は車に戻って休憩してました。。。

私も、かわいいボールセットを発見し、でも他のお店にもっといいのがあるのかも・・・と全部見終わってから、
「よし、やっぱりあれがかわいい☆」とそのお店に戻ったら、既に売却済みでした。涙
こういうところでは直感を信じて、買わなければいけないのですねー。1点モノだもんね。。。

残念ながら何も購入せずでしたが、良い社会勉強?になりました。

でも、私から見ると、「あれ?それ・・・再生できる?ゴミにならない?」というような棚やカバンを持ち帰っている人が多数。アンティーク奥深しです。
[PR]
by yukinkoro_sf | 2009-08-12 04:22 | EVENT

ギルロイのニンニク祭り

サンフランシスコから南へ1時間程度のところにガーリックの産地「ギルロイ」があります。アウトレットで有名なギルロイですが、ニンニクでも有名なのです。そんなギルロイで1年に1度開催されるGilroy Garlic Festivalに7月の最終末、足をのばしてみました~。

見渡す限り畑です。そして、サンフランシスコと違って暑い・・・。車で1時間行くだけでこんなに気温が違うなんて・・・。興味深い地形、環境をしているのですね、北カリフォルニアって!
f0181488_1354731.jpg



ガーリックフェスティバルって何をするの?と若干疑問でしたが、簡単です。
ニンニク料理をいっぱい食べましょう★ってことです。みんなが臭いから、臭いのなんて気になりません!
ガーリックフライに
f0181488_1356990.jpg


ガーリックディップに
f0181488_13562180.jpgf0181488_13563313.jpg

ガーリックアイスに
f0181488_13564994.jpg


ガーリックピラフ!
f0181488_1357241.jpgf0181488_13571473.jpg

どれもまずくありませんでしたよ。ガーリックアイスも悪くありませんでした。(良くもないけど・・・。)

暑い中料理をする人も大変です。
f0181488_1412487.jpgf0181488_1413639.jpg
f0181488_1414687.jpg


屋台だけでなく、アートなクラフトショップなんかもあって結構楽しめました。

中央舞台では、ミスギルロイの歌なんかも聞いたりして。笑
f0181488_1431042.jpg

村おこしのような感じかな。

そうそう、ここでは、有名シェフのクッキング教室もありました。
私たちも、サンフランシスコの「スティンキングローズ」(以前、行きました・・・そちらの記事はこちら)のシェフのを見学。なかなかの面白、名物シェフらしく大人気でした。料理をしながらとにかく話す話す!!レストランの食事券を配るわ、クッキング本を配るわ、下ネタを紹介するは、サービス精神旺盛な、元気なオーナーです。
f0181488_14722.jpg


でも話に夢中で・・・手を切りました。
f0181488_1482537.jpg


笑顔でごまかすのは世界共通です。
f0181488_1484927.jpg


レシピはとっても簡単だったので、私も後日、真似して作ってみましたが美味しかったです♪
レストランでの料理はイマイチだったのですが、これはイケました!また、いつかご紹介しますね!!

ちなみに、ここで作ったシェフの料理は、何かを間違えてしまったのか、勝手が違ったのか、見るからに生煮えでした。「火が通ったものとして見てね!」とのこと。
手は切るは、お料理は失敗するはの、かなりの面白シェフに、高感度大です。ぶぶぶ。

そんなかわいらしいシェフから、私もクッキング本GET!わーい!!
f0181488_14131272.jpg

目分量でできそうなレシピは、大雑把な私にはもってこい~~。

ギルロイ土産はもちろんニンニク。
f0181488_1418418.jpg

このニンニク、小さく見えますが、こぶし大以上の大きさがあります。翌日は臭くなるの確実です。さて、いつ食べましょう・・・。
[PR]
by yukinkoro_sf | 2009-08-02 14:19 | EVENT
ナパに行くのですもの。もちろんワイナリー巡りしましたよ。。。
とっても波乱な1日になりました。

その1:車が動かない。
出発当日の朝、午前10時過ぎには家を出、駐車場に。
「どこのワイナリーに行こうか~♪」と話しつつ、エンジンをかける。が・・・かからない。はて??

はい。バッテリーがあがってしまっていました(T▽T;) えー!!!
(ライトの消し忘れです。みなさん気をつけましょう。)

その後、夫くんが対応の電話をし、直してもらい($70くらいでやってもらいました。保険に入ってて良かったね。)、改めて出発。12時前だったかな。
いやいや、今日はどこも予約してなくて不幸中の幸い。ま、これはたいした問題でありません。

まぁ、まずはワイナリー巡りをしましょう。
この日は、ナパの128号線(SILVERADO TRAIL)沿いに焦点を絞りワイナリー巡り。
まずは
Stag's Leap Wine Cellars(スタッグスリープ ワインセラーズ)
1972年にワイナリー創立。その4年後の1976年、カリフォルニアとフランスワインのブラインドコンテストでここのカベルネが1位に選ばれ、カリフォルニアワインの素晴らしさを世界に知らせる契機を作ったワイナリーです。創立者のウォーレン・ウィニアスキーさんは「ワイン造りの哲学者」として敬愛されているそうです。
(前職がシカゴ大学で教えていたからかなぁ~?趣味のワインが高じて、ワイナリーまで造っちゃうんだからすごいですよね。)
f0181488_933724.jpgf0181488_9332165.jpg

ワイナリー巡りにつき合わされているワンコ。ヒマそうです。

テイスティングは$30と$15がありました。悩みましたが、今回は$15で。
(飲みたかった2006 ARCADIA VINEYARD CHARDONNAYは$30テイスティングの中にありましたが、サービスでそれだけいただいちゃったし。エヘヘ。)
$15テイスティングはこんな感じ。
 2007 RANCHO CHIMILES SAUVIGNON BLANC
 2007 KARIA CHARDONNAY
 2006 MERLOT
 2006 ARTEMIS CABERNET SAUVIGNON
購入したのはこちら。
f0181488_9382819.jpg


2007 RANCHO CHIMILES SAUVIGNON BLANC $29
夫くんが気に入りました。

お次は、この通りの名前の
Silverado Vineyards (シルバラード・ヴィンヤーズ)
丘の上にあって、葡萄畑を一望できる素敵なワイナリー。ここは、ウォルト・ディズニー氏の娘夫婦であるロンとダイアン・ミラー夫妻が所有しているワイナリーなのですって。ご存知でした?
詳細はこちら
f0181488_948482.jpgf0181488_9481589.jpg
f0181488_948323.jpg


こちらではテイスティングは$10と20がありましたが、奮発で$20を。で購入しましたのはこちら。
f0181488_948421.jpgf0181488_9485370.jpg

2006 Zinfandel $30

確かに"Fantasia”っていう名前のワインもあったので、ディズニー所有もうなづけます。なんだ、知ってたらFantasia購入したのに・・・。

Del Dotto Vineyards
泊まるホテルから数分のところにあったワイナリー。寄ってみたはいいのですが、本当に本当に・・・記憶がないんです。でも写真を見る限り、楽しんで飲んでいたらしい。。。
f0181488_1095738.jpgf0181488_10101729.jpg
f0181488_10103185.jpgf0181488_10104480.jpg

購入していたのはこちら(←数日後に知る。)。夫くんセレクトですね。
テイスティングしてないのに、どうやって選んだんだろう?
Chardotto Port Wine Cabernet Sauvignon $75(た、高いからっ!!)
2007 Sonoma Coast Cinghiale Vineyard Pinot Noir  $75(おおっ。太っ腹!)

確か洞窟も入ったものね。Port Wineは20年以上も経っている貴重なもの。
ですが、Port Wine、不幸な諸事情が重なり、飲む前に半分を失いました。うううっ、泣くに泣けないし、これは書くに書けない。。そして、残ったその半分も既に飲みきってしまいましたし。あ~ぁ。

さて、そんな感じで・・・大方の方は気がつかれたかと思いますが、大波乱その2は、

その2:相当重度の二日酔い

ひぇー、ごめんなさーい・・・。

ホテルは、夫くん、こちらを予約してくれていました。SILVERADO
コテージタイプの広い敷地には、SPA棟なんかもあったみたいです。夫くん、ワイナリー前までは「SPAでもしたらいいよ」と言ってくれていましたが、それどころじゃありませんでした。。。
f0181488_1034251.jpgf0181488_10341851.jpg
f0181488_10343211.jpg



最後のワイナリーを出て数分でホテル到着。その間に、助手席で妻は爆睡。
夫くん「じゃあ、チェックインしてくるから待っててね。」(そこは寝てても覚えている。)

・・・・。

数時間後、起きるとベットの上でした。はてはて?
夫くんいわく、何度も起こしても全く起きなくて、仕方なく駐車場から私をおぶって部屋まで連れてきたらしい。

「重かった・・・」と夫くんポツリ。   ( ̄▽ ̄;)!!ガーン・・・。

すまない、夫くん。

それからが大変!!
ワインだけ飲んで、そのまま寝てしまったため、体内はアルコール濃度が相当高くなってしまい、
ウプッ・・・の吐き気が続くこと・・・
続くこと・・・
続くこと・・・

翌日のお昼まで。

ありえません。涙
ずっとベットで寝てました。くすん。(自業自得だから。突っ込まれる前に、自分でつっこんどきます。)

夕ご飯は、結局ホテルのロビーに簡単に食べに行くことに。夫くん、一人で行って来る、と言いましたが、それはとてつもなく申し訳なく感じたので、足を引きづりつつ一緒について行きました。(そっちの方が迷惑という話もあります。)
5分の距離も、一気に行けず休憩中。。。
f0181488_10455987.jpg


夫くんのご飯。もちろん私は何も食べてません。そういえば、お昼も食べてなかったな・・・。
f0181488_10473331.jpgf0181488_10474652.jpg

枝豆を2~3粒もらいましたが、それさえも部屋に戻ってから吐きました。

あまりにも吐き続ける私を見て、夫くんはお風呂を沸かしてくれました。
「熱いお風呂に入って、アルコールを汗で出して!!」と。
ここまで来たら、言われるがまま。。。あ、でもこれ熱すぎて入れない。汗腺、開くどころか閉まります。
「・・・熱い・・・。」
夫くん、冷蔵庫から、氷を出して、入れてくれました。

ありがとう・・・(T▽T)こんな嫁ですまん。

その後、夜中も吐き気はおさまることを知らず。
ダブルベットなものだから、吐きにトイレに行くたびに、振動で夫くんも起きます。
あれですねー、やっぱり、こういうときベットはツインがいいですねー、なんて思いつつ、
夫くんは頻繁に冷たいタオルを交換してくれたり、お水を飲ませてくれたり。←既に危篤状態。

翌朝は気球で、午前4時の段階で夫くんは
「残念だけど、気球は僕一人で行って来るよ」と。

えっ・・・それは、ずるい!←でも半分諦め中。

夫くんが持ってきていた「大正漢方胃腸薬」2包のうち1包をすがる思いで飲む。
(でも、これ飲むと必ず吐くから嫌いなんです。まぁ、既に吐いてるけど・・・。)
やはり30分後吐く。

最後の1包は吐かないようにと思いつつ、再度飲む。1時間ばかし我慢が出来たけど、やはり吐く。
でも、1時間経ってれば、半分くらいは体に吸収されたかな。

そんなこんなの夜があけ、気球タイム。
もちろん、気球前後、吐きました。でも、気球中は大人しくしていたので、誰にも迷惑もかけず、目標達成。

フレンチランドリー。こんな体調でフレンチランドリーを迎える自分を悔やみました。
夫くんからも
「トイレの位置確認ね。もし気持ち悪くなったら、勿体無いけど、途中で帰ろう。」と言われてのぞんだフレンチランドリー。

これが・・・

不思議なことに。

フレンチランドリーに入った途端、吐き気がおさまり、なんと、美味しく完食!

美味しいものの効果ってすごいっ!!と私は、フレンチランドリーに異様なるオーラを感じました。

ちなみに、私がこんなだったので、カメラ係は夫くん。フレンチランドリーではトイレまでちゃんとカメラにおさめていて驚きました。さすが私よりマメだ。

こんな感じの番外編。

とても記憶に残るお誕生日イベントでした。
夫くん、お疲れさま。飽きない妻を持って良かったと思って・・・。

ちなみに、さすがにその後3週間はワインを飲みたいと思いませんでした。大記録です。
購入したワインも袋から出せませんでしたもの。ワインを見ると、嫌な思い出がよみがえってくるのです。ははは。

あ、でも、今は既にワイン胃袋、バッチリ修復(?)OKでーす☆☆
[PR]
by yukinkoro_sf | 2009-07-18 10:05 | EVENT
気球に続き、ランチは、なんと、なんとっの
French Laundry」。
もちろん初めてです。そして、誓って生涯最後です。
2ヶ月前に予約の電話(2ヶ月前から電話予約受付です。)をしてくれました。午前10時の時点で全くつながらず、30分ほどかけ続けてくれたそうです。そしてようやく11時をGET!
本当にっ・・・ありがとう(ρ_;)泣ケマス。

サンフランシスコ周辺で知らない人はいない有名店で、みなが憧れるレストラン。
f0181488_13363372.jpg

f0181488_13365460.jpgf0181488_1337794.jpg

キッチンが狭いので、15分ごとに1組づつ予約させているんですって。私たちは1組目。
なので、入った時はこんなに空いていました。あ、「フランスの洗濯屋」らしくナプキンは洗濯はさみだ。
f0181488_13393545.jpgf0181488_13394640.jpg

どのお皿もかなり大きく、でもお料理はちいさーな、ちいさーーーなポーション。日本人にはもってこい☆
でも、その比率が極端で、終始ちょっとウケてしまいました。
そして、従業員(ウエイター)さんの数がやけに多く、みな廊下で自分の持って行くお皿を待っている感じ。
ほぼ毎回お皿を持ってきてくれるウエイターさんが異なりました。

さて、お料理を開始しましょう。
フレンチランドリーさんは、1コースのみのお一人様$240からです。(立派なお値段でしょう・・・泣けますね。)
普通のコースと、ベジタリアンコースの2つ用意されていますが、結構自由に前菜は普通から、メインはベジタリアンから、と選べます。ちなみに私は、メインのお肉だけベジタリアンコースにしました。

まずは、乾杯のワイン。夫くんはRAMEYのシャルドネ、体調悪しの私はソーダジュースを。
(後から知りましたが、ノンアルコール飲み物はお金がかからないみたいです。ちなみにRAMEYは1グラス$30なり。おおっ、1グラスの高値段、更新!!)
RAMEY、美味しかったそうです。私は、スーパーでボトルで買うわ・・・。
f0181488_051353.jpgf0181488_0515421.jpg

まずは、とってもちっちゃな一口サイズな2品。
f0181488_0562147.jpgf0181488_0565070.jpg

甘くないお料理系シュークリームと、サーモン&クリームチーズと思われるカルネのようなもの。美味。

前菜は、キャビアのパンナコッタのようなものと、私はアスパラガス、夫くんは$30追加してフォアグラをチョイス。そしてひとつめのパン。2種のバターを味わえます。
f0181488_10280.jpg

f0181488_104466.jpgf0181488_11065.jpg
f0181488_111726.jpg


アートなキレイな盛り付け。私の野菜も優しい味。満足。
フォアグラを初挑戦の夫くんは
「フォアグラが好きな人は好きだと思う。でも、自分は”食べてみたい”だったから。」と、なんとも勿体無いご発言。

お魚料理です。夫くんは白身のソテー、私はウニを♪
ウニ、美味しい。モントレー産なんだって。日本風にお蕎麦を細かくしたのを飾ったり、シソの葉でウニを包んで揚げたものがあったり。
f0181488_19736.jpgf0181488_193064.jpg

そしてロブスター。
f0181488_1104463.jpg


あ。。。これは。。。

人生最高のロブスター、更新ですっヽ( ̄∇ ̄)ノ

すぐに食べ終わった夫くん。私のお皿にまだ残っていたロブスターを取ろうと腕を伸ばしてきました。
(=`ω´=)ガルルルっ・・・ダメッ!!
でも、本当に、大きなお皿に、小さな料理でしょう?笑っちゃダメですよ、高級店ですから。

お肉料理です。夫くんは普通メニューから、私はここでベジタリアンメニューになりました。
f0181488_1171095.jpgf0181488_1172599.jpg
f0181488_1174126.jpgf0181488_1175511.jpg

お肉、きれいな焼き加減ですよね~。すごい美味しかったみたいです。
私のお皿は、お茄子とニョッキ。茄子は2つの味付け。まぁ普通。
ニョッキは、柔らかさが絶妙。ソースを全部食べたかったけど、フォークしか出されなかったから全部食べないものなんだろう。もったいない・・・。
あ、ちなみに$100追加すると、滋賀の黒毛和牛がいただけるようです。さらに$100・・・。

なお、この時点で私はまだお腹に余裕ありでしたが、お肉メニュー、そして私のクロワッサン、フォアグラで出されたバターデニッシュのようなパンを2~3個食べていた夫くんは満腹状態。
パン、食べ過ぎましたね。

夫くん、オレンジジュースが飲みたくなりました。お願いすると「少し時間がかかりますが良いですか?」と。
オレンジジュースに時間がかかる??確かに出てくるまでに15分。
絞りたて、夫くん大満足のオレンジジュースが出てきました。
f0181488_1373865.jpg



ここでチーズとシャーベット。
f0181488_1341740.jpgf0181488_1344437.jpg


さて店内ですが、この頃になると、1階席も2階席も全て満席。
f0181488_283442.jpgf0181488_28495.jpg

ちーなーみーに。
ココに来られるお客さんは、やっぱり何だかセレブでした。私の隣の席の方々は、メニューにはないトリュフをオーダー。すると、お店の人が黒いピカピカの鍵つきのお重のようなものを持ってきて、あけると、ひとつのトリュフがキラリーン。それを目の前で山盛りにスライサーでサーブ。
子供も普通にフォアグラを食べていたし、いやぁ・・・すごいすごい。その隣のテーブルもなにやらとっても注文をつけていたし、お店の人の言われるがままの私たちって、何てかわいいのでしょう。
お店に入った時「初めてですか?」と聞かれ(そこでスマスマの中居くんを思い出した私。そのレベルだから)
「もちろんです!」と言っちゃったものね。ははは。( ̄∇ ̄;)

デザートは夫くんがイチゴ系、私はチョコ系で。
f0181488_218116.jpgf0181488_2184382.jpg

でも、お菓子はいっぱい後から後から出てきます。トリュフチョコもどれだけでも選ばせていただけますよ。
とりあえず2つづつチョイス。
f0181488_2232169.jpgf0181488_2233877.jpg


夫くん、たくさんいたウエイターさんから何故か一人の男性がとても気になったよう。恋心かしら??
「どこ出身ですか?アメリカに来てからどれくらい?この前はどこで働いていたの?」と質問攻撃。
彼もそんなことを聞かれたのは初めてじゃないだろうか・・・。

さて話が脱線しましたが、お土産はクッキー。
f0181488_2263899.jpg



私の印象ですが、ゲイリーダンコは、どちらかというと日本でいうベンチャー系のオシャレな人たちが集まり、フレンチランドリーは財閥系の根っからのお金持ちが集まるお店、のような印象でした。ゲイリーダンコはわいわいがやがや系だけど、こちらのお店はみなさんマナーを熟知されている方々が多かった気がします。
ま、どちらにせよ、私にはかぁなり背伸びなお店で、本当に良い「経験」だったのですけど。ははは。

ごちそうさまでした。夫くん、ありがとうね♪一生の記念になるお誕生日だったねー。

さて、フレンチランドリーのお店の前には、道路を挟んでガーデンが。ここもフレンチランドリー所有です。
f0181488_2323524.jpg


f0181488_2313064.jpgf0181488_2314237.jpg
f0181488_232591.jpgf0181488_2321866.jpg

f0181488_2325692.jpg


f0181488_234115.jpg



これで夫くんからのバースディプレゼント連載は終わりなのですが、この旅行、ちょっとバタバタしましたので、その裏事情を番外編で・・・。まだあと1回、続きます。「ごめんよ、夫くん。」の巻です。
[PR]
by yukinkoro_sf | 2009-07-17 13:41 | EVENT
夫くんからの第二弾・バースディプレゼントはこれ。
わかりますか?
f0181488_1158229.jpg


これです。Balloon。気球でした。
f0181488_1201916.jpg



前日、ナパのホテルに泊まり、起床は朝5時。5時半にナパのメインストリート(29号線)沿いの建物に集合。
こんなところが集合場所だったか、とまず驚く。
そこで気球ごとのみなさんと小さなバンに乗り換え、走らせること5分。
YOUNTVILLの街中に到着。えっ、こんな建物があるところから飛ぶの??と再び驚き。

中学生位の女の子がお手伝い。毎週こんなに早起きしているのかな?エライな。きっととても良い子に違いない。
f0181488_1252476.jpg


火を入れて、バルーンを膨らませます。
f0181488_1264425.jpg


そして搭乗。ふんわーりと、浮き上がるのが感じられないほど、安定感のあった気球。
おぉぉ~、地面が遠ざかる~!!
f0181488_1275522.jpg


ね、こんな建物の間から飛んだのです。もっと原っぱから飛ぶのかと思ったー。

ここナパやソノマは、早朝、気流がとても安定しているのですって。お昼頃になると気流が変わり、気球を飛ばすことはできないそう。
早朝にナパに来たことがなかったのだけど・・・これはナパの早朝の風物詩だね~。
いっぱい気球が飛んでます。この日は快晴。本当に良い日でした。
f0181488_12113217.jpg


ワイン畑の葡萄の緑もキレイ。
f0181488_12123882.jpg



素敵~♪すごいね、きれいだね!!と心の中で静かに喜ぶ私。(←色々あったのです・・・。)

あ、うさぎ発見053.gif
f0181488_12182745.jpg



葡萄畑に私たちの乗っている気球の影が。
f0181488_12192784.jpg



気球は結構高くまであがって、大丈夫かな?と思ったり。
一気に急降下して谷の間を走ったり、地面スレスレを飛んでみたり、思ったよりも自由自在に操縦ができるようです。
f0181488_1222475.jpg



気球の中は、炎が。うーむ、これだけで飛んでいるのか・・・。
f0181488_1223102.jpg



着陸は、想像通りの原っぱで。
無線(携帯?)で、「~~の家に降りるから。」と。そうか、人の家に降りるのか・・・。
f0181488_12252263.jpg


f0181488_12254558.jpg


気球の着陸地点のお家。ふむ、可能だね。素晴らしい。
お手伝いがエラかった女の子も車で移動してきていました。
空に飛んでいる時間は40分~1時間くらいでしょうか。正確にはわからないのですが、満足する時間でしたよ。

本当に大満足の気球。人生初でした。本当に本当に夫くんには感謝。
夫くんに「楽しかったね。」と言うと、
「ユキがもっと元気だったら、最高だったのにね。」と。

うっ・・・・本当にすまない・・・・(T△T)
でも、誰にも迷惑かけなかったし、無事に乗れたし・・・。

f0181488_12292381.jpg



私たちがお願いしたのは、Napa Valley Balloonsさんです。
気球終了後は、集合場所に戻って、シャンパンや簡単な朝食をいただけます。
(私たちは諸事情がありまして・・・、そのままホテルに戻りました。残念!!)
ナパに行かれる方、もしお泊りになる場合は、気球体験もいかがですか?ヽ(*^^*)ノ
[PR]
by yukinkoro_sf | 2009-07-16 12:32 | EVENT
既に1ヶ月前になるのですが・・・(この書き出し。既に何度目になるだろうか( ̄∇ ̄;)ハハ。)
さらに、この日を”嬉しい”と思う時代は既に終わっているのですが、実は・・・私の誕生日がありました。
ただ先月は、私の両親も遊びに来ていたし、結構遊んだので、今年はさすがに何もないな・・・と思っていたのですが、ところがどっこい!そこはできた夫くんです☆ちゃんと考えていてくれていました。

ということで、再び連載ブログ。今回は第1弾です。パフパフパフ~♪♪

誕生日当日。
「来週にお祝いしようと思っているのだけど、今日は当日だし、ランチにでもいくか。」と夫くん。
向かいましたは、サンフランシスコ市内ビジネス街。このBank of America ビルディングの52階にありますカーネリアン・ルーム(Carnelian Room)
f0181488_3561745.jpgf0181488_3564056.jpg

f0181488_41946.jpg


ここは、サンフランシスコの景色が、ぞーんぶんに味わえるとお友達からも太鼓判をもらっていたレストラン。
でも、そう言われても見てみなきゃわからないし、と思っていたら、本当に本当に素晴らしい景色でした。
あぁ~、両親を連れて来てあげたかった!!(だって母が、がんばった日ですものね。笑)
ベイブリッジから
f0181488_443378.jpg


アルカトラズ島に
f0181488_451796.jpg


遠くにゴールデンゲートブリッジに
f0181488_455438.jpg


目の前のビル群まで
f0181488_461898.jpg


あまりに見えすぎて、言葉を失いました。(いや「おおおっ~~!!」と歓声を上げてしまいました。)

窓際の席で、こんな素敵な景色を見下ろしながらのブランチは最高です☆☆
f0181488_494863.jpg


メニューは色々なものを楽しみたいので、2人とも違うものをチョイスしてシェア。
最初の一品はこちらのスープ。はて?何の味だったかな??(既にだいぶ前の話で。。。)
f0181488_414171.jpgf0181488_4143518.jpg

前菜は、サーモンとハム。
f0181488_4102871.jpgf0181488_410428.jpg

サラダにスープ。
f0181488_41172.jpgf0181488_411219.jpg

メインはお魚にステーキ。
f0181488_4113631.jpgf0181488_4114777.jpg

デザートは、盛り合わせとアイス。
f0181488_415247.jpgf0181488_4153732.jpg


私のイチオシは、サラダでした。ただのサラダでなかったのです。
トリュフの香りがほんのりとする甘みのあるドレッシングで、このサラダの味は今でも思い出せちゃいます。

さすがに量が多くて、デザートはお持ち帰りさせていただきましたが、本当に良い時間を過ごさせてもらいました。給仕をしてくださった方も、丁寧な方でとても良かったです。
店内はこんな感じ。
f0181488_4204319.jpg


朝イチの時間だったので、窓際席以外はまだ空席ですけど。

昨年は、東京ディズニーシーのミラコスタの宿泊をプレゼントしてくれた夫くん。
でも、夫くんは結局仕事でいけなくなり、姉夫婦に一緒に行ってもらって祝ってもらったなぁ~。笑

夫くんは、昔から「モノより思い出」をプレゼントしてくれます。
高校生の時に付き合っていた当時、初めての私の誕生日プレゼントも、単に購入するだけでなく、クリスタルなガラスでクマを作ってくれ、ロウ粘土のようなもので「17歳 HAPPY BIRTUHDAY」という文字を作り、それを台紙に貼って贈ってくれました。「気持ち」を大切にする人なのです。
その後、社会人になってからは、ジュエリーやカバンを贈ってくれたりもしましたが、私自身も年とともに物欲もそれほどなくなりまして・・・。

さて、そんな夫くん。今年も素敵な思い出をプレゼントしてくれました。
正直・・・色々ありましたが・・・(すまない、夫くん。涙)、その模様は次回以降に。

空、飛んでしまいましたよ☆☆
[PR]
by yukinkoro_sf | 2009-07-16 11:14 | EVENT

PRIDE 2009 

毎年6月の最終週の週末にサンフランシスコで行われる大きな祭典PRIDE
f0181488_13425374.jpg

f0181488_1343361.jpgf0181488_13435485.jpg

このお祭り、ゲイやレズビアンの人たちのお祭りで、全米で行われていますが、サンフランシスコのパレードが最大規模なのです。既に6月にはいると、サンフランシスコのメインストリートや各ショップにはゲイを象徴するレインボーなカラーで溢れかえっていました。
f0181488_13304731.jpg


事前の情報でも、今年の観客数は100万人を超え、最高記録になるだろうとのこと。
かくいう私もこのお祭りをずいぶん前から楽しみにしていました。
一方、夫くんはあまり興味がなさそう・・・。なのですが、夫くん、これは明らかに、私のため、
「パレード見学シート」なるものを事前に購入してくれていました。
f0181488_1338368.jpg


路上で立ち見をする必要がなく、囲まれた敷地内のパレード審査員席の隣のベンチでのんびり見学。
夫くん・・・感謝(T△T)
でも、こちらのシート。年に1回、世界中から集まるゲイの皆さんのたまり場所となっているようで、異性愛者の方が少数で、ほぼ周り95%は同性愛者の人たちでした。
ある意味、普段の生活の状況と逆転した私。肩身が狭い、という気持ちを少し感じました。
同性愛者の方は、普段の生活で、このような気持ちを持ったりすることが多少なりともあったのかな・・・。

でも、隣にはシドニーから来たゲイの2人組の方、隣も多国籍な、なぜかローラースケートをはいたおじいさん含めたゲイの方々がいたり、後方は「イヤホホホホッッ~~」と常に奇声?を発している南米のレズビアンの方々、前方は親切でフレンドリーなレズビアンの方々のグループと、仲良く観させてもらいました。
普段はこんなに堂々とすることが出来ないのかもしれない、と思うと、思いっきりはじけさせてあげたい。笑

審査員の人も、派手なコスチュームで会場を盛り上げます。
f0181488_1346761.jpg


f0181488_13465497.jpgf0181488_1347649.jpgf0181488_13471951.jpg
f0181488_13483557.jpgf0181488_13485234.jpgf0181488_1349795.jpg

Wickedのエルファバとグリンダも!
f0181488_13512171.jpg


サンフランシスコ市長も!!さすがイケメン市長、大人気です。
f0181488_13575825.jpg


あ、奥様もいる!!私も握手してもらおうかなぁ~という気持ちも、
f0181488_13581318.jpg


すっかり失せたこの人気ぶり。。。
f0181488_13585119.jpg



あれ?シニアシャトルに乗っているのは、たくぞ??
200以上もの団体がパレードに参加しています。もちろん動物愛護団体も。
f0181488_1421718.jpgf0181488_1423785.jpg

この筋肉モリモリな方々はもちろん・・・
f0181488_144291.jpg


ゴールドジムでした。
f0181488_1445035.jpg



そして、夕方からはサンフランシスコ市庁舎前でコンサートが。
朝はこんなにすっからかんでしたが、
f0181488_1461140.jpg


今年はBOAが来るというので、夕方には特に韓国の子がいっぱい集まって大混雑。すごっ・・・。でも、私たちも負けじとジリジリと前の方に陣取り成功。
f0181488_147231.jpg


f0181488_1475163.jpg

f0181488_148789.jpgf0181488_1481839.jpg

アメリカ進出するそうです。英語が出来るって、どの世界でも強いんだな。

この日だけは、みんな自由な格好で。
f0181488_14134635.jpgf0181488_1414336.jpg

彼らはまだ良い方で、completely nakedの人もかなり歩いていました。

ちなみに、この日の戦利品がありまして、Macy'sのハンカチとゴールドジムのXLサイズのTシャツ。
(※ゴールドジムTシャツの隣の茶色いTシャツは比較対象です。)
f0181488_14123534.jpgf0181488_14124932.jpg


パレードといっても、ただのパレードではなく、みなぞれぞれの主張をもったデモンストレーションなパレードです。楽しい中にも、ふと考えさせられる瞬間が何度もありました。

もし私が同性の人と結婚しなきゃいけない、と言われたら「無理です。」と答えます。
それは、多分、同性愛者の人に「異性と結婚しなければいけませんよ、同性と結婚することは認めません。」ということと同じなのでしょうね。

例えば、思春期に人を好きになる気持ちを持ち始めた時、周りの友達と自分が違うことに気がついたとき、
僕はなんで他の友達のように女の子が好きじゃないんだろう?
私はなんで女の子にドキドキするの??
お友達や両親にも相談できなくて、悩んだ人も多いのだろうなと思うと、何だか切なくなりました。

同性愛者の人たちが「好きな人と結婚できる」、ただそれだけの自由な、平等な権利が実現される日が来ることを祈りつつ。
f0181488_11237.jpg

[PR]
by yukinkoro_sf | 2009-07-11 13:34 | EVENT
前日の晩、ショーが終わってから就寝で午前1時。そして翌朝9時起床。
(ラスベガスのショーは開始時間が遅いのです。)
残念ながら、夫くんは午前中仕事をしなければならなくなったので、3時間のフリータイム。
まずは腹ごしらえでしょ、ということで一人向かいましたはべネチアンにあるBouchonのベーカリー。
f0181488_945845.jpgf0181488_961011.jpg

f0181488_964185.jpg


ひとつ$5位して、高いなぁ・・・と思いましたが、食べてみて納得。
まず重さがずっしり。そして中には、ジューシーな葡萄がたっぷりのプディング系。味も満足この上なく。
ホテル内の花壇に腰かけホットコーヒーと一緒に一人優雅な時間・・・。
すると、ラスベガスに来てまで、朝起きてすぐ仕事をしている夫くんがふと不憫になり(”ふと”・・・すまない、夫。)、このブレッドを半分残し、部屋まで持って帰りました( ̄▽ ̄)ヤサシイナァ、ワタシ。

その後、再びホテル内探検。ベネチアンのショピングモールをふらふら。
f0181488_913377.jpgf0181488_9135022.jpg

※お台場のヴィーナスフォートそっくりでした。

カジノをふらふら。プールをふらふら。
で、あっという間に3時間経過。恐るべし広さのラスベガスホテル・・・。

夫くん合流しまして、まずやったのは、やっぱり・・・カジノ。
実は、ホテルから$50カジノ券をもらっておりまして、やらなきゃソンでしょ!ってことでやりました。
(結果的には、やらなければソンしなかったのに。。。)

でも、最初、私は$5で$15を儲け☆(なんとビビたる金額・・・。)これをランチ代のタシにしましたよ。
ランチは、ベネチアンにあるウルフギャング・パックがプロデュースのポストリオに。
このレストラン、サンフランシスコにもありました。
f0181488_9195670.jpgf0181488_920947.jpg
f0181488_9202079.jpgf0181488_920331.jpg

パスタはシェアで、最初から半分ずつで出してくれました。
ピザは普通のマルゲリータ。私が1枚食べる間に夫くんが5枚完食。最近、その食欲が心配でなりません。。。
なんとここも25%OFF券をホテルからいただいていました。いやぁ、商売上手!
(正確には、Expediaというサイトで飛行機&ホテルを予約したらいただけるようです。)

ラスベガスはホテルが重要という話なので(夫くん談)、ホテル散策に。
まずはお隣Wynn。明るい雰囲気が気持ちよいホテルでした。
f0181488_9272218.jpgf0181488_9273415.jpg
f0181488_9274584.jpgf0181488_9275684.jpg



お次はMirage。南国をイメージしたホテルで、ホワイトタイガーがいるらしいです(本物)。
f0181488_9303746.jpgf0181488_9305049.jpg
f0181488_931282.jpg



お次はTI(Treasure Island Hotel and Casino)。ここでは、これが目当てで夕方に訪れました!
f0181488_9385016.jpg



はい。「MYSTERE」です。正統派のシルク・ドゥ・ソレイユのショーが見られるということでセレクト。
空中で行われるバレーやトランポリン、そして、人間の体ってそんなこともできちゃうの!?という・・・、
いやいや、「おかしいでしょ、これ、おかしいよ、絶対に不可能だって!!」を一番連発したショーでした。
こちらの開始が午後7時。
そして、お次は、午後10時半からの「O」です!!「O」はBellagio(ベラッジオ)で行われているので、移動。
最初「デュース」というバスを使っての移動したのですが、歩いた方が早かった。
(さすがの独立記念日。大渋滞です。ホテル間は歩いてもそんな時間はかかりませんよ~。)
なので、バス降車。で、運良く見られたのは、花火~!!!
f0181488_9451831.jpg


ですものね!
そして、ベラッジオの噴水ショーも、この日は国歌にあわせて。
最初はキレイだった噴水ショーも最後は大爆発。
f0181488_9481748.jpg

f0181488_9483153.jpg

いつもこんなですか?今日は特別な日だから??笑

さて、いよいよ最後のシルク・ドゥ・ソレイユだー!
ちなみにベラッジオの中は午後10時をまわるというのに人がすごかった。。。
f0181488_9504776.jpgf0181488_9505934.jpg

入り口の前にはこれら銅像が。この銅像たち・・・
f0181488_953470.jpg
f0181488_9531582.jpg


こうやって作ったんですってよ・・・。すごい・・・。
f0181488_9515783.jpgf0181488_9521321.jpg


「O」は、舞台の下はプールと思いきや、プールじゃなくなったりと驚きの舞台演出。
そして、これは明らかにオリンピック選手だ!!という飛び込みやシンクロが見られます。
あ、シンクロでは、日本人の方が2名おられました。日本人の活躍もまた嬉しくなっちゃいますね☆
「KA」よりも芸術性な感じのステージで、女性向きかな(*^^*)

2泊3日で3つのシルク・ドゥ・ソレイユ。本当に、大満足な2日間でした。
翌日は、日の出とともに起きて、6時出発。早朝しか飛行機のチケットがとれなかったようで・・・。
f0181488_1014737.jpg


カジノがしたりなかったら、空港でどうぞ。
f0181488_1021747.jpg


ちなみに、私は「O」が午前0時過ぎに終わり、ホテルに戻り、午前3時頃までスロットに向かってました。
「夫くんが仕事を辞めても大丈夫なようにがんばるっ!」と夫くんを先に部屋に返して(普通の夫婦は逆のような気もしますが・・・。)、意気込んだものの、そんな甘くはなく。はぁ。

つい購入してしまったパンフレット。
f0181488_9593361.jpg



我慢できずに購入してしまった雑誌類。
f0181488_100973.jpg

夫くん、小学生の時に好きだったようです・・・。

以上、ラスベガス記でした。あそこもアメリカかぁ、すごい国だな、アメリカって。
[PR]
by yukinkoro_sf | 2009-07-10 09:05 | TRAVEL
7月4日。4th of Julyはアメリカ独立記念日。今年は、土曜日だったので、前日の3日(金)がお休みの企業が多かったようです。夫くんの職場も、金曜日は事務所はClose。ということで、向かいましたは、
パリ=3
f0181488_174231.jpg

ではなく、ラスベガスっ=3=3
f0181488_1912.jpg


【前日の晩のこと】
・7pm
私「ねぇねぇ、明日お休みなの?政府機関は全部お休みなんだって。」
夫くん「事務所には行かなくてもいいけど、仕事はある。」
私「・・・ふーん。3連休だけど、どこか行く?SFで花火も見れるみたいだよ?」
夫くん「・・・うーん。節約しなきゃいけないんだけど・・・。」(と言いながら、PCに向かうこと数時間。)

・12am(既に当日・・・)
(明日の予定がいまだわからず、がんばって起きている私。)
私「・・・ねぇねぇ、明日どうする??」
夫くん「もう寝ていいよ。まだ時間かかるから。」(普段10時にはベットの人なので素直に寝ました・・・。)

その後、なんと早朝の午前4時まで夫くんはPCとにらめっこ!
そして、午前9時にはSF空港にヽ( ̄▽ ̄)ノ←きちんと睡眠をとった私だけ元気。夫くんは寝ぼけまなこ。

はい。3連休という、旅行をするには難しい状況で、夫くんは何とか飛行機とホテルを数時間前に確保。よくがんばりました。
夫くんとお付き合いをするようになってから、事前の計画で旅行に行くことはほぼ不可能となり、いつも直前での企画なのですが(今回に至っては数時間前)、その分、夫くんはがんばってやってくれます。事前下調べもほぼ出来ないけど、それもまた良しと思うようになりました。ははは。

ちなみにLA経由でLV到着は午後3時。仕方がありません。来れただけHappyと思わなきゃ!

さて、夫くんいわく「ラスベガスはホテルとショーを楽しむもの」らしい。そんな夫くんが、がんばって確保してくれたホテルはThe Palazzo Resort Hotel Casino
2008年1月にオープンしたての50階建て全室スイートルームタイプのホテル。バーニーズニューヨークなどのお店も入り、渡り廊下でベネチアンとも直結しています。
f0181488_1222953.jpgf0181488_1224560.jpg

ロビーの天井高すぎです。
f0181488_1232434.jpg


f0181488_1235957.jpgf0181488_1241465.jpg

ベットルームとリビングルームが段差で分かれている上に、6人は座れるソファに、テーブル席まで。ついでにFAXも各部屋完備。メインストリート沿いの部屋も$50追加すればOKでしたが、そこは節約。31階で結構高層階を与えてもらったし、日の出も毎朝眺められました。ちなみに窓から見えた前のホテルはWynn Las Vegasというベラッジオを手がけたウィーン氏の自分のこだわりぬいた最高級ホテルとのこと。ゴルフ場と滝が見えました。滝!?
f0181488_1242881.jpgf0181488_1243962.jpg

結婚式をしていましたよ。
f0181488_1245855.jpgf0181488_125978.jpg

とにかくラスベガスのホテルはだだっ広く、私たちの泊まったホテルも3066室もあるんだって。ホテル内を歩くだけで迷子になります。

軽く散策した後に、早めの夕ご飯。今回の旅は、ご飯メインでないのでバフェで済ませることに。でも、いろんなホテルを見てみたい!ということで1枚目の写真のホテルParisにあるル・ビレッジ・バフェで。でも、ここ1番人気なバフェらしいですよ。フランスの田舎町をイメージしてます。
f0181488_145214.jpg


カニやらデザートやらお肉やら、とにかく何でもアリなので、子供から大人まで食べたいものがみつかります。
f0181488_1443266.jpgf0181488_1444473.jpg
f0181488_1445752.jpgf0181488_145897.jpg

カニ&お肉大好き夫、もちろんたらふく食べてました。お隣の外国の方はベジタリアンだったらしく、こいつは何でこんなに食べるんだ!?みたいな、半分白い目で夫くんを見てました・・・。
そして、最後にはカニを指差し「この奇妙なもの何!?」と。笑
カニを食べない人には、奇妙なものにしか見えないよね~。

ちなみに、ディナーは一人$25なのですが、ここのホテルのカジノ場で、ディラーの人にこのバフェの場所を聞いたら20%OFF券をくれました。わーい!!

そして夜の街を散策しながら向かいましたは、MGMグランドホテル
ここで1時間ばかりの自由行動。夫くん、お仕事の電話をするのに私が邪魔だったらしい・・・。涙
f0181488_158308.jpgf0181488_1584552.jpg
f0181488_159151.jpgf0181488_1591569.jpg

さて、気を取り直しまして・・・
今回の旅の目的、シルク・ドゥ・ソレイユです!!世界最高峰のパフォーマンス軍団。
f0181488_224798.jpgf0181488_23020.jpg

MGMでは、「KA」が観れるのですが、これがたまらなーーーーく素晴らしかったです!!
「カー」の意味は、古代エジプトで使われていた「魂の総称」に由来するらしいです。ストーリーは、引き裂かれた双子の男女が、危険な冒険に旅立つものだったらしい。(そうだったのか・・・。よくわからなかった・・・。)
そう!ストーリーがよくわからなくても、圧倒されまくりで、それどころじゃないんですよっ!
そうだなぁ・・・。顔文字で表現すると・・・
前半:  O(≧▽≦)Oスゴーイッ
が、

中盤   ΣΣ( ̄◇ ̄;)!ハウッ!?
に変わり、

後半:  (_ _ ;)尸マイリマシタ・・・

な感じです。
席が前から3列目という迫力満点なこともあったのかもしれませんが、気がつくと口がポカーン・・・と開いてて、久しぶりに圧倒されました。
実は、この2日間でシルク・ドゥ・ソレイユのショーを3つ見たのですが、そして、どれも素晴らしかったのですが、でもでも、夫くん、私ともども、この「KA」が一番印象に残りました。
お友達から”O”より断然”KA”だよ~!!と聞かされていたのですが、いやいや納得でした。
f0181488_219987.jpg


この「KA」には、高橋典子さんという方が、準主役な役割で登場されています。バトントワリングの第一人者なのですって。高橋さんの技も一見の価値ありでした☆

本物を直に見るのって、感動の度合いがすごい!!!

明日も楽しみだなー☆続く。
[PR]
by yukinkoro_sf | 2009-07-09 13:35 | TRAVEL