SF生活日記。


by yukinkoro_sf
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
仲良しだったスイス人のEが帰国することになりました。
今年の3月からSFに来ていて、一緒に英語学校に通っていたのに残念・・・。
スイスはやはりかなり環境の良い国らしく、このSFでさえも「自分にこの国の文化は合わない・・・」と途中で体調も崩していたE。この4ヶ月で体重も12㎏も減ったそうです。
(確かに別人のように変わりましたが、一層美人になってました。笑 う・・・うらやましぃ・・・。)
そんなEが、大好きなメキシコ料理を振舞ってくれるというのでお友達とEのステイ先を訪問。
私、初めてのユースホステルでした!!ワクワク。
最初に、パスポートを受付で預けて中に潜入?
ここは、地下が娯楽室となっていて、キッチンやビリヤード台、談話室がありました。
へぇ~、こうなっているのかぁ。
そして、こちらキッチン。
f0181488_836487.jpg


かなり広いキッチン。4人ぐらい一緒に調理も出来ちゃいます。
ほら”男性厨房に入らず”は昔の話。良い経験になるよねーー☆
f0181488_8375989.jpg


フライパンも食器もちゃんとそろえられていました。
係のお姉さんがちょくちょく見に来て、ちゃんと洗っているか、きれいに片付けしているか確認していました。
なので、大体はキレイに保たれているそうです。ふむふむ。
そして、私たちはというと、Eの指示の下、巻き巻き。
f0181488_8401840.jpg


出来上がりはこちら!(多分)エンチラーダスというメキシコ料理です。
f0181488_840452.jpg



その他お手製ディップやサラダも用意して、楽しいディナーとなりました。
f0181488_844284.jpgf0181488_844413.jpg

ドイツ人Yは、ドイツビールを持参。日本人N夫妻は日本ビールを持参。私はSFビール持参。
さて、味比べ。。。

ドイツビール圧勝!!ビターで好きでした(人により好みがありますので、あしからず。)

1年前を振り返ると、こんなに外国のお友達が出来るなんて思ってもいなかったし、
何より、彼らの考えていることは、私たち日本人とは全く違うんだろうなー、と思っていました。
文化の違いで、考え方については少し異なることはあっても、
でも、面白いこと、大変なこと、辛いこと、嬉しいこと等、感じることは皆同じで、みんな優しいのですっ♪
そういうことが身にしみてわかるようになっただけでも、英語学校に通った甲斐があったなぁ~と思います。

夫くんからは
「英語なんてどうせすぐ忘れちゃうんだから、外国の友達を作れればいいんだよ」と言われ続けていました。
そんなぁ!英語出来るようにならなきゃ、もったいないよっ!(T△T)
と思っていましたが、英語よりも、友達に出会えたことがやっぱり素敵な財産になりつつあります☆

Eには、日本茶やお麩、日本のお菓子、ストラップと日本文化をたんまりプレゼント♪
スイスに遊びに行く時には、絶対にEのいる教会へ遊びに行かなければっ。

っと。今回Eが作ってくれたエンチラーダス。
メキシコ人のお家でベビーシッターをしていた時に教えてもらったそうです。ということで、私も伝授いただきました!とっても簡単です。エンチラーダスレシピは、また近いうちにUPしまーす!
[PR]
by yukinkoro_sf | 2009-06-30 08:35 | FRIENDS
SF MOMA(San Francisco Museum of Modern Art) サンフランシスコ近代美術館に学校の先生と行って来ました。
f0181488_17344515.jpg


サンフランシスコでは、毎月第1火曜日に多くの美術館が無料となります。

この建物自体も著名なスイス人の建築家、マリオ・ボッタ(Mario Botta)氏の設計で、ひとつの美術作品として考えられているそうです。
そして、近代美術館としては全米第2位の規模を誇る・・・
(ちなみに第1位はNYです。)

なーんて聞くと一度は行っておかねば、と。
でも・・・私には、最近の美術は難しすぎました(^▽^;)

 I went to SF MOMA with my English school teacher.
 Because many museum are free on First Tuesday of each month in SF.
 SF MOMA building was designed by Mario Botta who is a Swiss architect.
 This building itself is thought as art.
 And it is the second scale Museum of Modern Art in US.
 (by the way , the first one is in NY)
 I thought I should go there at least once!
 But Modern Art was too difficult for me to understand.

あ、でも知っている作品もありましたよ!!
これはダリ。中学校の美術の教科書にありましたよね!?
f0181488_17451360.jpg


f0181488_17453928.jpgf0181488_17455225.jpg

当時は、ダリの想像的な絵が大好きでした。

 But I knew some works.
 These pictures were painted by Salvador Dali.
 Maybe I have seen it on junior high school's art textbook.
 I liked his imaginable picture at that time.


これはマティス。名前だけは知ってました。
淡い色調で、マティスの作品が、私的には一番まとも?な絵と思われました。
(・・・これから皆さんも私がそう思った理由がわかりますって!!多分。)
f0181488_174736100.jpgf0181488_17474846.jpg

f0181488_17481271.jpgf0181488_17482897.jpg

「Femme au chapeau (Woman with a Hat)」この帽子をかぶった女が一番有名な絵だそうです。

 These pictures were painted by Henri Matisse.
 I knew only his name.
 They were painted light coler , I felt his works were ordinary.
 (Maybe you will agree wity me after this .)
 "Femme au chapeau" is the most famous picture at SF MOMA.


その他。
友達に「ユキはこれが好きそう~♪」と言われた絵。
f0181488_17534796.jpg


キライじゃないけど・・・(TωT)

 Other works.
 My friend said to me "you should like this picture.".
 I don't dislike it, but・・・.

ハートにノコギリが刺さっている絵。
f0181488_17531738.jpg


ハートだけじゃダメだったのか・・・。
 
 This picture is that a saw sticks in heart.
 I thought ordinary heart only wasn't good?


金魚?
f0181488_17553847.jpg


本当にGOLD FISHだし。

 This sculpture is a goldfish.
 Actually GOLD FISH.

f0181488_17563688.jpgf0181488_17565168.jpg


あ、まともそうな数少ないアメリカっぽいものもありました。
f0181488_1759336.jpgf0181488_17594443.jpg


 I found a few ordinary works which look like American.


そして最後に・・・。
f0181488_1804224.jpg


白い赤ちゃんを、いっぱいの黒いプードルが囲んだもの。

プードルのお尻から見た図。
f0181488_1801613.jpg



あぁ、今の時代の芸術って難しいんだなぁ・・・。


 Last!!
 A white baby is surrounded by many black poodles.
 This angle is from poodles'backside.

 Modern Art is very difficult to understand・・・.
[PR]
by yukinkoro_sf | 2009-04-19 18:04 | TOWN
サンフランシスコのシティホール(市庁舎)にお友達と行って来ました。
これが市庁舎です。素敵過ぎ♪
f0181488_8312336.jpg


このドーム型の屋根、世界の5大ドームのひとつに数えられるんですよ。
アメリカには2つ。残りはヨーロッパ。
ワシントンDCとここサンフランシスコにあるのですが、サンフランシスコの方が大きいのですって!!

 I went to the SF City Hall with my friends.
 This is the City Hall !! It is very splendid.
 This roof is one of the 5 biggest domed roofs in the world.
 Two of them are in U.S , the others are in Europe.
 In U.S , there are in Washington D.C and SF ,
 but SF's domed roof is bigger than Washington D.C.


さて★
無料のツアーが行われているので、私たちはそれに参加しました。
13時の学校終了後、パン屋さんでサンドイッチを購入。
市庁舎前のベンチでみんなでモグモグ。学生ちっくでしょ(*^^*)

そして14時からのツアーに参加。
ツアーは英語です。はい。もちろん知ってました。
英語のヒアリングの勉強になるかな?と考えて、参加したのです。

 We participated in the free tour provided by SF City Hall.
 After finishing our English school , we bought sandwiches for lunch.
 And we found a bench in front of City Hall , so we had a lunch there.
 I look like a student.

 Our tour began at 2:00 pm.
 The tour's language is English . Of cource We knew it.
 We thought this tour was good for us to listene to English.


市庁舎内もこんなに素晴らしい!!芸術です!!
高い天井に、細かな彫刻の細工に、長い階段(これは芸術ではないけど感動)。
f0181488_8405367.jpg


f0181488_841157.jpgf0181488_8412755.jpg

右の写真は、過去と未来を表した彫刻なんですって。
男性の背中側には女性(過去)が、そして前には子供(未来)が。
でも、男性は手を後ろに回し、過去も守っているのです。
(だから何?と言われれば、それまでなんだけど。聞き取れたので写真をパチリ。笑)

 City Hall's inside was very good too.
 For example , a highly celling , fine sculptures and long stairs.
 In light picture , the sculpture expresses "PAST" and "FUTURE" things.
 The woman who is on the man's back is "PAST" ,
 the child who is on the man's front is "FUTURE".
 The man protect "PAST" with holding in his arm.


f0181488_8421880.jpgf0181488_8422975.jpg

細かく「SF」という文字まで。
そして、ホール内に、ずっと小鳥のさえずりが聞こえると思ったら、天井の正方形のスピーカーから流れていました。芸が細かい。

 There were the words"SF" on the wall.
 I heard twittering.
 So The City Hall played twittering over the PA system.


こんなに素敵なところなので、結婚式を行うカップルもいっぱいいるそうです。
この日は木曜日だったのだけど、私たちも2組のカップルを見ました~。
(ノ ̄∇ ̄)ノ Congratulations♪
金曜日はもういっぱいなんですって。
f0181488_84334100.jpg



 Because of such a nice place , many couples hold wedding ceremonies there.
 That day when we visited was Thursday ,
 but we saw two couples wedding ceremonies.
 On Friday , many wedding ceremonies are held there.


これは会議室。こちらもなかなか素敵です。
 This is a conference room. Nice place too.
f0181488_8594415.jpg



市庁舎内には、こんな展示物も。
 There are the exhibits in City Hall.

f0181488_845339.jpgf0181488_8454632.jpg
f0181488_8455766.jpg




市庁舎のミニチュアモデルもあります。3層構造になってるんですね~。
f0181488_8471250.jpg



ツアーガイドのおじさんも、わかりやすい英語を話してくれ、とても聞きやすく、
こんな私でも70%位は理解ができたと思います。
充実した1日でした。

 This picture is a miniature of SF City Hall.
 SF City Hall is three-storied structure.
 I could understand this tour becouse of tour guide's easy to understand English.


そうそう。この日は4人で行ったのですが、私以外はみんな韓国人の子。
最初はお友達Gと2人で行く予定でしたが、他の韓国人の子2人も誘って大勢でワイワイ。

そのうちの一人、Tは、この秋から兵役をしなければなりません。
Tは、「みんな、こんな義務はイヤだけど仕方がないんだ。日本人のユキなら事情はわかるでしょ?」と。
何だか悲しくなってしまって、早くそんな義務がなくなる時が来ればいいなと強く思いました。

 I went to SF City Hall with three friends , but all are Korean except me.
 At first I was going to go with G , but G picked two other Korean friends up.
 One of them , T , will be liable to military service in this Autum.
 T said to me "Every Korean men hate it , but we have to .
 You are Japansese. So you can understand it".
 I felt sad , so I really thought they don't have to serve in the army in the future.


そしてGはというと、この晩に
「今日はとても楽しかったね。でも、私が韓国人の子を誘ってしまって、ユキが嫌な思いをしていなければいいなと思ってメールをしました。」というようなメールをくれました。
私は色んな子と話せたのが楽しかったので、全然気にしていなかったのだけど、
このGの心配りが、何だか日本人のようで、ほっこりしてしまいました。

韓国人と日本人って考え方とか似ているんだなぁ( * ̄▽ ̄)人( ̄▽ ̄* )

 And G send me e-mail that night.
 ''Today's Cty Hall was so good. But I invited only koreans.
 I want you not to feel bad about it . I didn't mean it.
 I hope you also enjoyed today.''
 I didn't care that. I enjoyed myself becouse I spoke with new friends.
 Her thoughtfulness was just like Japanese.I felt warm something.
 Korean and Japanese has a similar nature.
[PR]
by yukinkoro_sf | 2009-04-15 09:59 | TOWN

英語本に挑戦!

えっと、最近読書をしていると前回のブログに書いたのですが、
読んでいる本はこちら。
「Marley&Me」
f0181488_1144771.jpg

ちょっと時期遅れなのですが。
(昨年末は映画化でよくCMで流れていましたよね。)
実は・・・。

恥ずかしながら、英語の本を読むのは生まれて初めてなんです(TωT)
本当に、これまで英語に興味がなかったのです・・・。

「くまのプーさん」にはまり、原作を手にしたことがありますが、
日本語訳の絶妙な外し具合が楽しくて、すぐに日本語訳本に移行。
(姉と涙しながら呼んだ記憶が。くくく、またいつか復習しよっと。)

夫くんに「本当に読むの?」と怪しまれながらも買ってもらい、それから毎晩夜寝る前に数ページ、カフェでは、1~2章づつのんびり読み進めています。
わからない単語に出くわしても、そのまま読んでいます。
というのは、いちいち調べていたら、英語力のない私、全く進まなくなってしまう!

とある時に、学校の先生から英語の本を読んだことがあるかと聞かれ、今、これを読んでいると答えたら、
「若者向けの本だけど、導入にはとても良いと思うよ!難しい単語もないしね。」と。

え、知らない単語にいっぱい出会ってる。涙
・・・政治経済単語のように、「理解できない単語」ということにしておこう。

でも、わからない単語がいっぱいあっても、読んでいると何となく理解できて、
日本の作品を読んでいるときのように光景なども想像できるようになって、
毎日学校が終わるのが楽しみになりました!
もちろん、一度読破したら、次は辞書で単語を調べながら再度読もうと思っています。
(もしかしたら、勝手な想像で読んでいる可能性大だしね。ははは・・・。)

そして、こんなことでも私の英語の+αになったのか、学校の会話クラスがひとつUPに。
がんばろう・がんばろう・がんばろう。
英語楽しい・英語楽しい・英語楽しい。←暗示・・・。
[PR]
by yukinkoro_sf | 2009-02-13 11:29 | ENGLISH
みなさま、お久しぶりです。
先週から英語学校を再開したら、一度にいろんなことが出来ない性格なもので・・・、
PCにむかえなくなってしまいました。
(というよりも、英語に苦労していると言ったほうが正直・・・。)

ですが、とっても元気に過ごしています!安心してね。

英語学校では、英語よりも文化の違い、慣習の違いに驚いてばかりです。
タイトルの本題に入る前に、今週の英語学校で驚いたカルチャーショックをいくつかご紹介。

今、南半球のブラジルでは子供たちはサマーバケーション中です。
英語学校にも、そんなブラジルからの英語コースの12歳~18歳の子供たちが短期で勉強に来ていました。

その1:「成長が早いっ!」
文法コースで一緒になった超美人なデニー。足も長く、もう見た目は全然大人で、
日本人の男の子も一緒のクラスになれてとっても喜んでいました。
しかーし。年齢を聞いて一同(先生も)驚き。なんとまだ14歳!
ほんとにほんとにっ!!
成人と言ってもおかしくない体つきに、機転の速さ&態度も立派な優等生な大人でした・・・。

その2:「お金持ち(貧富の差が激しい?)」
そんなデニーに驚きつつも、その他のみんなとお話してみると、さすがにSFに英語を勉強に来るだけあって、みんなの家はかなりのお金持ちでした。
「料理や掃除はユキがするの?」と聞かれ、「そうだよ。もちろん。」と答えたら、
「へぇぇ~・・・」(←若干、かわいそうね、みたいな感じ。)
彼らのところでは、みなメイドがしてくれるそうです。
まぁ、そうだろうなとは思っていましたが・・・。
先週末はヨセミテ、今週末からはLAのディズニーランド等で1週間遊ぶそうです。
その後は、それぞれマイアミ等で家族とバケーションを楽しむのですって。

その3:「親が若い」
両親の年齢を聞いたところ、27歳と答えられました。27歳!?で14歳の子供がいるの??
質問してみた女の子のお母さんは、14歳で出産したそうです。
ブラジルでは、15歳くらいで結婚するのが普通なんですって。マジですか!?

・・・と最初に聞いたときは驚いたのだけど、デニーを見ていたら、結婚してもおかしくない位に体も心も大人なので、うーん、納得かも。

ちなみに自分の年を聞かれる前に話題を変えました・・・。


と、私も驚いたけど、ブラジルの子達も日本人の慣習にとても驚いていました。
先生から「日本の女の友達に、両親とハグ(抱きつく)やキスをしないのかと聞いたら、『絶対にしない』と答えていたけど、本当にそうなの?」と。
日本人の生徒はみな、「うん。しない。キスなんて特に絶対にしないよ。」と。
その答えに、相当驚くブラジル人。そういえば、昔、イタリア人にも驚かれました。

そうかー、そんな驚くものなんだぁ~。
特にブラジルでは、知らない人でも道ですれ違う時には声をかけたり、アイコンタクトをしたりするらしい。本当かなぁ・・・。
だから、ここアメリカは、ブラジル人にとっては、感情的にも体感温度的にも「とても寒い!」のですって。
アメリカで寒いのなら、彼らが日本に来たら凍えてしまうかも。
でも、ハグの文化は、日本にもあって良いのかなぁと思います。
握手だけじゃ、ちょっと寂しいかもと、最近思うようになりました。

さて、以上、ちょっと驚いたことを書いてみました☆
世界って面白いね。ブラジルに全然興味がなかったのだけど、彼らと話をしていたら、断然興味がわいてしまった。いつか行ってみたいなぁ~。


さて、本題。

姉がとっても美味しそうなモノをくれました☆
とってもかわゆいっっっ(≧∇≦)
それは・・・

f0181488_8212693.jpg


チョコレートケーキのネックレス。
Q-POTというブランドのもので、光る石はスワロフスキーを使っている、ちょっと贅沢なチョコケーキ。

スポンジかムースの部分も気泡のような模様で、芸が細かい。
チョコレート大好き人間の私には、たまらない一品です。

昨年、既にこういうスイーツアクセは日本ではとても流行っていて、自分で作るキットも売っていたのを思い出しましたが、このQ-POTが本家本元スイーツアクセらしいです。

携帯ストラップやヘアゴムとかでマカロンやパフェがありますよね~♪
まだここアメリカではそれほど見ないスイーツアクセ。
派手好きアメリカ人は、こういうの好きだと思うのだけど、どうなのかなぁ~?
[PR]
by yukinkoro_sf | 2009-01-24 08:57 | FAMILY
英語学校での英語でのプレゼンテーション。
テーマは、「Today’s Standard Japanese Apartment」にしました。

私の前に行っていた生徒は
①折り紙(日本人の女の子)
②イタリアの料理(イタリア人男性:ファビオ)

がテーマでした。さて、私はどうしよう?とウゥーン・・・と悩み、
これまでの授業で、日本の温泉や、家にあがるときに靴を脱ぐという話が出ると、
へぇ~という声が外国の人から出ていたので、日本の家に関する慣習も含めて話すことに決定。

これまで通った3週間で習った文法のIf条件節、現在完了、関係節、熟語等々も混ぜて、
一応事前に原稿を作成。
もちろん、当日このまま話すことは出来なかったけど、内容は伝わったようで、
先生からも4点満点中3.8点をもらえました!わーい!(←小学生のように嬉しい。笑)

ホワイトボードには日本の地図や、典型的な3LDKの間取り図も書きました。
我ながら、真面目な典型的な日本人生徒。笑

では、以下にその事前原稿と、配布した写真等の資料を072.gif
~Today’s Standard Japanese Apartment~

I would like to give a brief presentation about houses in Japan.
Have you ever been to Japan?

If you see today’s standard Japanese houses, you will think they are very small.
Japan has many mountains, so we have a little flat land for people to live on.
Besides, one-third of Japanese population concentrates in Tokyo and its surrounding districts.
It is very difficult for the younger generation to own a piece of land, so nowadays many people lives in apartments.

Please take a look at the paper that I handed out.
This is a floor plan of today’s standard Japanese apartment.
Even buying such a small apartment room would cost you 10 times the average annual income of a Japanese citizen.

******************
<For your information>
Average annual income in Japan (2007)
Male:$54,200
Female:$27,100
Both: $43,700
※$1=¥100

Average purchase price of Japanese apartment house (2007)
Roughly $400,000
※$1=¥100
※Tokyo and surrounding districts

******************

By the way, we have some special customs about our houses.

At first, when we enter our house, we take off our shoes.
We usually have an entrance space to take off our shoes.
And we walk with bare feet or wear slippers in the house.
In America and Europe, don’t you take off your shoes in your bed to relax?
In Japan, we think our entire house as a relaxation place.

Secondly, we have a large bathroom in spite of the small size of the house.
Since we don’t prefer to wash our body and our hair in the bathtub, we have an additional washing space in our bathrooms.
Most of our people wash their bodies in the washing space outside the bathtub, and bathtub is used only to bathe and warm our body.

Finally, we have a Japanese-style room.
Because we like these type rooms, most of Japanese apartments have these rooms.
The most unique characteristic of this room is the flooring called TATAMI.
TATAMI is made of natural vegetable called IGUSA.
This room is used for various purposes such as relaxation , studying , sleeping and eating.

①Entrance ②Bathroom ③Japanese-style room
f0181488_13145480.jpgf0181488_1315613.jpgf0181488_13151858.jpg

①Takuzo says "Please take off your shose!!"


Now here is some additional information about Japanese custom.

Please look at the picture of number 4.
This is a hot spring.
Many Japanese people like to take a bath, so we often go to hot springs.
Hot spring naturally gushes out from the mountains, sea or rivers, and has many good physical and mental effects on our body.
By the way, since Japanese hot springs are separated between men and women, we usually bathe in hot springs naked.

Please look at the picture 5.
The place is called SHIRAKAWA GO and we used to lived in these types of houses many years ago.
In Shirakawa-go, some people still live in these houses,
but now these types of houses are very rare and have historical and cultural value.
So SHIRAKAWA GO is registered as the World Heritage.

④Hot spring ⑤World Heritage (Cultural Property):SHIRAKAWA GO
f0181488_13201994.jpgf0181488_13203215.jpg


That’s all about my presentation for houses in Japan.
Thank you for your kind attention.

玄関やお風呂場、和室の写真は、姉からメールで送ってもらい(Rちゃん、さんきゅーでした。)、温泉と白川郷は過去のブログからひっぱってきました。

そして、質疑応答(?)は、私の予想を大幅に上回り・・・、90分もかかりました。
ちなみに私のプレゼンは10分くらいで終わりました。
なぜ、そんなにかかったのかというと、

日本の家は高すぎる&小さすぎる。

ドイツ、イタリア人生徒が自分の国の家の話を始める。
(日本の家の大きさは、貧しい人並の大きさらしい。)

そして、貧しい人には政府がちゃんと家を提供、家賃を補助している。
(「日本にも公営の住宅があるよ」と言いたかったが、既に私の入る余地なし&何といったら良いのかわからないので、そのまま沈黙を守る。)

貧しい人といえば、移民が問題になっているとスペイン人、イタリア人生徒が話し始める。
(この時点で、既に私が前に立っていることを忘れられていたので、勝手に席に戻る。)

移民について日本はどうなのかと問われる。
(移動したのが目に付いてしまったらしい・・・。)

「島国だし、日本は単一民族の国家だからそんなに問題になっていないよ。」みたいなことを答えたら、イタリア人に「イタリアだって海がある。関係ないよ!」みたいなことを言い返され、
「じゃあ、日本の政府がイタリア政府より移民についての統制が厳しいんじゃないかな。」と答えると、再度言い返されたけど、既に何を言っているのか私にはよくわからず。涙
「私には移民についてはわからないわ。」と逃げると、
他の日本人の生徒が、代わりに何かを回答してくれた。
けど、その時点で時間オーバー。
ここまでで90分かかりました。
みんなつたない感じで話すので時間がかかるのでした。

先生は、話が広がったので、とても満足したみたいです。

ちなみに、授業後もドイツ、イタリア、スペイン人の生徒たちは移民問題についてさらに話をしていたようですが、私含め日本人は、「移民についてはよくわからないね~」と教室を去ったのでした。笑

質疑応答は、温泉、世界遺産、世界の家賃について聞かれると思って準備したんだけど、
それらについては、
「ユキは、どのくらいの頻度で温泉に行っていたの?」等々の簡単な質問のみで終わってしまい・・・。
準備は無駄に終わりました。
[PR]
by yukinkoro_sf | 2008-10-18 13:23 | ENGLISH