SF生活日記。


by yukinkoro_sf
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

タグ:COOKING ( 29 ) タグの人気記事

f0181488_10304813.jpg


ついこの間まで知らなかったAll-Clad
先日、PACさんが遊びに来られた時に持参されたフライパンを見て、お恥ずかしながら・・・初めてその存在を知りました。
その後、どこのデパートに行っても、きちんとコーナーが設けられ、アメリカではとてもポピュラーなブランドだということを知り、なおかつ、とっても優秀な信頼できるブランドだということも知りました。日本では未発売なんですね。早く入ればいいのに。。。

そして・・・やっぱり・・・欲しくなってしまったのです。えへへ。
実は、今まで調理器具なるものを自分で購入したことがない私。
「料理はしませんよ~!」宣言を聞いた職場同僚からはたくさんの高級食器を贈ってもらいましたが、
調理器具にいたっては、結婚後も、一人暮らしをしていた夫くんのものをそのまま継続使用していて、新しく投入された調理器具は、そんな私が不憫(?)に思えた姉が結婚祝いにくれたル・クルーゼのお鍋ぐらいでしょうか。

はい。初めて購入するキッチングッズがAll-Cladというのは、良いことなのではないか!と思った次第です。
(どんな次第だ・・・。)

その後、ネットや口コミで調査し、どうせ買うならセットで揃えたいなというミーハーな心も出、一番安いシリーズでもそれほど悪くないという書き込みも発見し、セットで購入することを(まずは)決意。

そしてPACさんに相談。
なんとPACさん家、旦那サマJさんは、PACさんと結婚をされる前から、All-Cladがここまで有名になる前から、10年以上もAll-Cladを使用しているのですって。納得したものしか購入しないJさん(きちんと手に持ち、感覚を確認し、説明書も最後まできっちりと読まれるそうです。)、そんなJさんがずっと使っている、それだけで購入の価値があるでしょ!笑

私「やっぱり買う~!」
Pさん「オススメはChef's Panよ。深さもあるから、炒めてからそのまま煮込めることもできるし、オーブンにもそのまま入れられるし。」
私「Stainlessのセットに入っていたかなぁ?PACさんは何シリーズなんですか?」
Pさん「うちは、Copper-Coreなの。Copperラインが外側に入っていると思う。」
私「それは、高いシリーズですよ~・・・高すぎてセットで揃えられない~・・・。」
Pさん「あ、最初からセットで揃えるつもりだった??でも、お鍋って場所とるし、活躍するモノって限られるでしょ?」
(私:それもそうだな・・・。帰国後、日本の家のキッチンの収納がどれだけあるかわからないし。)
Pさん「それに、All-Cladって一生モノで使えるから、買う時に1万、2万の違いは大きなものではないんじゃないかしら?」
(私:確かに・・・。)
Pさん「Copper-Coreは熱の伝導率がすごく良いので、短時間で仕上げるような料理には最適だけど、反対に、煮込んだりする料理の時には、あえてAll-Cladでなくても良いのではないかしら?」

ふむ。。。
よくよく自分を見つめなおしてみれば、そんなに料理が好きなわけでもないので、セットで揃えても、使うものは限られてくるだろう。ならば、今、よく使っているサイズのテフロンのフライパンで、そろそろテフロンもはげはじめているものを捨て、そのかわりになるものを購入した方が良いのではないか。
煮込みであれば、姉がくれたル・クルーゼがちゃんと優秀にこれからも活躍してくれるに違いないし!

ということで、PACさんのご意見・アドバイスで、コロッと私の意見は変わりまして~・・・
f0181488_1175874.jpg


Copper-CoreシリーズのChef's Panと8インチフライパンを購入しました★
Copper-lineがまたかわゆいのです。
f0181488_1191752.jpg

f0181488_1192910.jpg


大きな、それもふたつきフライパン(両側に手持ちつき)のChef's Panは活躍間違いなし。
小さなフライパンは実は一番我が家で使用頻度が高いのです。
(毎朝、夫くんのお弁当を作るときは小さいのが便利なんですヨ。)

今、もうひとつだけ買ってしまおうかな~なんて思っているのですが、ちょっと冷静に思案中です。

それにしても・・・、PACさんの意見は的確でした。
実際に、お店の方からも
「あなたの家族は大人数?セットの中にあるこの大きなお鍋は大家族でなければそんなに使わないわよ。ちゃんと家族構成を考えて、必要なものを揃えた方が私の考えとしては良いと思うわ。」と言われました。

無理に高い方を買わせようとしない店員さんの言葉にも少し感動。

ミーハー心、反省。
PACさんのように客観的に物事を見つめられる視点、いやいや、私もいつかは(早くしろ、って感じでしょうか・・・)身につけたいものです。涙

さて、まずは何を作ってみようかな♪
[PR]
by yukinkoro_sf | 2009-08-23 11:23 | COOKING

Let's eat Tomatoes!

このきれいなトマトたち。
f0181488_8345479.jpg


PACさんが持ってきてくださいました~。
実は、PACさん家は、お野菜を、有名な某レストランも取り寄せているという農家から直接買われていて「美味しいトマトがいっぱい手に入ったので~♪」と我が家に遊びに来てくれたのです。

このプリンプッリン(表現あってる?笑)なトマト。
Momotaro(日本の品種ですね!)と、Heirloom(元来のトマト。日本でもあるのかな?)と、イタリアンに良く使われる調理するととても美味しいトマト(名前覚えてない・・・。)
これで、サラダとパスタを作りましょーということで、お料理教室開始!

・・・って、作っている最中の写真が1枚しかなかった。
f0181488_843187.jpg


たっぷりなオリーブオイルでニンニクをいためて、ベーコン、茄子、トマトの順に炒め、最後にコトコト20~30分ほど煮込むだけ。
味付けは塩コショウのみ。トマトの美味しさを存分に味わいます♪
ちなみに、フライパンは、なんとPACさん持参で!all-cladです。
我が家のフライパンはテフロンなのですが、やっぱり違うのかなー、欲しいなー( ̄▽ ̄)

もう一品は、美味しいモッツアレラチーズとトマト、そしてバジルを飾りつけ、オリーブオイルとお塩だけのこれまたシンプルなサラダなんですが、激旨でした!
トマトが、フルーツトマトじゃないの?位の甘さとコクが。
いやぁ、食べれない夫くん、かわいそう。(本心か!?)
f0181488_8532078.jpg


煮込んでいる間に、シャンパンで乾杯♪すみません、また昼間から女だけで飲みました。。。夏だしね!
f0181488_8542694.jpgf0181488_8544090.jpg

ちなみに・・・私はワインだけ用意しました。

そして、出来上がったパスタはこちら。
f0181488_8561998.jpg


PACさんが立てたバジルの葉。笑
なんだかウサギみたいだー。

トマトが美味しいから、フライパンが優秀だから?
とにかく、とっても美味しかったです。
最初の写真にあるトマトを全部使い、もちろん缶詰なんて使ってないので、贅沢なパスタ。1週間分以上のトマトを食べた気がします。

また食べたーい。あぁ、今日は冷蔵庫にトマトがない・・・。涙
[PR]
by yukinkoro_sf | 2009-08-15 09:05 | COOKING
先日のガーリックフェスティバルでの、スティンキングローズのシェフのレシピをおさらいしてみました。材料が足りなかったりしたのですが、それでも美味しくできたので、みなさんもよろしければ。

①たっぷりめのオリーブオイルでガーリックを炒めます。良い香りが出てきたら、トマトを入れてください。
そしてしばらく(5分くらいかな?)コトコト。
f0181488_10504957.jpg


ここで、シェフは、オリーブの実、ケッパーを入れていたのですが、残念ながら私は切らしてしまっていたので省略。代わり(?)に緑が欲しくて、ズッキーニを入れちゃいました(彼からもらった料理本の似たようなレシピにはトマトと一緒にズッキーニも入っていたのです。)。
f0181488_10544578.jpg


②その後、レモン汁(2分の1個程度)と白ワイン(大さじ2~3)を。
そして塩コショウをしたチキンを投入し、オーブンで20~30分焼いてください。
f0181488_105752100.jpg


えー、実は、シェフは丸ごとの魚を使ってました。内臓を取り、その中にハーブのオレガノを投入。 そしてオーブンで焼いていました。

③で、完成☆あ、お好みで塩こしょうで味をととのえてね。
f0181488_111297.jpg



ねー!簡単でしょう?私でも美味しくできたこのレシピ、何にでも使えそうです。夫くんが「これ、リゾットやパスタでもおいしーよね、きっと。」と言ったので、後日、再度作って(パスタなのでお肉は小さめにして)パスタで合えてもみましたが、絶品でしたよ~!
f0181488_113612.jpg



美味しいソースのレシピをひとつ知っていると、色々活用できるから嬉しいですね!

と、この時に使ったズッキーニやトマトなのですが、実は夫くんの秘書さんが作ったものを使わせていただきました。チキンの時にはズッキーニを、パスタの時にはトマトを使わせてもらいましたよ☆
f0181488_1155657.jpg


でも、トマトは生でもやっぱり味わってみたくてポテトサラダに、ズッキーニは和風に天ぷらにもしてみました。
f0181488_117194.jpgf0181488_1173340.jpg

生トマトが苦手な夫くんも、秘書さんが作ったトマトだから挑戦。私もいただきましたが、甘くてとても美味しい。熟してから取っているから、甘さが極限なんですよね。
秘書さんのお野菜も美味しいけど、カリフォリニアの野菜は本当に美味しいです。日本に輸入する時には熟す前にとってしまうのだろうけど、ローカルな人たちのものは熟してからとっているんだろうなー。
やっぱり日本では日本のもの、カリフォルニアではカリフォルニアの地元産が美味しいのですね♪

そうそう、このポテトサラダには、以前オークランドダウンタウンのファーマーズマーケットで購入したヒヨコ豆も入れてみました。私、初めて見た生ひよこ豆です。笑
ひよこ豆、この形がひよこに似ているからかしら?
f0181488_1114642.jpgf0181488_11141877.jpg

中の豆は1~3個入ってました。剥くの、結構大変・・・。
f0181488_11143528.jpgf0181488_11145122.jpg

お豆だけだとこんなに少なくなりました。しょんぼり。
f0181488_1116376.jpg



その他、最近購入したお野菜を紹介しておきますとっ♪
バークレーのファーマーズマーケットで購入した3色のさやいんげん。
ムラサキ、緑、白。色鮮やかなサラダができるに違いないと思って!
f0181488_1119850.jpg


でも、茹でたら、ムラサキのさやいんげんは、緑色に変わってしまいました。オーマイガッ!!
f0181488_11201739.jpgf0181488_11202814.jpg

茹でると色素が抜けちゃうみたいです。天ぷらにしてみたら、ムラサキはムラサキのままでいてくれました。
なるほどー。φ(..)メモメモ

「メキシカンのお料理にしたら美味しいよ、辛くないよ」と言われ購入してしまった、名前のわからない野菜。
f0181488_11241440.jpg


切ったら、こんな感じでした。お茄子みたいな味で、何のクセもなく、他の素材を邪魔しない味でした。
f0181488_11252717.jpg


これはみじん切りにしてサルサソースに混ぜていただきました。
エンチラーダスに入れても美味しいかも♪

とこんな感じです。久々、お料理記録でしたが、でも、毎日ちゃんとお料理してますよぉ!
お母さん、心配しないでね。笑
[PR]
by yukinkoro_sf | 2009-08-11 11:27 | COOKING
毎週日曜日にサンフランシスコ市庁舎前(Civic Center)で開かれているファーマーズマーケットは、庶民の台所。
f0181488_9323911.jpg


新鮮なお野菜、卵等がとってもお安く売られています。
フェリービルディングと違って、有名どころなお店は出ていないけど、でもオーガニックなお店も数店あります。
f0181488_9332198.jpgf0181488_9333836.jpg
f0181488_93455.jpg


f0181488_9345210.jpgf0181488_93568.jpg

スクワッシュの花も売られていました。油で揚げても、ソテーしても美味しいんですって!
f0181488_936345.jpgf0181488_9361825.jpg

ちょっと怖そうなパパの後ろの女の子、にんじん丸かじりです★
f0181488_943824.jpg



さて、私はこの日、初めてのものを購入しました。
スクワッシュの花と、食用の花!
なんと食用のお花は、サラダ菜(この中にも少しお花が入ってますね。)と一緒で、なんと$2!!
本当は$3でしたが、$1オマケしてもらいました。すごい割引率だ~~。
f0181488_94791.jpgf0181488_9472398.jpg

鑑賞用のお花も購入しましたよ。これで$4です。安すぎで、何だか申し訳ないくらいです。
f0181488_9464769.jpg

お家に帰って飾りました。ユリは1週間してからようやく花が咲きました~。
f0181488_9494446.jpgf0181488_9495711.jpgf0181488_9501071.jpg


さて、今回のお買物はお花づくしでした056.gif
なので、お料理もお花づくしで。まずは、フラワーサラダ。
f0181488_9534014.jpg


ただクルミとプラムをまぜただけのシンプルサラダ。でも、お花があるだけでこんなに華やか。
花はクセもなくて無味なので、全然大丈夫ですよ。

そして、スクワッシュのお花は、天ぷらにしました。
f0181488_9563837.jpg


こちらも全くクセがなく、お味は、そうですね、お茄子のような味です。美味しいですよ。
ただこちら注意点は、中までキレイに洗うこと。
f0181488_9581779.jpg


そうしないと・・・
花の中でお休み中かもしれない小さなイモ虫くんも一緒に揚げてしまいかねませんよぉ(*^^*)
[PR]
by yukinkoro_sf | 2009-07-25 00:19 | TOWN

Summer Squashを使った料理

先日、ファーマーズマーケットで、かわいらしい形に思わず手に取ってしまったお野菜。
f0181488_1401963.jpgf0181488_1412069.jpg

でも、どうやって食べるんだろう?珍しい形だから、きっとサンフランシスコの人はみんな知っているに違いない、と思い、英語学校の先生に
「星型の形状で、たぶんズッキーニやスクワッシュの1種だと思うんだけど、名前も料理の仕方もわからないの。教えてもらえますか?」と質問。
答えは、「私、スクワッシュ嫌いなのよー。ユキはヘルシーね!」と。笑  おーい・・・。

今のクラスには、ブラジル、スペイン、韓国、台湾、日本の子がいるのですが、みなSquash(スクワッシュ)という名前は知りませんでした。アメリカでの呼び方なのかな?
先生は「パンプキンもスクワッシュのひとつよ。でもパンプキンのシーズンは、秋だからね!ハロウィンがあるでしょう。その時期のアメリカ中のレストランは、パンプキンを使ったお料理ばかり。私は嫌いだけど。」と。

先生は残念ながら役に立たなかったので、自分でネットで地道に検索。
わかりました!
これは、Summer Squashと呼ばれるもので、ズッキーニと同じように扱ってよいそうです。
特に私が見つけたこの☆形状のスクワッシュは、Pattypan Squashというそうです。Pattypanとは、パイを焼く小さい平なべのこと。なるほどね!

半分に切ってみると、こんな感じ。
パラオのマンタを思い出す形状だわ。
f0181488_1571842.jpg


ズッキーニとわかったところで調理開始。
シンプルにオリーブオイルと塩コショウで。カジキの添え物として。ちなみにカジキにはバルサミコ酢のソースを。
f0181488_1581222.jpg


こちらは、簡単ピザ風。たっぷりの油でナスとズッキーニを揚げるように焼き、ケチャップ、白ワイン、砂糖でソースを作り、上から溶ろけるチーズを。
f0181488_1582619.jpg



でも、せっかくの面白い形だったのに、形をいかした調理が出来ず。試行錯誤中。
[PR]
by yukinkoro_sf | 2009-07-11 01:40 | COOKING
サンフランシスコに地ビールがあるのはご存知ですか?
ANCHOR STEAM BEERです。
琥珀色の、泡立ちもよくて、きめ細やかなビールです。

なのですが、我が家で数ヶ月もの間、冷蔵庫で眠っていたアンカービール。
既にラベルは、いまだ2008年クリスマス・・・。いつもワインを手にとってしまうので置いてきぼりをくいました。
f0181488_1262680.jpg



ふと思い立ち、これで料理をしてみよう!
お料理本をめくると、あるじゃないですか☆「豚肉のビール煮」。ビールで煮込むと、お肉も柔らかーくなるそうです。モノは試し、初挑戦っ!
これがアンカービール。きれいな琥珀色。でも、計量カップじゃ、おいしそうに見えないか。
f0181488_1291620.jpg


塩コショウした豚肉を焼き目がつくくらいに焼き、その後、キャベツ、玉ねぎ、じゃがいも等々適当に好きなお野菜を入れ、ビール、チキンブイヨンでコトコト煮込むこと1時間半。最後にハチミツで甘みをつけて完成。
f0181488_1323728.jpg


豚肉は角煮並にトロトロ柔らかく。ビールのなせる技かしら。
そしてお味は、ビールのほろ苦さが微妙に残り、悪くない(*´∇`*)いいじゃーん♪♪

と思ったのは、アルコールOKな私だけ。
アルコール苦手な夫くんは「ビールのにおいがするー・・・」とちょっと苦手な料理だったらしい。
お子様とお酒が飲めない人には、アルコールを使った料理もダメということかぁ。残念。
[PR]
by yukinkoro_sf | 2009-07-11 01:27 | COOKING
冷蔵庫を見ると、もうすぐ賞味期限切れの牛乳が。
牛乳だけでは、私も夫くんも飲まず、料理に使うだけなので、いつもこんな感じです。
(英語学校で、牛乳が体に良くないという文章を読んだこともあり、豆乳に変えようかなと思ったりもするんですけど・・・)

今回は、大量すぎて、全部捨てるのはもったいないなぁ・・・と思い、久しぶりにスコーンを焼きました。
スコーンには、バターミルク(どろどろなゲル状ミルクです。牛乳からバターの脂肪分を取り去ったものなのですって。)、ハーフ&ハーフ(牛乳と生クリーム半々のようなもの)が必要なのですが、ミルクしかないので、
バターミルクは、レモン汁を入れて自家製バターミルクを作成。
ハーフ&ハーフは、今回は仕方がないので、ONLYミルクのみで代用。
でも、ちゃんと焼けました!ダイジョウブです、食べれました。笑
f0181488_249418.jpg


フローズンしておいたイチゴと、チョコチップをたっぷり。
合計で400ccのミルクが消費できました~。しばらくの間、私の毎朝の朝食になります。
ちなみに、早朝に作っていたのですが、朝起きてきた夫くんが「なんか、パンくさい。」と。
くさい!?「かおり」と言って下さい。

そして、再び冷蔵庫を見ると、微妙に残っているレモン半分。
スコーン作りで、バターやら小麦粉やらを出したついでに、サブレも焼きました。
f0181488_2534167.jpg


私は、クッキー生地にレモン汁を入れるのが好きなんです☆さっぱりした後味がなんとも言えず。
チョコチップとくるみをたっぷり入れました。

半分は焼かないで冷凍庫で保存。いつかのための保存お菓子に。
久々のお菓子作り。結構疲れるんだよね、粉ふるいとか・・・。あ、ネガティブに終わってしまった( ̄∇ ̄;)
[PR]
by yukinkoro_sf | 2009-07-09 03:04 | COOKING
久々のCOOKINGブログ。
早速、スイス人友Eから伝授してもらったEnchiladas(エンチラーダス)を作ってみましょう( ̄▽ ̄)

エンチラーダスとは、トルティージャに鶏肉などをはさみ、玉ねぎやおろしチーズをかけた素朴な家庭料理とのこと。なので、材料も素朴!これだけでした。

トルティーヤ、玉ねぎ、鶏肉、サワークリーム、トマト、とろけるチーズ。(お好みで唐辛子。)
分量はみんなのお好みで良いですよ。
f0181488_1595339.jpg


鶏肉でなくても、サーモンとかのお魚でもいいです。
SF市内のあるメキシコ料理屋では、カリフォルニア・メキシコ料理として、実際にサーモン使ってました。
家庭料理なので材料は何でも良いということですね☆

① 鶏肉を細かくし、火を通しておきます。同様に玉ねぎも細か目に。
そしてそれをまぜこぜし、塩コショウしておきます。唐辛子を入れる方は、ここで混ぜておきましょう!
f0181488_27331.jpg


ちなみに、私は、鶏肉は臭みを取るためにお酒をちょっとふって、レンジでチンしました。
玉ねぎもレンジで1~2分チンをして、少し熱を通しておきましたよ。

② それをトルティージャで巻き込んで、耐熱容器に並べます。
f0181488_211269.jpg

f0181488_2113766.jpg



③ サワークリームと細かくしたトマトを混ぜて、塩コショウで味付け。
f0181488_21421.jpg


味見をしつつ・・・。おおっ!!これだけでも、ディップになりそうな美味しさ♪

④ ③のソースを②にかけて、上からとろけるチーズをふりかけます。
f0181488_2152213.jpg



⑤ グラタンを焼く要領で、オーブンで焼き上げて完成っ!
f0181488_2162194.jpg



ねー!簡単でしょ~(*^^*)
メキシコ風ラザニアとでもいう感じ。でも、サワークリームなので、さっぱりしてます。
トマト嫌いの夫くんも、このソースと一緒になったトマトはOKのようで「うん!美味しい!!」といっぱい食べてくれました。
チーズ大好きスイス人のEが大好きなエンチラーダス。味もバッチリでした☆

とっても簡単で、私でも問題なく美味しく出来たエンチラーダス。
トルティージャを早速入手して、是非作ってみてくださーい♪
[PR]
by yukinkoro_sf | 2009-07-01 02:00 | COOKING
仲良しだったスイス人のEが帰国することになりました。
今年の3月からSFに来ていて、一緒に英語学校に通っていたのに残念・・・。
スイスはやはりかなり環境の良い国らしく、このSFでさえも「自分にこの国の文化は合わない・・・」と途中で体調も崩していたE。この4ヶ月で体重も12㎏も減ったそうです。
(確かに別人のように変わりましたが、一層美人になってました。笑 う・・・うらやましぃ・・・。)
そんなEが、大好きなメキシコ料理を振舞ってくれるというのでお友達とEのステイ先を訪問。
私、初めてのユースホステルでした!!ワクワク。
最初に、パスポートを受付で預けて中に潜入?
ここは、地下が娯楽室となっていて、キッチンやビリヤード台、談話室がありました。
へぇ~、こうなっているのかぁ。
そして、こちらキッチン。
f0181488_836487.jpg


かなり広いキッチン。4人ぐらい一緒に調理も出来ちゃいます。
ほら”男性厨房に入らず”は昔の話。良い経験になるよねーー☆
f0181488_8375989.jpg


フライパンも食器もちゃんとそろえられていました。
係のお姉さんがちょくちょく見に来て、ちゃんと洗っているか、きれいに片付けしているか確認していました。
なので、大体はキレイに保たれているそうです。ふむふむ。
そして、私たちはというと、Eの指示の下、巻き巻き。
f0181488_8401840.jpg


出来上がりはこちら!(多分)エンチラーダスというメキシコ料理です。
f0181488_840452.jpg



その他お手製ディップやサラダも用意して、楽しいディナーとなりました。
f0181488_844284.jpgf0181488_844413.jpg

ドイツ人Yは、ドイツビールを持参。日本人N夫妻は日本ビールを持参。私はSFビール持参。
さて、味比べ。。。

ドイツビール圧勝!!ビターで好きでした(人により好みがありますので、あしからず。)

1年前を振り返ると、こんなに外国のお友達が出来るなんて思ってもいなかったし、
何より、彼らの考えていることは、私たち日本人とは全く違うんだろうなー、と思っていました。
文化の違いで、考え方については少し異なることはあっても、
でも、面白いこと、大変なこと、辛いこと、嬉しいこと等、感じることは皆同じで、みんな優しいのですっ♪
そういうことが身にしみてわかるようになっただけでも、英語学校に通った甲斐があったなぁ~と思います。

夫くんからは
「英語なんてどうせすぐ忘れちゃうんだから、外国の友達を作れればいいんだよ」と言われ続けていました。
そんなぁ!英語出来るようにならなきゃ、もったいないよっ!(T△T)
と思っていましたが、英語よりも、友達に出会えたことがやっぱり素敵な財産になりつつあります☆

Eには、日本茶やお麩、日本のお菓子、ストラップと日本文化をたんまりプレゼント♪
スイスに遊びに行く時には、絶対にEのいる教会へ遊びに行かなければっ。

っと。今回Eが作ってくれたエンチラーダス。
メキシコ人のお家でベビーシッターをしていた時に教えてもらったそうです。ということで、私も伝授いただきました!とっても簡単です。エンチラーダスレシピは、また近いうちにUPしまーす!
[PR]
by yukinkoro_sf | 2009-06-30 08:35 | FRIENDS
この間、Pacさんご夫妻と一緒にHalf Moonまでドライブ。
(はい、またもやご一緒させていただきました。私一人で。夫くん、ごめんよ~~!!)

ランチに、Jさんオススメの美味美味サンドイッチをいただき、向かいましたのはHalf Moonの港。
ここで、生きたCrabカニさんを購入!!
シーズンは既に終わっているような気もしますが、まぁ細かいことは良いのです( ̄▽ ̄)
f0181488_8132224.jpg


f0181488_8143166.jpg


看板も出てますねー♪

いくつかお店(船)が出ています。カニ以外にもヒラメもあったり。
ヒラメ大好き。でもお魚さばいたことないし・・・で断念。
f0181488_8155922.jpg


ワンコも船の上でカニを売ってます。
君のとこで買いたいなぁ~ヽ( ̄∇ ̄)ノ

と思いつつも、ある船に積まれていたカニに魅了されてしまい、その流れでこのおじちゃんから購入。
ワンコ、ごめん。
f0181488_8175835.jpgf0181488_8182127.jpg

f0181488_8185389.jpg


私は3カニ購入。Pacさんたちは購入せず。
このために、保冷袋、保冷剤も持ってきましたもの!!買いますよ!!
3カニで$27。

帰り際にデイリーシティの韓国スーパーで買い物、そして、あの日本で大行列だった(今も?)クリスピードーナッツでドーナッツを味見(私、食べたことがなかったの・・・)。
f0181488_8224177.jpg

f0181488_8225464.jpg


クリスピードーナッツは、揚げたてが美味しいらしいのですが、残念ながらなく。
でも、冷めててもOKでした。とっても軽い食感なんだね。
アメリカ人が箱ごと購入していくのがよくわかりました~。だって、彼らにはひとつでは満足できるはずがない!!
次回は、ホワホワな出来立てを♪


そして、早々に帰宅。カニくんたちがいますからね!!
家に帰り、まずは、カニくんたちをお風呂場に塩水を作って、放してあげました。
f0181488_8291782.jpg


小さな袋の中にいたから、ケンカをしてしまったのか、足がもげてしまったものが・・・。
とりあえず、カニ太郎、カニ次郎、カニ三郎と命名。←元気な順番。

この日はとても暑くて、水道の水もぬるいお湯みたいな感じ。
氷を入れたりして、住みやすい環境作りに私も必死。

そして、夫くんの帰るまでの数時間、お風呂場で観察。
f0181488_8325566.jpg


なにやら、カニ太郎はプクプク言っていました。

f0181488_8335146.jpgf0181488_8341124.jpg

カニ次郎とも会話中。はて、仲良くしているのだろうか??
昔は「こんな格好のカニを食べようと最初に考えた人はすごいね!」なんて夫くんと話していましたが、
こうやって数時間ともに過ごすと、愛着もわくってものです。

そして、私の悪いクセのひとつ。

何にでも名前をつけてしまうこと・・・。

何で、カニ太郎、カニ次郎、カニ三郎なんて、食べるモノに名前をつけちゃったんだ!!!
と今さら後悔しても遅く、まさかずっとお風呂場でカニ三兄弟を飼えるはずもなく。涙

でも、食べる準備も出来ず、結局、夫くんが帰るのを待つことに。
夫くんに、上記の事情(すみません、アホな事情で・・・)を電話で話すと、夫くん早めに帰宅。
「なにしてんだよー・・・」といいつつ、カニLOVEな夫くんは、まずは弱っていたカニ三郎をゴシゴシとお掃除。
f0181488_8435265.jpg



そして、カニ次郎、カニ太郎の体もキレイにしてあげて、

・・・・。

茹でました。

f0181488_845349.jpg


写真は、カニ次郎です。


かなり美味しかったです。カニ大好き夫くんも大満足してくれました。

でも、夫くんには「これからは港で茹でてもらってきてね。」と注意されました・・・(T_T)
より新鮮なカニを夫くんに食べさせてあげたいと思ったのに。
しかーし。
「港で買えるのかぁ・・・」とボソっと夫くん、一言。次回を狙っているな。

ちなみに、カニにつけるマヨネーズソースも、ガーリック、オリーブオイル、ワイナリーで購入した甘めのマスタード、バルサミコ酢、お酢・・・
とほぼ実験のように、いくつも混ぜ合わせていたら、かなりのヒットなお味が出来上がりました☆

良い経験でした。日本じゃぁ、なかなか出来ないしね。
(そもそも、やろう!とも思わない気がする。笑)
[PR]
by yukinkoro_sf | 2009-06-03 08:13 | COOKING