SF生活日記。


by yukinkoro_sf
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

Good Luck!

f0181488_1521782.jpg



ご報告です。
先週、日本に無事帰国しました。

サンフランシスコに行く前と、なんら変わらずに戻ってきちゃいました。あまりの変わらなさっぷり。あはは。
成長を期待してくれていた皆様(いるのか??)申し訳ございません。

海外に住むのが初めてで、不安と寂しさでいっぱいだった最初の2ヶ月。
でも、その後は、毎日が楽しくて、刺激もたくさん受けながら過ごす事が出来ました。
それも、出会う人がみんな素敵な人たちばかりだったから。
このブログで出会った人たちにも、本当に救われました。ありがとうございました。



サンフランシスコで出会ったみんなは、私とは違う価値観を持った人が多く、それはとても良い影響を私に与えてくれました。日本にいたら気がつかなかったこと、考えなかったことを、たくさん教えてくれました。

アメリカと日本は、文化も歴史も違うから、考え方、生活スタイルが違うのは当たり前のこと。
アメリカの考え方、生活スタイルを日本で実践したら、怪しまれることも多々あるだろうな。
でも、良いことは、これからの生活に取り入れていければなぁ~と思います☆



これから、また日本の生活に戻る前に絶対に忘れたくないことを2つだけ、ここに記載しておこうと思います。
え~、サンフランシスコでの生活で学んだこと。

自分の国、街を愛すること!
私が出会ったサンフランシスコの人たちは、自分たちの街を愛してました。
良いところも悪いところも。
小さな公園も、木々も、花も、風も。
私も、自分の国、故郷、これから住む街を大好きと言えるように、自分からも努力していきたいです。

いろんな人を受け入れること!
日本には「和」の考え方があり、家族、友達を大切にする考え方がありますよね。
アメリカにも、そういう考え方があります。でも・・・、何かが日本とは違うように思いました。
私が感じたのは、もっと・・・、仲間だけに限定せず、隣人、その時に偶然に一緒になった人、そういう他人にも優しく接する気持ち。そんな気持ちを持っている人が多くいたように思います。
多民族国家、新しい国だからこその皆で協力して生きていく、そんな考え方が強いのでしょうか。


外見はもちろん、内面も、そう、考え方、感じ方、愛し方、みんな違って当然なのですよね。
自分とは違うからといって、距離を置いてしまうのはとてももったいないこと。
涙が出てしまうくらいな優しい気持ちに、たくさん触れさせてもらいました。
この気持ちは、これからもずっと忘れないようにしていきたいと思います。


サンフランシスコでお世話になったみなさんには、また落ち着いたら、個別にご挨拶のお手紙、メールをさせていただきたいと思います。実は、新居にもまだ入れていないのです。あはは。

ちなみに、日本はですねー、やっぱり美しい国です。
これから紅葉の季節、いろんなところに旅して、日本の美再発見したいなーと思ったり。
(夫くん、よろしく!)

そして、私的には、家族に会えたことがやっぱり嬉しいかな。
限りある短い人生、自分を大切に考えてくれる家族との時間は、やっぱり貴重で、後で後悔しないためにも、いっぱい一緒に過ごしていきたいと思います。
これから、お友達に会っていくのも楽しみ♪♪

ちょっとおバカなたくぞーも私のことを忘れずにいてくれて、死に物狂いで喜んでくれました。
私の帰国をそんなに喜んでくれるのは、たくぞー以外にいないでしょう。(涙)
夫くんには・・・「うぅぅぅ~~、ワンっ!」と吠えましたが・・・。

あ、夫くんですが、サンフランシスコでの最後の出勤の日、送別会をしてもらいました。
超大きなケーキ!!
(職場の人で食べきれず持ち帰ってきました。その後3日間、私の朝食となりましたが、それでも食べ切れませんでした。ケーキは、Schubert's Bakeryの特注。美味しかったですよー♪)
f0181488_9471463.jpg


サンフランシスコでの仕事の拘束時間は、日本より短かかったのですが(文化的に、アメリカ人は家族との時間を大切にするので、早めに帰宅します)、この世界的な不況時だというのに、夫くんは相当に忙しく、有給休暇もほとんど使えませんでした。午前様も結構ありました。そんな職場からの最後の罪滅ぼしだったのか、通常の送別会よりも、かぁ~~なり大きなケーキを用意してもらったようです。笑
Aちゃんからも「相当、みんなから愛されてましたよーー!!」ということを聞けて、夫くんも、良い人たちに囲まれて仕事が出来ていたんだな、良かったな、と改めて思いました。ね、良かったね!!


さて。
このブログも、題名がサンフランシスコといっているので、題名を変えて今後も続けていくか、あるいは、そろそろブログもおしまいにしようかな~、と考え中なのですが、でも、1ヶ月の旅行記はこちらにUPしたいと思います。ちなみに、旅行は、

■ディズニーワールド(アメリカ・オーランド)
 ↓
■バハマ
 ↓
■ジャマイカ
 ↓
■ケイマン
 ↓
■セドナ


とまわって来ました。これから行かれる方の参考になると嬉しいな。

ということで、取り急ぎのご報告でした。


最後に、日本に住んでいた時以上に、24時間私を面倒見てくれていた夫くん、お疲れ様でした。
とっても感謝してます。役立たずでごめんね。
これからの生活も楽しもうね。

この道沿いに住んでました。
f0181488_1025720.jpg



お家から見た最後の朝日。
f0181488_10102546.jpg


毎朝、この景色を見るのが大好きでした。


では、次回からは、1ヶ月の旅行記UP!!もうちょっとお付き合いくださいね。
(年内にUPし終わりたいなぁ~。笑)
[PR]
# by yukinkoro_sf | 2009-10-08 10:56 | DIARY
サンフランシスコのRussian Hillにある「Frascati」。
(リンク先は音楽が流れます。念のため。)
こじんまりとしていて、お値段も結構お手頃だと思うのですが、
f0181488_12484878.jpg

f0181488_12485751.jpg


なんと、Hyde St.に面しているので、ケーブルカーも眺められるレストランなのです♪
f0181488_1250066.jpg


ほらね!是非とも、窓際席にっっ!!

そして、お味もかーなり良いから言うことないのです。
夫くんにいたっては、サンフランシスコに来てから、一番美味しいポークだ!と言い切りました。

まずは、サラダをシェア。これで一人分のサラダなんですが、甘いお野菜にシンプルドレッシング。バターの味ではないのだけど、バターのようなコクのサラダ。とーーーっても美味しい。
f0181488_1253584.jpg


ウエイターさんおススメのサラダをいただいたので、メニュー名はわからず・・・。でも、かなりヒットなサラダ☆
サラダでヒットですよ~~。

そして、こちらのお店の看板メニューのポークチョップ。こちらは夫くんがオーダー。
f0181488_12555670.jpg


量もたっぷり。大食漢の夫くん、大満足です。
私、食べてないのでわからないのですが、とにかく、とにかく、絶妙なお肉の柔らかさと、ソースの味付けだったらしいです。かぁなり美味しかったみたいですよー。いいなーー・・・。

私はこちら。
f0181488_12592629.jpg


お魚をいただきました♪こちらも美味しかったです。←既に1ヶ月前の話で・・・。味の詳細な記憶が・・・。


サンフランシスコだけに、駐車場探しに苦労するかと思いますが、反対に、ケーブルカーが走っているHyde St.沿いなので、車のない観光客の方にはとっても便利なロケーションです。

機会があれば是非行ってみてくださいね☆
[PR]
# by yukinkoro_sf | 2009-10-07 13:05 | RESTAURANT
既に2度、来館しようと建物の前まで行き、長蛇の列に断念してきた「California Academy of Sciences」。この度、3度目の正直で、ようやく訪れることが出来ました☆
f0181488_11392124.jpg


このカリフォルニア・アカデミー・オブ・サイエンス、私は今まで無料デーの第3水曜日を狙って行っていたのですが、2度ともディズニーランド並みの行列。なので、無料デーはあきらめて、普通に入場料$24.95 を払って、すいているときにいつか行こうと思っていたところ・・・。

PACさんから一緒に行きませんか?と嬉しいお誘いをいただきました~。
(2度ボツっている私を哀れに思ってくれたに違いないのですが。。。)
だんな様と木曜日のNightlifeで行くとのこと。はて?Nightlife??

そう。実は、サンフランシスコの多くの美術館が、木曜の夜は入場を21歳以上に限定し、お酒を出して、クラブさながらに変身するのです。
英語学校の先生からも
「木曜の夜の美術館は、シングルの人がいっぱいいるのよ。うふふふ。」
なーんてことも聞いていたので、へぇ!興味深々です。
それに、入場料も$12になるのですよっ!!
(↑「でも、その分、お酒飲むから、使うお金は変わらないわね。」とPACさん。確かに。)

開館は午後6時。午後5時には念のため行きましたが、既に観光客と思われる人が数組並んでいました。
が、事前にチケットを持っていなかったため、改めてチケット販売ブースに並ばされて、チケット購入後、また列の後ろに並ばされていました。
私たちは、PACさんがネットでチケットを事前にプリントアウトしてくれていたのでOK!なんと最前列。
2度近くまで来ておきながらはじめて見た入り口。そして、おおー、1時間前だけど結構並んでます。
f0181488_11501778.jpgf0181488_11503854.jpg

ということで、午後6時、Nightlifeで一番乗り♪♪
さて、今日のプランですが・・・。

1.まずは、プラネタリウムの午後8時の整理券をもらい、
(30分毎の上映で、とっても人気があるのです。)
2.その後に熱帯雨林ブースに。
3.そして、水族館、ペンギンとまわり、
4.サンセット観察と天体望遠鏡での月の観察
5.プラネタリウム

といった感じ。熱帯雨林は午後8時には閉まってしまうので、最後になると混雑するから早めに見ておきましょう!とのPACさんアドバイス。今回も、事前調査バッチリです。
本当に本当に、PACさんには頭が下がります~~。

熱帯雨林ブースはこんな感じ。
f0181488_11571873.jpgf0181488_11572930.jpg

f0181488_11583811.jpg

f0181488_11591150.jpgf0181488_11592428.jpg
f0181488_1159409.jpg


f0181488_11595444.jpg


鳥や蝶々が放し飼いにされていて、人の肩に乗っかったりととてもかわいい。
そして、変わった爬虫類がいっぱい・・・。爬虫類の苦手な私です・・・。

そして、水族館!
f0181488_1234588.jpgf0181488_124195.jpg
f0181488_124154.jpg

f0181488_1243578.jpgf0181488_1244711.jpg
f0181488_125057.jpg


ここで、やっぱりカクテルいただいちゃいました。
こういう場所でお酒を飲みながら観賞できるって、サンフランシスコならではですかねぇ?
若くてお洒落なサンフランシスコ市長だからこそ考えられた企画かなぁ♪

日本だったら絶対に実現しなさそうな気がします。
そして、お酒が入っているからか、みなとてもフレンドリーに話しかけてきます。あはは。

ペンギンも。
f0181488_1291187.jpg



そして、夕焼けを見に展望台へ。
f0181488_1295581.jpg

f0181488_12101233.jpg


大きな天体望遠鏡で月も見せてくれました。クレーターまでしっかり見えますよ!

7時をまわると、館内には人があふれ、音楽も♪踊っている人もいましたよー。
f0181488_12114661.jpg



プラネタリウムも結構大きいんです。そして最新技術だからか、結構驚きなプラネタリウムでした。
概観を上からパチリ。
f0181488_12131684.jpg



いやー、ここはなかなか勉強になる科学館です。
だからか、昼間は子供たちが課外学習として多くやってくるので、混雑してしまうというのもあると思うのですが、このNightlifeは大人限定。ゆっくりと鑑賞したい人にはぴったりですよ。
科学館デート☆にもいいんじゃないですか!?ふふふ。

いまやサンフランシスコを代表する観光スポットです。
もし木曜日にサンフランシスコにいる方は、夜も有効に観光を楽しむなら、このNightlife、是非とも活用してみてください!!

f0181488_12174043.jpg



大満足!!
[PR]
# by yukinkoro_sf | 2009-10-07 11:46 | TOWN
久々の更新になりました。
現在、ケイマンという島に来ています。カリブ海に浮かぶイギリス領のとっても小さな島です。
こちらの島、ダイビング天国です~~☆パフパフ。

既に、夏休み明けの小学生のような色になってしまいました・・・。涙
毎日、SPF70の日焼け止めを塗っているにもかかわらず、太陽光が痛い位です。

朝から、やっぱり小学生のように海ではしゃぎまわっているので、午後8時には就寝。
(夫くんには「・・・信じがたい。」と言われました。)
そして、やっぱり大人なので、午前1時に目覚めてしまいました。朝まで寝たかったんですけど・・・。
ということで、ブログ更新!
旅行記はまた終わってから書きたいので、今回は、忘れちゃいけないレストラン!

先月、夫くんの同僚MさんとAちゃんとAQUAに行ってきました。
f0181488_1665014.jpg


このレストラン、サンフランシスコのエンバーカデロ地区にある、シーフードが美味しいと評判のレストランなんです。
店内に飾ってあるお花も見事でした。
f0181488_16152090.jpgf0181488_16153627.jpg

夫くんは、キレイな女性3名(自分も入れました。笑)に囲まれての嬉しいディナー☆

Aちゃんは既に何度も来たことがあったのですが、Aちゃんの評判は上々。テイスティングメニューと悩みましたが、「量が多いよー」という話だったので、アラカルトで2品とデザートを選びました。
(勝手に3品とデザートを選べると勘違いしていた私たち。最終的には、もうちょっと食べれたかな~。←胃袋拡大化傾向です。)

ワインはボトルで2006年のChalk HillのChardonnayを。一同絶賛のとっても美味しいワインでした。

さて、お料理ですが、まずはこちらの一皿。
f0181488_1624824.jpg


夫くんのだけ、なぜかコロッケが乗ってませんでした。
ウエイターの人「あ、コロッケ忘れました!!」と慌てて厨房へ。なかなか面白いレストランでしょー!
(夫くんはいつもこういう役回りなんです。本人も「いいんです。慣れてますから・・・。」って。ぶぶぶ。)
爆笑だったので、味はほとんど覚えていないんですが、美味しかったと思います。

前菜です。
私とMさんはLobster Consommé
f0181488_16321251.jpg


(最初は、スープが入っていない状態で、具だけ出されるのでびっくりしますがご安心を。日本のおちょこのようなもので目の前で注いでくれます。)
出汁が濃ゅーい、美味しいロブスタースープでした!!

夫くんとAちゃんはTartare of Ahi Tuna
f0181488_16344886.jpg

f0181488_1635347.jpg


(お店の方が、まぜこぜしてくれます。至れり尽くせりで。)
ちょっとスパイシーなお味なので、日本のタルタルと思っていただくと、あれ?と思うかもしれませんが。

個人的には、こちらのタルタルの方が美味しかった気がします。

メインは、ロブスターが美味しいと聞いていたので、皆、Bacon Wrapped Maine Lobsterを。
f0181488_16383185.jpg


見た目も美しく♪
ちょっと、量が少ないかな~と思いましたが、まぁ、ロブスターだから高級だしね・・・仕方がありません。
(でも、もうちょっと食べたかったな。)

最後にデザート。
チョコレート大好きな私はChocolate Composition
f0181488_16414279.jpg


アメリカのデザートも、それなりのお店では繊細ですよ~。

夫くんは、アイス好きなので、アイスだけでオーダー。
みんなのデザートが美しく盛られている中、夫くんのは超シンプルに、大きなお皿の中央にアイスのみ。
f0181488_1644541.jpg


夫くんはこれを見て「男らしい!」と言ってましたが・・・。


以上です。
とっても高級感あふれるレストランで、ちょっと緊張してしまいましたが、量もほどほどで、今回は女性メインだったし、良かったかなーと思います。男性にはちょっと少ないかなぁ?
実は、このときにMさんから、今回の旅行の最終の地の候補を考えてもらい、この食事終了後、Mさんのお部屋でその旅行先のパンフレットや情報をもらいに行きました。
(同じアパートなのです。お風呂上りのボサボサ頭で訪問してしまいました。ごめんなさーい。)

そして、明日はいよいよその地に上陸です。楽しみ楽しみ☆
[PR]
# by yukinkoro_sf | 2009-09-24 16:50 | RESTAURANT

ワイン購入備忘録

暑い日が続いていたサンフランシスコ。
近所のワインショップ、PlumpJackに行くとワンちゃんがノビてました・・・。
f0181488_21584948.jpg


飼い主さんいわく、こんだけファーがあると暑いのが苦手らしいです。

さて、ワインショップに来たので再びワイン購入の備忘録。

■2007 Newton Red Label Chardonnay
f0181488_220914.jpg


$15程度ですが、スタッフのオススメシールがあったので購入。
その後、ディズニーワールドのレストランで見かけたので、グラスで飲んでみましたが、飲みやすいフルーティーなワインでした。

■2008 J Pinot Gris, Russian River Valley
f0181488_2210678.jpg


スパークリングが有名なワイナリーですが、スパークリングでないものの味はどうなんだろう?と目に入ったので購入してみました。ワイナリーのサイトでの説明を読む限り、私好みでなく夫くん好みなのですが。まぁ、たまにはそういうワインも購入しておかなきゃね!あはは。お値段$20程度。

■2007 Frank Family Napa Chardonnay
f0181488_22125751.jpg


姉夫婦と訪れたことのあるFrank Family。その時には、何も購入しなかったのですが、このラベルは大好き☆ここのワイナリーの建物は歴史的建造物なのです。
ということで、懐かしさもあり、つい手にとってしまいました。$30程度。
(はい・・・「程度」というのは、全てレシートを破棄してしまった模様・・・。正確なお値段がわからなくなったので、ネットで調べたりでの、ABOUTプライスです。)
ラベル、素敵でしょ?だけど、ラベルコレクターとしては、うまくラベルが取れない、悲しいラベルなんですが。涙

■2007 Santa barbara Winery Santa Ynez Valley Sauvignon Blanc
f0181488_22184552.jpg


夫くんの同僚MさんがLAから車でSFに来る途中でワイナリーに寄り、お土産にいただきました☆
飲むのが楽しみー!!
映画「サイドウェイ」のワイナリーです♪
(映画見たことないけど・・・。見なきゃ。)

■2006 Bennett Lane Los Carneros Reserve Chardonnay
f0181488_22224871.jpg


ワインスペクター誌で高得点を獲得していたワイン。どうしても欲しくて買ってしまいました。
$55とワイナリー価格よりも若干割高で売られていましたが、仕方がない。600ケースのリリースと少なめだし。。。(と言い聞かせ。)

■2007 Darioush Napa Chardonnay
f0181488_22393574.jpg


$40程度です。カベルネが有名らしいのですが、スタッフおすすめのシャルドネワインを購入。
ワイナリーには一度も行ったことがないのですが、オーナーはイラン出身の方なので、ワイナリーもペルシャを想像させるものらしいです。確かにHPを見るとそうかも~。

■2007 Lewis Cellars Napa Reserve Chardonnay
f0181488_2250427.jpg


こちらのワインも一度飲んでみたくて、奮発してしまいました。$60程度。とってもシンプルなラベルですよね。
少量生産のワイナリーのようですが、なんとオーナーはレーサー出身なんですって。
さてさて、どんなお味がするのでしょう?

ワイナリーに行くと、どうしてもカベルネやシラーが美味しくて購入してしまうので、今回もシャルドネを中心にセレクト。暑い夏は、キンキンに冷えた白ワインが好きです☆

最後にお店をパチリ。
f0181488_2343932.jpg


[PR]
# by yukinkoro_sf | 2009-09-10 22:33 | WINE