SF生活日記。


by yukinkoro_sf
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2009年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

上司邸でBBQ

先日、夫くんの上司Eさん邸にご招待いただき、同僚Iくんファミリーと行ってきました。ドキドキ。
Iくんファミリーはシャンパンを持っていくというので、私たちはヨックモックのクッキーとお花を手土産に。

f0181488_1214283.jpgf0181488_1223875.jpg

この日は母の日だったこともあり、Whole Foodsのお花屋さんも色とりどりのお花がいっぱい!

関係ないけど、街中を走る車も花で装飾したものが・・・。
f0181488_1241941.jpg


それにしてもすごいですね、この車(^▽^;)

Eさん邸は、SFでもとても良い立地のところにあって、何より大きい。
実は、サンフランシスコに住んでいる人なら誰でも知っている人が前の住人さんなんです。
そして、上司上司、というものだから、もっと年配の方かと思ったら、
肌艶も良く、全然若いし、カッコいい!笑
奥さんも若くてかわいいしー☆☆

Eさんの若さで、こんなお家を買い取れるなんて・・・大尊敬。
夫くん・Iくんも「さすが最年少ボスだけのことはあったか・・・」と恐縮気味でした。

そんなEさん邸BBQは、最初は屋上で乾杯♪
そして、その後、Eさん自らベランダでお肉、シーフード、お野菜をグリルしてくれ、お家の中でナイフとフォークでいただくという・・・

これ、BBQって言わないからっ!!ヽ( ̄∇ ̄;)ノジーンズで来ちゃったし・・・。
f0181488_1355862.jpg


f0181488_1363646.jpgf0181488_1365223.jpg

このBBQグリル、全ての煙を上に設置されてある換気扇が吸い込むという優れモノ。
アメリカ人含め欧米人は、BBQ好きなので、一家に一台はBBQグリルなのでしょうか。

Eさんも奥さんも、日本語を理解してくれるので、私も気が楽チン。
(って、何でそんなに色んな能力を持ち合わせているんだ・・・神様不公平。涙)

そうそう。この日は母の日だったので・・・
Eさん「今日はママが一人いるからねっ!」と。
f0181488_142346.jpg


じゃん。母の日ケーキです。

実は、Iくん奥様は私より4つ年下なんだけど、既に3歳のYくんが。ママさんなのです。
そして、このY君がハーフみたいで目がくりっくりっで、本当にとてつもなーーーく、かわゆいのです!!
Eさん奥さんも「この子は、本当にかわいい!!」と太鼓判。
大人はみなメロメロ。笑

Eさんご夫妻の結婚式の写真を見せてもらったり(ソノマのワイナリーであげたんですって。いいなぁ・・・。)
上司邸と言えど、のーんびりな平和な日曜日を過ごさせてもらいました。感謝です。

f0181488_1473641.jpg


天気もバッチシでした☆
[PR]
by yukinkoro_sf | 2009-05-30 01:21 | EVENT
先日、サンマテオというSFから車で30分~1時間位のところにある町に行く予定がありました。
日本人の方が結構住んでいる地域で、夫くん同僚もこちらからSFまで通われています。

その同僚Iくんにオススメしてもらった「SANTA RAMEN
f0181488_050936.jpg


ついでだからと、夕ご飯に食べに行ってみました。

同敷地内にはNIJIYAスーパーもあり、私も日本食のお買い物を少し。
お買い物、そして、ついでにラーメン、と日本人の行動パターンを読んだ立地ですね。ぷぷぷ。
そして、いざラーメン☆
f0181488_0524573.jpg


結構混んでました。私たちは並ばずに入店。ツイてました♪

夫くんは、しょうゆ。
f0181488_0535446.jpg


何かトッピングを追加していた気がしたけど、忘れてしまった・・・。

私は、とんこつ。
f0181488_0544269.jpg


いつもラーメンは半分しか食べれないので、トッピングも追加しなかった気がします。
(これも、半分は夫くんの胃袋へ。)

実は、サンフランシスコに来てから、ラーメン店に入るのは2店目という超初心者。
(お家ではレトルトのラーメンを購入し、お野菜・ワカメ・ネギもたっぷり入れて、自分で茹でたりして結構食べているのですけど・・。)
なので比較も何もできない状況なのですが、SF市内某ラーメン店よりも、全然に美味しいと思いました!

ちなみにこちらのラーメンは人によると思うけど、私はとんこつが好きだったかな~。

あっと、夫くんは鶏唐揚げも注文してました。カラっとしていて美味しかったらしいですよ。
f0181488_0594215.jpg



店内も清潔な感じで、対応してくれた店員さんも愛想良く。
日本ラーメン、恋し。
[PR]
by yukinkoro_sf | 2009-05-30 00:50 | RESTAURANT
サンフランシスコのゴールデンゲートブリッジのふもとにあるCrissy Field(クリシーフィールド)。
f0181488_16475479.jpg


サンフランシスカンの憩いの場なのかな?
みんなのーんびりと過ごしています。

アルカトラズ島も見えますよ。
f0181488_1650811.jpg




さて、私たちもテクテクとお散歩。
すると次第に、ほぼ犬連れの人ばかり。
ここは人間だけでなく、サンフランシス犬の憩いの場でもあるみたい♪
f0181488_1652660.jpg

f0181488_16523385.jpg


(ちなみに、たくぞは海に入ったことはありません。
鎌倉と藤沢の海に連れて行ったことがありますが、海から遠ざかっていきました・・・。)

と、かわいいチビ犬発見!
f0181488_16543255.jpg


私がカメラを構えると、小学生の女の子がチビ犬くんに「STOP」の指示を。

パチリ。
f0181488_16552910.jpg


ちゃんとかわいく撮れたよ!ありがとう~~(*^^*)

f0181488_16571937.jpg



たまには、ぼーっとこういうところで過ごすのもいいなぁ。


ここは、ゴミもほぼ落ちていません。
地元の人が大切にしている公園なんだろうな、と思います。
人権だけでなく環境に対する姿勢もかなり高いサンフランシスコ。
街中を走るMUNI(バス)だって、電気なんですよ。
良い意味で、色々考えさせられる街です。
[PR]
by yukinkoro_sf | 2009-05-29 16:48 | TOWN
とある土曜日のお昼過ぎ。
POLK ST.にある「SWAN」に行ってきました。
f0181488_1550542.jpgf0181488_1551852.jpg

「人気があるので・・・」とPACさんから事前に色々アドバイスをもらっていたものの、
近くまで来ていて、予定外に立ち寄ってしまったため、
一番混んでいる曜日の一番混んでいる時間帯に並んでしまった気もします。

そして、なんと、じっと待つこと1時間!!w( ̄▽ ̄;)w
私たち、ディズニーランドでもそんなに並んでませんよ~・・・

でも、店内もこーんなに小さいのです。仕方ないですね。
お店におじちゃん店員さんたちはいっぱいいますけど。笑
f0181488_15554614.jpg


女性の店員さんはいません。はてはて、何故かな?

ちなみに私達がオーダーしたものは、こちら。
クラムチャウダーにシーフードサラダにカニカクテル。
f0181488_15564879.jpgf0181488_15571188.jpg

f0181488_1558513.jpg


普通に魚屋さんも経営しているだけあって、とっても新鮮。
スープも熱々で、かなりの高得点なお味です。
サラダも文句なしに美味しいし、カニ大好き夫くんもクラブカクテルを完食。

いやいや、高級感のあるお店じゃないし、熱い食べ物といえばスープ位しかないけど、
人気があるのも頷けます。
でも、お値段は、結構良い感じ。笑
夫くんも
「もー少し安いと、もっと足を運べるんだけどなぁ・・・」と。
SFは、シーフードは全体的に高いのです・・・。海に面しているのにねぇ??


1時間何をしていたかというと、店の前につながれていたワンちゃんの観察。
このワンちゃんたちが、本当に微笑ましいくらいに仲良しなのです。
f0181488_1645624.jpgf0181488_1651041.jpg

多分、茶色いのが男の子で、白いのが女の子。
茶色ワンコが、常に白ワンコを守っている印象を受けました。

この日も相当な暑さ。異常気象のSFです。
ワンコもだんだん舌がダラーンと出てきて・・・。

飼い主さんはSWANのお店の人にお水をお願いしていました。
そしてお水を飲むときまで、仲良しさん☆
f0181488_1682329.jpg



飼い主さんカップルもとても仲良しでした。
実は、後日、偶然ダウンタウンで、このカップルを見かけたのですが、その時にもとっても仲が良くて。

犬は飼い主に似る、というけれども、「性格」だけでなく「関係」も似るんだなぁ~。

たくぞにもお友達必要かなぁ・・・。
[PR]
by yukinkoro_sf | 2009-05-29 15:50 | RESTAURANT

パロアルトに初遠征!

でも、ほぼカメラ撮り忘れました・・・無念。(;△;)

お友達Pacさんご夫婦が、サンノゼまでお出かけするというので、私、図々しくもご一緒させていただきました。えへへ。

1.サンノゼパロアルトのショッピングセンターにあるスーパーで新鮮なお野菜等を買い、
2.その後、私がスタンフォード大学に一度も行ったことがない、ということで、だだっ広い大学構内をドライブしてくれ、
3.パロアルトで、絶品・フローズンヨーグルトアイスを食べ、
4.同じくパロアルトの美味しいケーキ屋さんでケーキを購入、
5.その後、サンノゼのミツワというSF市内のニジヤの10倍はあろうかと思われる日本スーパーでこれまた日本食のお買い物、
6.最後は、Pacさんご夫婦オススメの焼き鳥屋さんで乾杯068.gif

といったスケージュールでございました。

スタンフォード大学、とても素敵でした。あと10年若かったら・・・、とどんなに悔やんだか。←多分私の場合は、10年戻っただけじゃムリだけど・・・。
学生さんのクラブごとの寮?もいっぱい建っていて(それもかわいい)、英語学校で先生が
「アメリカの女の子は、大学に入ってクラブで共同生活をし始めると、みんなダイエットし始めて、競い合ってキレイになるための努力をするのよー」と言っていたことを思い出しました。
そんな生活、こっそり覗いてみたいわ☆

さて、唯一写真を撮っていたのは、Saturaでした☆☆
このお店も、昨年からずーっと行きたいなぁ、と思いつつ、ようやく念願叶い。わーい!!
f0181488_1348498.jpg

f0181488_13482636.jpgf0181488_1348402.jpg

表参道のAnniversaryの姉妹店かな?
(ちなみに、夫くんが「Anniversary知っているよ、宮崎あおいが結婚式したとこでしょ。」と。意外にも芸能ネタに強いのです。)
ティラミス、NYチーズケーキ、モンブラン、ショートケーキ。我ながらNICEチョイスっ☆
夫くんも「美味しい♪」とショートケーキに大満足していました。

実は、この数日前、ニーマンマーカスでショートケーキを食べたのですが・・・な味だったので、より一層満足だったみたい。
(あ、上層フロアのカフェでなく、フツーの1Fのカフェです。上層フロアのカフェも挑戦してみたいのですが。)
↓ちなみにこれがそのケーキ。写真も小さめに。笑f0181488_13581466.jpg

生クリームでなく、バタークリームというのが日本人の舌には合わないのかなぁ。

さて、Saturaは、ちゃんと生クリーム。それも甘さ控えめ。素晴らしいっっ。
でも、私の一番は、モンブランでした☆
値段も$3~4だったと思うのですが、アメリカはカップケーキもそのくらいするのです。
カップケーキも美味しいのだけど、でも、ケーキの方が手がこんでいるように見えるし、お得感アリです。

その後、焼き鳥屋さんでPacさんとビールで乾杯。
Jさん、ドライバー、ごめんなさい・・・。
そして仕事を頑張っていた夫くんには、焼き鳥のお土産を。ひがんじゃうからねっ!

充実した1日。回ろうと思えば、こんなに回れるんだな~。
それにJさんは、ただ「行く」だけじゃなくて、
「この道を使うと、より素敵な景色が楽しめる」とか色々考えてくれるので、道中も楽しい♪
PACさん&Jさん、ありがとうございましたっ。
フローズンヨーグルトのお店は是非再来訪しますよー!


上でカップケーキについてちょっと書いたので、カップケーキネタも。
先日、UNION ST.をフラついたついでに、何となくカップケーキを購入。
以前ブログでもご紹介したことのあるお店です。「That Take the Cake
f0181488_1482389.jpg



そして、夫婦ならでは。考えることが同じです。
同日に夫くんがお土産にカップケーキを買って帰ってきました。笑
夫くんはMiette。これも以前ブログでご紹介したことがあるのですが
f0181488_141201.jpg



違うお店のカップケーキを一度に一緒に食べれることなんて、多分滅多にないので(特にアメリカスイーツ。後が怖いですからね。笑)、味の比較。

結果。


私の意見ですが、


Miette

の勝ちっっ053.gif


この後、ダイエットを決意したことは言うまでもありません・・・(T_T)
[PR]
by yukinkoro_sf | 2009-05-28 13:41 | TOWN
韓国人のお友達Gとサンフランシスコのユニオンスクエア近くの「Borobudur」(ボロブドゥール)というインドネシアレストランに行ってきました。

先日、Gと吉田兄弟のLIVEを見に行ったのですが、Gが
「どうしてもユキにお礼がしたいの。何かごちそうさせて!!」と。
本当に、とても良い子なのです(/_<) 姉サン、涙ガデマス・・・。

じゃあ、2人とも行ったことのないレストランに行こう!と選んだのがこちらのレストラン。
f0181488_12598100.jpg
f0181488_131647.jpg

店内はとっても清潔な感じ。そして、学校終了後そのまま行ったので、午後5時前。
私たち以外には2組しかいませんでした。←いた方が驚きかしら?

で、オーダーしましたものは、
f0181488_1325195.jpgf0181488_133555.jpg

f0181488_1333894.jpg


店員さんがススめてくれた前菜2品とナシゴレン。
ナシゴレンは3種あって、韓国人Gは絶対に辛いのを食べたかったはずなのに
「このmildが今日は食べたいわ」と。絶対に私に気を使ってくれたんだー。再び涙。
ナシゴレンは美味しかったです。

ちなみに前菜2品は、ひとつはパイ生地みたいなものにカレーソースをつけるもの。
中に何か入っているのかと思いきや、何も入っていませんでした。と、ちょっと残念でしたが、味はOKです。
シュウマイみたいなものは残念なお味でした。
ピーナッツソースLOVEのGは、ソースもいまいちだったらしく、ちょっと不機嫌になってました。ぷぷぷ。

そして、タイティー。タイのアイスティーって、オレンジ色なのですよー!!
f0181488_1310121.jpg


ちなみにお味は、
私は「なんだか、竹みたいな味じゃない?」
Gは「木の味がする・・・」

と、紅茶とはほど遠いお味に、ほぼ残してしまったG。あれれれれ・・・の災難でした。

そう。災難といえば、Gはこの日は再び災難が。
なんと家の鍵をなくしてしまい、ルームメイトが帰ってくるまで(午後10時!)家に入れなかったんですって。
「なんで私に電話しないの?どれだけでも泊めてあげるのに!!」と翌週私が言うと、
(はい、G、翌日はショック&疲労のため学校を欠席。週末に入ってしまったのです。)
「したかったんだけど、私、携帯に鍵をキーホールダーみたいにつけてるから、携帯もなくて、誰にも連絡できなかったの」って。

皆さんも大切なものを全部まとめる際には、気をつけて下さいね・・・。
ちなみに、鍵付き携帯、無事見つかりました。不幸中の幸いね。笑
[PR]
by yukinkoro_sf | 2009-05-28 12:59 | RESTAURANT
スイスチャードというお野菜を初めてGETしてみました。
f0181488_12414060.jpg


これも4月にJさんお姉さんのお家の家庭菜園で見かけてから、とっても気になっていたもの。
ほうれん草と同じように扱えると何かで読んだので、最初は無難におひたしと炒め物にしてみました。

これがおひたし。ほうれんそうよりかわいい気がします。笑
f0181488_1244032.jpg


でもほうれん草と同じだと思ったのだけど、茎部分はだいぶ太く堅かったので、長めに茹でました。
お味は、少し苦味がありますが、気になりません。むしろその位あったほうが良い感じ。

これが炒めもの。
f0181488_12453689.jpg


ベーコンも投入。私的にはこちらがお気に入りでした。
ジャコとゴマ油で炒めても美味しいかも。

たくさんの量ですが、火を通すとだいぶ小さく。
お野菜もいっぱい食べなきゃ、元気でませんよねっ♪

久々のCOOKING記録でしたー。
実は、もうひとつ、夫くんと共同で戦った大作COOKINGがあるのですが、そちらは近々・・・。
[PR]
by yukinkoro_sf | 2009-05-28 12:42 | COOKING
最初で最後であろう・・・Palace HotelでSunday Brunchをいただきました。
f0181488_10524793.jpgf0181488_10532461.jpg


ホテルもサンフランシスコで最も古く、1875年建造の歴史的文化遺産としても価値あるホテルなのですって。そして、なんと言っても、このホテルの一番の見所はこのホール。
自然光を上手に取り入れた、優しい雰囲気のホールで、ずーっと天井を見ていたくなる感じです。
ここでブランチがいただけてしまうのだから、夫くん、一度は挑戦してみたいと思っていたようです。
(はい、私たちヒヨッコには「挑戦」です。)
f0181488_1054221.jpg



シャンパンはどれだけでもどうぞー♪
f0181488_113966.jpg




そしてバッフェの種類も、ちょいとそこらのものとは違い、軽く50種類は超えるでしょう。
お寿司、お刺身、もちろん卵料理はその場で調理、ローストビーフだって、何がなにやら、
とにかくいーーーっぱい!!
f0181488_114810.jpgf0181488_1142188.jpg

f0181488_114542.jpgf0181488_115641.jpg

f0181488_1152145.jpg

f0181488_1162977.jpg

f0181488_1164691.jpg

f0181488_117158.jpgf0181488_1171391.jpg

全種類制覇は最初から諦めざるを得ませんでした。
ちなみに我々のBEST1は、地味にスープでした。笑

JAZZの生演奏と一緒に優雅な時間を~♪
f0181488_117299.jpg



是非、大人な方に味わって欲しいと思いました。
でも、世の中にはお金持ちの方もいて、小さな子供と楽しんでいるファミリーも・・・。
しかーし!!
子供も場慣れしているのか、ファミレスでよく見る光景のように運動会をすることもなく、
大人しくナイフとフォークを使って食べていました。

すごいな、子供・・・。

何はともあれ、良い経験が出来ました。
お父さんとお母さんにもSFに来た時には連れて行ってあげたい!と思ったのだけど、
日曜はSFにいないのだよねー・・・。残念。
[PR]
by yukinkoro_sf | 2009-05-22 10:52 | RESTAURANT
先日、ランチにJapantownにほど近い場所にある「bushi-tei」に行ってきました。
f0181488_1021038.jpgf0181488_1025281.jpg


お友達が「美味しいから行ってみてー!」と言ってくれていたレストランだったので嬉しいナ♪とワクワク。
でも、後で何でランチからこんな贅沢なレストラン??と夫くんに聞いてみたら、
「休日だけど仕事でどこにも連れて行ってあげられないから」との答え。

・・・ひそかにジーン(T-T)
そうそう、この頃は夫くん、休日&睡眠返上で働かされていたのでした。

さて☆
開店すぐに行ったからか、お客さんは私たちだけ。
帰るまでにも2組しか来ませんでしたが、好感の持てるお店だったのでUP~♪
前菜とメインをオーダー。
夫くんは、サラダといわゆる日本のトンカツをオーダー。
f0181488_1055388.jpg

f0181488_106616.jpg


夫くん、トンカツ絶賛してました。
(豚インフルが表沙汰になる前の出来事です。笑)
そこまで絶賛するなんて、私の揚げ物技術がまだ未熟なんだろうなーと実感。ぐっ・・・(ρ_;)

私はベジタリアンなスープとホタテのパスタを。
f0181488_1010748.jpg

f0181488_10102230.jpg


スープは、ポタージュだと思うのですが、日本の「純連」のラーメンみたく、オイルが上に薄くあり、いつまでも熱々なスープ。これが、ベジタブルonly?と思うほどの美味しさでした。
パスタも満足のいく優し~いお味でした。

私はランチ後に仕事もないので、昼間だけどワインをオーダー。
ウエイターの人のオススメをいただいた気がするのですが(既に記憶が曖昧。おいっ!!)、
2種の試飲でも太っ腹な量をサーヴ。
ありがとうございまーす☆

その後、電話でそのウエイターさんが、オーナーだかエライ人と電話で話していたのですが
「バタリーなワインってどれなの?」という質問(私達がした質問です。笑)。
アメリカ人だとサービスとしてチップを払っているし、
「なんだよ、知らないでススメたの??」と思っちゃうかもしれないのですが、
私的にはそういう知識を増やそうという努力の姿が、とっても好感が持てました。ははは。

デザートは2人でシェア。チョコフォンダンです。
f0181488_1019234.jpg


美味しかったですよ。

あ、っと。
忘れていましたが、パンも自家製なんですって。チョコクロワッサンが美味しかった!
f0181488_10201953.jpg



このサンフランシスコのジャパンタウン周辺は、名前からして日本の定食屋さん風(はい。「風」です。)なお店が多いのですが、こういうお店もあること自体が驚きでした。

夫くんの、このお店での最後の一言は

「夜は高いから来れないから。」

がーん・・・。
私も「実は、もうひとつココ近辺で気になるお店があるので行ってみたいのー・・・」とは言えず。


そして、夫くんは仕事に去っていきましたとさ。
おしまい。
[PR]
by yukinkoro_sf | 2009-05-22 10:02 | RESTAURANT

スヌーピーに会いたい!

4月のイースターにJパパ&ママのお家にお邪魔した時のこと。
「スヌーピーはイースタードッグなんだよ。SFに住んでいるならミュージアムがあるよ。」という情報入手。
スヌーピーのミュージアムがあることは既に知っていたのだけど、何故だかとっても行きたくなり・・・。

くまプーLOVE053.gifの私ですが、早速行って来ました。
それも翌週に。( ̄▽ ̄)膳ハ急ゲデスヨ、奥サン。

チャールズ・M・シュルツ・ミュージアム(Charles M.Schulz Museum)は、サンタローザという街にあります。ほぼワインカントリー。
いつもこっち方面に「行きたいの!」というと、「えー・・・またぁ・・・」と渋々の夫くんですが(妻が飲んだくれるため・・・)、今回は目的がワインでないためあっさりOK。
そして私の運転で行ってまいりました。助手席に座れる夫くん、尊敬。
f0181488_6293560.jpg



外にもスヌーピーのベンチがあったり、スヌーピーの形をした迷路があったりとかわいい☆
入り口では、スヌーピーのオーナー、チャーリーがお出迎え。
f0181488_6302495.jpgf0181488_6304814.jpg

夫くん、このチャーリーと並んで写真を撮らされたのは言うまでもありません。ぷぷぷ。
(夫くん、高校時代のあだ名が「チャーリー」だったのです。)

中もかわいいです。

バカラのスヌーピー・・・。スヌーピーの力ってそんなにすごいのか。
f0181488_635065.jpg



大きな壁画かと思いきや、
f0181488_6361768.jpg



近寄ってみると、ひとつひとつが4コマ漫画。
f0181488_6371697.jpg


芸が細かいです。

そして、ミュージアム内にはミニシアターも。ショートムービーが見れました。
ちょうど私達が行った時には「イースタービーグル」のお話。

これだけでも、お話がわかるでしょ?笑
買い物に行って、帽子に夢中になり怒られているスヌーピーもかわゆいし、
Lucyがお庭にまいたイースターエッグを全て持ち去り、みんなに配るスヌーピーも素敵過ぎ。
f0181488_6444585.jpgf0181488_6452318.jpg

f0181488_6455334.jpgf0181488_6465750.jpg

f0181488_6472715.jpgf0181488_6474298.jpg

小学校時代をアメリカで過ごした夫くんは、音楽も懐かしかったよう。
ふーん、良かったねーとちょっと僻んでしまぶ・・・。

そうそう。何故、イースタービーグルと呼ばれているかの説明が日本語公式サイトにありました。
こちらから調べられますよ。

抜粋しましたのが以下です。↓
■イースタービーグル(Easter Beagle)■
スヌーピーの変装の一つ。毎年イースターの日に現れ、軽やかなステップを踏みながら子供達にイースターエッグ(色つき卵)を配って回るビーグル犬。イースターに卵を運んでくるという言い伝えのあるイースターバニーの真似である。
その登場の仕方は年々派手になっているのだそうで、1977年にはサドルの高い一輪車に乗って色つき卵でお手玉をしながら巨大な卵の模型の殻をぶち破って登場した。
ある年ホワイトハウスで開催されたイースター・パーティーに招待され、子供達にイースターエッグをプレゼントしたこともある。
そのときの写真を見るとスヌーピー(の着ぐるみ)はきちんと両耳が立っており、スヌーピーとしてではなく、イースター・ビーグルとしての招待であったことが分かる。


なになに?スヌーピーって変装するの?と思って、スヌーピーのところを読んだら、これがまたウケました。
■スヌーピー(Snoopy)■
スヌーピーは、いつも白昼夢を見ている、活発なビーグル犬だ。犬小屋の屋根で空想にふけっている時には、何にでも優れた才能を発揮してしまう。飼い主のチャーリー・ブラウンをごはん係の「丸頭の男の子」としか思わず、恐れ知らずのスヌーピーだが、隣の猫(名前をWWⅡという)だけは苦手。
高い知性と豊かな想像力のワンマン・ショーで、彼は様々な人格を演じる。(←これが変装らしいです。)
好きな食べ物はピザ、アイスクリーム、チョコチップクッキー、ジェリードーナッツ。
嫌いな食べ物はココナッツ。
本来なら猟犬としての才能を持つはずのビーグル犬でありながら、草むら恐怖症。ウサギが大好き。
スヌーピーの変装などに「どうして僕は皆みたいに普通の犬が飼えないんだろう」とチャーリー・ブラウンは嘆いている

スヌーピー、面白すぎ!!!
今までその面白さを知らなかった私、もったいないことをしていたわ。

そうそう。美術館の外にはカフェとお土産屋さんもあるのですが、なんとカフェにはアイススケートリンク併設です。
f0181488_7142797.jpgf0181488_7144348.jpg


そしてお土産屋さんにも色んな展示があり、楽しめましたよー。
f0181488_7153531.jpg



スヌーピーが、8匹兄弟姉妹だということも知らなかったわー。
ちゃんと最初からお話が出来ているの。ほらこんな感じに☆

f0181488_8252391.jpg


スヌーピーは、スパイク、ベル、マーブルス、オラフ、アンディ、ローバー、モーリーと一緒にデイジーヒル仔犬園で生まれ育ちました。
スヌーピーの最初の飼い主はライラという小さな女の子でしたが、彼女の家は小さなアパートだったので、家族が飼うことはムリだと判断、スヌーピーを仔犬園に返しました。
その後、チャーリーブラウンの両親が、友達から顔に砂を投げつけられた息子(チャーリー)を元気づけるためにスヌーピーを購入しました。


いやいや、奥深し、スヌーピーの世界。
シュルツさん、素晴らしいわ。
うちのチャーリーには、たくぞだな。(* ̄∇ ̄*)

・・・昔、わざわざロンドン郊外に「くまのプーさん」の故郷(と言われているところ)に行ったり、
NYの図書館に生くまプー(本物のぬいぐるみ)を見に行ったりしたけれど、
こんなに立派じゃあなかったわねぇー。
まぁ、今はディズニーの世界で生きているからいいのかな。ははは。
[PR]
by yukinkoro_sf | 2009-05-16 06:26 | TOWN