SF生活日記。


by yukinkoro_sf
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2009年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧

f0181488_14252031.jpg


ここ、サンフランシスコも桜が満開です。

はい。ここもサンフランシスコですよ(*^-^*)
サンフランシスコのゴールデンゲートパークには日本庭園(Japanese Tea Garden)があります。

今日は朝から体調が悪く、英語学校の授業も辛くて早退、そのまま帰ろうと思ったら、
あら不思議。ビルを出て、外の優しい太陽の光を浴びたら、すぅぅーーと痛みもひいていってしまいました。
そのまま学校に戻ろうかとも思ったのですが・・・昔からオサボリ大好き♪
(大学はもちろんのこと、高校の授業も結構サボってました。ははは。)

ということで、MUNIバスに乗り込み、ゴールデンゲートパークまでちょっとお散歩に。
そして、何となーく日本庭園に行ってみた。
きっと日本の神様が「桜の季節だよー!日本の心、忘れるなよー!」と導いてくれたに違いない!!!と思ってしまうほど満開でした~~☆☆
f0181488_14332454.jpg



手入れが行き届いた日本庭園です。結構広いのですよ。
f0181488_14345646.jpgf0181488_14351032.jpg

五重塔もあるし。

大仏さまも。
f0181488_14371100.jpgf0181488_14371959.jpg


こんなに急な太鼓橋。「たいこばし」で合っているかな?鎌倉の八幡様の前にあるこういう橋を「たいこばし」と呼んでいました。
f0181488_1440189.jpg



ちなみに鎌倉のたいこばしは、昔は登れたけど、今は禁止されています。
だけど、さすがアメリカ。こんな面白いもの、我慢できないよね。みんな登ってました。
f0181488_14411262.jpg



もちろん桜以外のお花も植えられていますよ。
f0181488_14432714.jpgf0181488_1443442.jpg


f0181488_14445358.jpgf0181488_1445744.jpg

f0181488_14455594.jpg

f0181488_14464077.jpgf0181488_14465380.jpg

f0181488_14472062.jpg

f0181488_14475096.jpg



きっと1年で一番キレイな季節のJapanese Tea Garden。
サンフランシスコにお住まいの方、お時間があったら、この数日中に是非とも行ってみてください♪

桜って、かわいいねー。
[PR]
by yukinkoro_sf | 2009-03-28 14:48 | TOWN
「反戦、平和、自由」がスローガンのヒッピー文化。
1960年代、この場所からヒッピー文化は全世界に波及していきました。
f0181488_7422635.jpg


f0181488_7425066.jpg


なんだか、とても自由な雰囲気。
家だってこんなカラフル。
 
Haight St.に面してある「Red Victorian B&B」は、ヒッピームーブメントの名残があり、今も人気のあるB&Bなんですって。
f0181488_7434242.jpg



恒例のワンコ観察。
f0181488_7462476.jpg


f0181488_7464371.jpg


f0181488_747081.jpg



ワンコは、どこで見かけても、みんなかわいい☆
昔も今も変わらず人間の親友だよね。

サンフランシスコはアメリカの中で14番目に人口の多い街で、それほど大きな都市ではないのですが、
ちょっと歩くと全く違う空気を持ったエリアになり、違う文化の香りを感じられます。

そして、車を走らせれば、ワインカントリー、温泉地域、スキーエリア、ゴルフエリア、水辺の生物生息地域、芸術家の愛する町カーメル&モントレー、ヨセミテ国立公園といった大自然・・・。

自然も都会も遊びも食も「ぎゅっ」と大集結させたような、自分の住みたい町をおもちゃの模型で作っちゃった!!みたいな感じ。

サンフランシスコ、好きだわ~☆
[PR]
by yukinkoro_sf | 2009-03-27 07:56 | TOWN
サンフランシスコのレストランの中で「行ってみたいBEST3」に入っていた「GREENS」。
先日のホワイトデーに夫くんに連れて行ってもらいました。
f0181488_6403360.jpg



事前にshinaさんブログを夫くんに見せて、「肉食の人も満足できるって!!」と説得。
見事、OKの返事をもらいました♪
わくわく。

当日は残念ながら雨でしたが、食事をし始めたら我が夫婦には奇跡的に!!雨が上がりました。
f0181488_6425417.jpgf0181488_643523.jpg

ゴールデンゲートブリッジが見える場所にあるのです。
夫くんの秘書さんからも
「景色がとてもいいので、是非行ってみてね!」とオススメいただいていたレストランでした。
さて、料理はというと、もちろん全てべジタリアン料理です。
お肉を使わない料理ですが、チーズ等の乳製品は使っています。

アメリカに来てから、動物保護団体の過激なCMや、オレンジページの表紙裏の日本ハムの広告のかわいい子豚さんを見てから、
(日本ハムは「大事に”おいしく”育てた豚を使ったハムですよ」ということを伝えたいのでしょうが、私には微妙に逆効果で、肉を見ると罪悪感を感じるようになり始めています・・・。涙)
ベジタリアン料理に興味を持ち始めていたので、私にはもってこいのレストランなのでした。

さて、前菜に、夫くんはスープ、私はおそらくポテトのケーキを。
f0181488_6493653.jpgf0181488_6494863.jpg

このポテトのケーキは問題なく美味しかったです。
ですが、肉食の夫くんは、肉を使用していないというだけで「美味しい」というのがなんだか悔しそう。

メインは、夫くんがカレー、私は大きなマッシュポテトにお肉ではなく何かを詰め込んだ(既に忘れてしまった・・・)お料理を。
f0181488_6524124.jpgf0181488_652537.jpg

やっぱりお野菜が美味しく感じました。
お腹に満足感を与えるポテト料理も、他のお店よりもかなり美味しく調理しているように思います。

が、やはり「お肉」という名のものを愛する夫くんは「美味しい」とは言わず。
(はい。だいぶ、ガンコ者なんです。)

デザートは、「バニラアイスクリームONLY」と「バニラアイスクリーム&アップルクランチ」。
f0181488_6565983.jpgf0181488_657149.jpg

「バニラアイスクリーム&アップルクランチを2人でシェアしよう!」と提案したら
「僕がアイスで、ユキがアップルクランチでいい?」とわけのわからないことを言い始めたので、
2つオーダー。ベジタリアン料理でとうとうキレたか!?

f0181488_6583965.jpg


店内は天井は倉庫のような感じですが、陽もいっぱい入り、人気なのがよくわかるお店でした。
私は安心して何でも食べれるので、かなりお気に入り。
ですが・・・。
ガンコな肉食の人とは行かない方が良いかも・・・ ( ノω-、) ううっ・・・。

今度はお友達と行きたいと思います。



「食育」という言葉がありますが、食がどういう経路を辿って食卓に上がるかということも学んで、
食材に対する感謝の心も学ぶ必要があるのだろうな、と思います。
私は、スーパーで切り身になったお肉を、いざ、まな板の上に置いて、自分の手で触ったりしているので余計に感じてしまうのかもしれませんが・・・、夫くんは「出来上がった料理」しか見ません(料理の過程は「見たくない」らしいです。たぶん触れないのだと思います・・・。)。
男子、厨房に入らず!はいかん!!
いつかの機会に、是非我が夫くんにも手にとって実感していただきたいと思いました。

ちなみに、この間、英語学校の授業の中で
サンクスギビングにターキーを多くのアメリカ人が購入するけれども、どうやってターキーを殺しているか知っているか?という新聞記事が教材で出ました。
ターキーの足をまとめて縛って、オートマティックのカッターで一気にカットしていくそうです・・・。
そんな残酷な方法なのに、まだ購入するつもりですか?という問いかけ文でした。

先生は
「みなさんは、お肉が食卓に上がったときに、お肉に対して何か特別な感情を持ちますか?」
と。
ある韓国人の女の子は(特にこの子は大学の専攻が「食」でした)
「ありがたくいただくという気持ちを忘れてはいけない。」と。
うん、納得。日本人もだから毎食「いただきます。」って言うもんね。

に、対し、多くのみんなは「別に何も。」と。
そして、逆に「牛はどうやって殺しているの?」と質問。
先生から
「アメリカでは、窒息させているんだよ。」と・・・。

その時点で、だんまりしていた私に、「ユキはどう思う?」と質問が。

・・・・・。

「肉を食べないでも生きていける動物は、みなベジタリアンになれればいいのにと思います。」と回答。

みんなに笑われてしまったけれど、いや、本当に毎日食べなくても、
時々、そう、必要最小限でいいと思うーー。

でも、この間、ベジタリアンの人が、
「牛を見たら「おいしそう」、本当はそう思うのが普通なのよ、私のように考える人は普通じゃない。」と言っていました。

うん。その意見も納得。
しばらくは毎食、葛藤が続きそうです。

レストラン入り口に飾られていたお花。
f0181488_733382.jpg


ちょっと日本風。
[PR]
by yukinkoro_sf | 2009-03-27 07:26 | RESTAURANT
先日、大学母校の野球部がアメリカ遠征にやってきており、サンフランシスコで歓迎会を行いました!
私もその歓迎会に誘っていただき(初めての大学同窓の会に参加。かなり緊張・・・。)、夫くんとともに参加。
場所は、リッチモンド地区にある「Panda Country Kitchen

f0181488_6172161.jpg



まず、食事は美味しかったのですが、本格的四川料理で、超辛かったです。
(ですが、本場四川料理を味わったことのある方からは「こんなもんじゃない!」とのこと。)
f0181488_6142394.jpgf0181488_6144016.jpg


学生のみなさんが平らげたお肉料理。これは辛くないです。
f0181488_6151772.jpg



これ以外にも、たーっぷりと中華料理をいただき、食べ盛り、なおかつ体育会という大食漢な若者が集まったのに、食べきれずに、お土産に持ち帰ったほどです。

さて☆
話を聞くと、彼らは、最初にアリゾナに入り、プロの練習を目の当たりにし、その後、アメリカの大学との練習試合をこなしながら、ロサンゼルス、サンフランシスコと北上してきたそうです。
ロサンゼルスでは、約40人の学生中、13人が食中毒&インフルエンザに感染し病院に搬送、
アメリカの大学との練習試合というよりも、「自分との戦いでした・・・」とのこと。

・・・大変だったようです・・・。

でも、みんな礼儀正しく、スーツをきちんと着こなし、応答も素晴らしく、
私が学生の時には、こんなに大人に振舞えていたかな??と思ってしまいました( ̄∇ ̄;)

そして、何よりもここサンフランシスコに住むOB、OGの皆さんが、
こうやって温かいもてなしを企画する心に、なんだか胸を打たれました。
素敵な皆さんです。

後日、練習試合の際のランチにも、ビーフカレーを大量に作って、学生の皆さんに差し上げたとのこと。
私もいつかこうやって後輩のお世話がちゃんとできるようなOGになりたい・・・。

と、何はともあれ、若いみんなの、野球に打ち込む情熱などを聞いたり、校歌を一緒に歌ったりして、
若いエネルギーを大吸収♪
だいぶ、堕落し始めていた私の生活でしたが、新たな息吹をいただきました。

もう春ですものね。
私も心機一転、精一杯毎日を暮らしていこうと思います☆
[PR]
by yukinkoro_sf | 2009-03-27 06:35 | RESTAURANT

うさぎ

お友達Kのお家に遊びに行ってきました。
Kのホストファーザーは、お家でジュエリーを作っていて、そのジュエリー工房の見学に。
一緒に行ったCが、ジュエリーにとても興味があるので、特にジュエリーに興味のない私は好奇心だけでついて行っただけだったのですが、
そこでとてもかわいいモノに出会ってしまいました☆

うさぎ(゚ω゚)♥
f0181488_9235142.jpg



街中で犬や猫は見るけれども、うさぎってなかなかお目にかかれないので、超観察しちゃいました。
我が家のたくぞ位の大きさで、超小さい。

か、かわいい・・・。

もぐもぐ。
f0181488_924321.jpg



もぐもぐもぐもぐ。
f0181488_9245363.jpg



まだまだ・・・もぐもぐもぐもぐもぐもぐ・・・。
f0181488_9251748.jpg



おやつも。もぐもぐ。
f0181488_9254176.jpg



Kいわく、
「最近の食欲がすごくて、この数ヶ月でかなり大きくなりすぎている気がして、ちょっと心配してるんだよねー」

くくく。かわいー。
耳のたれたうさちゃんでした。
ぴょんぴょん飛んでる姿も愛くるしい。

さて、目的のジュエリー工房ですが、面白いデザインのものもあり、ジュエリーに疎い私でも、結構楽しめました。
(でも、ウサギの方が気になっちゃって。笑)

パパさんのお席を最後にパチリ。
f0181488_928475.jpg



ホームステイのお家も「あたり」「はずれ」があって、とても親切なお家にあたった子はラッキーです。
「え、それはヒドイ・・・」というホームステイ先もあって、私だったら家に帰れないと思ってしまうようなところもあって・・・。
Kのホストファーザー&マザーは、とても気さくで良い人柄がにじみ出ていて、とても安心しました。
せっかく留学しにサンフランシスコに来ているんだもの。
やっぱり良い思い出を作って日本に帰って欲しいです!

おうちに帰る際に、Kから教えてもらったパン屋さんで、ポークパンとチキンパンを購入。
なんと、ひとつ$1!!
さすが、ローカルな中華街リッチモンド地区!!
f0181488_931430.jpg


f0181488_9313029.jpgf0181488_9314496.jpg

パンみたいなんだけど、レンジで温めると、まるで肉マンの生地で、とっても懐かしい感じ。
夫くんと分けようと思って、2つ買ったのだけど、結局一人で食べちゃいました。笑
(最近、仕事が忙しいようで、生活リズムが合わなくて、いたしかたないのです。うん。)

何はともあれ、かわいいうさぎに会えて大満足。
あ、名前は、エルメスです。←あの高級ブランド「エルメス」です。ぷぷぷ。
[PR]
by yukinkoro_sf | 2009-03-21 09:33 | FRIENDS
「ココナッツ味のこっくり甘辛い、バターチキンソースのカレーが食べたいっ!!」
との欲求を満たすため、Fillmore St.にある「DOSA」に行って来ました。
f0181488_142515.jpgf0181488_142189.jpg


かなり前から気になりつつも、今回初来店。
やっぱり店内はインド人が多い。

そして、この洗練された空間。
ちなみに、トイレも日本並みに美しかったです。
f0181488_144228.jpg



上記カレーを、これまた美味しいナンで食べたいっ!!
という欲求もあったのですが、残念ながらかなえられませんでした。
というのは、ナンがなかったのです。エーン。

スープorサラダがついて、ちょっと小さめのカレーで$12というランチセットを発見。
これでいただきましたが、量も十分。
普通サイズで頼んでいたら、ちょっと多すぎたかも。

スープも好きなものを選べます。
夫くんは味噌汁好きなので、MISO SOUPという文字に騙され、味噌味スープを。
私は、ココナッツ味が好きなんだけど・・・とつぶやいたら、お店のお兄さんが「なら、これ!」とススメてくれたので、そのスープを。これがかなりヒット!!!
f0181488_148323.jpgf0181488_1481911.jpg

夫くんの味噌味スープ、味噌だけどかなり辛くて、それでいて酸っぱい。笑
正直、失敗でした( ̄∇ ̄;)
私のスープは、下手に大きなチキンとか入っていてもイヤだなぁと思っていたのですが、
そんなことはなく、カリフラワーとかの優しいお野菜、でも、きちんとコクのあるまろやかなココナッツカレースープ。
これがカレーで出てきても全然OKだわー♪と、次のカレーがとても気になる。ワクワク。


そしてお待ちかね。出てきたカレーはこちら。
これが夫くんのカレー。
f0181488_1411436.jpg



これが私のカレー。
f0181488_1412784.jpg



夫くんのは、ナンでなく薄いクレープのような感じ。中にはカレー味のマッシュポテトのようなものが入っていました。
私のは同じ原料らしいのですが、もっと厚く、多目の油で焼いた感じで、まさしくチヂミ味!!

これを辛いカレーソースでいただきました。
マイルドなココナッツバターチキンカレーを想像していた私には、ちょっと辛すぎ。くすん。
夫くんが注文したカレーは、私の上をいく、さらに辛いカレーソース。

初めての味・・・。
私の食べたいカレーはいずこに??
[PR]
by yukinkoro_sf | 2009-03-19 14:20 | RESTAURANT

サンフランシスコの絶景

先日、トルコ人のお友達Nのお家にCちゃんと遊びに行ってきました。
思わず「おぉぉぉぉぉっ!!!!」

f0181488_12321414.jpg


サンフランシスコ・ベイブリッジです。
こんな立派な大きな橋と海を、毎日眺められるなんて!!

ソファに座っていると、目の前には海と橋しか見えません。遮るものは全くナシ。
海に飛び込む感覚!!
f0181488_12365310.jpg


(あ、わたくしのお尻・・・。笑 この日、カメラを忘れてCちゃんからもらいました。ご了承くださいませ。)

アパートの廊下も超洗練されていて、まるでリッツカールトンみたい!!

Nの旦那さまはとても賢く、世界中を飛び回ってお仕事をしているそうです。
Nもここに来る前は、ドイツに住んでいたのだけど、今はサンフランシスコ。
でももうすぐイスタンブールに帰っちゃうんだって。涙
うーん、せっかくお友達になれたのにな・・・。

イスタンブールのお家はどんな感じ?と聞いたら、
「私には、とても広すぎるのよ。ベットルームが4つもあるの。」と。
・・・私もいつかそんな発言してみたいです( ̄∇ ̄;)
日本ではとーっても贅沢なことなんだよ!知ってる??笑

トルコのお茶とともに、長々と2~3時間居座ってしまいました。
国籍関係なく、女性がお茶を飲みながら話をし始めると止まらないんだねー・・・。

Nはイスタンブールにかわいいかわいい娘ちゃん(犬:ゴールデンレトリバー)を置いてきていて、
早く会いたいわーって言ってました。
ゴールデンレトリバーは賢いから大丈夫!

さて、我が家のたくぞは、そろそろ私のことは忘れてしまっただろうか・・・。
[PR]
by yukinkoro_sf | 2009-03-19 12:46 | FRIENDS
この間、学校の先生やお友達と一緒にサンフランシスコのミッション地区16th通り沿いにあるスペイン料理レストラン「PICARO TAPAS」に行ってきました。

実はミッション地区に夫くん以外と行くのは初めて!
bartという地下鉄を使って、みんなでディナーに☆わくわく。

f0181488_121969.jpg


f0181488_1243147.jpg



スペイン料理レストランだけど、私達がいたのは午後7時~9時頃。
案の定、スペイン人は誰一人いませんでした。
というのは、スペイン人は夜行性(?)で、夜がとても強いんですって。
なのでディナータイムも午後10時をまわってから食べるのが普通との事。まぁ、ホントぉ!?

大勢で色々注文して食べましょう!ということで、タパスと呼ばれる前菜のような小皿をいっぱい注文。

パンは、ガーリックマヨのようなものでいただきました。スペインだけど、オリーブオイルじゃないのかぁ。
地方によって違うのかしら??
f0181488_1264076.jpgf0181488_126545.jpg

そして、一番のお気に入りは、このポテト。ガーリックマヨがなんとも言えない大好きなお味。

そして、スパニッシュオムレツ。
f0181488_1272611.jpg


卵というよりも、ポテトの味が勝ってホックリ。これもとてもとても私好み。

チキンのトマト煮にパエリア。
f0181488_1274392.jpgf0181488_127594.jpg

パエリア、おいしー(≧∇≦)

他にもいっぱい注文しましたが、何せこの日は、デンマーク、スイス、フランス、ドイツ、韓国、日本人が集まった席なので、写真を撮っていると、会話に置いていかれてしまいます。笑

どれも日本人好みの味で大満足。
何よりも、大勢でワイワイといただけたのが一番っ!!

最後にはデザートもちゃんといただきまして、ごちそうさまでしたっ♪
それで、tipも入れて、一人$18でした。安い!
(あ、ちなみにみんなお酒はナシです。先生もいるし、21歳未満の子もいたのでね。)

ミッション地区は夜は危険だよ、と言われていたのですが、このレストランのあたりはメインの通りなのかお店もつらなり、危険な感じは全くしませんでした。
・・・と、こういう気の緩みがいけないのかな?

でも、またお友達と食べに来ようっ!!
そして、この一緒に行った先生は、昔も、そして多分今も「ヒッピー」なんです。
とても明るく、面白い、ちょっと変な先生だけど、私はとても気になる、好きな先生の一人なのです。ふふふ。
学校も結構楽しんでます。
[PR]
by yukinkoro_sf | 2009-03-19 12:01 | RESTAURANT
サンフランシスコのミッションと呼ばれる地域は、ヒスパニック系のコミュニティが多い地域らしく、美味しいスペイン料理もたくさんあります。英語学校のスペイン人友も夜な夜な出没しているようです。

が。
わたくし、毎回食べ物ばかり求めているわけではないのですよー(〃∇〃) ほぼ、そうだけど・・・。

実は、この地域、壁画アートが数多くあることでも知られています。
なんと75以上も壁画があるんですって。これは、これからも少しずつ探していきたい感じ。

ということで、たまには芸術を一緒に楽しんでいただきたく♥

まずは、ミッション・ドロレスパークに面している建物に描かれていた壁画。
f0181488_8491115.jpg


人が天秤をつるしている。食べ物を量っているわけではなさそう。
と想像してみるに、天秤と言えば、裁判だろうか。

そして、19th沿いにある建物に描かれていた壁画。
f0181488_8515242.jpg


男性と女性から、生命が宿ることを表していると思われます。

もうひとつ19th沿いから。
f0181488_8522345.jpg


これは色んな色の細かな点々で描く技法(技法名、忘れました・・・。)を真似たものと思われます。
「真似た」というのは、下地は普通に描いて、上からちょこっと淡色系の色でポチポチしただけの「なんちゃって」壁画でした。笑
でも、これが一番私には受け入れやすかった、ほのぼのした絵。


そして、18th沿いにある建物に描かれていた壁画。
f0181488_8523938.jpg


ビル一面です。
ビルの一番上の絵は、この写真からはわかりにくいのですが、女性が子供を宿していました。

そしてビルの下の方に描かれていた絵。
f0181488_855668.jpgf0181488_8552040.jpg
f0181488_8553337.jpgf0181488_8554613.jpg

結構、素晴らしいでしょう?

ふと、高校時代の体育祭を思い出しました。
私の高校は体育祭がとても盛んで、高校1~3年までの同じクラスが同じ色で戦うのですが、
ただの競技大会だけでなく、仮装ダンスもあり、大きな壁画も描いたりと、それはそれは大規模なものなのです。
高校3年生にもなると、受験でなく、この体育祭に全てを注ぐ子も大勢。
そして、その壁画担当がBack Board、通称BBパートと呼ばれていました。
あぁ、懐かしいなー。
ちなみに私は、競技担当だったので、みんなのムカデ練習のお手伝いをしたり、リレーに出たり。
(もっとも労力を使わない、当日がんばりましょうパートだったという話もある。)

と話がそれたついでに、実は、ここのすぐそばに、サンフランシスコのベーカリーの名店「Tartine」があります。
f0181488_9184466.jpg


ということで♪
f0181488_914698.jpg


f0181488_9153942.jpgf0181488_9155194.jpg

ハム&チーズクロワッサンに、チョコクロワッサン。
スコーンに、ショートブレッド、メキシカンクッキー。
そして、オリーブも入った食事系ずっしりパウンドケーキ。
このパウンドケーキが、ワインに良くあうこと~(≧∇≦)

って、やっぱり食にいってしまいました・・・。

美味しいものをつくっていただきありがとうございます。
f0181488_9193839.jpg



ミッション、食も芸術も奥深し。←これでまとめたつもり。笑
[PR]
by yukinkoro_sf | 2009-03-17 09:21 | TOWN
「スキーに連れてって!」と長いこと言い続け、ようやく行ってきました。
Lake Tahoe(レイクタホ)にあるHeavenlyと呼ばれるスキーリゾート。

といっても、夫くんが連れて行ってくれたわけではなく、お友達と大勢で行ってきました☆
近くではサンノゼ、サンマテオ、サンフランシスコ市内、そしてはるばるシカゴからも集まりました。

現地集合で、金曜の夜に各自出発したのですが、我が夫くん、仕事で家に帰ってきたのは午後10時過ぎ。
それでも午後11時に出発し、到着は夜中の午前2時半・・・。
と、しょっぱなから波乱がありそうな雰囲気でしたが週末は快晴でコンディションはバッチリ♪
f0181488_6273529.jpg

f0181488_6275142.jpg


目の前に湖が。はぁぁ~素敵。

私は2日間、思いっきり楽しませていただきました。
いつもはスノボーをするのですが、ここ1~2年の腰痛が気になり、腰に負担の少ないスキーに。
長い板ではなく、ショートスキーをセレクト!

姉友のM兄さん、K兄さんに数年前まで毎年のようにスキーに連れて行ってもらったので、久しぶりのスキーはそれはそれは楽しかったですヾ( ̄∇ ̄=ノ
あー、また行きたいーーー!!!
雪質も北海道とまではいかなくても、かなり良かったと思います。
とても混んでいると聞いていたのですが、アメリカの混雑は日本のような混雑ではなく、
日本人には全~然、気にならないです。空いているじゃん?と思ってしまったくらいでした。

カリフォルニアは、ウインターシーズンも遊びがいっぱい。
一度はおいでよ、カリフォルニア~!!!

と、こんな元気な書き出しですが、実は一緒に行ったほとんどの人が風邪や転倒で体調を崩し、
2日目には4人しか滑りませんでした。
(なお、そのうちの2人は我が夫婦。ははは。)
仕事が忙しい中、強行で行っているので、仕方がないかな・・・。
・・・みんなもう治ったかしら??

夕ご飯も、このスキー旅行の隊長が体調最悪で(ってダジャレみたい。笑)隊長は解熱剤を飲んで部屋で休憩。
TO GOでブイヤベースを持って帰りました。可哀相な隊長。いつかリベンジですね・・・。
そんな隊長が予約してくれていたのは「Blue Water」というレイクタホ湖畔に浮かぶ素敵なレストラン。
f0181488_6421751.jpg

f0181488_6422997.jpg


スキーに来て、こんな素敵なレストランは贅沢この上なく。

お料理も素敵でした。
f0181488_6454296.jpg




日本のスキーシーズンもそろそろ終盤ですね。
皆さんは今シーズンは行かれましたか?


最後に。
電線にかかった雪を除去している人をパチリ。
f0181488_650536.jpg



こわい・・・。
[PR]
by yukinkoro_sf | 2009-03-12 06:49 | TRAVEL