SF生活日記。


by yukinkoro_sf
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2009年 02月 ( 22 )   > この月の画像一覧

翌日は、ソノマのルシアンリバーのワイナリー巡りをしました。

最初に向かったのは

MARTINELLI WINERY

マルティネッリは真っ赤な建物がとても印象的でした。
1887年創業というから、かなりの老舗です。
f0181488_12204975.jpg


f0181488_12215332.jpg


こちらは、果実の供給も行っていて、そのひとつにPATZ&HALLもあるよとテイスティングの方が言われていました。わーぃ、大好きなワイナリーのひとつ!葡萄の質がよいのでしょうね。期待大!!
テイスティングは丁寧に6種類位いただきました。

ピン!と来たものが、とても値段が高く、うーん・・・と購入を悩んでいると、
「テイスティングをした中にはないけど、これはお手ごろ価格で味が気に入ったものに似ているよ。」と教えてもらい、今回はそちらを購入。

こちら。
f0181488_12221456.jpg


■Woolsey Road Chardonnay 2006 $36.00

です。
ここのワイナリーのワインは、どれも高かったなぁ・・・。


GARY FARRELL WINERY

ここはルシアンリバーで有名なロキオリ、リムリック・レーン、ディヴィス・ヴァイナムのワイナリーで活躍していたゲアリー・ファレル氏が創設したワイナリー。そういう関係もあり、上記ワイナリーから上質な葡萄を入手できているそうです。
f0181488_12525840.jpgf0181488_12531635.jpg

f0181488_12534980.jpgf0181488_1254947.jpg

f0181488_12564356.jpg


テイスティングルームは高台にあり、雨さえ降っていなければ、とても美しい景色がみれただろうに・・・残念。
$15程度かかりましたが、テイスティングはRESERVEワインをいただくことに。
どれも美味しかった~。
赤は比較ができるようにと3種一緒に出してくれました。
f0181488_12594429.jpg


味、香りがそれぞれ違うのがわかって、いや~悩んでしまう。私はPinot Noirを一番に決定。
香り的には2番手だったのだけど、テイスティングを担当してくれたおばあちゃんが
「一番はやっぱり味だからね!」と。

こちらを購入。
f0181488_134122.jpg


■2006 Chardonnay - Russian River Valley - Rochioli-Allen Vineyards $45.00
■2006 Pinot Noir - Russian River Valley / Hallberg Vineyard $50.00

っと、ちょっと高ついてしまいました。
これは、我が家では特別なときにいただくことにします!

さて、本日のこの2件、実はバークレーにMBAで留学に来ている中国人のグループの方とほぼ一緒になってまわっていました。
その中の一人が「今MBAで来ている日本人がワインに対してすっごいクレイジーでさぁ!」と。
ここSFに来た日本人はワインにはまる人が多いのかも。笑

そして、その人いわく「次はROCHIOLIだね。あそこはとてもとても有名だよ。」と。
ふぅむ、次を決めかねていたけど、そんな風に言うなら一度くらい行ってみようかな。
GARY FARRELLで購入したワインの葡萄もロキオリの畑だったしな(-∀-。)←すぐ流される人・・・。


ということで、

ROCHIOLI VINEYARD&WINERY

f0181488_13202749.jpgf0181488_13204374.jpg

f0181488_13211581.jpg



何だか殺風景なテイスティングルーム?と思ってはいけません。
ここのワインはメーリングリスト登録者しか手にできないようなワインを作っているのです。すごーい!
私達が行ったときも、既にChardonnayは売り切れ。「来年まで待ってね。」と言われました。
昨年の秋には、日本人もたくさんChardonnayを購入して行ったそうですよーー。
なので、テイスティングは、ピノとソーヴィニオンブランの2種のみ。

なお、ロキオリでは自社畑のおよそ1/3をレンタルとして貸し出しているんですって。
葡萄が美味しい証拠だね。

ワインとは全然関係ありませんが、テイスティングルームに飾ってあったソノマのアーティストの作品。
f0181488_13263195.jpg


定期的に作品は入れ替えるそうですが、ソノマのアーティストのもの、と決めているんですって。
そして今回はガラスアート。その中で一番気に入ったものをパチリ☆
するとテイスティングのおじさん
「僕もそれが一番好きなんだ~!」だって。

素敵でしょ?我が家にひとつぐらいハイセンスなものがあってもいいかも。
なおお値段$400なり。
・・・芸術ですもの・・・値段を気にしてちゃいけないか・・・。でも断念。

そんなふうに過ごしていると、一人のおじいさんがテイスティングルームの廊下を歩いていった。
「あの人がロキオリオーナーだよ!」と。
へぇぇ!!ちゃんとオーナーとなった今も作業着でテイスティングルームとかに出入りしているんだー、と
葡萄、ワインへの愛着心?を勝手に感じてしまいました。
ここのChardonnay、来年は是非飲んでみたいっ!!

ということで、今回購入したものはこちら。
f0181488_13295889.jpg


■2007 Estate Pinot Noir $48.00

これも特別な時にいただきたいと思います!
あぁ、SFに住んでて良かった。(TωT)嬉し涙。


そして、ラストに向かいましたのは、
Mill Creek Vineyard

夫くんに「次で今日は最後だからね!」と言われ、えぇぇっ!?もう??とアセアセで入ったワイナリーでしたが、結果的には本日2番目に気に入ったワイナリーでした。
(1番はGARY FARRELLでした。)
かわいいコテージ風のテイスティングルーム。
f0181488_13453416.jpg


f0181488_1346469.jpgf0181488_13461824.jpg


と、感じたことを書こうと思ったのだけど、既にほぼ記憶がなくなっている・・・。
けど、購入したのは自分好みで間違いないはず。その時は相当悩んだことは覚えているから。
そして、テイスティングのおじさんとも仲良く話した記憶はある。あれれれれ??
何も覚えていないぃ・・・・。

ま、仕方ない。涙
購入したのはこちら。
f0181488_1351268.jpg


■2006 Chardonnay, Estate Reserve $28.00
■1999 Sonoma County Cabernet Sauvignon $33.00

改めていただくのが楽しみです( ̄∀ ̄)

以上、ルシアンリバー巡りも終わり、メンドシーノ旅行記も終了☆
ふぅ。
ブログにお付き合いくださった方、どうもありがとうございました!!
[PR]
by yukinkoro_sf | 2009-02-28 14:01 | TRAVEL
さて、メンドシーノワイナリー記です。
今回は、1日目にメンドシーノ(アンダーソンヴァレー)、2日目にソノマ(ルシアンリバー)をまわりました。
メンドシーノでは5つ。
朝9時ごろに出発して、5つのワイナリーをまわり、メンドシーノの町を見て、と大忙し。
ホテルに入ったのは夜10時だったから、SFから行くにはやっぱり宿泊が必要かなぁ。
もっとのんびりまわれたら、メンドシーノの人たちや自然とも触れ合えて、もっと印象に残るところだと思います。

ではひとつ目のワイナリーを。
MAPLE CREEK WINERY
f0181488_511187.jpgf0181488_512281.jpg
f0181488_513819.jpg


素敵な風景いっぱいの山道に面してあるのがこのMAPLE CREEK。
山小屋コテージみたいでかわいいところでした。ここのオーナーはTomさんとLindaさんという方なのですが、このワイナリーを設立する前は、Tomさんはワインラベルの絵を描いたりするアーティスト、Lindaさんはインテリアデザイナーだったのですって。なので、ワインラベルはどれも温かみのある、素敵なものばかり。
テイスティングは$5ですが、どれだけでもいただけます。10種程度あったのではないでしょうか。
そして購入すればテイスティング料はナシになりますよ。

また、現在、不景気のアメリカ。
MAPLE CREEKでは、3本購入すると4本目は無料になる景気刺激策実施中!!!
購入いたしましたのはこちら。
f0181488_515355.jpgf0181488_5232.jpg

■2005 Artevino Reserve Chardonnay $36.00
■2007 Estate Symphony $22.00←これが無料に。
■2005 Artevino Pinot Noir $36.00
■2006 Artevino Late Harvest Zinfandel $35.00

を。
Chardonnay好きの私は、4本目が無料になるならこちらを2本購入したいところでしたが、
フルーティーなワインが好きな夫くんはEstate Symphonyの軽めな味がおきに召したようなので、4本目はこちらを。
無料になるなら高いものを!と思ってしまう私・・・。

お次は、
Zina Hyde Cunningham Winery

MAPLE CREEKでテイスティングのお兄さんがススめてくれたワイナリーです。
だけどあまりワインは印象に残っていないのですが、夫くんはこちらがお気に召したようです。
(でも、夫くんはワインはほぼ飲んでいないし・・・、テイスティングのお姉さんがかわいかったからだろうか?)
f0181488_526192.jpgf0181488_5263323.jpg

外に飾られていた車。
f0181488_527210.jpg



と言いつつも購入。
家でじっくり味わうとまた味も変わってくるというものだからね!
↑購入のためのこじつけじゃあないですよ。ホントだってヾ(・_・;)

f0181488_5282247.jpg


■2006 Mendocino County Chardonnay $24.00
■2004 Redwood Valley ‘Old Vine’ Zinfandel $30.00

Chardonnayは2007年もいただきましたが、2006年が断然美味しかった。
さっぱり、すっきりなChardonnay。でもフルーティーでなく夫くんと私の好みのちょうど中間位。
そして、ChardonnayよりもこのZinfandelが美味しく感じた、私にしては珍しい傾向。


NAVARRO

ここは「アンダーソンヴァレーのパイオニア」と呼ばれるワイナリー。
メンドシーノは冷涼な気候で「寒すぎてもぶどうは育たない」と思われていたアンダーソンヴァレーに1973年に初めて「ヴェツルトラミネール種」というぶどうを栽培したのが、ここNAVARROのオーナー夫妻なのですって。

f0181488_5473593.jpgf0181488_547464.jpg

f0181488_5482810.jpgf0181488_5483870.jpg


キレイに整備された畑・庭園なんだけど、嫌味な派手さはなく、ほっとする感じ。
f0181488_549618.jpg



こちらでも無料で15~20種程度のワインの中から好きなだけテイスティングさせてくれるので、
自分に合ったワインを選ぶことができますよ。
で、その中で私達が購入したのはこちら。
f0181488_554983.jpg


■2005 Chardonnay Première Reserve Anderson Valley, Mendocino $25.00
■2007 Gewüztraminer Estate Bottled, Dry Anderson Valley, Mendocino $19.00
■2006 Gewürztraminer Late Harvest Anderson Valley, Mendocino $29.00

です。最後のアイスワインは、夫くんのご両親へのお土産に。気に入ってくれるといいな。

さて、ここで偶然知り合った日本人の方。
ワインの輸入・販売をしている方で、ワイナリーをまわって、今後輸入するワインの吟味をされていました。
なーんと羨ましいお仕事♪←あ、ワイン好きの私には羨ましいのです・・・。

そして、偶然にもその方の出身が私の父親の故郷と一緒と言うから、驚き!
アメリカのこんな小さな町の、いちワイナリーで、なじみのある日本の超小さな町名を聞くなんて!
ということで、名刺をいただきまして、
将来の私の再就職先となることができるでしょうか!!  ̄∇ ̄)ノ 世の中そんな甘くない!?

でも、昔々、私、赤のスパークリングワインを購入しようと思って、検索している時にこちらの会社のサイトをのぞいたことあるんだよね。
銀座にも展示ルームがあるようだし、是非とも父に教えてあげなければ。


Greenwoods Ridge Vineyard

NAVARROのお隣にあるワイナリー。ここもMAPLE CREEKのお兄さんがススめてくれたので行ってきました。
f0181488_61599.jpgf0181488_615186.jpg

f0181488_6154892.jpg



購入したのはこちら。
f0181488_619162.jpg


■2007 Sauvignon Blanc Meyer Vineyard, Boonville, Anderson Valley $18.00
■2006 Late Harvest White Riesling Mendocino Ridge, Estate Bottled $30.00
ここのデザートワインはとても美味しかったです!!
デザートワインの記憶しかない・・・。

ここも確かテイスティングは無料だったかな。
テイスティングのお兄さんはここもフレンドリー。夫くんと話が弾んでいました。
私は飲み係ですので、舌でワインとお話してきました。

そして最後は
Roederer Estate

f0181488_6303325.jpgf0181488_6305043.jpg

f0181488_6313517.jpgf0181488_6314648.jpg


ロレデールエステイトは、スパークリングワイン専門のワイナリーです。
本家本元はフランスのシャンパーニュ地方とのこと。
ホワイトハウスの晩餐会でも出されているスパークリングワインなんですって。でもそういうものは、製造工程が完全なる手作業で行われているらしく・・・、全くの別物と考えた方が良さそうですね~。
f0181488_636034.jpg


でも美味しいものは美味しい(≧∇≦)

こちらではテイスティング料($6。でも購入すると$3になる。)を払います。
で購入したものはこちら。
f0181488_64044100.jpg


■Anderson Valley Extra Dry $24.00
■2007  Chardonnay  $19.00
■2006  Pinot Noir  $24.00

3本以上購入すると5%引きになるから、テイスティング料はあってないようなものでした。
スパークリング専門と聞いていたのですが、スパークリング以外もあるので、ご興味のある方はいかがでしょう?

ってな感じのメンドシーノの(に行く途中にあった)ワイナリー。

ナパやソノマと比較したら、ワイナリーの数は少ないと言えど、それでも1日、2日、1週間では全然まわりきれない数があり、あぁ、興味はつきない・・・。
今回は、特にアンダーソンヴァレーをまわったので、今度はもっと内陸部のメンドシーノ、レッドウッドヴァレーに行ってみたいな♪

次回はソノマのルシアンリバー巡りです。
雨男の夫くん。案の定、雨を降らせてくれました・・・。
[PR]
by yukinkoro_sf | 2009-02-28 07:05 | TRAVEL
日本のガイドブックには載っていない町「MENDOCINO」(メンドシーノ)。
サンフランシスコから約3~4時間北上したところにある、とーっても小さな町です。
f0181488_2322959.jpg



夫くんが職場の方にススめられ、この間ちょっと小旅行に行ってきました。
以前のSONOMA日記のように2ヶ月も経過してしまわない前にっ!!

上記の赤い線が今回の道です。
行きは海岸線でなく、ワイナリーに寄りながら山道を。
f0181488_236213.jpgf0181488_2361861.jpg

途中、野生のシカを2回、5匹見ることができました。
最初は川で水を飲む2匹、2回目は道路にヒョコッと顔を出したシカちゃん。
車から降りてみると、親子3匹で華麗に川を渡って去っていきました。
(「道路に近寄っちゃダメだよー!」と一応声をかけておきました・・・。 ヾ(・_・;))

その他、牛、羊と動物たちがたくさん。
山道ぐるぐるでしたが、のどかでとっても素敵な景色がたくさんありましたよ。
(あ、ワイナリー巡りは次回にっ♪)

そして、メンドシーノの町は、これまた今まで訪れた町の中で一番小さいのではないかと思うほどこじんまり。
f0181488_2451138.jpgf0181488_2452659.jpg

ビジターセンターにあったメンドシーノの町の模型。小さい町でしょ?
でも、ホテルもあり(それも良い値段。笑)、ハイセンスな雑貨のお店が並びます。
(ワイナリーのおばちゃんいわく「かわいいけど、あそこはモノが高いのよね~。」)

そして、街中でよく目にした井戸のようなもの。
f0181488_2475693.jpgf0181488_248750.jpg

ランチでいただいたお水がとても美味しかったので、ここのお水は井戸水なのかもしれません。

と思ったら、こちらのサイト
eX-WINE」さんのメンドシーノ紹介欄に「井戸水を使用している」とありました!やっぱりー♪

そうそう。ランチは、「MENDOCINO HOTEL」(メンドシーノ・ホテル)でいただきました。
外観はパステルカラーでかわいい感じなのですが、一歩中に入ってみると重厚感ある雰囲気。
f0181488_2545541.jpgf0181488_255513.jpg

f0181488_2553956.jpgf0181488_2555196.jpg

ハンバーガーも美味しいです。
私はランチセットのようなスープ付サンドイッチをいただきましたが、クラムチャウダーも良い塩加減で上品なお味でしたよ!
ワインは、Ferrari-Carano Chardonnay 2006年を。
大きなグラスにたっぷり目に。気前が良いなぁ☆
f0181488_2571237.jpgf0181488_2572398.jpg

※ワインに花が浮かんでいるわけではありません。念のため。笑

私がカメラを持っていたら写真を撮ってくれたりと、温かいサービスを感じました。
f0181488_345289.jpg



さて、帰りは海岸線を!
晴れていたらキレイなのでしょうが・・・太平洋岸を。ちょっとおどろおどろしい?
f0181488_372285.jpgf0181488_373646.jpg

でもカモメにパンくずをやっている人もいたり。
f0181488_392624.jpg



日が沈む頃には、ピンク色の空も見れたので、まぁ良しとしましょう☆
f0181488_3123460.jpg

f0181488_3124543.jpg



そして、真っ暗になってから到着したのは、Healdsburgにある「HOTEL Healdsburg」。
こちらにある「Dry Creeck Kitchen」を夫くんが予約してくれていました。
とてもモダンなホテルにあるこのレストラン。Charlie Palmer氏というアメリカのスターシェフ!(日本でいう鉄人か?)がカリフォルニアで出したレストラン第1号店がここなんですって!
f0181488_3275116.jpg


f0181488_3281743.jpgf0181488_3283131.jpg


お魚の一口前菜と、
地元産サラダを2人でシェア。これは一人分です。
f0181488_3355125.jpgf0181488_336239.jpg

サラダと言えど、とってもオシャレに出てきてびっくり。

夫くんはお肉ではなく、珍しくお魚。私はバタースクワッシュのラビオリを。
f0181488_337466.jpgf0181488_3375980.jpg

とっても美味しく完食。
夫くんはお腹いっぱいと言っていましたが、私はまだ物足りなさを感じるくらい。
私の胃袋の拡大化、結構危険かも・・・。

さて、デザートは、6種のアイスで。
f0181488_3462530.jpg


さすがに私もこれでお腹が満たされました。

おおっと!ディナーでいただいたワインはこちら。
f0181488_3471950.jpg


さすがにメンドシーノと違って、お上品な量で出てきました( ̄∇ ̄;)
(グラスが大きいので、日本と比較したら1.5倍の量だとは思いますが。「慣れ」ってこわいわぁ~。)
ちなみにお料金もグラス1杯で$17。(ワインリストを見ないでおまかせにしてしまったのです。)
夫くんと「次からは、面倒くさがらずにちゃんと自分たちで選ぼう・・・」と反省いたしました。
がっ!!
これがまた美味しかったのです。
Robert Young」のChardonnayをいただいたのですが、次回のワイナリー巡りには是非訪れたいところ★
ということで、1日目はこれにて終了。

この日はSanta Rosaの「HYATT VINEYARD CREEK」で宿泊。
日帰りもできないこともないのですが、それでは、あまりにドライバー(夫くん)が辛いというもの。ぷぷぷ。
f0181488_322582.jpgf0181488_3221479.jpg

翌日のRUSSIAN RIVER巡りに備えて、早々に就寝。
「もし仕事が入ったら、翌朝早々にSFに戻らねばならない」と言われ、
仕事が滞ることを祈って寝ました。←どうしようもないパートナー。笑
そして祈りは通じ、無事RUSSIAN RIVERもまわれ、2日間ワインづくしとなりました。エヘヘ。

次回は、ワイナリー巡りを。
たくさん購入してしまった・・・。
[PR]
by yukinkoro_sf | 2009-02-28 03:59 | TRAVEL
サンフランシスコのノースビーチにある「Bao Necci」というベーカリーに行ってきました。

こちら、以前PACさんと一緒にコイトタワーを散歩したときに教えてもらったのですが、
一人で初再訪☆
・・・店に入る前にイタリア人と思われる人にからまれましたが、その話は後で。

メインのColumbus Aveからちょっとだけ奥に入ったところにお店はあります。
f0181488_932550.jpg


この日はとっても暑かったので、テラス(道沿い)でランチをしている人もちらほら。
こちらのお店でもテーブルを2~3個外に出しているので外でも楽しめます!
f0181488_955912.jpgf0181488_961427.jpg

店内は写真がいっぱい。

ランチタイムをちょっと過ぎた頃に行ったので、既になくなっているものもありましたが、
ピザ、フォカッチャ、フォカッチャサンドイッチ、ビスコッティなどがいただけます♪
f0181488_965695.jpgf0181488_97859.jpg

昔、PACさんと来たときには、美味しいカプチーノをいただきましたー♪
今回はTO GOで、ツナとトマトのフォカッチャとマッシュルームとモッツアレラチーズのフォカッチャを。
2つで$10位でした。オーブンでローストしてサーヴしてくれます。
ちなみにお家に帰ってから写真をパチリ。
f0181488_910437.jpgf0181488_9101563.jpg

フォカッチャの生地も厚すぎず、中の具との相性もバッチリでした(≧∇≦)
半分こずつ味わい、残りの半分は翌朝の朝ごはんに。

そして何よりもこちらのファミリー、美形揃いなんです。
HPにファミリー写真があるので是非ご覧下さいませ。笑
小さいから、ホッとするお店ですよ☆

さて、ここのお店に入ろうとしたら、こんなにかわゆーいヨーキーがっ!
f0181488_9161173.jpg


性格が大人しくて、クンクンと寄って来るし、カメラを向けたらカメラ慣れしているかのように
ピタッと動かなくなる。
ついメロメロメロ~としてしまい、飼い主に注意を注ぐのを忘れてしまった私。失敗。涙

このかわいいワンこの飼い主さん・・・。
サンフランシスコではよく見かける格好の人なのですが(日本ではあまり見かけないな)、細ーいスキニーなジーンズにサングラスにちょっと派手目なジャケット。
「僕の犬、かわいいでしょう?今、犬の写真撮ったでしょ?見せて!!」と。
「うん。とってもかわいいから撮ってしまいました。かわいく撮れましたよ。」と言ってカメラを見せてあげたら、
とっても上機嫌になったようで、
とにかく何か話しまくり始めた。←そして聞き取れない私。

だけど、「火曜日はノースビーチは日本人は歩いちゃいけないんだよ。」とか、どーでもいいことが多々聞こえたので、たいしたことは言っていないのだと思われます。
その後も、警察官が2人歩いてきたら、
「あ!君、捕まるから隠れてっ!!」と突然私をテーブルの下に押し込み、大の字になって私を隠したり。

い・・・いや・・・おじさん、まだ昼間だし落ち着いて・・・( ̄∇ ̄;)

テーブルに座っていた女性が、
「あなた日本人なのね。私の弟は名古屋に今住んでいるのよ」と助け舟を出してくれた。
あぁ、助かった、と思いきや、
「彼女は酔っ払っているから、近づかない方がいいよ」とおじさん。
(・・・それは、あなたの方です・・・)

そんなこんなで結構な時間、お遊びにつき合わされましたが、
陽気なノースビーチ、美味しいお店もいっぱい隠れていそうなので、今後もめげずにお店探検はしよう!
と思います。

お店の前の通り。
f0181488_9325968.jpg



そして、そのおじさんからワンちゃんの写真をメールで送って!と名刺を渡されました。
これから写真を送ろうと思うのですが・・・
そのおじさん、靴下屋さんを経営しているらしいのですが、
「2足買うと1足ついてくる」と書いてありました。
名刺には3本足の女性が。

うーむ。発想が面白い。
[PR]
by yukinkoro_sf | 2009-02-25 09:37 | CAFE

雨漏り

今日はサンフランシスコは晴天☆
太陽を見るのは、とっても久しぶりです。

さて、昨日まで、サンフランシスコでは雨がずーっと続いていて、
今日も外は雨だなぁ・・・家の中も雨だよー・・・なんて思っていたところ。

ん?
状況把握まで10秒ほど。
そして改めて確認。
ん、ん、ん、ん!?


あぁぁぁぁっ!!
f0181488_7373095.jpg



なぬぅぅぅ!!
f0181488_7381243.jpg



家の中まで雨です。
ちなみに雨漏りは「Leak」と言うみたいです。
(英語の宿題中だったので、つい調べてしまいました。)

窓のそばの絨毯はシメシメしていました。
電気ストーブとか電化製品を置いていなくて良かった。

そして、その事実を夫くんに「ちょっと!雨漏りしているんだけど!!」と驚きを交えて伝えたのですが
「えー、あー、ホントだー・・・」という回答だけでした。
賃貸だとこんなものか。

f0181488_7422030.jpg


ここから漏れているらしいのですが、何せ私たちの身長の3~4倍位ある天井の高さ。

まぁ、アメリカの住宅だし、そんなものかと諦めよう(p_;)
大きなどしゃ降りの雨だけは来ませんように・・・。
[PR]
by yukinkoro_sf | 2009-02-25 07:47 | HOUSE

SONOMAワイナリー巡り

もうずいぶんと経ってしまうのですが・・・
かれこれ2ヶ月前、フェアモントソノマに宿泊したときにまわったワイナリー記録です☆
(写真をフォルダにしまったまま、すっかり忘れていました。汗 でもせっかくのSONOMAですもの!)

朝早めに出発、SONOMAの街の中心に。

街の中心には小さなかわいいお店が並んでいます(少しだけだけど)。
f0181488_9381649.jpg

f0181488_9382883.jpgf0181488_9383786.jpg

そして中央にある広場にいたアヒルとカモカモ。
かわいい子ガモ(既に中学生くらいか?)とベレー帽をかぶったようなカモ。
この頭って、季節の変わり目に見られるものなのでしょうか?羽の生え変わり?
それとももともとこういうカモちゃん??

サンフランシスコとはまた違って、のんびりしてて素敵☆
f0181488_9425984.jpg



上記写真の広場を囲んで、小さなお店が並んでいるのですが、お店はどれも奥行きがありました。
なんだか迷路みたいで、全部をのぞきたくなってしまう。
f0181488_9435796.jpgf0181488_944726.jpg

映画館の受付にいたマネキン。
f0181488_949828.jpg

視線を感じる・・・と思ったらマネキンでした。ちょっと心臓に悪い。

朝早めに出発したので、ここで朝食を。SONOMA CHEESE FACTORYという色々なチーズが売られているお土産屋さんのようなところで、バーガーをいただくことに。2人でシェア。
f0181488_9465726.jpg

f0181488_9472387.jpgf0181488_9473848.jpg
注文を受けてからハンバーグを焼いてくれました。お味は普通です。
(特に特別なチーズをはさんでくれた気はしないけど。笑)
f0181488_104247.jpg


店内はこんなにチーズが売られています~♪お土産に良いね。

そして、まず向かいましたのは、街の中心にテイスティングルームを設けていた

CHARLES CREEK VINEYARDS

f0181488_1015496.jpg


2002年に設立されたまだまだおNEWなワイナリー。ワイナリー自体は開放していなくて、テイスティングルームを2005年にこのソノマの街中でOPENさせたんですって。
ここも最初からのぞこうと思っていたわけではなく、車を駐車させたところのちょうど目の前にあった!
まぁ、これもご縁でしょう♪と思い、テイスティングに立ち寄ってみました。←ワインに関しては何でも「ご縁」にさせてしまう傾向あり。
f0181488_1022819.jpg

f0181488_1024272.jpg

一番驚いたのは、このコルクでできた牛。
あ、クリスマス前だったから、サンタさんの帽子・・・。
たしかこれ、数百万円でオークションで落としたって言ってました。そんなに欲しかったのか。笑
購入しましたのはこちら。
f0181488_1073786.jpg


★2007 En Casa California Pinot Grigio
★2005 En Casa Napa Valley Cabernet Sauvignon
★La Bomba Chocolate Dessert Wine
コルクでないのがちょっと残念な感じもしましたが、まぁ良いとしよう。

このREDワイン「おばあちゃんの微笑み」という別名を持つそうです。
このワインができたときに、おばあちゃんに飲ませてあげたら、にこぉ~っと笑ったのでそんな別名をつけたらしい。そんなかわいいエピソードに流され購入・・・。
そしてデザートワインは、本当にチョコレートの味がして、話題のネタに購入してみました。
いつかみんなで飲みましょう!

続きまして
ARROWOOD

1986年に設立されたワイナリーです。創業者のリチャードはこの創立以前はシャトーセントジーンの醸造責任者で、設立後も3年間はそちらの責任者だったので、その最初の3年間は奥様が樽を動かしたり、ホースを引きずったり、ボトリングしたりと、奥様あってのワイナリーだったみたいです。ふふふ。

ちなみに宇宙にもこのワインは行ったみたいですよ!
f0181488_10252148.jpg

といってもビンは持ち込み不可なので、ラベルだけのようですが。

このワイナリーはテイスティングルームがとっても素敵でした。
f0181488_10261877.jpg
f0181488_10263010.jpgf0181488_10263975.jpg

暖炉の前のソファーでくつろいでワインテイスティングをしちゃったり。

購入しましたのはこちら。
f0181488_10292691.jpg


★2005 Chardonnay, Russian River Valley, Alary Vineyards(2本)
★2005 Late Harvest White Riesling, Alexander Valley
★2005 Special Select Late Harvest White Riesling, Hoot Owl Creek Vineyards

のシャルドネ2本にデザートワイン2本です。
半分はわが実家に姉夫婦に持っていってもらいました。
うちの母、デザートワインが大好きなんです( ̄▽ ̄)ノもう飲んだぁ~?

と、この日は、これでホテルに直行、スパ三昧で過ごしました。
んで、翌日。
あいにくの(いつも通りの?)雨でしたが、スパでおじさんが薦めてくれたワイナリーに!
ワイナリーは天候が関係ないから、アミューズメントとしては最適でしょう★←酒飲みだけ。

GUNDLACH BUNDSCHU

ここのワインは日本では売られていないらしいです。
とても小さなワイナリーだよ、と教えてもらっていったのですが、結構な広さに感じました。そしてワイナリーの設立は1858年と、おー老舗だね~!!

かわいい感じのワイナリーでしょ?
f0181488_10431959.jpgf0181488_10433774.jpg
f0181488_1044190.jpg

f0181488_10441271.jpg


ワイナリー見学もできますよ。あの洞窟の中に入れるんだー。機会があったら見てみたい。
テイスティングさせてくれたお姉さんがとてもフレンドリーで好感度もUP。

ここで購入いたしましたのは計2本。
f0181488_10465435.jpg


★2007 Gewurztraminer Rhinefarm Vineyard
★2007 Zinfandel Rhinefarm Vineyard

特にこのZinfandelはワイナリーでしか購入できないと言われて購入。
テイスティングの記憶は既になし。笑
改めて飲むのが楽しみです。はっはっは。

そして最後に向かいましたのは、
PATZ&HALL
会社みたいでびっくりしました。ここはもうNAPA。帰りがけに寄り道しました。
f0181488_1055311.jpg


超おそるおそる「テ・・・テイスティングはできますか?」とドア口で尋ねてみたら、先客のご夫婦に
「できると思うよ」と。ほっ。
でも、できなくても良かったかも・・・とも思いつつ、席に座ってみる。
f0181488_10571758.jpg


テイスティングで緊張しなきゃいけないなんて(TωT)

ついでにテイスティングは赤か白をどちらか選んで、その中で3種できるのですが$20もかかります。
おおー、高い!
でも、入ってしまったからには、この雰囲気。「帰ります」とはいえないので、白でテイスティング開始。
どれもキライな味ではなかった。

お隣のご夫婦は、このPATZ&HALLの会員でテイスティングは無料らしくクピクピと。
いいなぁと思っていたところ・・・←意地汚い私。

お客は私たち4名しかいないので自然と会話が。
話を聞いていると、旦那さまはどこかの大学の教授で裁判官をされていたこともあって、
日本の水戸に住んだこともあるらしく、
(そこで「あ、納豆だ・・・。」しか浮かばなかった教養のない我が夫婦・・・。)
そんなこんなで話がちょっと盛り上がり、自然と私のグラスにもお隣ご夫婦と同じワインが次々と。
あらあら♪と思いながら、結局だいぶいただいてしまい、$20ですみません・・・という感じでした。

で、こちらで購入いたしましたのは、
f0181488_116104.jpg


★2007 Russian River Pinot Noir Sonoma Coast

美味しかったのです♪
このワインは、2008年の記念のワインにしました。
そして、別に白ワインを3本予約し、既に年明けに取りに行ってきました。笑

以上、ソノマワイナリー巡り。
あー、またそろそろ行きたいなぁ・・・。我が家のストックももう底をついてきているしなぁ。
[PR]
by yukinkoro_sf | 2009-02-20 11:10 | WINE

SAP OPEN FINAL

SAN JOSEのHPパビリオンで開催されていたSAP OPENを見に行ってきました!
本当は錦織くんを見てみたかったのですが、2回戦で敗退。
STEPANEK RADEK(CZE)vs.FISH MARDY(USA)の戦いとなりました。

相変わらず雨がしーとしと。
(って、しーとしと、どころではなかったのですけどね。)
f0181488_8525911.jpg
f0181488_853134.jpg



ゲームの最初は国歌斉唱。
f0181488_8554593.jpgf0181488_8555739.jpg

不思議と胸にくるのは何故だろう・・・?

観戦のお供にはタコスを。一体、この中に体にいいものは入っているのだどうか?と思ってしまうのだけど、
やめられないとまらないで、2人で完食。
f0181488_8582868.jpg



さて、ゲーム開始。
f0181488_902447.jpg

サーブ、早っ!
どちらかというとゲーム前半はFISHが優勢。ボールの力もFISHが格段にありそうだった。
STEPANEKは途中足にテーピングを。足、細いものなぁ~←って関係ないし。
f0181488_923499.jpg


頭はSTEPANEKの方がありそうでした。小細工的な球をちょこちょこと出してきます。
誰がどう見てもFISHが勝つだろうと思っていたのですが、最後の方で、ガクッと調子を崩してしまったFISH。
球も予測しないところに飛んで行ったりと、あれあれあれ?という間にゲーム終了。
STEPANEK、WINNER☆
f0181488_953442.jpgf0181488_955597.jpg


FISHはこちら。
f0181488_964726.jpg



シングルのあとは、ダブルスだったのですが、STEPANEKダブルスでもファイナルまで残っていました。
疲れが残っているのではないかと思ったのですが、シングル優勝の勢いのまま、ダブルスでも優勝。
f0181488_983780.jpgf0181488_985172.jpg


世界ランキングでは、STEPANEKが27位、FISHが24位。
そして、STEPANEKの誕生日が1978年11月27日。えっ?まだ30歳??
その後、夫くんの同僚そして私と同窓で親しみあるテニサーのI君から「STEPANEKってヒンギスの彼氏なんだよね。」と教えてもらいました。
へぇぇぇ!!!そうなんだぁ!!!!(そういうネタの方が興味が出る私。笑)

試合終了後、近郊で美味しい焼き鳥屋さんを調べていたのですが、夫くんが突如電話会議が入り、
そのまま直帰で帰宅。
簡単に連絡がついてしまう世の中、不便なのか便利なのか微妙。
私の意見としては「仕事(情報)から完全に離れる空間、時間を人は持つべき!」と思うのですが、
皆さん、いかがでしょうか?
(きっと「落ち着かない!!」という人もいますよね?ふふふ。)
[PR]
by yukinkoro_sf | 2009-02-19 09:19 | EVENT

「THE BLACK ROCK」

しとしとと雨の降り続くサンフランシスコ。
そんな中、お友達と一緒にアルカトラズ島へ行ってきました。
f0181488_7492530.jpg


見るからに寒そうぅぅ・・・。

事の詳細を説明すると・・・、英語学校の先生には大笑いされたのですが・・・。

実は、お友達のホームステイしているお家のホストマザーのお友達がドキュメンタリー映画を制作。
その上映会がアルカトラズ島であったのです。
映画の内容が、
アフリカアメリカン(肌の色が黒い人々)が差別をされてきたのは政府や社会からだけでなく、
アルカトラズ島という牢獄の中でもさらに差別をされていたというものです。
それを追った内容だったので、上映会(プレミア試写会)がアルカトラズ島で開催されたということなのです。
「THE BLACK ROCK」というのは、この映画の題名です。

お友達Cちゃんからは
「ディナークルーズにママが誘ってくれて、お友達も一緒においで!って。一緒に行こうよ!きれいなお洋服着てきてね!」とお誘いを受けていました。
でもCちゃんは全然悪くなくて(英語もとっても出来る子なのです)、ママがとても忙しい方なので、
この日も当日の夕方までママに会えなかったので、詳細を確認することが出来なかったのです。

ということで、私とCちゃん、メイクアップもドレスアップもして用意周到。
そして、向かった先は・・・アルカトラズ島だった・・・というオチでした。
ディナークルーズのはずだった船内と用意されていた軽食。笑
f0181488_7585077.jpgf0181488_759248.jpg

そして高いヒールを履いている私たち2人をママは
「どうしてそんなヒール靴で来たのぉっ!?」と。ははは・・・。

映画の前には、アルカトラズ島についての生説明が。
通常観光はテープですよ。
f0181488_82169.jpg



そして上映会。
f0181488_821741.jpg

アルカトラズ島ダイニングで行われました。

ディナークルージングではなかったけれど( ̄∇ ̄;)貴重な時間を過ごせました。

もちろん映画の内容は英語だし字幕もないし、ほぼ理解できなかったのだけど、
(映画終了後、Cちゃんのホストファミリーに内容を説明してもらいました。)
アフリカアメリカンの人たちの陽気な性格にも触れることが出来たし、そして彼らのハグもとーっても温かいの。
普段、彼らとハグなんて出来ない私、ちょっと感動。ハグ文化、大切だと思うー。

映画の後は、Cとも自分たちが感じたアメリカという国について話しました。
ほんの数十年前までは、バスも後ろのほうにしか座れなかったアフリカンアメリカンの人々。
「なんで私達が声が大きいかって?それは公衆の場で私たちは普通に話すことすらできなかったの。だから、今、大きな声で話して、そして笑うんだよ。」と。
そんな風に聞いたとき、何か涙が出そうになってしまった。

学校でも、アフリカアメリカンの人たちはOptimisticでFunnyで・・・と教えてもらったけど、
きっと彼らには、辛い過去があったからこそ、今、そんな風に楽観的で明るく過ごそうとしているのではないかなぁと思いました。

学校の教科書で、マーチンルーサーキング牧師のこととかも習ったから「事実」だけは知っていたけど、
実際に、アフリカアメリカンの人を隣にして「事実」を改めて知るということは胸にズシンと来ます。

今、私がまだ十代だったら、大学での専攻、生活はずいぶん変わっていただろうなと思います。
色んな文化・国を知るということは人生において貴重で、大切なことだったんだと今更ながら感じた日でした。
[PR]
by yukinkoro_sf | 2009-02-19 08:22 | EVENT
「BUTTERNUT SQUASH」というお野菜を買ってみました。
f0181488_2124814.jpg
ひょうたん型から長いスイカ型のようなものから色々な形がありましたが、
ひょうたん型をセレクト。

f0181488_213169.jpg
切ったら、ただのかぼちゃでした。なんだ、だったら長いスイカ型の方が調理しやすそう、と後悔。

でも、私のセレクトが良くなかったのか、水っぽいカボチャみたいな感じ。
うぬー、残念。ほくほくカボチャは、やはりジャパンタウンで購入かな。

180度のオーブンで皮ごと50分ぐらいロースト。
で、中身をくりぬき、結局はスープにしちゃいました。
だって、あまりにも水っぽかったんですもの・・・。

アスパラやビーツのスープと作り方は同じで。
f0181488_2133549.jpg


ですが、これが思いもよらず美味しく出来上がり、
もしや私って料理上手なんじゃ!!!( ̄▼ ̄*)

と思わず勘違いしそうになりました。

あぁ、土日月とアメリカは3連休なのですが、ずーっと雨降りです。
今もどしゃどしゃと降り続き、肌寒く。
あわせて私の気分も優れず。
明日からは天気も気分も晴れるといいなぁ・・・。
[PR]
by yukinkoro_sf | 2009-02-17 02:23 | COOKING
あぁぁ。すっかりValentain Dayも過ぎてしまいました。
持病の腰痛が先週金曜日に悪化し、夕方から突如立つこともできなくなり、吐き気さえももよおしてしまいました( ノω-、) クスン。
日本にいた頃は、整骨院に週3のように通っていたので、ちょっとそろそろ危険なシグナルかしら。
夜に夫くんに、腰を圧してもらうこと数十分、その後腰あて器?のようなものでうぉうぉ言いながらも腰を延ばし?、背中と腰、お尻にこれでもかと湿布を貼り(←貼り過ぎて、熱くなり過ぎました・・・。)就寝。翌朝は気持ち悪さもなくなり、うむ。まだまだ大丈夫!!

さ~て☆
これが腰痛の原因か?とも思えるもの。笑
Valentain Dayということもあり、夫くんの秘書さんにはよくしてもらっているので、
お礼にクッキーを焼きました。

チョコレートブラウニーに、チョコチップクッキー。
f0181488_1382538.jpgf0181488_1383749.jpg
マカダミアナッツとレーズンのクッキーに、
f0181488_139058.jpg

ココアスノーボールクッキー。f0181488_1391564.jpgf0181488_1393410.jpg
左が粉砂糖でお化粧したもの、右はまだお化粧する前です。
このスノーボールクッキー。
実は1週間前からいろんなレシピで作ってみたものの、どれも私の求めるホロホロ感ではなく、3度目のレシピでなんとか満足のいくものが焼けました。
とっても簡単なクッキーだけに、満足いくものにはなかなかたどり着かないと言うことかしら?

ふぅぅ~。
数年ぶりにValentain Dayにお菓子を作りましたが、おそらく小学校以来?
そしてラッピング。
f0181488_1454232.jpgf0181488_1455510.jpg
秘書さんには黄緑の袋を用意。
そして、学校の先生や、いつも受付で素敵な笑顔をくれるKさん(日本人なのですが、英語学校なので、英語しか話してくれません。涙 でも、とーっても優しくて大好きなんです。)、休み時間には美味しいホットチョコレートを作ってくれるMさん、そしてクラスのお友達にも配りました。
中には、食事代とかも切り詰めてがんばって英語を学んでいる子もいるので、
学校終了後の自習時間にでも、おやつに糖分補給してほしいなと思って☆

こんなものでも、みんなすっごく喜んでくれて、
反対に私の方が嬉しくなってしまいました♪(〃∇〃)エヘ。

なお、Valentain Dayですが、ここアメリカでは日本でいうクリスマスイヴのようなもので、
女性から男性に、だけでなく、男性も女性にプレゼントするのが一般的だそうです。
今年は、土曜日だったのであまり目に出来ませんでしたが、平日の年には、お花屋さんには花を買い求める男性が列を作るそうです。
アメリカ男性、素敵☆
(ちなみに、女性ももらうだけでなく、何か用意するのが礼儀だそうです。)
この日はレストランも20%増しのお値段で特別料理を出すというから、やはり日本のクリスマスイヴと同じだね。
なお、ちなみに我が家ですが、なんにもありませんでした。



追記☆
スノーボールクッキーですが、この日以前に作ったもの。
ねーなんか堅そうでしょ~?実際にスノーボールのホロホロ感はなく、ただのクッキーという感じ。
f0181488_1521115.jpgf0181488_1522335.jpg


で、今回到達したもの。
f0181488_1533252.jpg

ね!上記と比べると、ホロホロしてそうでしょ!?

こちらのレシピですが・・・備忘録として!

☆薄力粉 120g
☆バター 100g
☆ココア 30g
☆アーモンドプードル 30~40g
☆お砂糖  30~40g
☆マカダミアナッツ 適量(お好みです。生の場合は、少しオーブンでロースト、細かく刻みます。)
☆粉砂糖(仕上げ用)

① レンジでバターを溶かす。
② ①に、砂糖を加えて簡単に混ぜる。
③ ②にふるった小麦粉とココア、アーモンドプードルを加え混ぜる。
  (マカダミアナッツを入れる場合は、ここで一緒に混ぜましょう。)
④ お好みの大きさに丸め、180℃のオーブンで18分。
  (オーブンによりけり。我がオーブンは熱が強く、15分くらいで焼けてしまいました。)
⑤ 2~3時間きちんと冷まし、最後に粉砂糖をまぶす。
  (ジップロックに入れて、5~6個づつシャカシャカすると簡単ですよん♪)

30分もあれば出来ちゃいましたが、でもでも、
さらに美味しいスノーボールレシピご存知でしたら、教えてくださいっ!!!!!
[PR]
by yukinkoro_sf | 2009-02-17 02:02 | COOKING