SF生活日記。


by yukinkoro_sf
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2009年 01月 ( 17 )   > この月の画像一覧

「EXTREME PIZZA」

とある休日、夫くんと近所をお散歩。

Alta Plaza Park。
f0181488_1501866.jpgf0181488_1503119.jpg
近いのに、今まで行ったことのなかった公園。
高台にある上に、さらに丘のように作られているので、周りの家が一望できて、すがすがしい!
テニスコートも発見しました。こんなに近くにあるなんて☆

そして、以前も行ったTango Gelato。
寒いのに食べてしまった。日本だったら絶対に食べないのに・・・。
f0181488_15343100.jpgf0181488_1535392.jpg
私は、チョコチップとバナナ。王道で美味しくないはずがない組み合わせ。
夫くんは、エスプレッソチップにティラミス。
あー、やっぱり美味しい♪このさっぱり感、素晴らしい。

私たちの後に、老夫婦がやってきた。CASH ONLYを見て「カードが使えないのね。」みたいなことを言って出て行こうとしたら、店員さんが
「試食はタダだよ。」と。
2種くらいのジェラートを味見だけして、サンキューと言って出て行った。

買わないとわかっているのに、試食だけさせてくれちゃうんだσ( ̄∇ ̄;)
日本だったら買わないってわかったら、絶対にさせてくれないぞー。
太っ腹Tango Gelato!

その後、UNION、Chestnut St.までとことこと歩き、本屋に寄ったり、ベビー用品を見たり。
ここまで来ると、普段運動をしない夫くん。歩幅がおじいさんサイズになってきた。
そして「お腹がすいた・・・」と言うので、
夫くんがだいぶ前から「気になる。」と言っていたピザ屋さんでおやつ休憩をすることに。
EXTREME PIZZA

「美味しいよ~!」とススメていただいているのに、行けていないピザ屋さんがまだ3つもあるのになぁ。夫くんが外観だけで気になっているピザ屋さんに行くのかぁ。ぶぶぶ。
夫くんいわく
「いつもひっきりなしに宅配しているから、人気があるに違いない。(推定)」とのこと。
f0181488_15191417.jpgf0181488_15194987.jpg
じゃじゃん。薄いクリスピー生地です。これで$5位。
生地は、噛むと甘みが・・・なんて、さすがにそんな感じではありませんが、
パリパリとしていて合格です。さすがピザ大国アメリカ。日本でいうお米と同じレベルなのかも。
お客は私たちだけだったので、店員さんはレジのところで、布巾を使ってピザ生地をまわす練習をしていました。空中でキレイにくるくる回っている布巾。
へぇ~、ここの生地は実際にまわして作っているのかしら?冷凍じゃないのかな。


そう!夫くんは、日本でもドミノピザ、ピザーラのピザをこよなく愛し、
NYでも、アパートの近所の超小さな店舗の$2のピザを好んで食べていた、ジャンク大好き人間だったのを忘れていた。

夫くん、とーっても大満足してました☆

でも、ジェラートも食べて、ピザも食べて、間食多すぎな休日!!
[PR]
by yukinkoro_sf | 2009-01-31 15:25 | CAFE
杉山愛が全豪オープンで敗退してしまいました。残念!
最近、同じ年代の女性がこうやってがんばっていると、とても応援したくなりますヾ( ̄∇ ̄=ノ

夫くんも毎日夜中までTVで全豪オープン観戦。最近、テニス熱が上がっているようです。
来月にはサンノゼで開催されるSAP OPENが☆
楽しみ楽しみ!!


さぁて!今回は、パウンドケーキを作ってみました。
f0181488_15343822.jpg

以前作ったカスタードクリームが微妙に残ってしまっていたので、それを混ぜ込んだしっとりケーキ。
本当は洋酒に漬けたドライフルーツを使うのですが、思い立って作ったので、冷凍してあった葡萄やイチゴ、そして、家にあったクルミを入れてみました。
それでも美味しく出来上がり、夫くんも毎日、おやつとして職場に持っていってくれます。
本当は、小さなパウンドケーキ型があれば、見た目も素敵なのでしょうが・・・。
普通の鉄板に流し込んで、切っています。あはは。


こちらはポンポネットというお菓子。多分、フィナンシェ・・・だと思うのですが・・・そうですよね??
f0181488_15345187.jpg

高かったけど、アーモンドプードルがあると、色んなお菓子が作れます。
上のパウンドケーキもアーモンドプードル使用。
そして、こちらも、本当は小さなカップケーキ型があればかわいく出来たのでしょうが、
例により普通にルクルーゼの四角い型に流し込んで、切っています。


いつも、お菓子の型を買おうとは思うのですが、
「MADE IN CHINA」を見ると、どうも買う気が失せてしまうのです。
「MADE IN CHINA」以外のものなんて売っていないと思うのだけど、熱が入るし、何か変なものが溶け出したらイヤだなぁとか思ってしまう。

こう見えて、意外に私は神経質で心配性なところがあるみたい。( ̄∇ ̄;)
困った困った。
[PR]
by yukinkoro_sf | 2009-01-30 15:56 | COOKING

PUMMELO

ロスカボス旅行記は、この週末にっ!
まだ、写真が全然整理できていなくて・・・。

本日もまとめて更新。
今朝もバスの中で夫くんから「ブログもだいぶ飽きたんでしょー。( ̄▼ ̄*)プププ」と言われました。

ムムっ!違います。
毎日、がんばって生きているのです!(とうとう「生きる」まで行きました・・・。とほほ。)

どうやったら英語が上達するのかなと考えていたら、友達から「アメリカ人のボーイフレンドを作るのが一番早いよ!」と言われました。
しかし、先生にそう話すと
「ダメよっ!あなたは結婚しているんだからっ!!」と怒られた。
(そんなことは百も承知で・・・。英語がつたないため、軽いタッチで言ったつもりが、重いタッチに聞こえたか。)
で、現実にはムリなので、TVの中の人を好きになることにしました。
前々から気になっていたCNNのキャスター「アンダーソンクーパー」さん。
カッコいいので、彼に即決。

昨晩は、アンダーソンクーパーのことを調べたり、早く彼の話している英語が聞き取れるようになればいいな~とCNNを見ながら考えていた。
そして、一方、夫くんは、CNNを聞きながら(ここが私の「視覚」と、夫くんの「聴覚」の差。がっくり。)この経済不況や我が家の家計(!?)や今後の将来について色々考えていたらしい。
そういう話を朝のバスの中で話し、
「なんだぁ!昨晩はお互いに考え事してたんだね~っ!」と言ったら、
夫くんから「一緒にしないで。」と冷静に否定されました。

・・・ま、そんなことはさておき、
いつか、アンダーソンクーパーについて書きますねぇ。ふふふ。(≧∇≦)

さてさて本題☆
毎日の食材は、我が家はWhole Foodsで購入しているのですが、
この間、いつも行っているカリフォルニアストリート沿いではなく、Pacさんに教えてもらった違う支店に行ってみました。
f0181488_1553853.jpgf0181488_1555751.jpg

f0181488_1562963.jpgf0181488_1564057.jpg
たまにお店を変えると、お買い物も楽しくなる♪

写真にあった大きなグレープフルーツみたいな果物。
大きすぎて気になったので、買ってしまいました。
f0181488_15102927.jpgf0181488_15104312.jpg
「柚」(ゆず)って書いてありました。あ、隣のコーラは大きさ比較です。
「PUMMELO」と書いてありますが、辞書で調べたら名詞で「POMELO」。
「POMELO」は植物「SHADDOCK」と書いてあり、
「SHADDOCK」はザボン、ブンタン。

なるほど。ザボンは聞いたことがある!
でも、日本でも食べたことはあったかなぁ??


半分に切ってみたら、皮が厚かった。
f0181488_15113635.jpg


しまった。グレープフルーツだったら、半分に切る方向が逆だったか・・・。
切る方向を間違えたため、ひとつひとつ皮を剥く羽目に。


大きかったので、こんなに山盛りになりました。
f0181488_15132685.jpg


「柚」って書いてあるけど、味はグレープフルーツでした。
でも、大きすぎるからか、私のセレクトしたのが良くなかったのか、ザボンがこんな味なのか、
大味なグレープフルーツみたいな感じ。

ふむ。何事も試してみるのが大切ですね!
[PR]
by yukinkoro_sf | 2009-01-30 15:24 | TOWN

「Molinari Delicatessen」

ノースビーチにある小さなDELI、「Molinari Delicatessen」。f0181488_7323090.jpgf0181488_7324639.jpg

373 Columbus Ave
(between Grant Ave & Vallejo St)
San Francisco, CA 94133
(415) 421-2337

英語学校で一緒に勉強しているイタリア人J君が「是非行って!」と薦めてくれた。
そして、その薦められている最中に先生にも
「そこは安くて美味しいよ。高くてもっと美味しいところはあるけれどね。行ってみればいいわよ!チーズバーガーが美味しいかな。」とさらに薦められ、
そんなに言うなら・・・と、その日の学校帰りに寄ってみました。

J君、「イタリアのローカルなFOODがいっぱいあるんだ!」と言っていただけあって、
イタリア食材がいっぱい並んでいました。
座って食べるところは、店外の2椅子×2テーブルのみなので、みなさんTO GOです。

ということで、私もTO GOでサンドイッチをオーダー。
私が悩んでいる最中にも親切にしてくれるおじいさん(お客さん)がいたり、初来店印象はとってもGOOD♪

そして、何にしようか悩んでしまい、店員さんに
「あなたのおススメのものを作ってください!」とお願いしてみた。

・・・そう。こういうお願いをすると、決まって一番高いものが出されるのが通常。
(後日、この話をしたら、先生にも「ダメよ!そんな事言ったら、一番高いのを出されるじゃない!」と言われた。)
しかーし。ここの店員さんは親切だったのか、$13位するサンドイッチもあったのに、
「僕のおススメは『ほにゃほにゃ ※注:聞き取れませんでした・・・』スペシャルだよ」と言って、作ってくれたのがこちら。
f0181488_7325696.jpg


$7弱のお手頃サンドイッチでした。

おうちに帰って、電子レンジで少し温めて食べてみました。
パンもほんわり柔らかくなって、チーズも少し溶けて、とっても美味しい☆
そう!たぶん、チーズがかなり美味しい気がします。味が濃いというか。
ハムも、時々香辛料の味が強くて苦手なことがあるんだけど、これは全然ノーマル。
お肉のジューシーさのみの美味しいハムでした。

大満足♪♪
女子のみなさんなら、半分でお腹いっぱいになりますよ。
私も、半分はランチに、半分は夕ご飯のときに食べました。
そう考えると、一食$3~4で済んだことになり、お金のない留学生、学生には経済的かも。

後で調べてみたら、フェリービルディングにも支店が出ている人気店でした。
でも、ノースビーチの、ローカルな雰囲気で購入するのも楽しいかもです。
[PR]
by yukinkoro_sf | 2009-01-30 07:55 | CAFE
ここサンフランシスコに住んでいる人で、知らない人はいないと思われる、バークレーにある「Chez Panisse」。
そのシェ・パニーズで長年修行をしたジュディ・ロジャースさんとギルバード・ピルグラムさんがサンフランシスコ市内にOPENさせたお店「Zuni Cafe」。
1979年にOPENということなので、もうだいぶ老舗なレストラン。メニューは、ファーマーズマーケットでその日に仕入れた素材で決まるそう。
一度行ってみたいな~と思っていて、とうとうランチで行けることに☆

実は、昨年、夜の英会話学校で知り合った日本人の男性のMさん。
奥様と一緒に来られていて、「4人でご飯でも!」という話になり、12月に「Chez Panisse」でご一緒するはずだったのですが・・・急な出来事があり延期に。
(ちなみに、その日に私たちはガソリンを盗まれました・・・(TωT))

そして、今回、ようやくご一緒できることになり、選んだお店がこちら「Zuni Cafe」だったのです。
f0181488_15232364.jpg



私とMさんは、英会話学校で面識があったのですが、夫くんは2人とも初めて。
私も奥様とお会いするのは初めて。
「初めまして~!」で始まったランチでしたが、とっても明るい奥様と優しい物腰のご主人様で、
最初から、なんだか「ほっ」な感じ。

みんなでシェアして、色々いただくことに。
シーザーサラダに、お魚料理(既に名前を忘れた・・・)
f0181488_15234717.jpgf0181488_1524379.jpg


ピザに、ローストチキン。
f0181488_15242113.jpgf0181488_15243251.jpg


奥様、「ここに来てから、初めてこんなに美味しいお料理をいただきました!」ととっても喜んでくださいました。
(って、私が作ったわけではないのに、何だか嬉しい。笑)
確かに、シーザーサラダも、とってもシンプルなのに、お野菜が美味しいのかどれだけでもパリパリ食べれちゃいそうだし(野菜嫌いの夫くんが「シーザーサラダが一番美味しかった!」と最後感想を残したくらい!)
お魚もしっとり、そして付け合せの小麦なのかしら?こちらも美味しく、
ピザもシンプルピザだけど、生地も噛むと甘く、リコッタチーズがまた美味しいし、
チキンも柔らかジューシーで、一緒に入っているパンにチキンのジュースがしみ込んで、これまたパンまで美味。

デザートには、チョコレートケーキ。
f0181488_16145662.jpg

小麦粉を使っていないそう。ホロッとしたチョコレートケーキで、これまた甘さ控えめ。
日本人でも大好きな味でした。

夫くんに言わせれば
「シェ・パニーズより美味しかったんじゃない?」と。

えー、本当に!?
でも、確かにとっても美味しかったです。

きっと、ご一緒してくださったMさんご夫婦が、とても気さくに優しくしてくださったからに違いない。お食事を美味しいと感じるかどうかは、一緒に食べる人、仲間でも全然違ってくるものね!

・・・って、前回のシェ・パニーズは、私じゃ役不足だったってことだろうか・・・。

やっと結婚1周年を迎えた私たちですが、Mさんご夫婦「私たち、結婚17年目なんですよ!」と。
それなのに、奥さんは旦那様に対してとってもかわいいし(この、「旦那様に対して」というのがとても重要だと思う。)、旦那さまも奥さまに普段から優しくしているのがとても伝わってくる。
すごーい・すごーーい・すごーーーいっ!!!

そんな素敵なランチだったので、やっぱり美味しいワインが飲みたーい!
と、おススメされたワインを2杯いただいちゃいました。
そう!ひとつ残念だったのが、Mさんご夫婦、お酒があまり飲めないということでしょうか。
(って、残念なのは、私だけ・・・。ははは。)

でも、Mさん、私に付き合ってくださったのか、グラスでワインをオーダー。
そして、真っ赤になってました。(o^^o)
(お別れしてから、奥様から「主人は、その後、2時間、寝てましたよ。笑」とご連絡をいただきました・・・。えーん、すみません。涙)
f0181488_15245130.jpg


ガラス張りで開放感も抜群で、店内も素敵でした☆
また行きたいなぁ♪
[PR]
by yukinkoro_sf | 2009-01-25 16:07 | RESTAURANT
先日、夫くんのお誕生日がありました。
と、実は1年前、入籍をした日でもあります。

世田谷区役所に出しに行くのに、当時私が泣きそうな位(既に泣いていた気もする・・・)に仕事が忙しくて、入籍届けも一緒に出しに行けず、夫くんが一人で提出しに行ってくれました。
(私はそんなことすっかり忘れてて、「ほら、今日は入籍した日でもあるじゃん!」と言ったら、夫くんが「・・・僕が一人で提出しに行ったんだけど。」と。あらら。)

手を込んでお料理をしようかなとも思ったのですが、夫くんが食べたいものがわかっていたので、夫くんの食べたいものでお祝いしました!夫くんが食べたいものは、楽ちん☆☆☆

「DOMEINE CARNEROS」のロゼを早速あけちゃいましたー♪
f0181488_99059.jpg

あ、ぷーちゃんが後ろに。

そして、夫くんの食べたいものとは~~、
お刺身!!
f0181488_9161531.jpg

f0181488_9163276.jpg


日本では、中トロ、赤身で値段が違いますが、ここSFでは重さONLYな気がします。
ジャパンタウンの日本食スーパー「ニジヤ」に行ったら、中トロっぽいものも、赤身も重さでしか値段が違っていませんでした。なので、中トロっぽいのをセレクト。ちなみに、このマグロで$13くらいです。
あとは、無類のイカ好き夫くん。いつも「イカ刺し、イカ刺し・・・」といいつつ、赤字決算な我が家の家計、いつも断念しているのですが、今回は購入♪
冷凍モノだけど、函館産です。
これに、栗原はるみレシピで味付けした鶏のから揚げと、お刺身の大根のツマ代わりに大根と水菜のサラダを一緒に。

と、一応お誕生日だからケーキも・・・と思い、今回はロールケーキを作りました。
f0181488_9235285.jpg

小麦粉ではなくコーンスターチで作ったロールケーキ。
石鍋裕シェフのレシピ本で作りましたが、これ、とっても贅沢ケーキで、卵は卵黄6個!
クリームは生クリームとカスタードクリームを合わせたものだったので、前日にカスタードを作成。
一体いくつの卵を使ったんだ!?と思ってしまうくらい卵を割った気がします。そのおかげか、しっとりとしたケーキに仕上がりました。
でも、卵白を泡立てるのも、卵黄を泡立てるのも、超大変。
これは特別な、頑張る時にしか作らないと思います。
(か、ハンドミキサーを購入したらね。でもそこまでお菓子作りをするかどうか・・・。)
クリームを入れすぎて、キレイにまわらなかったので、半周ロールケーキ。笑

プレゼントには、COACHでお財布を贈りました。
普段使用しているカードだと結局は夫くんの口座からお金が引き落とされるので、一応、自分の銀行口座から落ちるカードを1枚だけ持っているので、それで購入してみました。
日本円で落ちると思うので、いくらで計算されたかな~。$1=84円くらいかな♪
ねー、でも再就職しない限り、マイナスにしかならない私の口座。
いつまでもつだろうか(。-`ω-)ンー

そして、グッドタイミングで夫くんの弟夫婦から、お正月に夫くんFAMILYが集まった時の模様がDVDで届き、お父さんお母さんや、お姉さん夫婦、弟さん夫婦からのコメント、そして甥っ子、姪っ子のかわいらしい姿で夫くん、とても心和んだようでした☆
鎌倉の懐かしい景色も、遠くに見えた富士山も・・・やっぱり日本はキレイな国だなぁとしみじみ。

こんな感じで質素に終わったお誕生日。記念に1枚だけ2人で写真を撮って終了。


と、思いますでしょ?

実は・・・、

お誕生日のお祝いに・・・、

この間の3連休(マーチンルーサーキング牧師の日)に・・・

     ロスカボス

に超強行スケジュールで行ってきました!(だから赤字決算なんだよっ)
あ、ロスカボスはメキシコですヾ( ̄∇ ̄=ノ
英語学校の先生に「2泊3日で行って来た。」と言ったら驚かれました。

その旅行記は、後日UPしますね。
あ、ちなみにダイビング旅行です♪唯一の夫婦共通の趣味なのでした。
[PR]
by yukinkoro_sf | 2009-01-24 09:48 | FAMILY
みなさま、お久しぶりです。
先週から英語学校を再開したら、一度にいろんなことが出来ない性格なもので・・・、
PCにむかえなくなってしまいました。
(というよりも、英語に苦労していると言ったほうが正直・・・。)

ですが、とっても元気に過ごしています!安心してね。

英語学校では、英語よりも文化の違い、慣習の違いに驚いてばかりです。
タイトルの本題に入る前に、今週の英語学校で驚いたカルチャーショックをいくつかご紹介。

今、南半球のブラジルでは子供たちはサマーバケーション中です。
英語学校にも、そんなブラジルからの英語コースの12歳~18歳の子供たちが短期で勉強に来ていました。

その1:「成長が早いっ!」
文法コースで一緒になった超美人なデニー。足も長く、もう見た目は全然大人で、
日本人の男の子も一緒のクラスになれてとっても喜んでいました。
しかーし。年齢を聞いて一同(先生も)驚き。なんとまだ14歳!
ほんとにほんとにっ!!
成人と言ってもおかしくない体つきに、機転の速さ&態度も立派な優等生な大人でした・・・。

その2:「お金持ち(貧富の差が激しい?)」
そんなデニーに驚きつつも、その他のみんなとお話してみると、さすがにSFに英語を勉強に来るだけあって、みんなの家はかなりのお金持ちでした。
「料理や掃除はユキがするの?」と聞かれ、「そうだよ。もちろん。」と答えたら、
「へぇぇ~・・・」(←若干、かわいそうね、みたいな感じ。)
彼らのところでは、みなメイドがしてくれるそうです。
まぁ、そうだろうなとは思っていましたが・・・。
先週末はヨセミテ、今週末からはLAのディズニーランド等で1週間遊ぶそうです。
その後は、それぞれマイアミ等で家族とバケーションを楽しむのですって。

その3:「親が若い」
両親の年齢を聞いたところ、27歳と答えられました。27歳!?で14歳の子供がいるの??
質問してみた女の子のお母さんは、14歳で出産したそうです。
ブラジルでは、15歳くらいで結婚するのが普通なんですって。マジですか!?

・・・と最初に聞いたときは驚いたのだけど、デニーを見ていたら、結婚してもおかしくない位に体も心も大人なので、うーん、納得かも。

ちなみに自分の年を聞かれる前に話題を変えました・・・。


と、私も驚いたけど、ブラジルの子達も日本人の慣習にとても驚いていました。
先生から「日本の女の友達に、両親とハグ(抱きつく)やキスをしないのかと聞いたら、『絶対にしない』と答えていたけど、本当にそうなの?」と。
日本人の生徒はみな、「うん。しない。キスなんて特に絶対にしないよ。」と。
その答えに、相当驚くブラジル人。そういえば、昔、イタリア人にも驚かれました。

そうかー、そんな驚くものなんだぁ~。
特にブラジルでは、知らない人でも道ですれ違う時には声をかけたり、アイコンタクトをしたりするらしい。本当かなぁ・・・。
だから、ここアメリカは、ブラジル人にとっては、感情的にも体感温度的にも「とても寒い!」のですって。
アメリカで寒いのなら、彼らが日本に来たら凍えてしまうかも。
でも、ハグの文化は、日本にもあって良いのかなぁと思います。
握手だけじゃ、ちょっと寂しいかもと、最近思うようになりました。

さて、以上、ちょっと驚いたことを書いてみました☆
世界って面白いね。ブラジルに全然興味がなかったのだけど、彼らと話をしていたら、断然興味がわいてしまった。いつか行ってみたいなぁ~。


さて、本題。

姉がとっても美味しそうなモノをくれました☆
とってもかわゆいっっっ(≧∇≦)
それは・・・

f0181488_8212693.jpg


チョコレートケーキのネックレス。
Q-POTというブランドのもので、光る石はスワロフスキーを使っている、ちょっと贅沢なチョコケーキ。

スポンジかムースの部分も気泡のような模様で、芸が細かい。
チョコレート大好き人間の私には、たまらない一品です。

昨年、既にこういうスイーツアクセは日本ではとても流行っていて、自分で作るキットも売っていたのを思い出しましたが、このQ-POTが本家本元スイーツアクセらしいです。

携帯ストラップやヘアゴムとかでマカロンやパフェがありますよね~♪
まだここアメリカではそれほど見ないスイーツアクセ。
派手好きアメリカ人は、こういうの好きだと思うのだけど、どうなのかなぁ~?
[PR]
by yukinkoro_sf | 2009-01-24 08:57 | FAMILY

バラ色ビーツのスープ♪

f0181488_15332045.jpg

ピンク色のスープ。

これは、ビーツというお野菜で作ったスープです。何にも色付けなんてしてませんよ!
そのまんま、お野菜の色です。

カブに似ているのですが、最近は日本でも売っているかな?
(以前、日本のレストランでビーツのスープをいただいたことがあるので売っているのかも!)
アメリカでは一般的に売られていて、ホールフーズでも、こぶし半分くらいのビーツ4つで$2程度です。

さて☆
この間、シェ・パニーズでビーツのスープをいただき、ビーツを使ってお料理をしたいなと思っていたところ、親友Sちんから、ビーツのとっておきレシピを教えてもらい、作ってみたのがこちらです。
アルミホイルでくるんでオーブンから出して皮を剥いているときは、まな板、手、包丁と真っ赤になり、ドラマの殺人事件のようでしたが・・・。

牛乳とかが入っているので若干柔らかいピンク色になりましたが、その前は本当に目の覚めるような赤&ピンク色。かわいい色なので、小さな女の子なんてとっても喜びそう!
我が家の食卓もこのスープひとつで華やかになりましたよんヾ(´・∀・)ノ

このピンク、色つけに使えるよなぁと思っていたら、アメリカでは牛肉に等級の印を押したりするときにはこの天然色素を使っているそうです。本当、使わなきゃもったいないよね、このピンクは。

こちらのスープ、ネットでレシピを検索して作ったときよりも、数倍も美味しく出来、
夫くんも「うまいじゃん!」とキレ~イに食べてくれましたっ♪
Sちん、ありがとっ~~。

黄色コーンスープはYちんに、赤色ビーツスープはSちんに、美味しいレシピを教えてもらい、
残りは緑のスープが作れれば完璧?
緑のお野菜といえば、グリーンピース、モロヘイヤ、ほうれん草・・・。
どなたか緑のお野菜の美味しいスープレシピご存知でしたら是非教えてください♪
[PR]
by yukinkoro_sf | 2009-01-17 15:54 | COOKING

稲垣潤一ディナーショー

とある団体の新年会にご招待いただき、夫くんと出席してきました。
会場は、SF市内ユニオンスクエアに面して建っているWestin St.Francis
f0181488_942310.jpg


カクテルパーティと書いてあったけど、日本らしく「鏡割り」が。日本酒が振舞われました。
f0181488_95551.jpgf0181488_952318.jpg
私はちゃっかりいただきましたが、夫くんはドライバーだったので飲まずに。
どこまでもエライです。

そう。12月に夫くんの職場の「パーティー」という名のつくものに出席させてもらったときに、
みなさん結構ラフな格好だったので、今回も我が夫婦、ラフな格好で行ってしまいました。
とーこーろーがーっ!
年齢層も両親ぐらいの方がほとんど、そして日本人の集まりなので、みんなネクタイを、そして名刺を交換している人たちも多数。女性も着物の方もいれば、きらきらの素敵なドレスの方もいて。
何だか申し訳なくなり、会場の隅っこで、2人でとっても小さくなって参加してきました(T∇T)
(「あの人たち、迷い込んだんじゃない?」と思っていた人もいるだろう・・・。)

司会進行は、SFローカルのKTVU TVのリポーターのカツヤマさんという日系4世の方。
夫くんは「見たことあるー!」と喜んでいましたが、私は見覚えがなく。
日本語がそれほど話せないのに、日系というだけで前に立たされてしまったのか・・・何だかちょっと可哀相でした。

さて、そんなカクテルパーティの後は、隣の会場に移りディナーを。豪華絢爛な会場でした。
f0181488_917451.jpg

f0181488_9172235.jpgf0181488_9173474.jpgf0181488_9174815.jpg
ここでようやく会社・職場ごとのテーブルになり、みなさんに会えたっ!ほっ、安心。
SF市内に住んでいるとそれほど気がつかないのだけど、会場には400~500人くらいの日本人が。
こんなに日本人がいるんだなぁ・・・。

航空券やお米、TV等があたる抽選会も。
我がテーブルは誰も何も当たらなかったので盛り上がりにだいぶ欠けました。
f0181488_926493.jpg



そして、ディナーの後は、稲垣潤一さんのショーが!
私は残念ながら、1990年代後半にヒットしたクリスマスキャロルの歌しか知らなかったのですが、1980年代に青春時代を過ごされた方は、色んな想い出がよぎったようです。

私の学生時代は、ミスチルや安室ちゃん、SPEED、ELT、globeが流行っていて、彼らの曲を聴くと、いろんなことが思い出されるので、きっと私よりも少し年配の方々は色んなことを思って聴いていたんだろうな~☆☆

ちなみに。
私の隣には、1980年代後半に日本に5~6年留学していたというアメリカ人の方が座られていて、
「ユキさん!稲垣って言ったら、忠臣蔵の監督が稲垣ですよね!!」と。

・・・・・・。

知らない・・・。
(その後、家で調べてみたら、確かに稲垣浩という監督さんが、「忠臣蔵 花の巻・雪の巻」という映画で松本幸四郎、加山雄三等、大物俳優人を使っていた。)
夫くんをチラッ、と見てみると「僕、知らない。」のリアクション。

ちなみに、稲垣さんのお歌は全曲知らなかったそうですが、アンコールでは「ジュンちゃーん!!ほら、ユキも呼んで!!」と一生懸命呼んでました。アメリカの方のそういうところ、大好きです。

初めて聴いた稲垣潤一コンサートでしたが、声も透明感があって澄んでいるし、スレンダーだし(歌とは関係ないけど)、驚いてしまいました。

久々にプロの歌手の上手な生コンサートを聴いて、夫くんも小田和正のコンサートが恋しくなったよう。笑
[PR]
by yukinkoro_sf | 2009-01-17 09:43 | EVENT
先週は、私も風邪をひき、それも「咳」だったので、周りの人に迷惑をかけないように・・・
大人しくお家で過ごしました。

洋ナシがアメリカには普通にいっぱい出回っていて、それほどハズレはないのですが、
この間切ったら、まだちょっとかたかった。
でも捨てるのはもったいないので、洋ナシのタルトを作ってみました。
アーモンドパウダーを使ったお菓子って初めてだったかも。
(だって、あんなに高価なものだとは知らなかった!!)
f0181488_1503712.jpg


硬かった洋ナシもお菓子にすると甘く美味しくなって、夫くんにも喜んでもらえました。
でも、サブレ生地を作るのが結構面倒・・・。また作るかどうかは微妙だわー。

そして、そのサブレ生地が余ったので、冷蔵庫を見るとクリームチーズ、サワークリーム、レモンと材料が揃っていたので、チーズケーキも作ってみた。
一口サイズのカップに入れて計12個も出来ました。
f0181488_1534885.jpg


しかーし!!
ここで、一気に2種のお菓子を作るという慣れないことをしたからか。

なんとなんと、砂糖を入れるのを忘れてしまったらしい・・・( ̄ロ ̄lll)オォ、NO~

単なる、お酒のつまみのチーズになってしまいました。
毎晩、私のワインのお供になること約2週間。本日無事消化いたしました。


さて、最後に焼きドーナッツ。
これは、去年の秋ごろのオレンジページに掲載されていた油で揚げない、オーブンで焼くドーナッツが素朴そうで、ほろっと柔らかそうで、是非食べたい!と思って、この間、夜に作ってみた。
f0181488_1595253.jpg


えぇー・・・、水がなければ、喉に詰まる感じでした。涙
それほど甘くないので、確かに朝ごはんにはなるけど、私の想像の食感ではなく、ちょっとがっかり。

と,
素敵な奥様らしくお菓子作りをしておりますが、人様にあげられるほどの腕ではないので、結局は、ほぼ私の脂肪となっています。
いかんいかん。
[PR]
by yukinkoro_sf | 2009-01-16 15:16 | COOKING