SF生活日記。


by yukinkoro_sf
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

カテゴリ:TRAVEL( 47 )

YOSEMITE NATIONAL PARK その2

ヨセミテバレーから車で1~2時間のところにあるMariposa Grove(マリポサグローブ)。
ジャイアントセコイアの森です。

セコイアと言われても、色んな木の中で見分けがつくかしら?と思っていましたが、
セコイアの樹皮は、シナモンのような色をしていて簡単に見分けがつきます。
「レッドウッド」とも呼ばれるセコイアですが、なんと樹齢は3200年らしい(って、どんな年月だ!?)。

日本では見られない木々を是非ご覧になってください!

f0181488_2125535.jpgf0181488_213715.jpg
f0181488_2142929.jpgf0181488_2144941.jpg
f0181488_217058.jpgf0181488_2171381.jpg
f0181488_2181321.jpg



このマリポサグローブ。かなり奥行きがあります。
ハイキングで、自分の足でがんばれば、色々な木々に触れることが出来ますが、
この日の私、若干の風邪気味(家に戻って、38度の熱があったことが判明する・・・。)。
みんなが暑い暑いとTシャツになっている中、一人パーカーをはおり「寒い・・・。」と。
なので、トラムツアーに参加。75分で森を一周してくれます。
ついでに、日本語のオーディオガイド付き。
f0181488_2235448.jpg

こんな感じ。快適です。

でも、帰りは途中で降りて、30分ほど森の中を自分の足で(&夫くんに寄りかかりながら。笑)歩いてきました。

同じ森でも、ミュアウッズとはまた違った空気を持ったマリポサグローブ。
優しくて、強い空気をもった森で、元気になれた気がします。
(体は最悪でしたが。あぁ、風邪が悔やまれる・・・。)

f0181488_2303149.jpg




以上、ヨセミテ報告でした。
アメリカ、さすがの大自然っ!!
「だけど、今回だけじゃカナディアンロッキーには敵わなかったかな~」というのが私たち夫婦の感想。今後の私たちの知らないヨセミテに期待です。

あと、残念だったのが・・・、
この1泊2日だけで10匹以上のリスが車にはねられて死んでしまっているのを見ました。カナディアンロッキーは、1週間の滞在でもそんなに見なかった気がします。
ヨセミテを走る車のスピードが速すぎるのか、動物飛び出し注意の看板が少なすぎるのか。
心が本当に痛んだ、というか、帰りの車の中はそれを思い出し、暗くなってしまった・・・。

と、いう私たちも、実は、突然リスが飛び出してきて、危うくひいてしまうところでした。
左から飛び出してきて、私たちが「あぁっ!!」と気がついたときには私の目の前を走っていた。
夫くん、ハンドルを左に切り、急ブレーキ。(←前後、対向車、ともにいなくて良かった・・・。)
私、慌てて後ろを振り返り確認。
・・・道路にリスはいない。
夫くん、その後タイヤを確認するも、血痕はなし・・・。
「右に見切ってたから、はねてないと思う。」と夫くん。
うん。助手席の私が右手に走りぬけるのを見たので、私もたぶんはねてはいないと思う。
とちょっと気がひきしまった出来事もあり、
ヨセミテに来て、リスでもはねてしまったら、もうヨセミテに行こうなんて気にはならなくなってしまうよ~・・・。
皆さんも、本当に本当に気をつけてくださいね。


最後に、ヨセミテはガソリンが非常に高いので、ちゃんと事前に満タンにしていきましょう。
私たちもSF市内で入れていきましたが、それでも途中で給油。
最初に入ったところは、あまりの高さに、そのまま出てきてしまいましたが、
このマセードのガソリンスタンドは比較的良心的でした。
f0181488_2341259.jpgf0181488_2342554.jpg

[PR]
by yukinkoro_sf | 2008-11-06 02:36 | TRAVEL

YOSEMITE NATIONAL PARK その1

YOSEMITE NATIONAL PARK(ヨセミテ国立公園)に行って来ました。
サンフランシスコから車で4~5時間。
想像を絶する大きな岩壁、そして美しい滝、大自然を身近に感じられると聞いていたヨセミテは、一度は訪れてみたいと思っていたところ。

といっても、滝は、雪が溶ける春先~6,7月頃までしか見られないのでおあずけ。
世界の滝の高さベスト10内に2つランクインしているヨセミテ。(←ヨセミテ滝とセンチネル滝)
是非とも次回は見てみたい。

まぁ、今回は下見ということで、宿泊先も前日に予約のいつも通り行き当たりばったり旅行です。笑

免許実技試験の前だったので、私もちょこちょこ運転しながら・・・、何とかヨセミテに到着。
(今回は、さすがに「あっ」という間ではありませんでした。CDを何回変えただろうか。)

まず、私たちを出迎えたヨセミテに入る前の、えっ!?な信号。
f0181488_021147.jpg



15分待ちですか・・・?
そう。実は、2006年6月にこの先で大規模な土砂崩れがあり道路が片道は閉鎖中。
マセードという町からヨセミテに入るときにはご注意ください。
まぁ、運転手にはよい休憩、犬にとってもよい散策&おトイレタイムになっているようですが。


さて、ヨセミテです!

■Tunnel View(トンネルビュー)からの眺め。
f0181488_08647.jpg


真ん中の岩がHalf Dome(ハーフドーム)と呼ばれるヨセミテのシンボルとも言われる岩壁です。麓からは1443Mあるそう。
ここからもブライダルベール滝が見られるそうですが、このシーズンは既に「Completely dry!」(←小さい子が水がないのを、こう叫んでいた。子供から学ぶ大人・・・。)


■Glacier Point(グレイシャーポイント)からの眺め。

(1枚目の写真は、グレイシャーポイントに着く前の、ビューポイント。ハーフドームを横から見たものです。)
f0181488_014509.jpg

f0181488_0151186.jpg



日本と違い、柵もあまりありません。自己責任ってことなのでしょうか。
f0181488_0181023.jpgf0181488_0182563.jpg



そして・・・

登頂!!!!
f0181488_0214936.jpg




・・・登頂終了。
f0181488_0222672.jpg




■ヨセミテバレー内からの風景
f0181488_02640100.jpgf0181488_027519.jpg

f0181488_0272853.jpg

f0181488_0274984.jpgf0181488_028276.jpg



リスや鹿にも出会えます。残念ながらクマには出会えませんでした。
運がよければ、クマ、キツネ、マウンテンライオンに出会えるかもしれませんね!

初夏には、ヨセミテ滝が見られるはず。


■Ahwahnee Hotel(アワニーホテル)からの風景

f0181488_0312053.jpgf0181488_0313495.jpg


アメリカ人も憧れる、アワニーホテル。
ハーフドームやヨセミテ滝がホテルから見れてしまうヨセミテバレー内にあるホテルです。
泊まってないけど、写真だけ撮ってみた。



なお、今回、私たちが泊まったのは、ヨセミテバレー外(車で1時間位)のTENAYA LODGE(テナヤロッジ)
キレイで、快適なホテルでした。
通常は1室$390のところ、前日直前予約で$260。シーズンオフでよかったです。
(なお、ヨセミテバレー内ホテルはどこも満室でした。)
f0181488_125284.jpgf0181488_13847.jpg


「暖炉の火が好きなんだ。」とつぶやいた夫くん。暖炉前のテーブルを希望してました。
f0181488_14770.jpg



ディナーでいただいた、普通に美味しかったパエリアと最高にまずかったサーモン。
f0181488_143598.jpgf0181488_145131.jpg


朝食はどれも美味♪
f0181488_15232.jpgf0181488_154030.jpg


ドッグフレンドリーなホテルでした。
f0181488_161310.jpg



ホテルですが、ヨセミテ内のホテルはYosemite Reservationsというところで管理運営されていて、予約は366日前から受け付けています。サイトはコチラ
もしも、ヨセミテバレー内で泊まりたいという方は早めに予約することをおススメいたします。
というのは・・・
既に、来年の冬1月、6月は空いている日がごくわずかでした!(特に週末は)

かくいう私たちも、夫くんの上司から「ヨセミテは、本当は冬が一番素晴らしいんだ!!」と言われたので、真冬に予約。そして、来年の6月頃に両親が来るかもしれないので、ベストシーズンにアワニーホテルを予約♪

さてさて、今回は、1泊2日の短い旅行だったので、ハイキングはせず車でのドライブ。車でも十分ヨセミテの美しさは堪能できましたが、でも、1~12時間の様々なハイキングコースがヨセミテでは用意されているので、本当にヨセミテを味わうのなら実際に歩いてみたほうが良いと思います。
歩いてでしか出会えない素晴らしい景色がいっぱいあるようですよ~!!
私たちも、来年の6月はもちろんハイキングするつもりです。どこのコースにしようか、今から楽しみ。

お次はヨセミテバレーから車で1~2時間のところにあるマリポサグローブ報告です。
[PR]
by yukinkoro_sf | 2008-11-06 00:40 | TRAVEL
MUIR WOODS NATIONAL MONUMENT(ミュアウッズ国定公園)に行って来ました!
サンフランシスコから車で30分~1時間もあれば十分行けてしまうこの公園。
「スターウォーズ・ジェダイの帰還」の惑星エンドアの舞台にもなった森なのです。
(といっても、私はこの映画見たことないのでわかりませんが、夫くんは、「あぁ!あぁ!!」と言ってました。本当に知っているの~?・・・(-ω-)・・・)

ここはRedwood(別名、セコイアスギ、センペルセコイア)と呼ばれる森で、湿気やシロアリに強いため大量伐採され、今では北カリフォルニア沿岸部にしか残されていない貴重な樹木なのです。
ちなみに、花粉症の夫くん。
「なんだかムズムズする」と言っていました。
おー、春には来れないね・・・。

f0181488_324723.jpgf0181488_331678.jpg

f0181488_34510.jpgf0181488_341996.jpgf0181488_345771.jpg
f0181488_4522883.jpg

f0181488_354878.jpgf0181488_36392.jpg

唯一発見、ネズミちゃん。超小さくて、指にのせられそうな大きさ。
カンガルーのように、ぴょんぴょんと跳ねていました。かわいい♪

なんていうネズミなのだろうと、家に帰ってからネットで検索してみたものの、
ネズミで検索すると、ネズミ駆除ばかりが・・・。あぁぁ・・・。涙
カヤネズミでもなさそうだし、うぅむ。
最初に見つけたおばさん「Oh!baby~!!」ととっても嬉しそう。
私が近づくと、にっこりーと「見て見て!」と指差していましたが、しばらくすると後ろから子供たちが駆け寄ってきた。そうすると、
「Don't touch!!」とまずは子供たちをけん制。(←子供たち、若干ビビる。)
うむ、他人の子供にもきちんと指導をする大人の対応。
最近の日本では見かけなくなったけど、とても大切なことだね。

f0181488_381298.jpg


緑の匂いをかいで、最近多忙な夫くんも「やっぱり自然はいいなぁ~」と癒されてご満悦の様子。
良いリフレッシュになりました。

そして、この自然に囲まれたリフレッシュが、次回に「ヨセミテに行こう!」というきっかけになったのでした~☆

そうそう。この日は、初めてゴールデンゲートブリッジを私の運転で渡りました!!
ちょっと感動~。もちろん景色なんて楽しめませんが。笑
隣に座ってくれる夫くんには、いつも感謝です。
(←私なら、怖くて絶対に座れない。)
[PR]
by yukinkoro_sf | 2008-10-29 03:21 | TRAVEL

MONTEREY&CARMEL旅行 番外編

番外編は、やはり食べたモノ記録072.gif
食べ物ブログと化してますものね。笑

モントレー最初の夜は、皆様ご存知、「Bubba Gump shrimp Co.」(ババ・ガンプ・シュリンプ)へ。
このモントレーが記念すべき第1号店らしいです。

f0181488_6455310.jpg


昔、姉夫婦とホノルル店に行ったときに、美味しかった記憶があったので、迷わずここへ。
でも、ホノルル店の方が美味しかったなあ・・・。
海老の揚げ物ばかり頼んでしまったので、途中から気持ちが悪くなってしまいました・・・。
まぁ、ラッコを見つけられたのもここのお店からだったから、まぁ良しとしよう!

2日目のランチは(1日目のランチは、ポチたまのだいすけ君にフィッシャーマンズワーフで出会ってしまったので、後をつけて同じレストランに。お味は・・・?なので特に写真もありません。ほほほ。)
「The Fish Hopper」に。
f0181488_6501423.jpgf0181488_6514024.jpg

ここは、海にせり出したレストランで、岩場で休憩中のSealsが見えます。
クラムチャウダーが絶品でした!!
なお、ここでも、Crab好き夫くんは、カニを。そして、本日のオススメの鮑をチョイスっ!
ジャガイモの上に、かすかに鮑が乗っています。(←見えない・・・。)

そして、ディナーは、忙しく勉強していた夫くんに代わり、暇人の私がホテルに置いてあった雑誌で見つけた、スペイン料理のお店「fandango」へ。
f0181488_732568.jpg


f0181488_712384.jpgf0181488_714928.jpg
f0181488_7222.jpg


かわいいでしょー?
いやぁ、本当にここの地域の建物はかわいいものが多くて、見ていて飽きませんでした。
パシフィックグローブ(モントレーの住宅地のようなところ)のダウンタウンにあるこのお店。予約しなくても大丈夫だろうと思いつつも、一応予約。

・・・しておいて、良かったです。行ってみると満席。アメリカのレストランは、予約が必須ですね~。

ここのレストランのオススメは、パエリアとのこと。
無性にお米が食べたかったので、私たちにはちょうど良かったのですが、でも、パエリアより、お互いに前菜で頼んだ、オニオングラタンスープ、イカ焼きが日本人好みの味付けで気に入ってしまいました。
・・・パエリアって、こんなにスープっぽくて良いものなのかな?笑

モントレーは海側だと観光客がいっぱいですが、こういう住宅街に入ってみると素敵なレストランがありますよん♪

さて、最後はカーメルでのランチですが~・・・
「Porta Bella」(ポータベラ)へ。
こちらのレストラン、上記の「fandango」が掲載されていた雑誌に載っていたのでセレクトしてみましたが、「地球の歩き方」にもありました。
中庭を持っているこのレストラン、中庭は犬OKで、中庭に行くまでにワンちゃんがレストランの中を移動。色んなワンコが通っていきました。
いいな~、ワンちゃんとこんな素敵なレストランに入れて・・・。
カーメルは動物に優しい街ですよ。
f0181488_7111690.jpg


f0181488_7114953.jpg


f0181488_7121992.jpgf0181488_7123530.jpg

野菜スープも優しい味でしたが、やはり、クリームのCrabスープが美味しかった~。
私たちには珍しくチキンをオーダーしてみましたが、これまた繊細な味付け。
とても美味しかったです。

どの店のウエイター、ウエイトレスさんもとても気さくで、フレンドリーでした。
気持ちの良い場所で、気持ちの良い対応をしてもらい、気持ちの良いお食事をいただけて、
モントレー&カーメル、素晴らしいっ♪♪
[PR]
by yukinkoro_sf | 2008-10-24 07:21 | TRAVEL

MONTEREY&CARMEL旅行 その2

モントレーベイ水族館(Monterey Bay Aquarium)
モントレー湾特有の動植物にスポットを当てた水族館で、私たちは「クラゲが有名だよ」と聞いてきましたが、さてさてどんなもんでしょうか?

くらげやマンボウなどなど。
f0181488_5445255.jpg

f0181488_5452142.jpgf0181488_5454069.jpg
f0181488_5505324.jpgf0181488_551547.jpg


そして、ここにもかわいいラッコちゃん。
f0181488_5514667.jpg



そして、絵ではありません。本物です。カエル。
f0181488_55214.jpg



普通な感じです。
(カエルは普通じゃないけど。笑)

多分、最近の日本の水族館が素晴らしいのだと思います。
美ら海水族館(沖縄)、海遊館(大阪)、江ノ島水族館(神奈川県)、八景島(神奈川県)どれをとっても誇れる水族館だと思いました!

あ、そうそう。他にもペンギンもいました。
ほら。
f0181488_602281.jpg

f0181488_604938.jpgf0181488_621470.jpg


・・・すみません。水族館で、夫くんに買ってもらいました。

ちなみに名前はモン。名付け親は夫くんで「モントレーで買ったから」とのこと。
相変わらずネーミング能力のない夫婦だわ。
以前、NYのブルーミングデールズで犬のぬいぐるみを購入した際は、ブルと名付けました。

・・・もし、私たちに子供が出来たときには、産んだ場所が非常に重要になりそうです。


そして、最終日は、隣町カーメルに寄ってから帰りました。
夫くんは午前中まで会議・研修だったため、午後になってから行ったのであまりまわれませんでしたが、とてもかわいい街で、日本でいうと自由が丘、軽井沢といった感じでしょうか。
f0181488_611867.jpgf0181488_6111970.jpg

童話に出てきそうなかわいらしさ。

そして、こちらはカーメルビーチ。
真っ白な砂のビーチで、犬が本当にいっぱい。
f0181488_612537.jpg

f0181488_613342.jpgf0181488_613533.jpg
私たちが行ったときは残念ながら曇り空。
でも晴れていたら、きっと素敵な景色だと思いました☆

んで、忘れてならない、モントレー&カーメルに行ったら・・・の
17マイルドライブっ!!!
f0181488_6174934.jpgf0181488_618727.jpg
f0181488_6185698.jpg


幸せの青い鳥!?
(っていうか、緑と重なって見えない??)

両町にはさまれてある、このドライブルート。確か通行料$9だったと思います。
車の中でモンちゃんを膝に乗せていたら、
料金所のおじさんに「ペンギンは入っちゃダメなんだよー」と言われました。
細かいところに気がつくおじちゃんでした。

簡単なMAPをもらい、出発。普通に走れば30分程度の短いドライブでしたが、全部で19個の見所スポットがあるようです。
どちらかというと、癒し系の景色が好きなので、荒荒しい景色のように思えた私たちは結構素通りが多く、1時間程度で終わってしまったかも。
でも、ここは、世界中のゴルファーが憧れているゴルフコースが点在しているそうで(すみません、ゴルフをしない夫婦。いつかはチャレンジしようと心に決めているんですが・・・)、
中でも、ペブルビーチ(Pebble Beach)は1919年に設立された由緒ある名門コースとのこと。
ここも名所の19個の中に入っています。上の写真に見覚えのある人もいるのでは?

といった感じのモントレー&カーメル旅行でした。
私は結構満喫でしたが、ほぼ勉強だった夫くんは楽しめたのかどうなのか。笑
f0181488_6304637.jpg

(ホテルの会議室で勉強中のところを隠し撮り。)
[PR]
by yukinkoro_sf | 2008-10-22 06:31 | TRAVEL

MONTEREY&CARMEL旅行 その1

少し前の話になりますが、サンフランシスコから南に200㎞のところにあるモントレーに行ってきました。
(ようやくUP・・・。ポチたまのだいすけ君は、今どこを旅しているのか・・・。)

3泊4日の小旅行。しかし、出発の日は私が夜の英会話学校がある日。
ということで、出発は夜の9時をまわった後。真っ暗な高速道路はちょっと怖くもありましたが、
モントレーの町が見えたときには、まるで荒野からラスベガスに着いたときの明かりを見たような感動でした。
(と言っても、ラスベガスには行ったことなし。あくまで想像です。)
ホテルには夜中12時をまわってから到着。
その日は、そのままバタンキュー。

翌朝、夫くんは早朝8時半に集合をかけられていたため、そそくさとお出かけ。
私は、1日フリーなので、モントレーの町をとにかく、とにかく、歩きましたっ!!

モントレーは、カリフォルニア文化発祥の地と言われているそうです。
(でも、そのカリフォルニア文化というものがどういうものか私にはわかりません。情けなし。)
スタインベックという小説家はご存知でしょうか?「缶詰横丁」を書いた人です。
その舞台になったのが、ここモントレーなのですね!!
(でも、そのスタインベックさんも私は知りません。再び情けなし。)

でも、そんな無知な私でも十分満足!
というのは、ここモントレーでは、素敵な景色、そして動物たちが見られるのですー☆

野生のSealsもいっぱいいます。小さなSquirrelもみつけられるかな~?
f0181488_6444122.jpgf0181488_6452296.jpg
f0181488_6461564.jpgf0181488_647286.jpg
f0181488_6495278.jpgf0181488_650537.jpg
f0181488_6523041.jpgf0181488_6524992.jpg


もっと穏やかな海を想像していたのですが、結構、日本海の荒波ぽっかったです。
こういう岩場なので、動物がたくさんいるのかもしれませんね。
それに、猫のフンを捨てるな等の貼紙も目にしました。かなり環境を守るために町全体で努力しているようです。

その海がキレイな証拠に、レストランからSeals観察も出来ちゃったり、
f0181488_782269.jpg



なぁんと072.gif
f0181488_785456.jpg


これ、何かわかりますか?生き物ですよ、一応。

これは、なぁんとなぁんと!!
野生のSea Otter、そうです。ラッコなのです~。
驚くでしょ?野生だよ、すごいことでしょ!?

ラッコは、キレイな海にしか生息できないそうです。いやぁ、野生のラッコを見れるなんて、感激。涙

それも、夜、レストランで食事をしていて、ふと窓の外を見たら、ラッコを発見。
私、慌てて外に出て、写真を撮りました。そう、これが多分、普通の人の行動。
なのに、動物にほとんど興味のない夫くん。・・・ずっと海老を食べ続けていました。
レストランに戻ると、
「ん~、何がいたの~?ラッコ??ふーん。(モグモグ)」

普通、もっと驚くからっ!!!



そうそう、驚くことといえば、住宅街で小鹿も発見。
f0181488_7152751.jpg


つい・・・かわいくてずーっと見ていたら、警戒心がなくなったのか、私のほうに寄ってきてしまい、でも、後ろはすぐ大きな道路。
危険なので、すぐその場を去りました。
(戻ってこっそりのぞいて見たら、近くの民家に入っていきました。ほっ。
道路に出られるより、民家の方が安心。笑)


モントレーはのんびりと時間が流れていて、かなり癒されました。
次回は、モントレーの観光目玉、モントレーベイ水族館とかわいいカーメルの街をご紹介します♪
[PR]
by yukinkoro_sf | 2008-10-21 06:55 | TRAVEL
先日、夫くんが急遽モントレーに仕事で行かねばならなくなりました。
心の広ぉ~いアメリカ。
まだ来てから間もないこともあってか、
「奥さんも連れて行っていいよ」との優しいお言葉をくださり、なんと私も一緒に行くことに072.gif


モントレー・・・、素晴らしいところでした。
ああ、一緒に行かせてくれてありがとうございます。
御礼もかね、ここでそのご報告をしたいと思います!
ですが、その旅行記はまた次回にいたしましてっ。
それよりもそれよりも!!

みなさん、だいすけ君がアメリカに上陸していることをご存知ですか!?

NO!NO!だいすけといっても、松坂じゃあありません。

テレビ東京の「ポチたま」という番組に出ている、犬のだいすけ君です。
(1代目は、まさお君でしたねー。)

そのだいすけ君、これまでは日本を旅していましたが、なんとっ!
アメリカ横断にチャレンジするんですって。
サンフランシスコを出発し、ニューヨークを目指します。

実は、わたくし、モントレーで、だいすけ君に出会ってしまいました♪
きゃあっ!!

だいすけ君に気がついた時のわたし。
我を忘れ、「ちょっと、ちょっと!!!だいちゃんだよっ!!」と大騒ぎ。

日本で、愛らしいまさお君&だいすけ君の姿に毎週癒されていたので、ついつい嬉しくて・・・。
ははは、すみません。
(←ちなみに・・・。もちろん、だいすけ君を知らない夫くん。まさか犬のことだとは気がつきもせず。「どこどこ?だれ??」)




本番中。
f0181488_2361655.jpg



あ、気がついた?
f0181488_236453.jpg


だいすけ君、とってもエライ子で、本番終了後もスタッフの皆さんがだいすけ君に背を向けても、ずっと大人しくお座り。


これまたスタッフの皆さんも良い人たちで、
たぶんだいすけ君のお世話係りだと思われる女性の方は、私と目が合うと、にっこり笑いかけてくれるし、
スタッフの中の一番ボスと思われる人は、本番が終わると、
「本番終わったので、よろしければ写真どうぞ!」と。

なんと素敵な「ポチたま」の皆様!

ってことで、だいすけ君と松本君。
f0181488_2415873.jpg

あ、松本君はいい笑顔だけど、だいすけ君が見てない・・・。

すると松本君。無理やり、だいすけ君をぐいっと向かせてくれました。笑
(女性スタッフの方も「だいすけ!」と声をかけてくれました。皆さん、私の写真なんかのためにありがとうございます。涙)
f0181488_2425636.jpg


そして、3ショット。
f0181488_3461466.jpg




松本君は、スタッフのみなさんがランチ休憩をとっている間も、
だいすけ君と一緒に座って、通りがかる日本人と話したり、とっても気さくな人でした。
f0181488_3465749.jpg


なんだか松本君のだいすけ君に対する愛情を感じます。


f0181488_2535397.jpg
f0181488_2541593.jpg


だいすけ君の体調を見ながらの旅。11月末のゴールを目指すとのこと。
松本君&だいすけ君、がんばれ~!!


なお、夫くんはだいすけ君を見たとき、「なんだー、松坂じゃぁないのかぁ・・・」と。
上記写真の車を駐車場で見かけていたらしく、もしかしたら日本のTVの関係で、松坂大輔がいるんじゃ!?と期待していたようです。くくく。残念でした~。
[PR]
by yukinkoro_sf | 2008-09-30 02:31 | TRAVEL