SF生活日記。


by yukinkoro_sf
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

2010年 01月 18日 ( 3 )

ジャマイカ3日目の午後からは、こちらThe Ritz Carlton Rose Hallです。
f0181488_1853699.jpgf0181488_1853246.jpgf0181488_1853406.jpg
f0181488_18535521.jpgf0181488_18541677.jpgf0181488_18543142.jpg
f0181488_18544399.jpgf0181488_18554160.jpgf0181488_1855124.jpg


とても清潔感のある、ゴージャスな大人なホテルでした。
こちらもオールインクルーシブ。だからといって、ディナーは食べれる量をオーダーですよ~。ははは。
f0181488_18591843.jpgf0181488_18593057.jpg
f0181488_18594367.jpg


バイオリンやピアノの生演奏とともに。いやぁ、非現実的空間でした。

4日目。
ジャマイカだけに、美味しいブルーマウンテンのコーヒーをロビーでいただいてから、朝食会場へ。
f0181488_1932224.jpgf0181488_1933589.jpg

白い鳥も一緒にご飯です。ふふふ。
こちらも種類豊富なバイキングでございましたよぉ~ヾ( ̄∇ ̄=ノ食べすぎ注意です。

今日は、ホテルの中でのんびり。
スノーケリングをしたり、プールで遊んだり。
ただ、こちらのリッツは、エンジンを使うウォータースポーツは有料だったんです。
でも、夫くんのおねだり成功(?)か、係のおじさんが相当ヒマだったか、沖合いまでボートを出し、スノーケリングをさせてくれましたぁ~。一見強面のおじさん、いいやつでしたよっ☆
いいヤツでしたが、岩にいかりをさしたはずが、なんと・・・

船が流されました!!Σ( ̄Д ̄lll)

ビーチから他のスタッフが私たちを救出に。。。
あやうく遭難でした。

強面おじさん、他スタッフにいじられ、照れ笑い。照れ笑いできる結果でよかったよ。

さて、こちらのホテルではいっーぱいカクテルをいただきました。そちら一部をご紹介~~
f0181488_19161794.jpgf0181488_1919633.jpg
f0181488_19192695.jpg

f0181488_19194270.jpgf0181488_19195948.jpg
f0181488_19201357.jpg

f0181488_19205640.jpgf0181488_1921966.jpg

我ながらよく飲みましたねぇ~。

さて、夕方はショッピング。
f0181488_19273589.jpgf0181488_19274972.jpg

こちらのかご製品、とても丁寧に作られていました。
「私の生活のために買ってください・・・」なんて言われてしまい、結構買ってしまいましたが、頑丈だし、センスもとてもよく、今でもお気に入り。日本直行帰国であれば、大きなものも買ってしまったかも。
そして、ジャマイカ記念にラリマールのネックレスを夫くんが購入してくれました♪
f0181488_19373564.jpg


こちら、ドミニカ共和国でしか採掘されない石。きれいな薄い空色で、カリブ海の海の色みたいですよね。大切にします。
あとは、お約束のボブマリーTシャツなんかも買ってしまい、なんだかんだと買い物三昧。
その後、私は、エステをしちゃいましたー♪
「肩、凝ってますね~」と。。。海外でも言われてしまった。。。

以上、リッツも終了し、ジャマイカ滞在もこれにて終了です。
リッツの感想はというと、とっても空いていました。夫くんがインターネットルームにいた時に、従業員の人が
「今日は恐ろしいほど空いているね。」なんて話していたみたいで、なんと、5%のお部屋の稼働率だったらしいですよ。
これも経済不況の影響ですかね。。。

お次の国は、ケイマンでーす♪
f0181488_19461081.jpg


カメが兵隊さんです。かわいい。

ジャマイカのヒーロー、ボルトと!
f0181488_1947372.jpg


[PR]
by yukinkoro_sf | 2010-01-18 19:47 | TRAVEL
翌朝、よーうやくジャマイカに飛び立ちました。
f0181488_1602154.jpgf0181488_16183590.jpg

飛行機から見える島々の美しいこと!

ジャマイカの首都はキングストン。レゲエ発祥の地であります。そこも気になることは気になったのですが、治安があまり良くないとのことで、今回はのんびり・癒しの旅(夫くんの希望)だったので、リゾート地:オーチョ・リオスとモンテゴベイをセレクト。

モンテゴベイの空港は、各ホテルのカウンターが勢ぞろい。各ホテル、ソファやウエルカムドリンクで対応してくれます。
私たちの泊まるホテルは、Couples Sans Souci。こんなところでした♪
f0181488_16284591.jpgf0181488_1629499.jpg
f0181488_16293036.jpgf0181488_16294560.jpg

お部屋はこんな感じ。
f0181488_16305381.jpgf0181488_163179.jpg

こんな素敵なところを1泊無駄にしたなんてっ。悔やまれる!!

どこもかしこもカップルだらけ。行きの送迎バスの中では、アメリカ人のハネムーナが大騒ぎ。笑
新郎さんは、獣医さんでした。あら、うるさいけど良い人だったか。←獣医、パティシエに悪い人はいないと偏った思考を持つ私。

まずは、お部屋の準備が整うまでランチでもと言われ、ランチ会場へ。
あぁ、こんなに美味しそうなお料理の数々を前日のディナー、今朝の朝食で無駄にしたなんてっ!!
f0181488_16363651.jpgf0181488_16365239.jpg
f0181488_16371244.jpgf0181488_16372490.jpg

生のフルーツで作るカクテル、シェークも絶品です。
こちらはカジュアルなんですが、もうひとつフォーマルなレストランもありますよ。私たちはこの1日目の夜に予約をして行かせていただきました!そこも美味ですー☆

さて、腹ごしらえの後は、シュノーケリングツアーに参加。沈船をみたり、色とりどりのお魚に癒され♪
f0181488_16404015.jpgf0181488_1641556.jpg

このホテルの売りの一つは、なんと敷地内で鉱泉が湧き出ていること!温泉大好きな私たち、もちろん行きました。なんか得した気分だわー。
f0181488_1642284.jpgf0181488_1643290.jpg

すぐそばの建物ではエステを行っています。プランによっては、エステもオールインクルーシブになるようですよ。私は、エステは入っていないプランだったようで、指を加えて、すっきりした顔で出てくる人々を眺めただけでした。(夫くんいわく「ここに泊まっているだけで十分贅沢です!!」とのこと。ちっ。)

もうひとつの売りは、海がめ”チャーリー”。
f0181488_16572675.jpgf0181488_16574845.jpg

チャーリーに餌を与えないでください、だって。ぷぷぷ。
夫くん、実は別名チャーリーなんです。
ホテルからもらったプログラムに「チャーリーの餌付け」とあったので、ウケる~ ( ̄m ̄*) と思って、その場に行って、チャーリーを探したのですが、あれれぇ?いないぞ。
そしたら、なんとっ!
私たちの到着前日にチャーリー突然死んでしまったんですって。涙
(ちくしょー、ジャマイカ航空めっ、どこまでも悔いを残させる・・・。)
もう10年以上ここで飼っていて、ホテル従業員のアイドルだったので、みなとても悲しんだそうです。
会いたかったぁ・・・。
ちなみに、何故チャーリーという名前かというと(夫くん、名前の由来が気になったらしい。)、チャーリーというハリケーンの時に、ここのホテルのビーチに流されてきたからとのこと。なるほどネ。

f0181488_17134226.jpgf0181488_1714883.jpg


2日目。
この日の午前中は、ジャマイカ最大の観光スポット、ダンズ・リバーの滝登りに参加。
ビショビショになるので、デジカメは持参せず。でも、リンク先を見れば一目瞭然なのでご覧下さいませ。
知床にも滝登りがありますが、そんな感じです。結構楽しいですよー!

そして、まったく貢献できなかった水中バレーをしたり。
球技が苦手な上に、深くて息するのが精一杯・・・。
f0181488_17193729.jpg




ホテル内の屋台で木彫りを購入してみたり。←もちろん値切りましょう。半分の値段にはなるはず。
f0181488_17233479.jpgf0181488_17235135.jpg
木彫りの後ろに日付と「Ocho Rios」と彫ってもらっています。

君も今日からプーちゃんと一緒に旅ですよ♪
f0181488_1725781.jpg



さて、この日の晩は、ビーチディナー。ゲストは全員ビーチに集合です。
ドラム缶を使ったプロの音楽演奏あり、従業員のファッションショーありのなかなか趣向を凝らした、アットホームなパーティでした。この日は、従業員もゲストと一緒のテーブルでご飯を食べます。クラブメッドみたいですね!
f0181488_17294883.jpgf0181488_17301014.jpg
f0181488_17302835.jpg
f0181488_17304835.jpgf0181488_1731757.jpg

夜もふけると、お隣のヌーディストビーチでの宴会に。
f0181488_1735225.jpg


っと、こちらは写真撮影禁止でーす。
私たちは、すぐにその場を去り、就寝してしまいました。あはは。

3日目。
午前中は、ダイビングを1本。こちらもオールインクルーシブ。
ダイビングやられる方ならおわかりだと思いますが、これ、お得ですよね!
f0181488_17384065.jpg


そして、この日で、ここCouples Sans Souci とはお別れ。違うホテルに移動です。
ここのホテルの良さは、従業員のみなさんの陽気さ、温かさだったかな~。
大人しい日本人にも、その場の空気を楽しむことを教えてくれたような気がします。
f0181488_17393890.jpgf0181488_17395774.jpg
ひとつ難点を言えば、木々がうっそうと茂っているので、蚊が多いこと~・・・。
でも、夫くんはそんなに刺されてなかったから、人によるのかな?私は十箇所以上刺されました。

夕焼けもきれいですヨ。
f0181488_17425427.jpg



さて、お次はモンテゴ・ベイのリッツカールトンホテルに移動です。
[PR]
by yukinkoro_sf | 2010-01-18 17:44 | TRAVEL
バハマ最終日・6日目。今日は、ジャマイカ・モンテゴベイに出発の日。
この旅で一番最悪な日となることはまだ知ることなく、最後にホテル内散策なんかを楽しんだりしました。
そして、午前11時にはホテル出発。空港までのタクシーを呼んだところ、おろろろ!?
f0181488_11181634.jpg


すごぉーいタクシーがやって来た。
ボーイさんも「君たちはラッキーだね!」なんて。←いえ、アンラッキーになるんです、これから。(゜-Å)
ちなみに、タクシーの中は結構ボロボロでした。窓なんて途中でひっかかって開かないし。笑
まぁ、そんなことはたいした問題でなく、無事空港到着。

ランチに軽くバーガーキングでバーガーを頬張り、午後2時半頃の飛行機にチェックイン。
待合室で待つこと2時間。アナウンスが入る。
「事情により、飛行機の到着が遅れています。」

ふーん、まぁ仕方ないか。

その後、待つこと1時間。アナウンスが入る。
「航空機の点検の結果、本日のジャマイカ・キングストン行きはキャンセルされました。」

ふーん。へっ・・・・・はぁっ!?Σ( ̄Д ̄lll) ガビーン

夫くん、慌てて「立って!受付並ぶよっ!!」

乗客はみなブーブー言いながら、受付カウンターへ。そして、そこでまたとんでもないアナウンスが。
「次のジャマイカ行き飛行機は、火曜日です。」

本日、日曜日。それは、困ります。ひっじょーーーうに困る。
だって、だって、次のホテルは、この旅唯一のオールインクルーシブのホテルなんですっ!!涙

ふにゅぅ~~と半べそな私の横で、夫くんは携帯電話で保険会社にTEL。ここバハマでの本日の宿泊先をお願いしてました。そんなテキパキな夫くんを尊敬しつつ、受付カウンターでは
「代わりの飛行機を今探しているけれど、まだ見つかっていない。見つかったら電話しますので、携帯番号を教えてください。」と言われ、携帯を教えると「あら?国際電話??」と言われ、国際電話は困ると言われる。

・・・すみませんが、飛行機が飛んでないことの方が困るんですけどっ!!
国際電話料金位払いなさいよっっ!!

とメラメラな苛立ちを抑えていると、挙句の果てには「外国人は、隣のマネージャーの列に並べ」と、最後尾に並ばされ、待つこと1時間。。。
f0181488_114150100.jpg


英語は話せないけど日本語は理解できる、感じの良いイタリア人カップルとお話なんかして少し癒されつつ。

すると再びアナウンスが。
「代わりの飛行機が確保できました。夕方の便でフロリダのフォートローダデールまで行っていただき、翌早朝の便でモンテゴベイ(ジャマイカ)に行ってください。」

そうすると、明日の朝午前10時にはジャマイカに入れることになる!不幸中の幸いっ!!わーい!!!

・・・と思いきや、これまた海外島国空港。振り返ってみると、手際が悪いやら、性格がのんびりなのか・・・。涙
不幸中の不幸なことに、私たちの番で、なにやら暗雲が・・・。

「・・・。あなた(夫くん)は英語が理解できているから、もう私の電話の内容で理解できたわよね。今、あなた方の名前を入力していたら、エラーではじかれました。残念ながら、夕方の便の出発にあなた方の入力が間に合いませんでした。」

おぉぉぉ~~い。。。
君が電話口で関係ない話をしながらやってるからじゃないのかっ!!←普段穏やかな夫くんもこの対応には若干おかんむり。
既に、飛行機が飛ばないとわかって空港を去った人以外、空港に残っていたほとんどの人はフォートローダデール行きに乗っていったのに、外国人だからと列を変えられ、最後尾に並ばされた私たちと、イタリア人カップルだけ空港に置き去り。
(本当に空港でぽっつーん状態でした・・・。)

と、その時。
「最後の手段なんだけど、マイアミ行きの夕刻の便がある。もし空席があれば、乗ることが出来るわ。そうすると、翌朝10時にモンテゴベイに行く飛行機があるから、お昼にはジャマイカ入りできるかもしれない。」

是非とも、それでお願いしますっ!

その後、最不幸中の幸いで席確保。離陸まで十数分。「走れっ!!!」と指示され、自分たちでトランクをひっぱりつつ、アメリカの入国審査を受けつつ、(事情が事情なのにやっぱりそれなりに審査されるアメリカ入国。飛行機出ちゃうよ~・・・)猛ダッシュで飛行機に飛び乗り。
これが島国といえど、自分で走るとなると空港はデカい!息切れです。ゼィゼィ、ハァハァ・・・
f0181488_1201969.jpg



かわいそうな私たち・・・それ以上にかわいそうなイタリア人のカップルはこの飛行機にも乗り込んでこなかったので、英語が理解できなかったか、走ったけど間に合わなかったか・・・。
私たちも滑り込みセーフな搭乗。

そして、再び、アメリカへ~
f0181488_1263183.jpg

飛行機から見る夕日もなんだかかなしい・・・。

マイアミ着。空港内のホテルを割り当てられる。
f0181488_1272475.jpgf0181488_1273682.jpg

意外にも快適なホテル。笑
夕ご飯には、一人$10のミール券支給。
f0181488_1284969.jpgf0181488_1285975.jpg

物価の高いアメリカで、$10で夕ご飯なんて食べれないんですけどね。。。
オニオンスープとパスタをオーダー。
でも、本当なら、オールインクルーシブホテルで豪華なディナーだったはずだと想像すると、食欲も減退。。。
あまり食べれませんでした。クスン。

あぁ、散々な1日だった・・・。

~後日談~
「もしかしたらバハマに宿泊しなければならないかも」と夫くんが手際よくお願いしたホテルはシェラトンだったのですが、翌日夫くんが電話で、マイアミまで来てジャマイカに入ることになったので、昨晩は宿泊しませんでした、と話したところ、シェラトンホテルから「事情が事情なので今回は宿泊料金はいらないですよ!」と言っていただきました。
さすがっ!!シェラトン、良いホテルだぁ♪

そしてそして。
これは今月になってわかったことなんですが、空港のホテルに泊まることになり、無駄になったオーチョリオス(ジャマイカ)での宿泊1泊分。オールインクルーシブのなかなか高額な宿泊代。一応、保険が下りるのか、夫君はホテルのマネージャーと保険会社に打診をしました。その時には、ちょっと難しそうな状況だったのですが、なんと、一部返金が決定☆
わーい!頑張った甲斐があったね、高かったもんね、電話で一生懸命話した甲斐があったね~♪
と私もとても喜んでいたら、夫くん一言・・・

「すごい自分のことのように喜んでいるけど、ボクががんばったんだけど。ユキは何もしてない。」とポツリ。

おりょりょ!?君の頑張りは私の喜びですのよ~~( ̄m ̄*)ププ
これからも何事にも頑張ってね☆☆陰ながら応援しておりまーす。
[PR]
by yukinkoro_sf | 2010-01-18 12:11 | TRAVEL