SF生活日記。


by yukinkoro_sf
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

霧のサンフランシスコ

私の住んでいるアパートからは、サンフランシスコのゴールデンゲートブリッジがよく見えます。


今朝のゴールデンゲートブリッジ。
f0181488_0115664.jpg




普段はこんな感じ。
f0181488_0121848.jpg




霧のサンフランシスコでした。
橋を渡って通勤されている人たち、こんな霧の中、運転できるのかなぁ?


それはそうと、私、早々にダウンしてしまいました・・・。
夫くんは歯でダウン、私は風邪でダウンです。夫婦そろって、しょうもない2人です。


・・・・・・・・


ある晩、夕ご飯を作っている最中、味見しても美味しくない・・・。
(←え、料理の腕の問題ですって!?)

この日は、ホールトマトの缶詰を購入したのですが、既にバジル等で味付けされている缶詰が珍しくて、それを購入。ちょっと香辛料の味が強くて、
「缶詰はやはり味付けなしのシンプルなものにすべきだなぁ~」と思いつつ、
夫くんに料理がまずいのは缶詰のせいだと言い聞かせ、とりあえず夕ご飯終了。

私は、いつもの半分くらいしか手をつけられず。
まずかったからなのか、体調が悪かったからなのか・・・?

その後、私はというと、息が荒くなり、関節、まぶたの後ろが熱くなり、

あーうーあーうー・・・と言っていると、うめき声がうるさかったのか、
夫くんに「早く寝ろよー」と言われ、
いそいそとお風呂に入り、ベッドに入ったのが確か午後10時頃。

薬を飲もうと思ったら、トランクに入れた風邪系の薬は、葛根湯1袋とバファリンのみ。
船便荷物にこれでもかと薬をそろえていたのに・・・。
まさかこんな1ヶ月で薬が必要になるとは思わなかったんだもん。


とりあえず葛根湯を飲み、しばらくすると、吐き気が。


第一弾の嘔吐:午後11時頃。
おえーっ・・・というトイレからのうめき声で、夫くんがやってくる。
夫くんも、ちょっと不安になったらしく、お水とか濡れタオルを用意してくれた。

その後、第二弾の嘔吐:午前0時頃。
再び、トイレからのうめき声で、夫くんも起き、ネットで病院や薬について調べている模様。
「明日も治らなかったら、病院にいくぞ!」と言われ、
病院嫌いの私の体。正直者で・・・、その一言で嘔吐は終了。

その後、何度も気持ち悪くて、目を覚ましながらも、何とか朝まで寝ました。
辛い夜だった・・・。


翌朝起きてみると、あら?だいぶ大丈夫じゃない!?
母譲りの丈夫な体、1日寝たら治りました♪

でも、昨日の嘔吐を忘れられない夫くんは、仕事に行く前に早起きして、体温計や薬をわんさかと買ってきました。
もうだいぶ良かったけど、わざわざ購入してくれたので・・・、アメリカの薬を飲む。
(昨日いっぱい調べていたもんね・・・)
そして1日外出禁止令が出され、その日はSFに来て初めて、家から一歩も出ませんでした。


慣れない土地で体調を崩すのがこんなに辛いものかということが早々に実感。
これからは絶対に健康体でいようと心に誓ったのでありました。


・・・・・・・・


最後に。
これは「OCEAN BEACH」。
ゴールデンゲートパークの端っこは、太平洋です!
f0181488_0124631.jpg

f0181488_013156.jpg


湘南育ちの私たち夫婦。
「鎌倉の海と一緒だぁ~!!」とちょっと嬉しくなっちゃいました。
(←この日の晩に気持ち悪くなるなんて、思いもよらず。)

ゴールデンゲートパーク自体は横に50ブロック位あるのです。とても大きな公園です。
地球の歩き方によると、長さ5㎞、幅800m。懐かしき、私の以前勤務していたビルの目の前にあった日比谷公園の約28倍!!
(あぁ、日比谷公園で大きさをはかるなんて、前勤務のランチ仲間の実家がお寺の子の家の大きさをどの位かで話した以来だわぁ~。笑 確かそのお友達のお家の大きさは日比谷公園の2倍だった。それでも、でかいっ・・・。)


おまけの3枚。
f0181488_0131948.jpgf0181488_0133519.jpg

海辺でトランプしてました。やりにくくないのかな?笑
f0181488_1234157.jpg

[PR]
by yukinkoro_sf | 2008-09-25 00:58 | TOWN