SF生活日記。


by yukinkoro_sf
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

1ヶ月旅行・第3章「ジャマイカへの遠い道のり」

バハマ最終日・6日目。今日は、ジャマイカ・モンテゴベイに出発の日。
この旅で一番最悪な日となることはまだ知ることなく、最後にホテル内散策なんかを楽しんだりしました。
そして、午前11時にはホテル出発。空港までのタクシーを呼んだところ、おろろろ!?
f0181488_11181634.jpg


すごぉーいタクシーがやって来た。
ボーイさんも「君たちはラッキーだね!」なんて。←いえ、アンラッキーになるんです、これから。(゜-Å)
ちなみに、タクシーの中は結構ボロボロでした。窓なんて途中でひっかかって開かないし。笑
まぁ、そんなことはたいした問題でなく、無事空港到着。

ランチに軽くバーガーキングでバーガーを頬張り、午後2時半頃の飛行機にチェックイン。
待合室で待つこと2時間。アナウンスが入る。
「事情により、飛行機の到着が遅れています。」

ふーん、まぁ仕方ないか。

その後、待つこと1時間。アナウンスが入る。
「航空機の点検の結果、本日のジャマイカ・キングストン行きはキャンセルされました。」

ふーん。へっ・・・・・はぁっ!?Σ( ̄Д ̄lll) ガビーン

夫くん、慌てて「立って!受付並ぶよっ!!」

乗客はみなブーブー言いながら、受付カウンターへ。そして、そこでまたとんでもないアナウンスが。
「次のジャマイカ行き飛行機は、火曜日です。」

本日、日曜日。それは、困ります。ひっじょーーーうに困る。
だって、だって、次のホテルは、この旅唯一のオールインクルーシブのホテルなんですっ!!涙

ふにゅぅ~~と半べそな私の横で、夫くんは携帯電話で保険会社にTEL。ここバハマでの本日の宿泊先をお願いしてました。そんなテキパキな夫くんを尊敬しつつ、受付カウンターでは
「代わりの飛行機を今探しているけれど、まだ見つかっていない。見つかったら電話しますので、携帯番号を教えてください。」と言われ、携帯を教えると「あら?国際電話??」と言われ、国際電話は困ると言われる。

・・・すみませんが、飛行機が飛んでないことの方が困るんですけどっ!!
国際電話料金位払いなさいよっっ!!

とメラメラな苛立ちを抑えていると、挙句の果てには「外国人は、隣のマネージャーの列に並べ」と、最後尾に並ばされ、待つこと1時間。。。
f0181488_114150100.jpg


英語は話せないけど日本語は理解できる、感じの良いイタリア人カップルとお話なんかして少し癒されつつ。

すると再びアナウンスが。
「代わりの飛行機が確保できました。夕方の便でフロリダのフォートローダデールまで行っていただき、翌早朝の便でモンテゴベイ(ジャマイカ)に行ってください。」

そうすると、明日の朝午前10時にはジャマイカに入れることになる!不幸中の幸いっ!!わーい!!!

・・・と思いきや、これまた海外島国空港。振り返ってみると、手際が悪いやら、性格がのんびりなのか・・・。涙
不幸中の不幸なことに、私たちの番で、なにやら暗雲が・・・。

「・・・。あなた(夫くん)は英語が理解できているから、もう私の電話の内容で理解できたわよね。今、あなた方の名前を入力していたら、エラーではじかれました。残念ながら、夕方の便の出発にあなた方の入力が間に合いませんでした。」

おぉぉぉ~~い。。。
君が電話口で関係ない話をしながらやってるからじゃないのかっ!!←普段穏やかな夫くんもこの対応には若干おかんむり。
既に、飛行機が飛ばないとわかって空港を去った人以外、空港に残っていたほとんどの人はフォートローダデール行きに乗っていったのに、外国人だからと列を変えられ、最後尾に並ばされた私たちと、イタリア人カップルだけ空港に置き去り。
(本当に空港でぽっつーん状態でした・・・。)

と、その時。
「最後の手段なんだけど、マイアミ行きの夕刻の便がある。もし空席があれば、乗ることが出来るわ。そうすると、翌朝10時にモンテゴベイに行く飛行機があるから、お昼にはジャマイカ入りできるかもしれない。」

是非とも、それでお願いしますっ!

その後、最不幸中の幸いで席確保。離陸まで十数分。「走れっ!!!」と指示され、自分たちでトランクをひっぱりつつ、アメリカの入国審査を受けつつ、(事情が事情なのにやっぱりそれなりに審査されるアメリカ入国。飛行機出ちゃうよ~・・・)猛ダッシュで飛行機に飛び乗り。
これが島国といえど、自分で走るとなると空港はデカい!息切れです。ゼィゼィ、ハァハァ・・・
f0181488_1201969.jpg



かわいそうな私たち・・・それ以上にかわいそうなイタリア人のカップルはこの飛行機にも乗り込んでこなかったので、英語が理解できなかったか、走ったけど間に合わなかったか・・・。
私たちも滑り込みセーフな搭乗。

そして、再び、アメリカへ~
f0181488_1263183.jpg

飛行機から見る夕日もなんだかかなしい・・・。

マイアミ着。空港内のホテルを割り当てられる。
f0181488_1272475.jpgf0181488_1273682.jpg

意外にも快適なホテル。笑
夕ご飯には、一人$10のミール券支給。
f0181488_1284969.jpgf0181488_1285975.jpg

物価の高いアメリカで、$10で夕ご飯なんて食べれないんですけどね。。。
オニオンスープとパスタをオーダー。
でも、本当なら、オールインクルーシブホテルで豪華なディナーだったはずだと想像すると、食欲も減退。。。
あまり食べれませんでした。クスン。

あぁ、散々な1日だった・・・。

~後日談~
「もしかしたらバハマに宿泊しなければならないかも」と夫くんが手際よくお願いしたホテルはシェラトンだったのですが、翌日夫くんが電話で、マイアミまで来てジャマイカに入ることになったので、昨晩は宿泊しませんでした、と話したところ、シェラトンホテルから「事情が事情なので今回は宿泊料金はいらないですよ!」と言っていただきました。
さすがっ!!シェラトン、良いホテルだぁ♪

そしてそして。
これは今月になってわかったことなんですが、空港のホテルに泊まることになり、無駄になったオーチョリオス(ジャマイカ)での宿泊1泊分。オールインクルーシブのなかなか高額な宿泊代。一応、保険が下りるのか、夫君はホテルのマネージャーと保険会社に打診をしました。その時には、ちょっと難しそうな状況だったのですが、なんと、一部返金が決定☆
わーい!頑張った甲斐があったね、高かったもんね、電話で一生懸命話した甲斐があったね~♪
と私もとても喜んでいたら、夫くん一言・・・

「すごい自分のことのように喜んでいるけど、ボクががんばったんだけど。ユキは何もしてない。」とポツリ。

おりょりょ!?君の頑張りは私の喜びですのよ~~( ̄m ̄*)ププ
これからも何事にも頑張ってね☆☆陰ながら応援しておりまーす。
[PR]
by yukinkoro_sf | 2010-01-18 12:11 | TRAVEL