SF生活日記。


by yukinkoro_sf
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

独立記念日はベガスでシルク・ドゥ・ソレイユ

7月4日。4th of Julyはアメリカ独立記念日。今年は、土曜日だったので、前日の3日(金)がお休みの企業が多かったようです。夫くんの職場も、金曜日は事務所はClose。ということで、向かいましたは、
パリ=3
f0181488_174231.jpg

ではなく、ラスベガスっ=3=3
f0181488_1912.jpg


【前日の晩のこと】
・7pm
私「ねぇねぇ、明日お休みなの?政府機関は全部お休みなんだって。」
夫くん「事務所には行かなくてもいいけど、仕事はある。」
私「・・・ふーん。3連休だけど、どこか行く?SFで花火も見れるみたいだよ?」
夫くん「・・・うーん。節約しなきゃいけないんだけど・・・。」(と言いながら、PCに向かうこと数時間。)

・12am(既に当日・・・)
(明日の予定がいまだわからず、がんばって起きている私。)
私「・・・ねぇねぇ、明日どうする??」
夫くん「もう寝ていいよ。まだ時間かかるから。」(普段10時にはベットの人なので素直に寝ました・・・。)

その後、なんと早朝の午前4時まで夫くんはPCとにらめっこ!
そして、午前9時にはSF空港にヽ( ̄▽ ̄)ノ←きちんと睡眠をとった私だけ元気。夫くんは寝ぼけまなこ。

はい。3連休という、旅行をするには難しい状況で、夫くんは何とか飛行機とホテルを数時間前に確保。よくがんばりました。
夫くんとお付き合いをするようになってから、事前の計画で旅行に行くことはほぼ不可能となり、いつも直前での企画なのですが(今回に至っては数時間前)、その分、夫くんはがんばってやってくれます。事前下調べもほぼ出来ないけど、それもまた良しと思うようになりました。ははは。

ちなみにLA経由でLV到着は午後3時。仕方がありません。来れただけHappyと思わなきゃ!

さて、夫くんいわく「ラスベガスはホテルとショーを楽しむもの」らしい。そんな夫くんが、がんばって確保してくれたホテルはThe Palazzo Resort Hotel Casino
2008年1月にオープンしたての50階建て全室スイートルームタイプのホテル。バーニーズニューヨークなどのお店も入り、渡り廊下でベネチアンとも直結しています。
f0181488_1222953.jpgf0181488_1224560.jpg

ロビーの天井高すぎです。
f0181488_1232434.jpg


f0181488_1235957.jpgf0181488_1241465.jpg

ベットルームとリビングルームが段差で分かれている上に、6人は座れるソファに、テーブル席まで。ついでにFAXも各部屋完備。メインストリート沿いの部屋も$50追加すればOKでしたが、そこは節約。31階で結構高層階を与えてもらったし、日の出も毎朝眺められました。ちなみに窓から見えた前のホテルはWynn Las Vegasというベラッジオを手がけたウィーン氏の自分のこだわりぬいた最高級ホテルとのこと。ゴルフ場と滝が見えました。滝!?
f0181488_1242881.jpgf0181488_1243962.jpg

結婚式をしていましたよ。
f0181488_1245855.jpgf0181488_125978.jpg

とにかくラスベガスのホテルはだだっ広く、私たちの泊まったホテルも3066室もあるんだって。ホテル内を歩くだけで迷子になります。

軽く散策した後に、早めの夕ご飯。今回の旅は、ご飯メインでないのでバフェで済ませることに。でも、いろんなホテルを見てみたい!ということで1枚目の写真のホテルParisにあるル・ビレッジ・バフェで。でも、ここ1番人気なバフェらしいですよ。フランスの田舎町をイメージしてます。
f0181488_145214.jpg


カニやらデザートやらお肉やら、とにかく何でもアリなので、子供から大人まで食べたいものがみつかります。
f0181488_1443266.jpgf0181488_1444473.jpg
f0181488_1445752.jpgf0181488_145897.jpg

カニ&お肉大好き夫、もちろんたらふく食べてました。お隣の外国の方はベジタリアンだったらしく、こいつは何でこんなに食べるんだ!?みたいな、半分白い目で夫くんを見てました・・・。
そして、最後にはカニを指差し「この奇妙なもの何!?」と。笑
カニを食べない人には、奇妙なものにしか見えないよね~。

ちなみに、ディナーは一人$25なのですが、ここのホテルのカジノ場で、ディラーの人にこのバフェの場所を聞いたら20%OFF券をくれました。わーい!!

そして夜の街を散策しながら向かいましたは、MGMグランドホテル
ここで1時間ばかりの自由行動。夫くん、お仕事の電話をするのに私が邪魔だったらしい・・・。涙
f0181488_158308.jpgf0181488_1584552.jpg
f0181488_159151.jpgf0181488_1591569.jpg

さて、気を取り直しまして・・・
今回の旅の目的、シルク・ドゥ・ソレイユです!!世界最高峰のパフォーマンス軍団。
f0181488_224798.jpgf0181488_23020.jpg

MGMでは、「KA」が観れるのですが、これがたまらなーーーーく素晴らしかったです!!
「カー」の意味は、古代エジプトで使われていた「魂の総称」に由来するらしいです。ストーリーは、引き裂かれた双子の男女が、危険な冒険に旅立つものだったらしい。(そうだったのか・・・。よくわからなかった・・・。)
そう!ストーリーがよくわからなくても、圧倒されまくりで、それどころじゃないんですよっ!
そうだなぁ・・・。顔文字で表現すると・・・
前半:  O(≧▽≦)Oスゴーイッ
が、

中盤   ΣΣ( ̄◇ ̄;)!ハウッ!?
に変わり、

後半:  (_ _ ;)尸マイリマシタ・・・

な感じです。
席が前から3列目という迫力満点なこともあったのかもしれませんが、気がつくと口がポカーン・・・と開いてて、久しぶりに圧倒されました。
実は、この2日間でシルク・ドゥ・ソレイユのショーを3つ見たのですが、そして、どれも素晴らしかったのですが、でもでも、夫くん、私ともども、この「KA」が一番印象に残りました。
お友達から”O”より断然”KA”だよ~!!と聞かされていたのですが、いやいや納得でした。
f0181488_219987.jpg


この「KA」には、高橋典子さんという方が、準主役な役割で登場されています。バトントワリングの第一人者なのですって。高橋さんの技も一見の価値ありでした☆

本物を直に見るのって、感動の度合いがすごい!!!

明日も楽しみだなー☆続く。
[PR]
by yukinkoro_sf | 2009-07-09 13:35 | TRAVEL