SF生活日記。


by yukinkoro_sf
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

スペシャルなワイナリーツアー

Cちゃんファミリーとナパのワイナリー巡り。
まずは、お約束の
■Robert Mondavi Winery
f0181488_1264898.jpg



私たちも昨年の1月に初めてSFに来た時にここのワイナリーにやって来ました。
それ以来初再訪。
ティスティングルームは、かなり混んでいて、相変わらずの人気ぶり。
そんな中、何とか場所を確保しテイスティング。一人$20なり。やっぱり高いなぁ。
でも、気に入ったものをひとつ購入♪
f0181488_1285578.jpg


2007 Robert Mondavi Winery Unoaked Chardonnay $30.00

Cちゃんファミリーもこちらが気に入ったようで、ご購入していました。

さて、ワイナリーなんですが、SFを出たのがお昼頃だったのでこの日は2つのみです。
でも、お次がスペシャルなワイナリーなのです~♪

■Schramsberg
f0181488_1218391.jpgf0181488_12181953.jpg
f0181488_12183395.jpgf0181488_12185627.jpg


Cちゃんホストマザーの弟さんのワイナリーなんです。
ツアーを予約しておいてくれ、特別に私たちだけでツアーをしてくれました。
ワイナリーツアー、実は初めてなんです。
いつもテイスティングだけだったから、とーってもワクワク(≧∇≦)

このワイナリーの歴史を学びつつ、
(ナパで2番目に古いワイナリーらしいです。私のヒアリングが正しければ・・・。)

オーナーさんが直々にサーヴしてくました。
スパークリングワインで乾杯♪
f0181488_12214736.jpg


ここはスパークリングワイン専門なんです。
そして、ここはカリフォルニアで初めてBlanc de Blancs(ブランドブラン)、Blanc de Noirs(ブランドノワール)を造ったワイナリーなんですって!

そして、ワイナリーの中へ。
f0181488_1224481.jpg


真っ暗ひんやり。

ほ・・・埃?こんな中にスパークリングワインが眠っているの・・・!?
f0181488_1225179.jpgf0181488_12252962.jpg

と、失礼なことを想像してしまいましたが、これは埃でなく植物。
この植物を壁一面に貼り、余計な湿気を吸い取らせているとのこと。

これを手に取ったCちゃん弟。何をするかと思えば、そしてそれをお母さんの顔にベタッ!!
おおっ∑(゚ω゚ノ)ノ
美しいママさんに何てことをっ・・・。

でも、そこがまたCちゃんママ。ケラケラ笑っていました。ママ強し。

そして、大きな樽。クマが彫られていました。
f0181488_12305483.jpgf0181488_1231996.jpg

かわいいですよね。
今は3つ保存されていますが、元は5つあったそうです。
昔、ベリンジャーさん(ここも有名なワイナリーです。ナパで3番目に古いワイナリーとのこと。私のヒアリングが正しければ・・・。)にトランプゲームで負けて、ベリンジャーさんに2つあげてしまったのですって。
なので、ベリンジャーにも、このクマ樽があるはず!!

そして、祭壇のような場所。
f0181488_12345479.jpg


ここで、ろうそくをいっぱいともして、みんなで乾杯していただいたのは・・・

リザーブスパークリングワイン。
わざわざ冷えたのを取りに戻ってくれたオーナー。
そして、その間、夫くんはキャンドルボーイとしてろうそくに丁寧に火をともしていました。
ぶぶっ、小学生みたいで、かわいい( ̄▽ ̄)
f0181488_12344566.jpg


スパークリングワインの味の判別が苦手なんですが、それでもやはり若干異なる喉越し。
まぁ、両方美味しかったんですけどね♪
(そして、皆飲みきれなかったものを私に渡してくる。夫くん、ママさん、Cちゃん・・・。
のん兵衛、お役に立てて幸せです。)

あぁ、この上なく幸せな時間でした。生きてきて良かった(TωT)

アルコール発酵は樽で行って、その後、瓶内で2次発酵が行われ、イースト菌との接触をさせるそうです。
細かな泡を作り出すため、少しずつ瓶を回転させているそうです。確か3年間位瓶の中で熟成?させるのだと思います・・・。←自信なし。
(あぁ、私のヒアリング・・・そろそろしっかりして欲しいー・・・)
f0181488_12361559.jpg


何千本ものボトルを一人でまわしていくんですって。腱鞘炎になっちゃう。
高いお金を出しても惜しくない!と心底思いました。笑

初めてのツアーでしたが、私よりも夫くんが興味津々。
いっぱい質問もしてて、かなり楽しげでした。
・・・いつもは、私のテイスティングを横で見ているだけだったので、まぁ、当たり前か。
これからは、ツアーにも時々参加したいなと思いました。

f0181488_1239692.jpgf0181488_12392223.jpg

で、こちらで購入したのは、
f0181488_1244870.jpgf0181488_12442218.jpg


ツアー最初の乾杯でいただいた
Blanc de Blancs $36.00

を私たちは、購入したのですが、
なんと・・・Cちゃんママから・・・ワイナリーの最後で乾杯したスパークリングワイン
Reserve

をいただいてしまいました。
さすがの私たちでも、それはもらえませんっ!!!!!!!
と遠慮したのですが、またここでもCちゃんママがイキな人で
「若い人が遠慮なんかしないのっ!!」
(夫くん「いや、実は、それが、それほど、もう若くないんです・・・。」と小声でボソッ。)

あぁ、再び生きてて良かった・・・。

片手にワインボトル、片手にグラスのカエル。
f0181488_12503480.jpg



君も幸せそうだな。

で、1日目のワイナリーツアーは終了。
翌日は・・・。
翌日も午前中にスパをしたりしていたので、ワイナリーは1軒だけ。

Chateau Montelena Winery
f0181488_1333670.jpgf0181488_1334757.jpg

カリストーガの北にあるシャトーモンテリーナワイナリー。
シャルドネが有名なんです。
1976年にパリでシャルドネの比較ティスティングが行われた時に
(9種のブルゴーニュを代表するワインとカリフォルニアシャルドネの比較)、
1973年のシャトーモンテリーナシャルドネが1位に輝いたそうです。
今は、カヴェルネソーヴィニョンも最上級の評価を得ているとのこと。期待♪

実は、私は「お城のような」というガイドブックの掲載文が気になってセレクトしたのですが、お城のようでは別にありませんでした。笑
それよりも、中国ちっくなお庭とかがあってそっちが気になってしまった。笑
f0181488_134156.jpgf0181488_1342997.jpg
f0181488_1345755.jpgf0181488_1351167.jpg

カメとかカモとか白鳥とか。
この白鳥は、女性が近づくと逃げるのですが、男性には寄ってきました。不思議。
カモは、一目散に逃げる直前の写真。驚かせてごめんねぇ~!
動物がいっぱいのワイナリーです。

f0181488_1374318.jpgf0181488_138222.jpg


こちらで購入いたしましたのは、
2007 Potter Valley Riesling $22.00

Chardonnayが欲しかったのですが、テイスティングになくて断念。
2005 Montelena Estate Cabernet Sauvignonも美味しかったのだけど、高すぎて断念。

こんな感じのワイナリー巡り。
今回はワインよりも、Cちゃんファミリーとの旅行が何よりの思い出☆

そして、ママさんから
いくらの醤油漬けと鮭の味噌漬けまでいただいてしまった。
f0181488_13153499.jpgf0181488_1315461.jpg
f0181488_13162100.jpg


いくら、美味しかった!!!!
鮭もお茶漬けにして、絶妙っ!!!

最後に。
f0181488_13181346.jpg


Cちゃんホストファミリー宅屋上から。
Cちゃんたちをお家まで送ったついでにお邪魔させていただき、そこでもSchramsbergスパークリングで乾杯♪
ホストファミリーも素敵な人たちで、私たちにもとても優しくしてくれました。

そして、何よりCちゃんファミリー♪♪
日本でまたいつか会えるのが楽しみになりました。

最初はLAにいて、LAが辛くてSFに来たCちゃん。
LAにいた時には早く日本に帰りたかったけど、SFに来たら、まだここに居たい!と強く思ったと言っていました。SFで出会った人たちが、みんな素敵な人ばかりだったのと。
私もそれは同感。
(でも、こう話すと英語学校の先生は「あなたたち日本人はイノセントなのよ、そんなに簡単に人を信じちゃダメよ。」と言われる・・・。)

今頃はCちゃん、何をしているのかなぁ~?(*^-^*)
[PR]
by yukinkoro_sf | 2009-04-06 13:24 | TRAVEL